パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

設定不問で出る要素がある機種こそが客が付く


ハンドルネーム「一般ゆーざー」さんが6号機について物申す。

以下本文

まもなく五号機が消えることになりますが、業界の方々は、この六号機というやつを少々甘く見てはいないでしょうか? 今までも規制で一時的に稼働が落ちたが、いずれメーカーが抜け道を見つけ、盛り上がってくる。それまでの辛抱だ。

そう、思っていませんか?この六号機、抜け道が本当にあるとでも?

記事でもありますが、この六号機は五号機のような「事故」がありません。

事故とは、確率のゆらぎにより、想定外の出方をすることです。

始めてサンドに入れた千円でなぜか連チャンし、味をしめて再来店。いわゆるビギナーズラックというやつです。これだって「事故」です。

過去、この事故で味をしめてスロにハマったという話は、よく聞いたことです。

事故がない、ということは、このビギナーズラックも無くなったということ。

パチ業界は、六号機になれば、ビギナーがハマるきっかけすら失うということがわかっていますか?

依存症の彼ですら手を出す気が起きない六号機。彼のように、頭を使わない、設定なんか気にしない養分は、「事故」でしか出せません。

その「事故」が発生しないんだから、そりゃ六号機なんかに食指が伸びるはずもなし。はっきり言って、養分と言われる、頭を使わない方々は、事故でしかだせない。

事故が起きない機種は、当然手を出さないのです。

初心者をハマらせる魅力もなく、養分を呼び寄せる魅力もない。

設定を使えば、そりゃ六号機でも出玉は出せるでしょう。

しかし、養分は元々設定狙いなどしない。養分が望むのは、設定不問で出る可能性がある機種、なのです。出さなくてもいいのです。可能性さえあれば、彼らはお金を突っ込みますから。

しかしその可能性が、六号機にはない。

自分たちのように設定狙いの立ち回りをしていれば、五号機も六号機も変わりない。

しかし、パチ屋の収入源として重要なのは、設定を気にしない人たち。

高純増も演出も、彼らには響かない。出玉を出せ、という人は大勢いても、設定を入れろとはまり言わない。設定狙いは
人と競わなくてはならず、そうなったら勝ち目がないからです。

設定を入れれば出る機種では、客は呼べない。

設定不問で出る要素がある機種こそが、客を呼べる機種なのですから。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。