パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

出率も賞品上限も2/3規制


6月19日はある種業界の記念日になるかも知れない。業界が突き進んでいたギャンブル性と完全に決別する日として。

この日、業界6団体の首脳陣が警察庁に呼び出され、風営法の規則改正についても内示を受けた模様だ。

表向きは依存症問題で呼び出されたことになっているが、業界人の関心事はどうしても風営法の改正内容だ。

日報ではこれまでも改正を含めてあるべき方向性を提案していたが、その通りの形で決着しそうだ。

一番の関心事は、落とされる出玉率の中身だ。

4月4日付の日報のタイトルは「パチンコの出玉規制の強化で出玉率はスロット並みの150%以内か?」だった。

その理由はこうだった。

規則上1日営業(中時間出玉率)に相当する出玉の上限は、
打玉に対し
パチンコは2倍まで。

・遊技機規則別表第四(1)ロ(ニ)
「遊技機の試射試験を十時間行った場合において、獲得する遊技球の総数が発射させた遊技球の総数の二分の一を超え、かつ、二倍に満たないものであること」 

スロットは1.5倍まで。

・遊技機規則別表第五(1)ロ(ト)
「設定ごと及び規定数ごとに、(ホ)規定する試験を六千回行った場合において、獲得する遊技メダル等の総数が、投入した遊技メダル等の総数の一・五倍に満たないものであること」とある。

そうすると、
パチンコ
打ち玉
100発×600分=60,000発

出玉
(60,000発×2)-60,000発=60,000発
60,000発×4円=240,000円

パチスロ
投入
(3枚×6,000ゲーム)-822リプレイ=17,178枚

払出
(17,178×1.5)-17,178=8,589枚
8,589×20円=171,780円

このように、1日で獲得することができる上限はパチンコ約24万円、パチスロ約17万円となり、パチンコの方が約7万円も多く玉を出せる性能がある。

そもそも、パチンコは2倍以内に対して、スロットが1.5倍以内という差があることもおかしなことだったが、出玉規制として考えられるのが、パチンコもスロットに合わせて1.5倍以内に抑えられるのではないか、ということだ。

以上の、予想が諮らずも当たってしまうことになる。しかも、もっと悪い方向で。いうなれば、現状の3分の2にまで出玉は抑制されることになる。

釘調整問題も日報では再三再四、設定をつけるしかないことを投げかけていたが、その方向で進むことで決着する模様だ。

「出玉率は抑えられるけど、パチンコには4時間という中時間試験が増えたことで玉の減り具合が少なくなる。ということは消費金額のスピードが下がり、4円復活も期待できる。釘調整の問題も解決される。決してネガティブではない。消費金額を下げ、稼働を上げる方向に持っていくためにも、メーカーも機械代を出玉率と同じように2/3に下げる努力をしなければならない」(業界ご意見番)

今回の規制を業界が終戦を迎えたと取るか、大衆娯楽に戻るビジネスチャンスと捉えるかで自ずと今後の方向性も変わって来る。やはり、この規制をギャンブル志向から決別できる好機と捉えれば、未来も開けてくる。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






ヤマト便ショック! パチンコ業界に急浮上するラストワンマイル問題


「見本機を送ろうとヤマトに電話したら、今回だけは受け付けますが、今後は受け付けませんと言われて困っている」という話しを小耳に挟んだのは4月半ばのことだった。

その時は聞き流していたが、ヤマト運輸のサービス内容と運賃改定に伴い、6月19日からパチンコ、パチスロ台がヤマト便で事実上使えなくなったことが明らかになった。佐川急便でも一部地域ではすでに受け付けないところも出てきており、中古機流通に新たな問題が発生している。

ヤマト便の改正前は1個の重量が制限なしだったものが、1個の総重量が30キロまでとなった他、大きさも3辺の長さが200センチまでとなった。1梱包も30万円を超えるものは受け付けなくなった。これにより1台40キロもするような遊技機は受け付けてもらえなくなった。

ヤマト運輸は今回の改定理由を「新たな労働力の確保や社員の処遇改善、またラストワンマイルネットワークの強化のため」としている。

ヤマト便はドライバーが一人で運んでいるので、40キロも超える様な遊技機は運びたくないというのが本音だろう。

「ホールに届いたら、中が壊れていた、と結構、トラブルも多かったです。発送元は動作確認をして送っているので、壊したのは運送業者となりますからね。持ちにくいので落とす可能性がある遊技機は扱いたくなりますよ。ヤマト運輸の中には家財宅急便があるんですが、これはタンスや洗濯機などを2人で運ぶので運賃も当然割高になります」(中古機業者)とかなり同情的だ。

(※家財宅急便も今回の改定に伴いパチンコ、パチスロは取扱不可に)

ヤマトがだめなら佐川急便となるが、佐川もこれまで取引があるところは受け付けるが、新規では受け付けない営業所も出てきている。

その佐川にしても保険に入る場合は、新たに厳格な規定を設けている。

まず、新品の段ボール箱を使うこと。そして、指定業者の緩衝材でちゃんと機械を保護することが条件となっている。新品の段ボール箱を使うのは、運送途中での破損かどうかを明らかにするためである。

中古の北斗無双を運んだ時に役モノが壊れていた、として中古機価格の100万円を請求されたケースもある。運送業者にすれば遊技機は本当に面倒くさい荷物になっている。

パチンコメーカーはバカでかい筐体競争なんぞしている場合ではない。ヤマト便でも送れるように30キロ以下の筐体を作らなければ、いずれどこの運送会社からもソッポを向かれてしまう。

新台を運ぶ運送会社も重量が増えて1回で運べる台数が減っている。彼らだって運ぶ人のことを全く考えないメーカーには不満たらたらだ。

とりあえず、20キロの機械を作ろう。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



高級小型スーパー三浦屋に学ぶ


この動画は都内を中心に展開する高級スーパー三浦屋で撮影されたものだ。



客層を見て分かるようにお年寄りが大半を占めている。

三浦屋のすぐ隣には大手総合スーパーのイトーヨーカ堂がある。例えば、イトーヨーカ堂で98円で販売されているヨーグルトが、三浦屋では138円もする。それぐらいの値段の開きがあるにも関わらず、三浦屋のお客さんは平気で買う。

三浦屋は駅前の小型高級スーパーを9店舗展開していた4年前に、中堅スーパーのいなげやに買収され、完全子会社化されている。いなげやの狙いは小型店舗のノウハウを吸収することにもあった。なにせ、いなげやの2倍の客単価を三浦屋は誇っていたからだ。米粉パンやプリンなど自社製造食品や、調味料など高品質のプライベートブランド商品が人気だ。

三浦屋には4台のレジがある。

レジではレジ係が商品をレジ袋に入れてくれるだけではなく、さらに高級紙袋に入れてくれる。この利便性を求めてお年寄りはイトーヨーカ堂よりも商品が高いのに三浦屋で買い物する。

三浦屋の客単価が高い理由が客層に表れている。値段よりも品質、さらには商品を袋に入れてくれるサービスの方をお年寄りは選択している。

駅前小型店舗という意味ではパチンコホールにも共通する部分がある。ホールも駅前立地の小型店舗が全国にたくさんある。さらに客層もお年寄りが中心ということでも共通する。

イオンモールなどは数年に1回の割で、全面的なリニューアルを図る。店舗を入れ替えたり、レイアウトを全面変更して、雰囲気を変えることでマンネリ化を防ぐためだ。

お年寄りをターゲットにする場合、売り場はコロコロ模様替えはしないほうがいい。お年寄りの頭にはあの棚にはあの商品が置いている、ということがインプットされているので、模様替えされると困ってしまう。

ホールでも店内の台移動で模様替えをすることがあるが、お年寄りがメインの店舗なら避けた方がいい。好きな台は定位置にあるだけで安心する。

三浦屋の商品を袋に入れてくれるサービスとは、ホールの従業員がお年寄りに親切にすることだ。お年寄りは1人では寂しいから知り合いを求めてホールに来るだけでなく、従業員にも話を聞いてもらいたい人も少なくない。

「お客さんとしゃべって、楽しく打ってもらいたい。顔と名前を憶え、話の中から何が好きかを掴みながら、次回来た時はその話を振るとすぐ仲良くなれます。お客さんはできるだけ名前で呼ぶようにしています」(駅前小型店舗主任)

お年寄り主体の小型店舗は接客でカネをかけずにリピーターを作ることができる。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


フライトシミュレーションパチンコの可能性


今から30年ほど前の1989年に発売されたMacintosh SE/30は、当時はパソコン界のポルシェともいわれ、それは、それは高額なパソコンだった。

そんなパソコンを会社が導入したのは、当時流行り出したデスクトップ・パブリッシングのため。編集部の原稿もMacで作成する必要があったので、ワープロ機能しか使っていないのに、高価なパソコンが支給されていた。

Macには当時すでにフライトシミュレーターゲームがあった。滑走路からセスナ機を飛ばし、街中上空を遊覧飛行するわけだが、次々に景色が変わって様子にモノクロ画面だったがMacのテクノロジーに驚愕した。

フライトシミュレーションゲームはPC系に始まり、家庭用ゲーム機、ゲームセンター用と多数開発されているのに、パチンコではまだ見たことがない。

フライトシミュレーションゲームファンは一定層いる。ここは彼らを新規顧客として取り込むためにもパチンコ版フライトシミュレーションがあってもいい。

これを応用するとこれまでにない斬新なパチンコ台が誕生しそうだ。想像しただけでもワクワクする。

液晶は正面と左右にも必要だろう。より立体的な映像演出ができる。

意味のない連打ボタンは、操縦かんに置き換わる。

フライトシミュレーションゲームで一番難しいのは、着陸する時だ。ゲームの内容も面白いものが作れる。

着陸が大変なのは天候に大きく左右されること。無風で昼間なら視界も良好で着陸も簡単だが、夜になるだけでも、難易度が上がる。

一番大変なのは濃霧だ。有視界飛行はできない。

釧路空港から千歳空港行のYS11に搭乗したことがある。千歳空港は濃霧でYS11は着陸することができない。霧が晴れるのを待つために、上空を何度か旋回したが、霧が晴れることはなかった。燃料の問題もあるので、千歳空港を諦めて、札幌丘珠空港に着陸した。

千歳から釧路へ行くときも当然YS11だったが、釧路も濃霧で着陸できず。結局、千歳へ引き返し、電車で釧路に行く羽目になったことがある。

今は着陸する飛行機に対して、地上から進入方向と進入角を教える電波を発射していて、濃霧でも着陸できるが、YS11は古い機体なので対応していなかった。

ゲームの肝は濃霧だ。

晴れた昼間の状況はリーチでいうところの、期待値が低い状況。日が沈んだ夕方のシーンからリーチの期待値が上がって行く。

そして、濃霧が出たら激アツテッパン。着陸態勢に入ったら操縦かんを握り、上手く着陸に成功したら大当たり!

上手く着陸させるところが、まさに技術介入である。

TBSの人気番組「プレバト」で俳句の夏井いつき先生は、生徒に常に「発想を飛ばせ」と指導しているように、開発現場もこれぐらい発想を飛ばしたものを企画して欲しい。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える



※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。








客層の親和性が極めて高いパチンコドン・キホーテの可能性


豊丸が餃子の王将と企業コラボして「CR餃子の王将」を発売したが、それ以前にも水面下で企業コラボが進んでいたことがある。

内容は大手居酒屋チェーンとのコラボで、そのチェーンのCMに出ていたタレントを使って居酒屋の名前を冠したパチンコ機を開発することだった。

液晶演出のストーリーはパチンコを打っているうちに、一杯やりたくなるというもの。パチンコに勝ったらそのカネで近くにある同社の居酒屋へ足を運んでもらう、というような筋書きがこのパチンコ機には隠されていた。

メーカーは版権を使用するために莫大な使用料を払わなければいけないが、このコラボ企画は逆に居酒屋チェーンからコマーシャル代が貰える、という画期的なビジネスモデルでもあった。

それによってメーカーは機械代を安く提供できるメリットもあった。居酒屋チェーンからはGOサインは出ていたので、この企画はメーカーに持ち込まれたが、結果的には実現することはなかった。

そこでパチンコ日報が提案する企業コラボが「CRドン・キホーテ」だ。漫画のドン・キホーテではなく、総合ディスカウントストアのドン・キホーテの方だ。

ズバリ、キャラクターは同社のマスコットキャラクターのドンペンくんだ。



ドンペンくんのプロフィールは次の通り。

南極生まれ、東京育ちの男の子。
夜になるほど、元気がみなぎる夜行性。
ハヤリのものがとっても大好きで、これまでに購入した服は数知れず。
でも、流行にながされやすいのがタマにキズかも…。
好きな言葉は、“ペン”は剣よりも強し。

■ドンペンくん一問一答
・デビューのきっかけは?
 昔々、激安品を探す旅に出かけたとき、不思議なたまごをみつけました。
 大事に大事に育てたところ、ドンペンくんが生まれたとさ。

・名前の由来は?
 もちろん、ドン・キホーテのペンギンだから、ドンペンだよ!

・その赤い帽子は?
 みんなが喜ぶ顔を見るのが、三度の飯よりも大好きなドンペンくん。
 以前、アルバイトでサンタクロースをやったことがあるらしい。
 赤い「ナイトキャップ」は、そのときの名残りだとか…。

・好きな食べ物は?
 納豆、からすみ。

・嫌いな食べ物は?
 うめぼし。

・プロポーション?
 身長98cm 体重98kg バスト98cm ウエスト98cm ヒップ98cm

このプロフィールからドンペンくんの他に家族や恋人などの新たなキャラクターを作ってストーリー展開していけばいい。

ギミックもドンペンくんを使えば、カワイイパチンコ台が作れるが、スロットで展開するもよし。パチンコなら絶対に甘デジだ。

BGMもドン・キホーテのテーマソングを使えばいいだろう。

今回の企業タイアップの狙いはパチンコの客層とドン・キホーテの客層の親和性が極めて高いところだ。若者の集客にも一役買うかも知れない。

実現したら面白い。「やってみなはれ」というメーカーは出て来ないか?



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。