パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

生キャラメルと遊技機価格


北海道・花畑牧場の生キャラメルは結構高い。牛乳、生クリーム、はちみつなどの原材料を吟味し、すべて手作りしているためだ。冷蔵タイプは12粒入りで875円もする。一粒約73円もする。

一般的に生キャラメルはお高いものだということが定着している。

ここに一枚のお詫び文がある。とあるスーパーが花畑牧場の生キャラメルを販売していたが、お客からの指摘で値段に間違いがあることが分かって、慌てて張り出したものだ。



実は生キャラメルには冷蔵タイプと常温タイプの2種類の生キャラメルがある。違いは冷蔵タイプはキャラメルづくりから、箱に入れるパッケージ作業まですべて人手に頼っているのに対して、常温はキャラメルが手作りのところまでは一緒だが、箱詰めは機械化されている。使っている材料も冷蔵と常温では多少違う。

その結果、冷蔵タイプが一粒73円に対して、常温タイプは一粒37円。約倍の違いがある。

で、スーパーで販売していたのは常温タイプだったのに、冷蔵タイプの値付けがされていたため、生キャラメルファンのお客が間違いに気づいて、店に知らせた、ということだ。

店が調べたところ、納入業者の段階で、常温タイプを収めておきながら、冷蔵タイプの値段の伝票を添付していた。

生キャラメルは高い、ということは知っているが、よほどの花畑牧場ファン以外は、冷蔵タイプと常温タイプの2種類があることも知らなければ、値段に倍の開きがあることも知らないのが現状でもある。店もお客からの指摘で2つの種類と値段に違いがあることが初めて分かった次第だ。

指摘されるまで800個が売れていた。

生キャラメルは高いというイメージが定着しているために、700円という値段にも驚くことなく客も納得して買っていた。冷凍タイプト常温タイプの違いも知らないで。

この生キャラメルと同じ現象がパチンコ業界で長らく続いている。

それは、ズバリ機械代だ。

遊技機価格は高いものだということがすっかり定着しているために、これで助かっているのが下位メーカーだ。

「1万台生産して、1台当たりの開発コストはパチンコで11万5000円、スロットで8万円強。それを一流メーカーがどんどん値上げしてくれるので助かっている」(メーカー関係者)

遊技機価格とは、稼働がついてどれぐらい儲けさせてくれたかで、後から値段をつけてもよさそうな特殊事情がある。高い買い物をさせられて、元も取れずに外していくから、ホールの不満が出るわけだ。

稼働と売り上げ、粗利を検証して、機械価格の基準を作ってもよさそうなものである。メーカーも稼働や粗利が一定水準に達していない場合は、半額で引く取るぐらいのことをすれば、すぐに外されるような粗悪品を粗製乱造しなくなる。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



権限委譲が現場力を強める


「多くの業界人は1パチが業界を救った、と考えているが、1円が4円をダメにした、といっても過言でない。1円に走った客は二度と4円に戻らない。そのうち、いい機械が出てきたら4円に戻る、という幻想を見て、4円を捨てきれない。4円が飛んで一時期悩んだ全国大手はいち早くそれに気づき、無駄な努力を止めた。日本のデフレの流れからしても無理。それが分かって気が楽になった。リーディングカンパニーのプライドで4円に拘りすぎている大手は、スーパーのダイエーと同じ道を辿ることになる」と話すのは業界の市場分析をしたシンクタンクの関係者。

業界はなぜ、1円を選択したかを改めて検証しなければならない。それは等価が主流となり、スタートが回らない→カネが続かない→客離れのスパイラルを止めるために、4倍玉が借りられる1パチがスタートした。

この時、業界は射幸性の高い機械が主流となっていたので、等価営業を止める選択肢はなく、1パチを選択した。1パチを選択する前に、等価を止めて、40玉交換に戻す努力をしていれば、ここまで4円が壊滅状態になることはなかった。風俗営業という枠で縛ら得ている以上、自由競争はやってはいけない業界だったのに、独禁法に触れることを恐れたのか、警察が自由競争を認めてからおかしな方向へ進みだした。

等価で躍進したホールが、今となっては等価に苦しめられている。

「新規で出店した10店舗以上が当初の計画通り行っていません。全敗です。地方によって売り上げが半分以下になったところもあります。基本、赤にはなっていません。かろうじて黒ですが、会社には貢献していません。地方のどうにもならない店舗を閉めて行くことも考えなければなりません。ただ、撤退しただけでマイナスイメージが出る。地方はともかく都内の撤退はできない」(ホール関係者)

ただ、脱等価の試みもチャレンジしたことはあった。すっかり、等価に慣れ親しんでいる客からすれば、交換率が悪い店を選択することはなかった。時期が早かっただけで、今、やればまた違った結果が得られるかもしれない。

「出し過ぎてもお客さんがいつかない。昔のように固定客をじっくり作れない。等価だから見切るのが早い。等価ではない時代には出して固定客を作れた。4円復活の方法が見つかりません。新台が出なくなったらウチも終わりです。新台に頼らない営業には至っていないのが現実です。店にお客さんがいついているのではなく、新台にいついているだけですから」(同)

一度転落した大手が今復活してきている。新店の大型店がいずれも好調だ。苦汁を舐めた経験から現場に任せる社風に変わり、風通しが良くなったことが奏功している。

ディスカウント大手のドン・キホーテは値付けまで現場に任せて業績を向上させているように、時代の流れについていける人材に権限を任せた方がいいのかも知れない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





4000個箱の使い道


いま、玉箱のサイズは1500~2000個箱が主流になっている中で、久しぶりに見かけたのがこの4000個箱だ。

IMG_2723


IMG_2725

玉箱は換金率との相関関係からサイズをチョイスしなければならない。例えば、1500個箱の場合、4円等価なら6000円、3.5円で5250円、3円4500円、2.5円で3750円となる。

これが2000個箱なら4円等価が8000円、3.5円で7000円、3円で6000円、2.5円で5000円となる。

なかなか中途半端な数字が多いが、お客の心理として計算しやすい数字になるサイズが嬉しいものだ。その数字とはズバリ1箱5000円。意外なことだが5000円になるサイズに換えたら稼働が上がった、ということが実際にある。

今は1円が主流になっているので、ここは計算しやすい2000円が妥当か。

話を4000個箱に戻そう。

今は出玉演出もあって出玉を多く見せるために、小さい箱にして積み上げたがるが、かつては透明の衣装ケースのようなサイズの玉箱もあった。優に1万個は入るようなバカでかいサイズで、普通の玉箱に出した玉をある程度箱の数が溜まると、その衣装ケース箱に移し替えて、出玉を見せた。圧倒的な迫力がある。お客さんは衣装ケース箱に移し替えてもらった時は優越感に浸れる。

衣装ケース箱が一杯になると人力では持ち上げられないので、専用のリフトがあった。専用リフト付きの巨大な玉箱が売れた時代もあった。

で、この4000個箱の使い道は意外なところにあった。

最近は人件費の削減のために各台計数機を導入しているが、各台計数機を導入したくても導入できないホールには、4000個箱は最適といえる。箱が大きいので、2000個箱に比べて1回分運ぶ手間が省ける。

各台計数機を導入するよりも経費削減になるだけでなく、玉積みを見せられるというメリットもある。2000個箱前後のサイズが主流にはなっているが、4000個箱もまだ販売されている。

「4000個箱は妻板からちょっとはみ出るので、3000個箱で奥行きが狭いものを作ってくれたら売れる。4円の甘デジコーナーならそんなに玉箱を積まないので、1500個箱を3000個箱にするだけで玉箱運びが軽減できる」(ホール店長)

発想の転換で玉箱を大きいサイズにすることで、従業員の手間を半分に削減することができる。

回数は減るかも知れないが、4000個箱になると結構重量があるので、女性スタッフでは作業がきつくなる。職業病ともいわれる腰痛が懸念されるところだ。やはり3000個箱ぐらいが妥当か。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




座して死を待つか、業界が一丸となって遊技人口を増やすかの二者択一


2人の大物がそれぞれの業界から未練を残しながら去ろうとしている。

1人はユニバーサルエンターテインメントの岡田和生会長で、もう1人は衆議院議員の亀井静香だ。

岡田会長は一代で築き上げたユニバーサル帝国のドンとして君臨していたが、20億円の私的流用問題で取締役会からクーデターを起こされ、会社を追放されてしまった。これを不服とした岡田会長は、代表復帰を目指して手続きを踏んだとしているが、ユニバーサル側は全面否定している。

一方の亀井代議士は警察官僚出身の政治家として、パチンコ業界とも何かと関りを持っていた。そのうちの1社がユニバーサルだった。2009年、同社の創業40周年の記念式典に招かれて、壇上でかつては犬猿の仲だったサミーの里見社長と岡田会長を握手させた光景が印象深い。

2005年の郵政解散選挙では自民党を離党して、国民新党を立ち上げた。2009年、民進党が政権を取った時は連立を組み、鳩山内閣で金融担当大臣になるも、野田内閣と対立して離脱。下野すると政治的影響力も薄められて行った。

政界引退の弁をこう述べていた。

「皆さんのご苦労を活かすことができなくなった。一緒にやっていく相棒がいない」と悔しさを滲ませた。

何かと縁の深い2人が同じ時期に忸怩たる思いで去ることは、因縁めいたものすら感じさせる。

これも一つの時代が終わる何かのサインなのだろうか?

ホール企業4社が顧問税理士に、今後5年~10年後の各社の経営シミュレーションを行ってもらった。ホール規模は単独店から数店舗の中小ホールだ。

改正風営法が施行されるのは来年2月1日から。現行の遊技機は旧基準機になるが、検定が3年間あることを考えると、完全に新基準機に移行するのは3年後の2021年。経過措置の3年後に機械を買える体力が残っているかを判定した。新台、中古を含めて機械の平均購入価格を1台30万円で計算した。

うち2社には「閉店」の判定が突き付けられた。しかし、ある程度の覚悟はできていたので、その結果に驚くこともなかった。

4円コーナーは新基準機を導入することになるが、初号機は稼働が取れるかどうかは皆目見当がつかない。当面は新台入れ替えのペースは落ち込むことは想像に難くない。

メーカーの新基準機の開発はあまり進んでいないようで、下請けの開発会社は「開発案件が止まっている」と悲鳴を上げる。

買い控えが続けば、当然、新基準機の中古のタマ数そのものが少なくなることが予想される。中古機オンリーで運営している弱小店には、新基準機の中古そのものが回ってこない可能性もある。

そうなると、べニア板営業も余儀なくされる。そんな見すぼらしいホールへ行く客もいない。

完全5号機に移行した2007年はホール、スロ専を含めると約1500軒が閉店に追い込まれている。

今回の規則改正は5号機ショック以上に業績に影響を与えることになる。出玉性能がパチンコ、パチスロ共に3分の2に抑えられ、ホールは売り上げ、粗利とも減少することを心配する。

座して死を待つか、業界が一丸となって遊技人口を増やすか。

やらなければならない答えは出ている。にも拘わらず突破力のある旗振り役が登場しない。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



プチパチでも開発しますか?


朝日新聞に「最低賃金1500円なら夢がある」と題する記事が載っていた。

労働者の最低賃金を時給1500円に引き上げることを求めて運動している若者のグループ「エキタス」が15日、東京・新宿でデモをした。東京都庁近くの公園を出発し、高層ビル街や新宿駅南口、歌舞伎町などを巡りながら、「最低賃金いますぐ上げろ」「税金つかって貧困なくせ」と訴えた。

(中略)

都道府県ごとに定められている最低賃金は現在、最も高い東京都でも時給932円で、最低の宮崎、沖縄両県は714円と目標の1500円の半額以下。仮に時給1500円で週40時間働くと、4週間で24万円になる計算だ。

若者たちは「1500円は『健康で文化的な最低限度の生活』に必要な最低限の金額です」「1000円じゃなくて1500円と言うのは、ちょっと夢があるから。夢があるというのは(生活の)リアリティーがあるということ」と訴えた。
以上引用終わり

この記事を読んだ業界人が「時給1500円で夢があるとは情けない。月に24万円の生活が夢があると思っていること自体夢がない」と憤る。
パチンコ業界の時給は昔から高い。パチンコバイトのサイトを調べていると最初から1500円スタートなんてホールもある。そんなに高額最低時給が欲しければパチンコ業界で働くことだ。

「女性の契約社員ですが金属7年、週5日勤務のカウンター業務の管理職をやっている43歳の人は時給換算で、2100円。同じく女性の契約社員で勤続30年の人は時給換算で2400円ですからね。女性の契約社員で頑張ればこれぐらいの時給がもらえる。これが夢があるというものです。エキタスの人はパチンコ業界の良さを知らないからそんなデモを起こすわけです」(同)

ここに出てきた女性契約社員はいずれも同じホールでのケース。勤続年数を見てもその会社の居心地の良さが伝わってくる。ノルマを達成した暁にはバイトにもミニボーナスとして3万円支給されることもある、という。

話しは変わるが、最低賃金として時給1500円に夢があるという若者たちが、1万円がアっという間に消えるパチンコなどに手を出すなんて考えられない。

今の若者は生まれた時からバブルが崩壊して日本経済が低迷する中で育ち、ゆとり教育を受けたためか、車やブランド品などを欲しがらないし、ギャンブルにも興味を示さない。

この世代が消費を牽引する時の切り口のキーワードが「プチ」とも言われている。ちょいパチならぬ、「プチパチ」というカテゴリーのパチンコ台でも開発してみますか。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える



※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。