パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

20スロを打つ高齢者をターゲットにした攻略詐欺に要注意


週刊誌記者が借金トラブルを抱えている人を取材する過程で攻略詐欺に引っかかった人に出くわした。

20代後半の男性は新宿のホールでスロットを打っている時に声を掛けられた。

「スロットの攻略法があるので、その手順を教える。絶対儲かる」というもの。うまい話には裏がある典型だ。

半信半疑ながらも口車に乗った。男と一緒に攻略ができる埼玉県内の店へ移動した。

男は50ゲームで当たる押し方を若者に教えた。その手順通りに打つと1万円も使わないうちに11万円も出た。

すっかり攻略法を信じた。確かに攻略できるBモノは存在していた。

男は「全国の台で通用するものではない。あらかじめ仕込んだ台だけに通用する」と付け加え、攻略法は100万円を提示した。

若者はすぐに元が取れると思い、借金して100万円を工面して攻略法を買った。そして、男から指定された店で打つものの当たることはなかった…。そのうち連絡もつかなくなった。

仲間にその話をすると「馬鹿だな。詐欺に引っかかっている」というのが一致した意見だった。

騙されて1年以上が経過した。騙された100万円を取り戻したい、という悔しい気持ちだけは持ち続けていた。

そんな折にスロット仲間から誘われたのが攻略法を販売するグループに入る話だった。騙された側が騙す方に立場が逆転する。

「未だに騙される人はいる。絶対にバレない攻略法があるというと乗ってくる人はいる」という。確かに自分が騙されている。人間に欲がある限り詐欺にひっかかる人はいる。

ターゲットは20スロを打っている高齢者だ。20スロを打つということは、そこそこのおカネは持っている証でもある。

まず、声を掛けるのは出していない人。

そして、声を掛けると共に、相手を観察しながら10万、20万、30万と値踏みする。

攻略法は最高額で30万円。50万円以上となると警察に駆け込まれるので30万円までに抑えている。

「年寄りはやり方を教えても覚えられないので、『出ない』と苦情がきても『やり方が間違っている』で逃げます」

このグループは一定の場所に留まることなく、ビズネスホテルに泊まりながら全国行脚する。

「1カ月最低でも2件は決まり、金額でいうと20万円。いい月は200万円ぐらいになる」

攻略詐欺グループには、特殊詐欺グループのように騙し方のマニュアルがあり、それを50万円で買う。さらに親玉には毎月10万円の上納金を納める。

騙す相手との連絡はケータイだが、1~2カ月で使えなくなる。特定の番号だと足がつくからだ。新しい番号のガラケーはグループから10万円で買い取る。

で、現在この若者はどうしているか?

「ひと財産築いたので今は抜けています。抜ける場合にも100万円はかかりますが」

20スロコーナーで打っている高齢者に声を掛けている不審者を見つけた場合は、要注意。あなたのホールの常連客が攻略詐欺の餌食になっているかも知れない。ポスターを張って注意喚起を促すことも必要だ。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

遊技機のサブスクはあり?


最近、サブスク(サブスクリプション)という言葉をよく耳にする。一般的には定期購読の意味だが、ユーザーが製品やサービスに対しておカネを払うのではなく、一定期間利用できる「権利」に対して対価を支払うのがサブスクのビジネスモデルでもある。

定額制と似ているが、定額制はただ製品やサービスに同じ金額で継続的に課金してもらうことを指すが、サブスクはさらに踏み込んで、顧客の必要としているものや顧客満足度に注目している。

身近なサブスクで代表的なものは動画配信サービスのネットフリックスや音楽配信のApple Music、電子書籍の楽天ブックがある。
ネット系だけではなく、暮らしに必要な車、家具、家電、衣類、日用品までサブスクの波は広がっている。

サブスクが流行るのは動画を始めとするネット系では1枚のCDやDVDを買う金額で、複数の作品を視聴ができるのでコスパが高いことが挙げられる。

また、車などの高額商品は購入する場合、かなりの出費を強いられるが、毎月の利用料金だけで車に乗れる。

自動車メーカーは諸経費込みの月額定額支払いで、スマホのように2年または3年で乗り換えができ、いつも最新の車に乗ることで、最新の安全性能のカーライフが楽しめる、というのをウリにする。

このサブスクの波をパチンコ業界に置き換えてみよう。

店舗数の減少やホールの購買力の低下で遊技機の販売台数は確実に落ちている。メーカーは販売台数が減少する中で、ホールが買わないからと言って機械代を値下げすることは考えられない。小ロット多品種生産時代は数年前から始まっている。

機械代が下げられないのであれば、もっとホールが導入しやすい方法を考えなければならない。業界には機械のリースはあるものの広く普及することはなかった。

「パチンコ機は使用頻度が短いのでリース期間前に変えてしまう。リースをやること自体に意味がありません」(元Oリース関係者)

一番の問題は所有権移動の問題。リースだとホールには所有権がないので、中古書類も出ないのでチェーン店移動もできない。

それなら一歩突っ込んで遊技機のサブスクだ。定額料金で契約期間中は何度でも入れ替えができればホール側も利用しやすい。

車のサブスクでは、契約期間終了時の査定予想額をあらかじめ新車価格から差し引いて、月々の支払い額を決定している。契約終了時に追加の支払いはない。

メーカーの顧客先であるホールが減少することを食い止めるためにも、サブスクの導入を検討してはどうだろうか。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




頭取りから見える閉店のシグナル


新基準機を入れ替えずに廃業するかどうかは、現在設置されている機種構成を見れば一目瞭然だろう。営業を続ける気がなければ、小台数の新基準機を入れ替えるのも無駄。中小店舗で旧基準機ばかりなら来年2月1日からの営業を諦めている、と見るべきだろう。頭取りしていれば競合店は気づいている。

「欲しい台はパチンコならビッグネーム。スロットならジャグラー」とは勝ち残る決意をしているホール関係者。こんな機種構成では小型店でも運営は難しい。

「来年の1月末までに一気に2000~3000店舗が閉店するんじゃないかな。まだまだ店が多すぎる。ここを乗り切れば適正軒数になる。ウチは減台してでもいい台が出るのを待って生き残りにかける」(同)と覚悟を決めている。

このホール関係者はコンビニ経営(セブンイレブン)も同時に行っている。

「コンビニは人手不足から時短営業の動きがあるけど、ウチは1回も困ったことはない。ただ、今までやっていたことが当たり前と思ってやっていたことが異常だったことに気づいた」と打ち明ける。

それはクリスマスケーキや恵方巻などの販売ノルマだった。本部から売り上げのノルマを課せられ、自爆営業もやってきた。

特に恵方巻の食品ロスが社会問題になり、本部からのノルマの締め付けも軽くなったことが、「こんなに楽だとは思わなかった」としみじみ語る。

コンビニを始めて1年目は日売りが70万円はあったが、今は競合地域内に同じセブンイレブンがオープンしたために57万円に下がった。

「本部が近くに出店させるのは配送効率を考えてのこと。最初の店はどんどん売り上げが減る」

本部さえ儲かればフランチャイズオーナーのことはどうでもいい、という考えか。相変わらずブラックだ。

店が増える中での生き残りを今、コンビニで経験している。一方のパチンコ業界はホールの新規出店はピタリと止まり、競合店は閉店するばかりで、適正軒数へ向かおうとしている。今が辛抱のしどころだ。

パチンコが衰退している理由として各台計数機の普及を挙げる。

「玉積みをして、玉を流すときの音が耳に残っている。これが快感だった。自分で玉を流したいという常連客には要望に応えていた。勝った時のイメージが耳に植え付けられていた」

そんなことを求める客もいなくなり、人手不足の折に今さら玉積みに戻せない。

「完全に6号機に入れ替わったらスロットはヤバイ。確実に稼働は減る。パチンコの大工の源さんは甘デジなので差玉も出ない。完全に遊ぶ台になっている」

生き残っても前途洋々とは行かない。最後は救世主となる機械をひたすら待つしかないのだろうか。





人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

40玉交換VS1500個出玉、あの時どっちを選択すべきだったか


「どうしてあの時ハンドリングを間違えてしまったのか。出玉規制される前に、全国で等価交換を一斉に止めるべきだった」と話すのはメーカー関係者。

射幸性を高めている一つの要因が等価交換営業である。かつては40玉交換が主流だったものが、先行した大手の等価が成功したことから、競合店は追従せざるを得ない状態になり今に至る。全国がほぼほぼ等価に走り、換金差益の出ない営業では釘が締まり、設定は入らない。そんなことが20年近く続けば、客がいなくなるのは当たり前のことだ。

一般景品は市場価格との等価交換の原則がある。特殊景品=換金に触れたくないために特殊景品の等価には言及しなかった。

ところが、2011年7月、大阪府警は大遊協に対して「1000円相当の賞球玉を1000円(仕入原価)の賞品と交換することは、業界でいう『いわゆる等価』で射幸心を著しくそそるものと思われ、風適法違反の疑いがある。風適法にいう『等価の物価』とは『市場価格』を有する物品で、『市場価格とは一般の小売業における恒常的な販売価格をいう』」とタブーに踏み込んできた。

大阪府警は等価交換が射幸心を著しくそそるものと、はっきり指摘している。

これを受けて大阪は2011年11月から11.2割営業に舵を切る。脱等価が全国的に波及するが、2019年4月現在、東京を除く関東圏や広島、山口を除く中国地方が等価営業を続けている。

等価を続けている地域でいち早く脱等価に踏み切ったホール関係者はこう打ち明ける。

「等価を続けているホールの年末年始営業の落ち込みは一段と激しくなり、再び脱等価の話し合いが出てきています。ウチは早めに脱等価に踏み切った結果、等価を続けているホールほど落ち込みが激しくないので、余計脱等価の機運が高まっているようです。ウチはまだ28玉交換ですが、本当に回ることを体感できるのは30~33玉交換で、回るという意味では絶対的優位性がありますが、今度は一物一価がネックになる」

警察庁はギャンブル依存症対策の一環として、遊技機の出玉規制に踏み切り、パチンコは1回の大当たり出玉が2400個から1500個に引き下げられた。

「パチンコとスロットは元々遊技性が違うのだから一物二価を認めてもらうしかない。業界は等価交換廃止に向かい、出玉性能に規制を加えられるべきではなかった。1500個の出玉ではお客さんの立場なら等価営業しか残されていない」(メーカー関係者)

全国のホールが40玉交換に戻すことを条件に、出玉規制に踏み込まれるべきではなかった、ということだが、その時に業界の舵取り役は不在だったことが業界の不幸の始まりだ。

「ベンツに乗っていたオーナーはクラウンどころかプリウスで燃費まで気にしなければいけない時代になった」(メーカー関係者)と付け加える。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

ホールでの新型コロナウイルス対策


今回、中国・武漢で発症した新型コロナウイルスは、中国国家衛生健康委員会によると4日現在で感染者は中国全土で2万438人、死者は425人に上った、と発表した。2003年のSARSでは感染者が8096人で死者が774人だったことを比較しても、収束期にはほど遠い状況からしても今後の被害の拡大ぶりが懸念される。

そもそも、訪日中国人観光客は2003年の年間44万8000人に対して、2019年は959万人だから桁外れに違う。新型コロナウイルスが問題視されるようになった時期と中国人が大移動する春節とも重なったために、日本での影響は当時とは比較にならない。

中国人を見れば新型コロナウイルスが移るとばかりに、差別も発生している。フランスに長年住んでいる日本人は、日常会話には困らないほどフランス語は堪能だが、さらなる高みを目指して高度なフランス語の語学学校に入学した。

欧米人からすると日本人と中国人の見分けはつかない。すると学校側からこんなショッキングな要請を受けた。

「生徒の中には中国人がいると教室に来たがらない。あなたは日本人だがこんな時期だから出席を控えてもらえないか」

学校に迷惑を掛けたくないので今は出席していない。

ミクロネシア連邦は多数の中国人が訪れる日本を新型コロナウイルスの汚染国と指定し、2月3日から日本人の入国規制を始めた。ミクロネシアに入国するには非汚染地域であるグアムやハワイに2週間滞在する必要がある。

では、ここでホールに目を転じてみよう。

中国人客も来店する東京・新宿のホールでは、アルバイトスタッフが中国語に反応して「中国人の周りに近づきたくない」、「中国人のいる通路も通りたくない」と言い出す始末。

ホールでもスタッフの健康と安全に考慮してマスク着用で接客するケースも出てきている。

ホールはハンドルやレバー、ボタンを操作するので手から感染することも考えられる。2009年に元店長が新型インフルエンザのことで何本か連載している。キーワードはパンデミックだ。

その時の必要な物品を再録した。

1.消毒液

消毒する場所をリストアップする。その場所に対しての使用量を予測しておく。消毒液の種類はアルコール系や自然植物性など様々あるので、各店舗でご検討願いたい。迷った際は、各都道府県の保健所などに問い合わせるとよい。

2.マスク

種類は各店舗で検討して使いやすいものを選ぶ。パンデミック時は、使い捨てが原則。お客様に無料配布する場合は、密着型でも大丈夫。70枚498円で販売している(東証1部ケーヨーの店舗)。

3.うがい薬

イソジンが有名だが、同じ成分で量が多くて価格が安い製品も販売されている。上場しているサンドラックで販売している「ポピドン」。うがいに必要なコップは、従業員に用意させるのか、紙コップを使用するかも決めておく。

4.せっけん関係

パンデミック時は薬用せっけんなども選択の一つ。ホール内のトイレと従業員用のトイレ。両方に必要かどうかも検討。

5.加湿器

事務所や更衣室・食堂などに有効。インフルエンザウィルスは湿度に弱い。

6.各場所を消毒する際に必要な布

「使い捨てタイプ」=「紙タオル」や「不織布タオル」

ボロ布=ウェスを業務用で格安で販売しているルートもある。ただし、見た目は悪い。 捨てる衣類を従業員から集めて、切って用意しているケースも。

7.体温計

8.使い捨て手袋

清掃場所によっては使用する。

基本的な物品以外にも、医薬品が必要だと判断するホールもあるだろう。各ホールで検討を重ねて欲しい。物品リスト以外には、行動マニュアルを明確にしておくこと。

それと、「咳き込んだり、顔が赤くて熱がありそうなお客様」が来店した時の対応。

入店を断るのか?放置するのか?

入店を断る際の応対トークも決めておかなければならない。パンデミックが起きた際、他にもいろいろなアクシデントが考えられる。

店舗によっては、賄いさんに調理をお願いしているケースもある。賄いのおばさんが長期欠勤した場合、従業員の食事手当ても考えなければならない。従業員に弁当持参をお願いするのも一案。

これまで書いたものが大袈裟と判断するならば、各ホールで簡易なものでもかまわないので、まず、 「問題意識」を持って、「マニュアル作成」を行い、その時に「備える」ことが肝要だ。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。