パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

Googleのインドアビューをホールで使う効果とは


パソコンやスマホを持っている人で、今やGoogleのストリートビューを知らない人はほとんどいないが、では、インドアビューはどのぐらいの人が認知しているだろうか?

これは簡単にいえば、建物の内部を360°のパノラマ写真で見られるGoogleのサービスで、Google Mapのストリートビューの室内版といったところだ。

建物内を静止画で数カ所撮影し、写真をつなぎあわせることで、実際にその建物内を歩いているかのような体験ができる。

企業をはじめ、店舗、美術館などさまざまな場所で活用されており、ビジネスツールとしても注目されている。

これをホール向けに提案しているのがS‐DREAMだ。実際に神奈川県のパーラーKで導入されている。

IMG_0168

「店舗内はもちろんですが、事務所や本社をプラスアルファでインドアビューを実施した方がいいと思います。なぜなら、事務所で遠隔操作とかしているのではないか?と少なからず疑問を持っている方もいらっしゃいます。以前、マルハンさんがバックヤードの案内ツアーをお客様に実施したところ好評だった、というようにバックヤードに興味を持っている方もいらっしゃいます。順法営業をアピールするためにも裏方をオープンにするのも面白いと思います」(坂元代表)

IMG_0167

インドアビューは自社のホームページにも簡単に設置することができる。ホームページでパノラマ写真を表示できるのでインパクトがある。

これだけではない。

Google Mapに表示される店舗情報に表示されるパノラマ画像をクリックすることでも見ることができる。Googleストリートビューともつながっているので、ストリートビューからそのまま店内に入ることができる。まるで店舗内を散策している気分になる。

もちろん、スマホやタブレットからでも見ることができる。

「今、業界は深刻な人材不足となっておりますが、インドアビューを導入する事で人材採用にも役立ちます。特に新入社員のように若い人は、パチンコ=怖いというマイナスイメージを持っています。本社内部やパチンコ店のバックヤードを公開する事で、こんな普通の職場環境だということが分かってもらえると思います。それによって入社のハードルもぐっと下がると思います。インドアビューはメリットこそあれ、デメリットが見当たりません」(同)

さて、費用は撮影サービス基本価格が5万円からとなっている。

この基本料金は撮影ポイントが15ポイントまで(面積で約80㎡程度)。撮影ポイントが15ポイントを超える場合は別途料金が発生。追加料金の目安は+10ポイント毎に2万円が加算される。

かかる費用は撮影代のみで、ランニングコストは0円で運用できる。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。


記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. バックヤードってあの高精度防犯カメラがズラリと並んでいる所まで見せてくれるのでしょうか。それなら一度行ってみたいです

    カフェオレ    »このコメントに返信
  2. “特に新入社員のように若い人は、パチンコ=怖いというマイナスイメージを持っています。”

    若い人”だけ”だと思いますか?

    なぜマイナスイメージしかないか分かっていますか?

    いくら周りを白く塗ろうが、中心部が真っ黒なままだと無意味なんですよ。
    イメージアップ作戦をいくらしようが無意味なんですよ。

    サファイア    »このコメントに返信
  3. アニメやゲームの版権台も多く、繁華街の大手チェーン店の入りやすそうな店づくりも相まってか、怖いというイメージを持つ若い子は少ないと思います。
    むしろ怖いより臭いというイメージを抱く子が多く感じます。
    喫煙しない若い子には店内のタバコ臭はハードルがキツいのかもしれません。

    奈奈市    »このコメントに返信
  4. 中心部が真っ黒の意味と定義と根拠お願いします。

    サファイアさんに質問    »このコメントに返信
  5. バックヤード見て楽しいですかね??

    イメージ通りのモニターがわんさか映っているだけで、何も面白いとは思わないのですが・・・。なんか悪いことやってるって思ってて、それを覗き見たい好奇心かなんかですかね?

    見て困るのはホールコンのデータくらい、売り上げ、利益や各台のスタート値などがわかるから・・・。
    そう考えると、もっとバックヤード見たい人にオープンで入場してもいいかもしれないですけどね!クリーンなイメージにつながるならば・・・。

    その反面、どんな職業だってバックヤードに関係者以外を入れるところは無いと思うし、入れて何かにつながることもないと思う。それでもそういった発想につながってしまうほど、信頼がない職種なんだな

    本題ですけど、大型店のきらびやかな店舗様はやってもいいのではないかと思います。装飾や外観、パチンコ台以外で勝負している店舗様はいいかもしれないですね!

    うーん    »このコメントに返信
  6.  既に行っているホールもありますね。
    HP上に店内ビューのボタンがあり、自慢の店内を歩き回れるように。
    営業中の撮影なので、お客さん(顔は分からないように)、
    店員さんはそのまま撮影されていた。

     価格も安いしやってみるのもいいと思う。
    事務所やコンピュータールームのビューもあった所で差支えないと思う。
    実際の操作画面さえ映っていなければ問題ないし。

     色々試してみるのがいいのではないでしょうか?
    効果があるかどうかは、やってみないと分かりませんから。

    suna    »このコメントに返信
  7. 裏側を見せるという手法はよくあってTV番組でも見かけたりします。ポイントは見せた裏側を「どう思われたか」でしょうね。

    そのために裏側を見せる方は、エキストラをつかったり、小道具を置いたり、見せ方を計算することはできますから演出がばれなければいいんですが大抵ばれるからサムくなってしまうんですよね。

    社長はベンツを売りました    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す