パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

コロナウイルスの影響による採用情勢の変化 ②


採用支援㊙️ブログより 

求人を出稿する企業は全体で見ると減少傾向が見られますが、求職者の応募数は全体で見ると若干増加しており、応募が圧倒的に増えている企業も多数みられます。(いかなる状況でも仕事をして収入を得ないといけない求職者がたくさんいます)

今回は、応募数が増えている企業の取り組みについて紹介したいと思います。

○前借りOK (日払い/週払い) ※ 生活支援手当なども人気

働いた分の給与を、給料日より先に受け取れる仕組みで、より早く現金収入を得られる仕事を探している求職者が急増しています。

○満員電車を避けられる勤務時間で募集する企業

朝と帰りの満員電車の時間を避けた勤務ができる仕事に応募が上がる傾向が見られます。※ 11時~17時などで働ける企業

○短期バイト

一時的に本職の会社都合で出勤停止となっている求職者 (給与補償を受けられない方) が、Wワークとして、短期的に収入を得るために、短期バイトの応募が増えている傾向が見られます。同時に時短営業により収入が低下したフリーターもWワーク先を探している傾向が見られます。(短期バイトの中でも日払いOKの企業は特に応募が増えています)

上記のような傾向が強まっていますが、緊急事態宣言が出れば、採用情勢も更に変化すると想定されます。(面接に来てもらうことはOKなのか?といった議論が起こると想定されます。)


また、物流で見ると、ネットショッピングが増加したことで、荷物を運ぶ人材が不足していることも話題になっており、他にも採用を急ぐ必要性が高い業種も多数あるため、より求職者目線を汲み取った上で、募集内容を工夫することで、円滑に採用が進むと考えられます。

企業の動向としては、雇用調整助成金の申請により、雇用維持に務める動きが活発になってきています。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 前借りOKはファクタリングに要注意
    名古屋人  »このコメントに返信
  2. ピンバック: 名古屋人

  3. 雇用調整助成金は助成金連帯責任制を理由に社労士がスポット依頼を拒否してるからなかなか機能してません。大きな会社なら人事総務が自前でやるでしょうけど。
    元パチプロ社労士  »このコメントに返信
  4. ピンバック: 元パチプロ社労士

コメントする

コメントを残す