パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

最終チェックの大切さを!


「終わりよければすべてよし」という格言がある。物事は最終の結末がもっとも大事であり、途中の過程は問題にならないということ。

業界関係者が体験したことはまさにこの格言通りのことだった。ホール業務でも他山の石として最終チェックは怠ることなく。

以下本文

先日、出張で宿泊のため某ホテルにチェックインしたときのことです。誹謗・中傷、悪意のSNS拡散意図はありませんのでホテル名は控えさせていただきます。

部屋に入り荷物を置きトイレへ、私はドアを開けたのですが…写真の状態でした。



ちなみにこのホテル、ビジネスでも観光でも人気のリーズナブルな高稼働のホテルです。

トイレの状況にはかなり驚いたのですが、清掃はきちんと行われているしトイレットペーパーも三角折りされています。

よく使うホテルだし状況だけは伝えておこうと思い、この写真をフロントでスタッフに見せたところ「最終チェックが漏れていたようです。不快な思いをさせて誠に申し訳ございませんでした」とのお詫びがありました。

なるほど、便器の汚れや汚物入れの状態をチェックするために蓋をオープンにしているみたいです。

そしてチェックしたスタッフが蓋を閉めて(その他の点検も行って)完了するのでしょうが、おそらく私の部屋だけが飛ばされていたようです。

ホテルって髪の毛1本でも、というくらい細かい清掃を行うのでしょうが、チェック体制まで気にしたことはありませんでした。

むしろ写真のとおり蓋全開の滑稽なインパクトに、最終チェックの大切さというものを改めて認識させられました。

その日の夜、居酒屋でお客様と食事、掘り炬燵式の席に着いたのですが…足の裏に違和感、枝豆の殻でした。

すぐにアルバイトスタッフに伝えたところ「あー、すみません」だけで店主に報告する様子もありませんでした。

人手不足の飲食店あるあるって言えばそれまでですが残念ですね。

パチンコ店は数百台、大型店では数千台のチェック、改めて神経を使うたいへんな作業だなと感じました。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 日本のサービス品質は海外から見てレベルが高いと見られてます。でも、それって日本の労働者がおもてなしの精神を持っていて成立していたんだと思います。

    企業がアルバイトに対して、教育コストをかけていたわけじゃないんですよね。つまり、日本の経営層は楽して高いサービスを提供できていただけだったんじゃないかと…

    これからの未来はそれじゃ通用しません。バイトやパートに対しても社員と同様の品質基準を教え込まないと良いサービスは提供できないし、想定外の行動をとって会社に損失を与えかねないかもしれません。

    メイン基板    »このコメントに返信
  2. 昨今は、バイト店員のテロ行為が大きな問題になっております。
    本来こういう迷惑行為は、家庭教育がしっかり出来ていれば起こさないものなのですが、
    残念ながら家庭でのしつけはうまくいっていません。特にネットリテラシーは、
    親自身がネットに無知であるので、野放しといっていい。
    SNSによる悪ふざけも、あおり運転も、家庭でテレビ見ながら
    「ああいったことをやって、人に迷惑をかけてはいけないよ」
    と言うだけで本来は事足りる。所得が減って共働きが多くなり、
    離婚などでシングルマザーなども増え、家庭で子供に対する時間も減ってしまった。
    親がやるべきだった躾ですら、企業がやらなくてはならない時代。
    今の日本に最も必要なのは、「人様に迷惑をかけない」家庭教育なのではないかと思う今日この頃。

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  3. 最後の枝豆のくだり
    自分がその日一番の客だったならわかるが
    薄利多売の居酒屋で
    かつ掘りごたつ?
    繁忙時なら
    私なら目をつぶるけどね

       »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す