パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

いつまで等価を続ける


脱等価を組合で申し合わせたにも関わらず千葉県遊協のように足並みが揃わないために延期したケースがあったり、都内では他店との差別化をアピールするために再び等価へ戻すホールが出てきている。

これは等価でなければ客離れが起きることを恐れるあまりに選択した手段なのだろうが、今年10月から実施される消費税10%時代を迎え、それでも等価営業をやり続けるつもりなのだろうか?

消費税が8%になった時、業界は内税の現行方式を選択した。外税にするには台間サンドを消費税対応型に切り替える新たな投資が必要になったり、外税で貸し玉が削られることは客が損した気分になり、客離れが心配されたためだ。

しかし、4円の稼働が落ちて収益性が低い現状で10%時代も現行方式を取るとますますホールの収益は悪化する。

税理士法人みなと財務に現在のパチンコ業界の消費税問題が分かりやすく解説されている。
※注:税率は消費税5%。

以下引用

現在のパチンコ業界では貸玉料金の中に消費税額が含まれる料金システムを採用している。つまり、貸玉料金が1玉4円ならば、客が支払う純粋な貸玉料金は3・81円、消費税額は0・19円という計算になる。

ところが、貸玉を景品に交換する場合には1玉当たり4円として計算する。つまり、本来の玉の価値は税抜きの3・81円であるにもかかわらず、景品交換時には4円の価値があるものと見なされるわけだ。しかし、パチンコ店にとってみれば、貸玉料金に含まれる消費税は単なる「預かり消費税」にすぎない。この部分の金額は申告納税する必要があるため、消費税分だけ客が得をし、店側は利益を削って消費税を納める形になっているのである。

この料金システムのまま消費税が増税されてしまうと、パチンコ店の利益はさらに目減りしてしまう。そこで、増税に対応できる料金システムの1つとして、現状の貸玉料金4円に増税分を転嫁する方法が考えられている。

これは、例えば税率が10%に引き上げられた場合、貸玉料金を「4・2円」とする方式。現状の4円という貸玉料金に増税分の0・2円(10%増税なら正確には約0・19円)を上乗せすることで、増税分の消費税を店舗が負担することは一切ない。だが、この方式では貸玉料金に「割高感」が出てしまう上に、従来の消費税5%に対応する部分を、店舗側が利益を削って負担することになる。誰も幸せにならない消費税増税を視野に、業界の懸命な模索が続く。

引用終わり

等価営業とMAX機の組み合わせで、異常なまでに玉単価が上がり、消費税もヘッチャラだったが、それも過去の話し。等価用のベースの低い機械も今はないので、売り上げアップも期待できない。この現状で等価営業を続けることが、どれだけ無謀なことか想像はつくというものだ。

消費税額がアップするということは、売り上げが減少し、利益やキャッシュが減少することを意味する。

それでも現行方式を取るなら方法はただ一つ。これを契機に40玉交換に戻せば換金差益で消費税10%も十分に吸収できる。

等価を続ける、あるいは等価に戻すホールは長く商売を続ける気はないのか? それともよほど高稼働ホールのどっちかだろう。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 消費税10%になったら、貸玉4円のままで、貸玉数を減らすでしょう、きっと。
    4円で、貸玉232発(今)    »このコメントに返信
  2. 本当に店は国に消費税納めてるんですかね?
    じゅん    »このコメントに返信
  3. 出率102%の設定1段階を出せばいい
    おそらく稼働するし
    等価では使えない
    稼働すればホールは買う
       »このコメントに返信
  4. 頑なに40玉交換にこだわるなあ
    勝ち組    »このコメントに返信
  5. 非等価になって回るようになったならともかく、以前より回らなくなった感がある位だから、そんな事なら等価のホールに!ってなるでしょ。

    埼玉在住の知人は、都内等価の頃は平日都内/週末地元のホールで打ってましたが、都内が非等価に成ってからは、地元のホール(=埼玉:等価)でしか打たなくなりました。



    余談に成りますが、以前「ちょいパチ」なるカテゴリーの台が各社よりリリースされましたが、その時も、「とても新規ぱちんこファンを獲得するつもりとは思えない、未入賞のまま上皿崩壊も余裕の釘」でしたね。

    サミーのデジテンの時もそうでしたが、メーカーが色々工夫を凝らしても、運用するホールが全て台無しにしていては、何時まで経っても負のスパイラルから抜け出るのは無理ですよ。
    一般遊戯者    »このコメントに返信
  6. 客が減り続けて歯止めが出来ない現状で未だに営業スタイルを変えるという発想が生まれないからね。パチンコ業界

    何で頑なに年中無休・13時間営業・無制限・等価交換なのかね
    別に週1定休・8時間営業・確率変動後交換・1回交換・6枚交換30玉交換とかでもいいわけじゃないの

    今の最新台は規制の関係で滅多な事じゃ爆発するような出玉も無いならこういうスタイルでも十分でしょ。依存も減らせる。だって強制交換制にすれば辞め時もはっきりするもの
    帰らせるキッカケさえ作れば客は大人しく帰る。
    お金を入れた時点で店の利益も確実に取れる。そうする事で無理のない経営スタイルにもなる。短時間営業に変えられればパチンコのイメージも変わるかもしれない。

    ただでさえ労働改革を求められている時代。既に色々古すぎるんだよ。経営者もホール責任者もただの頭の古いだけ
    斜陽の影    »このコメントに返信
  7. 非等価になっても回る訳ではない。むしろ悪化が酷い。釘曲げも笑ってしまうレベル。

    だったら等価の方が、より誠実な店に思えてくるな。
    三番    »このコメントに返信
  8. そもそも論として、下記のコメントでの前提が間違っています。
    消費税率UPの対応で重要な、粗利益を増やす施策での提言になっていません。

    ここはヤンキーパンダさんの意見を聞きたいですね。

    「消費税がアップするということは、売り上げが減少し、利益やキャッシュが減少することを意味する。」
    北への経済制裁は抜け穴だらけ。    »このコメントに返信
  9. 低換金で薄利多売でやってるホールは実際しっかり客つけてるんだよな、鏡みたいな安定感とか勝率求めてる客もどんどん増えてる
    ATなどが撤去されたら等価店は一気に客飛ぶだろうね
    ねぎ    »このコメントに返信
  10. すでに時代が変わっているのにいまだ過去の栄光が忘れられず今の時代についていけない老害であるオーナーが元凶。
    過去の栄光(笑)、そのほとんどはバカでも経営できるレベルであり、特に何もせず放っておいても客は湯水のように金を落としてくれる事。
    それを我が功績のように恥ずかしい勘違いをし、いまだにそこへ近付けようとする。自分は何もせずにねw

    こういう勘違いオーナーがいる限りこの業界は浮き上がることはないでしょ。
    こういう輩は自分の間違いを絶対に認めない。

    実際問題、今の時代に合った経営をしているホールはそれなりに客はついてますよ。
    円卓の岸    »このコメントに返信
  11. えっ呼びましたか?
    「情報公開のすすめ」シリーズで数々のコメントありがとうございました。
    遅ればせながら御礼申し上げます。

    回答になってるかどうかわかりませんが私なりの考えを述べます。
    消費税10%移行時の対応。
    11割分岐の外税。
    22.7玉→25玉(4.54枚→5枚)
    期間平均出玉率100%。
    人気賞品期間原価率90.9%。
    全賞品の期間原価率つまり還元率90%くらい。
    再プレイは廃止。
    以上が私見です。
    ヤンキーパンダ    »このコメントに返信
    • 再プレイ廃止以外は同意です。

      このレベルでの交換レートにおける再プレイは会員のメリットとして、囲い込み(リピート力アップ)及び、投資金額の増加とになり、結果的に稼働アップになります。

      再プレイ使用時点でマイナス粗利が発生する計算処理方法(再プレイ貸玉料金補正無し)で業界人は誤解しています。

      再プレイは無制限にすべきです。
      北への経済制裁は抜け穴だらけ。    »このコメントに返信
    • 追伸
      消費税10%移行時の22.7玉及び4.54枚は残念ながら、4.4円及び22円を超えてしまいますのでNGとなります。
      1.087割分岐にしないとクリアできません。
      230玉→250個
      46枚→50枚
      これがベストになります。

      業界仙人より
      北への経済制裁は抜け穴だらけ。    »このコメントに返信
  12. 北への経済制裁は抜け穴だらけ。さん

    詳細なコメントありがとうございます。
    (⌒▽⌒)
    ヤンキーパンダ    »このコメントに返信
  13. 2.5円でもちゃんと見合う分、スタート上げないと・・・
    昨日も山梨県上野原、藤野地区を見たが4円は悲惨でしたよ。

    上野原、藤野地区のルール(4店舗共通)

    〇4円貸し2.5円~3円交換
    〇台移動、共有不可
    〇ピーワールド非掲載(2店)
    〇新台は1~2台ずつで殆ど購入

    2.5円でも稼働無いのに機械を買い続けると結局低い割数、高粗利になり、2.5円の16割分岐が生かされていない。
    猫店長    »このコメントに返信
  14. 釘しめすぎなんだよ今のホールは
    せめてボーダー-3~5くらいで薄利多売でやらないと客は離れてくよ
    回らない当たらないじゃ客飛ぶだけだから
    パチンコがなくなれば幸せ    »このコメントに返信
  15. 40玉にするまえに移動、共有なしにする必要があるね。そのためには各台計数機を外す必要がある。人件費が増えるし、そこが無理なのかな。
    でらでら    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す