パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

一般景品が出ない障壁となっている“原因”の法改正を


東京・新宿のホールでの出来事だ。

4人組の若い中国人観光客が4円パチンコで遊んだ。そのうちの1人が1万発以上出した。換金額は5万円近かった、という。

もちろん、換金のことも知らず、全額一般景品と交換した。交換した景品の中には家電製品などもあり、兎に角大量の景品をゲットして大喜びで帰って行った。

中国人なので定価販売されていることも知らない。

お蔭でホールは一般景品の在庫が一掃するぐらい景品がはけた。

この件である業界人は一般景品が出ない理由をふと考えた。

遊技客の来店目的は次の軍資金を稼ぐための換金である。景品が欲しくてパチンコを打つ客なんてほとんどいない。

そういう事情は横に置いといて、「定価販売が一般景品が出ないネックになっている。今どき定価販売が通用するのはタバコとヤクルトぐらい。実勢価格に合わせた価格にすれば、今よりも一般景品は出るはず。警察も景品の持ち帰り運動を推奨するなら、定価販売の考えを改めるべき」と主張する。

風営法には等価交換の原則がある。

風営法第19条では、ぱちんこ営業者が遵守すべき事項として、「国家公安委員会規則で定める遊技料金、賞品の提供方法及び賞品の価格の最高限度に関する基準に従い、その営業を営まなければならない」と定めており、この賞品の提供方法に関する基準である施行規則第35条第2項第1号イは、「当該遊技の結果として表示された遊技球等の数量に対応する金額と等価の物品」を賞品として提供することと定めている。

ここで、この等価の物品とは、「風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律等の解釈運用基準」(平成22年7月9日付け警察庁丙保発第14号、丙少発第22号)第16中6(2)において、同等の市場価格(一般の小売店における日常的な販売価格)を有する物品をいうこととされている。

で、警察が定価販売を頑なに曲げないのは、景品を市場価格よりも安く提供すると、射幸心を著しくそそる恐れがあるため、それを未然に防ぐことを趣旨としている。

警察としては換金率を落としたいために、一般景品の持ち帰りを推奨しているが、メーカー希望の小売価格との等価交換では、今のご時世とは合っていない。

一般景品を安売りしたぐらいで射幸心を著しくそそられることもない。

「ホールが安く仕入れてそれに25%の利益を乗せるぐらいの値付けにする。少しでもお得感があれば一般景品も出る、というもの。それを組合で警察に陳情する。一般景品が出ない障壁となっているのは、風営法なんだから。ここを改正しないと一般景品は出ない」(業界人)

特殊景品より一般景品が出た方がホールも儲かるわけだから、パチンコ=換金とイメージから脱却して行く時期でもある。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 今回の記事はその通りだと思います。

    特殊より一般景品がメインにならないとマズイ事になるかもしれませんよ。
    官房長官がこんな事言い出してますし。
    http://jin115.com/lite/article/52233979/image/4581850
    カジノを推進したい与党と、その法案審議の時に依存性を盾にして反対した野党。
    換金(特殊景品の売買)を国会議員が反対する理由がないですもんね。
    貧乏人    »このコメントに返信
  2. 換金の禁止をです。すいません。
    貧乏人    »このコメントに返信
  3. 不正改造、違法釘曲げ、脱税、違法精神しかないパチンコ業界が何調子の良い事を偉そうに言ってんだよ

    パチンコ業界はあれこれ言う前にまずは襟を正して日陰でコソコソと反省してなさい
    ツケアガルナ

    ついでに言うと、一物一価、広告規制、これらは絶対に緩和などしてはいけない規制です
    少しでも油断すると、悪事ばかり考える業界であることを監督官庁警察はしっかりと認識した方が良い
    カツ丼    »このコメントに返信
  4. 昔はCDとよく交換していました。アルバムの価格が3000円〜3500円のところホールでは750玉で統一されていたからお得感があった。

    一般景品については、乱暴だけど都内なら特殊景品の「小」を廃止してしまえばいい。この方法のホール視点での利点は、ほぼ都内全店横並びで実施できる事。

    特殊景品全て廃止するから一般景品の大幅な自由化を、って言えば喜んで規制緩和してくれそうですけどね。

    タイムリーな事に今朝のヤフーニュースで「景品交換所の改廃着手を滲ませる」って記事がありますし(併せて競馬の場外売場も)これが本当なら手持ちカードが有効なうちに交渉材料にした方がいいのかもしれません。
    週休三日    »このコメントに返信
  5. このご意見にすべて同感いたします
    774    »このコメントに返信
  6. 安く仕入れて25%の利益を乗せる?今時そんな利益乗せてる商売はない!
    大金を簡単に得ていると世間が分からなくなるのかな
    差圧    »このコメントに返信
  7. 一般景品が出た方がホールが儲かる?本当でしょうか。
    換金するから、それを元手に再度来店するのでないですか?
    最終的に全部巻き上げるってのがぱちんこの商法でしょう。
    一般景品に換えちゃったら、お客さんは次のぱちんこを
    打つための資金が無くなって、その月は来なくなることでしょう。
       »このコメントに返信
  8. とかく選べる景品の種類が少なすぎる。
    大勝した時、低価格の物に交換すると持ち切れない。
    高額商品は家電製品が大半だが、シェーバーなど複数持って
    ても邪魔なだけだ。

    そこで、カタログギフト形式にしてもらえば客は選べる楽し
    みが増えるし、ホールはカタログ上の定価販売が可能であ
    る。
    自宅に届くので、持ち帰る手間も省ける。

    来店ポイントをカタログギフトに交換出来るホールも有った
    ので、無理な話ではないと思うが今は法的にどうなのか。
    現役ヘビースモーカー    »このコメントに返信
  9. 記事の内容としては全く同感です。実際の所、景品カウンターにビール24缶が置かれていても、換金してからディスカウントショップで買う方が得なのでそうしてますね。ただ、市場価格に合わせるという定義が難しいとは思いますが。組合で主要景品のレートを合わせる等の取り組みが必要になるかと。
    某設備メーカー営業    »このコメントに返信
  10. ピンバック: 法改正が必要です!? | すろ・ぱちニュース

  11. 散々ここで話されてるし今更な気もするが
    魅力的な商品がまるでないんだよ。観光土産や有名な食べ物まで出すホールも出てきてるがそんなもん若い客が食いつく訳がない
    一時期オタクグッズを扱った店があったがド滑りした事もあるように客の扱いも難しいんだよ
    その原因が1万円以下っていう商品と記事にもあるように定価という原因
    大げさな話、ゲーム機本体とかそれこそブランドの時計(盗まれる可能性もあるので写真での展示にしておく)とか超レアな酒とかその日に持ち帰れる高級品が無いと交換する気にもならんよ
    しかもそれが量販店と喧嘩できるような値段設定とかになってればもっと景品が動くと思うがね
    現に動くのはタバコとお菓子とジュース程度でしょ。極まれにカップラーメンとか菓子パンとかね
    それでいいと甘んじてるから今までずっと何も言ってこなかったんでしょ。何をいまさら偉そうにって感じ

    冷凍庫にぶち込んでる冷凍蟹や冷凍いくらなんか「これ本当に食えるの?賞味期限切れじゃないの?」って客の突っ込みがあったって話も聞いた事あるぞ実際
    糞の所業    »このコメントに返信
  12. 法律の手前仕方なく一般景品を並べている店がほとんどだと思うので、本当に形骸化しているんですよね。最近はオークション等による転売が一般化しているので価格設定の基準は厳しくすることを前提に、もう少し融通をきかせて良いと思います。

    ところで景品交換所云々の件ですが、何か月か前に出たものと同じニュースを、なぜか今持ち出している可能性が高いそうです。それを指摘した記事も出ていますので、よろしければ探してみてください。

    当時既に「ほとんど意味をなさない」とされた発言が元になっているので、現時点でもあまり気にしなくても良いのかなと……ただ同じタイミングで株価が大きく変動しているので、このニュースが関連しているのであればそちらのほうが大きな問題になるのかもしれませんね。
    はい    »このコメントに返信
  13. 本日の記事は確かにそうですね。
    景品を市場価格と同等を等価相当ということなら、決してメーカー希望価格のことではない。
    同じ加工食品で市場小売価格といってもデパート、コンビニ、スーパー、市場によって20%〜50%の大きな開きがある。
    成城や代官山のスーパーと大阪のスーパー玉出では全然価格帯が異なる。
    物価というのは変動します(当り前ですが)、仕入価格も然り、その中で一般景品との交換を推進するんであれば市場における一般小売価格の幅程度の自由度は当然当局にご了解頂かなければなりません。
    そういう意味で今日の記事は重要なことを指摘してます。
    一方で特殊景品の等価交換はけしからんとなっているのことから、全日遊はお客さんに提供する賞品を1円でも安く仕入れ1円でも高く売るという小売業として当り前のことを前提に当局に陳情するべきだ。
    そういう一般賞品に自由度を与えることで、新鮮な野菜や果物なども景品に加えられる。
    季節によって、マッタケやカニなども。
    健全な大衆娯楽を目指すというなら業界人はこういうことを真剣に当局に働きかけるぐらいの行動なければならないでしょう。
    ピー    »このコメントに返信
  14. コメント欄見ると景品交換所規制のガセネタ信じてる人結構いるんですね。

    あと、例えばCDとか定価販売してる小売店は粗利25%以上が普通だけど。世間をわかってないのかな?

    まあ何をやっても何を言っても叩く人は必ず存在するわけだからしゃあないね。そういえばドンキを併設してたお店はとっくに潰れたね。
    ぴえろ    »このコメントに返信
  15. いや実売価格必ずしも
    定価。に拘ることはないはず。
    そのように回答もいただいてるのでは

    この業界だから。ってのはあるでしょう
    来させるためには
    なんでも やり過ぎる
       »このコメントに返信
  16. 賛成です。

    換金→安売り店よりお得なら一般景品を取るし、それで店にも利益が出るならなお良いですね。25%だと利益乗せすぎて今と変わらなそうですが。どのみち30~33玉くらいにしないと難しそうです。

    すでにコメントにありますが高額景品は同じもの複数はいらないし、少額のものはかさばるっていうのも解決しないといけませんね。
    とんかつ    »このコメントに返信
  17. そもそも一般景品が少なすぎるし、一万未満のものしかおけないのが問題。

    店舗の陳列には限界があるのでカタログから選べるようにしたらどうか?
    勝ち組    »このコメントに返信
  18. たまーに衝動買いしてみよっかなwと思う事はあり、ショーケースを覗きますが確かに交換したいと思う物はほぼ無いですね。

    アイテム数が少ないのはスペース的に仕方ないので厳選して頂ければ。
    あとお子様へのプレゼント用と思われるオモチャもありますが、箱が思いっきり色褪せているもの見かけません…?イメージ的にも捨てられた方が良いと思います。
    カニミソ    »このコメントに返信
  19. パチ屋なんて金目当てで来てる輩ばかりなんだから景品は意味ないでしょ。景品なんてあまり玉の菓子しか取ったことないわ。換金なくなれば嫌でも景品になるんだけどね。
    大部分は景品見てない    »このコメントに返信
  20. 特殊景品ではなく、一般景品に交換させるなら、かなりの品揃えにしないとダメでしょうね。
    ほしい物でなければ、一般景品なんて交換しませんよ。
    どうだろうね    »このコメントに返信
  21. コンビニの書籍コーナー位で良いから
    雑誌類並べれば交換する人もいそうな気がする
    書籍なら返品OKの定価販売だから
    景品として手頃じゃないかな
    手間は掛かるけどね
    山羊さん    »このコメントに返信
  22. 昔たばこを吸ってたころは42玉店だと正規の6割ほどで手に入るからよくタバコに交換してたなぁ。
    今はタバコを吸わなくなったから他の景品を、と言いたいところだが33玉交換の店で7割5分で景品交換できると理解してても、洗剤やお菓子なんか安いスーパーなどと変わらない計算になるため交換する気にもなれず。
    50玉交換になれば換金的には妙味がなくても景品交換は旨みがあるのに、、、

    警察は規制しながら矛盾を感じないのだろうか?!
    ボンばば    »このコメントに返信
  23. タバコの煙を浴びて、ヤニ色に染まっている景品なんて要りません。
    ヤニカス    »このコメントに返信
  24. 昔は缶ビール1ケースとか交換したな~

    今は、景品にまでなかなかたどり着けない…(;つД`)
    リバティコンチ    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す