パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

奥さんのギャンブル依存症克服のために青森へ引っ越したが、その代償に旦那がうつ病に


都内のホール企業に勤めていたAさんは50代。2年前、奥さんの実家がある青森・酸ヶ湯温泉に引っ越してきた。

理由は奥さんがギャンブル依存症で、競馬、パチンコに嵌り家計がやり繰りできない状態が続いていた。

軍資金が底を尽くと「旦那のホールの給料は安いので助けて欲しい」と実家に嘘の電話を入れて無心していた。

ギャンブル依存症を克服するために、周りにパチンコホールもない青森の山の中に引っ越してきた、というわけだ。

2人の子供も成人して就職したことが青森行きを後押しした。

奥さんは根っからのギャンブラーだった。競馬は誰が見てもガチガチの銀行レースには興味はなかった。配当が安い馬券は、半分は自分のおカネ。他人のおカネを狙えとばかりに、いつも穴狙いだった。パチンコは甘デジや1パチには目もくれず、4円MAXしか打たなかった。

「とにかく、おカネが増えるかどうかの刺激をいつも求めていた」(奥さん)という。

周りには山しかない八甲田山麓という環境は、ギャンブル依存症の克服にはもってこいだった。

しかし、引っ越した当初は当然、禁断症状が出た。すべてを取り上げたのでは逆効果なので、それを克服するために、夫婦で賭けトランプを始めた。動くおカネは少額だが、イライラを徐々に克服して行った。

東北県人はよく、「寡黙で辛抱強い」と言われる。特に豪雪地帯ともなると冬の間は家に籠り、どんな苦境にも耐え忍ぶ、というイメージがある。

雪国暮らしを送る上で、東京育ちのAさんは2年目の冬にノイローゼになった。冬になると毎日が空は鉛色で太陽を拝むことも少ない。洗濯物は外には干せない。

灰色の世界がAさんの心を蝕んでいった。

同じく雪国の北海道は、道民が一番罹りやすいのが冬場のうつ病だ。「冬季うつ」という言葉もあるように、罹患率は全国一というデータもある。日照時間が少なく、寒さと雪に外出する気も起きなくなり、どんどんうつが進行していく。

まさにAさんがこの状況に陥っている。奥さんのギャンブル依存症が緩和されたら、今度はAさんがうつ病の一歩手前で、東京に帰りたがっている、という。

東京に帰れば今度は奥さんのギャンブル依存症が再発する恐れがあり、どっちを選択するか迷っている。

折衷案を出すとすれば南国のパチンコホールのない離島ということになる。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 憧れの田舎暮らしというセリフを、テレビなどで耳にすることがありますが、
    田舎暮らしというのは快適とは無縁といっていい世界。
    都会育ちの方には、豪雪地帯での不便な生活は厳しいと思います。
    ホールがない地域だから引っ越してきたようですが、昨今は中小ホールもだいぶ数が減って
    きたので、そこまで田舎でなくともホールが存在しない場所はあるかと思います。
    通えるホールは近くにはないが、暮らしに不具合が出るほどの田舎でもない。
    そんな場所を探された方が良いかと。また、奥さんが車でホールに行ってしまうような方なら、
    わざと旧型のリーフといった、航続距離が短い車にしてしまうなんて手も。
    旧型は170~180しか走らないので、半径90以内にホールがなければ通えないので。
    弱ったバッテリー、寒い環境なら、さらに航続距離は落ちます。
    まあ、私程度ではこのぐらいしかアイデアは出ませんでした。あしからず。

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  2. 青森の悪口はやめて下さい。天候がノイローゼ⁈の要因の一つかもしれないが、それが全てではないでしょ?


    そもそもギャンブル依存症と診断されたんだから、病院にはいったんだよね?医者に相談したときの話もききたい。

    パチンコやめても依存症の弊害は何処かに現れる。というメッセージとも取れるが、この記事を読んでもそうは受け取ってもらえるか…

    メイン基板    »このコメントに返信
  3. これを見て青森の悪口と思えるならあんたも病気だと思うよ。何かしらのね。

    153.142.208.150    »このコメントに返信
  4. 旦那さんがパチンコ業界に勤めているのなら、旦那さんの仕事の休みの日に夫婦2人で優良なパチンコホールに打ちに行き、パチンコなら釘読みの方法やボーダーラインや止め打ちのやり方、
    またパチスロなら天井狙いやゾーン狙い、高設定台の判別方法などを教えてあげたり、
    また、パチンコもパチスロもホールが出玉率に力を入れている機種しか打ってはいけないとか、いろいろとスパルタ教育で厳しく教えてあげれば良いのではないでしょうか?

    また、本文中に1円パチンコには目もくれずに4円マックスしか打たなかったと書いてありますが、
    低貸しを打たずに4円パチンコや20円スロット
    しか打たないというのはむしろその方が正解だと思います。

    イケロン    »このコメントに返信
  5. パチ禁のために賭けトランプとか、バカですかと言いたくなってしまうんだけど。ならば上記の方のように、落ちるところまでパチまみれになったほうが、まだましだと思いますが。なんやかんや言って子どもを成人させることはできるくらいの経済状態はキープできたんだし。

    特定日    »このコメントに返信
  6. 依存症でも勝てば問題ないのですから、そうなる様に動けばいいと思います

    が、依存者の方の大多数は勝ちたいではなく打ちたいだけで、勝ちたいと思っていてもそれを実現させる行動力が無いのが残念なところ

    カニミソ    »このコメントに返信
  7. 第三の選択として、パチ業界や公営ギャンブルが本腰で依存症対策に乗り出し、依存症患者や要請のあった人間は絶対にギャンブルできないように閉め出すこと。

    と言っても、どこぞの学者や業界人が提唱している「依存症の元となる精神的な原因の治療」と比べると、どちらが難しいかというレベルではあるとは思いますがね。

    おまけに公営は良いとして、ホールは非組合や組合員なのに組合を無視するホールも多いですが。

    三番    »このコメントに返信
  8. 依存症かどうかは分からないけれどパチンコパチスロで負けてる人間って勝ち方のアドバイスを全く聞かない場合が多い気がするよ
    例えばパチスロのハイエナ台
    あと5000円で絶対に当たるから今止めたらダメだよって言っても信じてもらえない
    ちょっと目を離しでもするものならもう違う台に座って現金投資してるからね
    また回る台期待値のある台を打てばトータルでは絶対に勝てるからと言っても上の空
    こういう人達は今日勝たないと我慢ならないのかもしれませんね


    本気で依存症対策をするのならパチンコパチスロを廃止しちゃう
    個人じゃもうどうしようもないのかなとそう思います





    Diary Of a Madman♬


    チャオ!

    宗ちゃんパチ&スロかもねかもねそうかもね歴39年(`・ω・´)    »このコメントに返信
  9. 皆さん言ってるけど依存症対策の一つに勉強会みたいなもの開くとかできないのかな。
    ギャンブルの特性である胴元が必ず儲ける仕組みとか、過去のメーカー業界やホール業界の事件等パチンコの怖さを教えたりする。ダメかな、意外と業界暗部を知らない人多いでしょ。
    それでもやめないと判断した人には少しでも勝率を上げるために確率論やボーダー理論を教え込む。

    どこかでもうやってそうだけどどうっすかね。

    ぱちんこふぁん    »このコメントに返信
  10. なんで養分は期待値稼働しないの?
    頭おかしいの?

    依存するほどやってなんで勝てないの?

    勝ち組    »このコメントに返信
  11. 勝ってる人はその養分のおかげで勝ってるんでしょ。
    養分いなくなれば勝ち組も壊滅。

    ま、期待値的にも今や全盛期の半分以下だろう。
    賢い人はとっくに辞めてる。

    もののあはれ    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す