パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

部下が痴漢の冤罪に、あなたが店長ならどう対応する?


開店前、店長の下へ早番の二人から「ホールに出られない」との1本の電話が入った。

「どういうことだ?」と説明を求めた。

二人はお互い24歳同士の男女社員だった。会社には内緒で付き合っていた。

仕事が終わって、夜ドライブへ出かけ、そのままラブホテルで一夜を過ごした。事件はそのラブホテルで起こった。

二人は早番なのでラブホテルを5時過ぎにチェックアウトすべく、エレベーターで下に向かおうとしたところへ、東南アジア人風の外国人カップルが乗り込んできた。

小さいエレベーターなので4人も乗れば、ぎゅうぎゅうになるほどのせまっ苦しさがあった。

その時だった。

外国人の女の方が片言の日本語で、「サワッタ」と騒ぎ始めた。男性従業員にすれば身に覚えのないこと。

そのまま、エレベーターはフロントに到着した。

女の方は「サワッタ、サワッタ」とここでも騒いでいる。

「触ってはいない!」

押し問答が続いた。

フロントが収拾がつかないと思ったのか、110番した。間もなく警察が駆け付けて事情聴取が始まった。

まずはエレベーター内の監視カメラをチェックした。

4人の後ろ姿が映っていた。男性従業員は腕を組んでいたが、その画像からは触ったかどうかは確認できなかった。

警察が来ても、

「サワッタ」

「触っていない」

の押し問答が続いた。

事態を収拾することなく、時間だけが経過した。

外国人カップルが示談を持ちかけてきた。

金額は3万円だった。

警察は民事には不介入だ。

警察官が口を開いた。

「ビデオを見る限りやっていないようだけど、被害者から親告があったら、やっていない証明をしなければならない。痴漢は親告罪なので、親告されたら逮捕することになる」

警察が駆け付けて4時間が経過した。男性従業員は早番に間に合わないと観念して店長のケータイに連絡した。

男性従業員にすれば、冤罪であり、やってもいないのに3万円は払いたくない。

それを含めて店長に相談した。

店長もこんな事例は初めてのことで、対処の方法が分からず、第三者に意見を求めた。

「3万円払って示談に応じた方がいい。ただし、やってはいない、と。示談に応じなければ後々会社を休むことにもなり、裁判となれば時間とカネもかかる」

3万円払って無罪放免となったのは午後1時だった。

このラブホテルと外国人カップルはグルになっている可能性が高い。早朝5時にエレベーターに乗り合わせることも不自然だ。

翌日が勤務なら、とりあえずラブホテルは利用しないこと。

あなたが店長ならこの場合、どういう指示を下しましたか?

人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. こういったケースは、電車内などでも起こる事案で、なおかつパチ従業員だけが
    被害に遭うわけではない。私たちも同じような被害に遭う可能性があるのだから、
    偏見を捨て意見を述べて欲しい。
    まず、パワハラ、セクハラでも有効なのだが、相手の会話は必ず録音すること。
    特にこういった美人局的な犯罪は、証言がころころ変わったりするので、
    最初に言ったことと後で言ったことに、くい違いが出ることが多い。そうなれば、
    相手の証言は信用ができないという方向になる。スマホなどの録音機能は、
    使い方をマスターしておいて、有事の際は使えるようにしておきましょう。
    二つ目に、自分が無罪なのなら、その「証拠」を押さえておくこと。
    周囲の人間に、目撃者がいるかどうか確認し、証言を得ましょう。
    警察まで介入するような事態になった場合は、繊維鑑定というものがあります。
    このケースのように「触った」というなら、手指に繊維が残るからです。
    触っていないなら、進んで鑑定に協力しましょう。
    うっかり手を洗わないように。証拠隠滅と疑われます。
    激高して相手に掴みかからないように。思う壺です。
    ただ、相手方が意図的な場合、無実を証明しようとその場に留まり続けても、
    結局証明できずカネをむしり取られるケースも多い。
    今回の場合、目撃者はなし(エレベーター内には関係者しかいないので)
    監視カメラは、証拠と呼べるほど確実な画像がなかったようですね。
    まあそういう状況になるように意図的に仕組まれたものでは、対処は難しい。
    示談はベターというには程遠いが、最悪の事態を避けるため致し方ない苦渋の決断ですね。
    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  2. このアジア系は確信犯と思う。
    交通の世界で言うと当たり屋だろう。
    警察の本格捜査より、直ぐに示談(金)の話しするあたりは手慣れている。
    こういう金目当ての当たり屋や詐欺の害人が今後増えてくると思うが、日本社会にクソを繁殖させないように徹底的に潰さなければならない。
    最高裁まで争う覚悟で、そして冤罪の損害と名誉毀損を詐欺害人に賠償させよう。
    2〜3万円で事を済ますとこの害人またやるぞ!

    いや待て、このスタッフ本当に外人のケツ触ったかも(笑)
    ワイド    »このコメントに返信
  3. やってないのならば、フロントに住所と連絡先を告げて
    早々に立ち去ればいいだけの話です。

    証拠もなし、状況的に痴漢をするのが合理的ではないので、
    (自分の彼女が隣にいて、しかもラブホ退出時)
    まともに取り合うだけ時間の無駄です。

    警察が来てからではいろいろ面倒なので、
    逃走ではないことを明確にしてから早々に立ち去ること。
    パチンコにかつての活気を取り戻して欲しい一ファン    »このコメントに返信
  4. この記事はサクラとホールとライターは
    ぐるです。気を付けましょうって事だな。
    換金率の低いホールが全くまわらなくな
    って客飛んでた。パチンコは終わりだな。
    多少回ってた店すら等価みたいな釘に
    なって客がきずかないと思うのか。
    パチンコは終わりました    »このコメントに返信
  5. 今の警察はしっかりしてるから、やってないなら繊維検査とか志願すればいいこと。

    3万払うのはアホらしいですね。
    パチンコ大賞    »このコメントに返信
  6. ちょっと胡乱な記事ですね
    その昔、渋谷の某店で
    ニュースにもなった
    暴力団の換金所みたいな

    あの時は私もやられました
    店舗すぐ出て目の前に
    デカデカと換金所と書いてあったところで
    交換すると等価であるはずが
    異常に低い。
    店に言ってもあそこで交換したら
    終わりですの一点張り。
    そんな事がありました

    今の日本で ”ホテル” とグルでしかも
    同じホテルで毎度あれば警察も
    それはさすがに・・。
    中国や韓国の袖の下社会じゃあるまいし。
    譲ってその外国人が常習・・としても
    朝方ロビーで張ってたら
    ホテルも不審に思うだろうし
    なんか釈然としない記事ではありました
       »このコメントに返信
    • ヤクザ換金所?
      反社会勢力の凌ぎを防ぐため、東京は20年以上前にTUCを実施した。
      交換所の歴史にはこういう苦労もあるわけです。
      地方へ行けば反社勢力とまだ手を切れない地域や自家買いして先月警察にとっ捕まった佐賀県のホールのようなところが残っています。
      ラブホテルも風俗営業で警察の許可営業だ。
      御夫婦でラブホテル利用する人よりあまり公にしたくない利用客が圧倒的に多いでしょうから、因縁つけその場で示談金目当ての痴漢詐欺がしやすいのかも。
      そのホテルは反社勢力と関係あるのではないでしょうか?
      新たな凌ぎになるかもしれません。

      皆様、ご注意下さい。

      ガイジンの痴漢詐欺がホテル絡みならならけしからん
      ジュン    »このコメントに返信
  7. 日頃騙してる側の人間が騙されただけ。
    ただそれだけ。
    俵星玄蕃    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す