パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

「NO! Change money」の外国人客にどう教える


訪日外国人客で賑わう大阪での出来事だ。

東南アジア系の外国人客が大当たりして、玉を交換してレシートを景品カウンターへ持ってきた。カウンター係はいつもの感覚で特殊景品を手渡した。

すると、
「NO! Change money」と現金に交換することを要求してきた。

カウンター係は英語で説明することができない。店長も不在。咄嗟の判断で機転を利かせ店内放送を使って「どなたか、英語が話せるお客様はいらっしゃいませんか? いらっしゃいましたら至急カウンターまでお越しください」と呼びだした。

手を挙げてくれたのは常連客だった。

事情を説明して換金の方法を英語で説明してもらった。それで常連客には景品交換所まで案内してもらい、事なきを得た。

店長にこの件を報告すると会社でも問題となった。しかし、ホールができるのは、特殊景品を渡すところまで。換金所を教えることなどご法度である。ホールが直接換金の方法を説明することはできない。

今回は第三者の常連客が説明したので大事にはならないだろうが、2020年の東京オリンピックに向け、外国人客はまだまだ増えるので同じ問題が今後も発生する。

パチンコのやり方を紹介する英語版のYouTubeでは、出玉を一般景品を交換できるところまでは紹介しているが、中には、出玉を換金ができることをはっきり謳っているサイトもあるらしい。今後は換金ができることを知ってパチンコをする外国人客は増えるかも知れない。

そこでホールが考えたのが組合で統一見解を出してもらうこと。

組合に統一見解を求めたところで、答えは分かっている。教えられるのは、一般景品との交換までで、特殊景品の交換方法まではNGだろう。逆に外国人には換金ができない、と理解してもらう方が良いかも知れない。でも、それではダブルスタンダードになってしまう。

では、どうすれば外国人に換金方法を教えることができるか? ホールの出した答えがこれだ。

外国人向けの「パチンコお助けダイアル」という第三者機関を作る。そこに電話すると英語、中国語、韓国語が話せる常駐スタッフがいて、パチンコに関する困りごと親切丁寧に答えてくれる。

もちろん、換金方法も教えないとパチンコはクロージングしない。

遊んで終わりのゲームと違って、ゲームの成果により景品がもらえるのがパチンコの最大のアドバンテージなのだから。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える



※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。





記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. なにを言っているんだコイツ。
    第三者機関だと換金してまーす。って公表・説明していい訳ないだろ。そんな機関、一発で潰されるわ。

    パチプー・スロプーに私設ダイヤルでもさせとけ。

    まあ、ブログやSNSの様にパチンコ屋の得意のパチンコ屋が一般人になりすました機関でも設立してろよ。

    外国人の財布の中身が欲しいのぅ。欲しいのぅ。

    パチンコは、オワコン    »このコメントに返信
    • ひでーコメント。
      支離滅裂。
      ただの独り言をわざわざ書くなよ。
      公に口に出すなよ、目障りだよ。

      バナナ    »このコメントに返信
      • きっと負けまくって逆恨みしてるんでしょう。
        アホなHN にも現れてます。

        こういう荒らしは迷惑なので速やかに立ち去って頂きたい。

        勝ち組    »このコメントに返信
        • 君と同じ打つのは、エナ専ですよ。君と違って働いていますが。

          君こそこんなところに書き込んでいる暇があるなら店内を徘徊しなさい。

          パチンコは、オワコン    »このコメントに返信
          • 働いてるのがそんなに偉いんですか?

            勝ち組  
          • 働いてるのは偉くもなく普通だよ。
            働いていないのなら少なくとも一般的社会人とは言えない。

            肉体労働者を底辺と言っているがあなたはそれ以下なのは間違いない。

            通行人  
          • 社蓄時代の収入+パチの収入(非課税)+その他ですでにサラリーマンの生涯給与の中央値に近い収入をかせいでるけど?

            あなたの言う社会人とやらが社蓄を指すなら肉体労働者以下かもしれませんが。

            肉体労働するくらいなら死んだほうがマシです。

            勝ち組  
          • えーと、収入金額の大小じゃないんだよ。
            それと社蓄じゃなくて社畜ね?
            社会人、にはいろんな解釈があると思うけど、どんな解釈にも共通してるのが勤労、納税をして社会の一員になっているか、ここがポイントかな。
            ちなみに社会人も偉くないからね?未成年から頑張ってるなら偉いかもしれないが成人なら普通だから。

            プロかアマかは別としてもパチンコを生業としている人間が、肉体労働者を下に見る構図がずいぶんと滑稽に見えるね。
            まぁ、リアルでは相手にされないだろうからせめてこういう場所では大きな面で優越感に浸りたいんだろうね。
            御山の大将という言葉を進呈するよ。

            …お疲れ。

            通行人  
          • 無職の自分を想像すると
            ・親のお荷物になる
            ・友人からひそかに馬鹿にされる
            ・一般常識についていけなくなる
            ・殆どの人間に理解されない
            ・社会的信用が無く金銭が絡む契約ができない
            ・誰からも必要とされない孤独感に陥る
            ・無職の肩書がつらくなる
            ・コミュニケーションがせまくなる
            などが思い浮かんだので、
            自分はたとえ収入があっても無職は無理。

            通りすがり  
          • そうですか、ではこれからも社蓄頑張って下さい。

            ちなみに私は表向きは無職ではありませんが。

            勝ち組  
      • こっそり教えればいいじゃないか

        誰も気にしないよこれくらい。

        勝ち組    »このコメントに返信
  2. 時代の変化に対応しなければ矛盾が出てきますね。
    10年後には外人はパチンコは換金可能と知れ渡るかも。
    業界の対応遅れが業界の首を絞めることになるか?

    バナナ    »このコメントに返信
  3.   ただちに違法でない三店方式、この時点でギャンブルと認めるか?

    遊技なら三店禁止・・ですよねw

      解りにくい日本ですねw  戦後70年かぁ~~~~w

    しんぷるがいちばん    »このコメントに返信
  4. その常連客をボランティアの遊技アドバイザーとして採用するしか無いんじゃないの?無論ボランティアだから報酬は無し(ただし一回につき御礼として数千円)という感じで。

    あるいはホールが直接雇うと不味いから、別の会社を通して英語と韓国語あるいは中国語の堪能な遊技アドバイザーを派遣してもらうとか。一店舗だけじゃ無理だから、周辺の何店舗かと合同で地域の遊技アドバイザーとして。

    確かにダイアルサービスも良いと思うが、換金所まで電話で案内するのは無理だと思うがね。目の前なら良いが、殆どがちょっと離れた分かりにくい場所にあるし。まさかダイアルサービスで「誰か客を捕まえて聞いてください」なんて言える筈もない(笑)

    三番    »このコメントに返信
  5. 外国人向けの「パチンコお助けダイアル」という第三者機関を作るって出資者は誰?
    パチンコ屋なら第三者ではない!それが通じるなら組合がやれば良い。
    それにしても換金を禁止にした方が、日本国にも外国人観光客にも良い話なんだがね。

    たま    »このコメントに返信
  6. 換金できません!
    そのガイジンにはこれでいいでしょう。
    何も複雑に考えなくてもいい。
    もし、親切心あるのでしたら他のお客さんではその景品を近くで買い取る所を知ってるようですけど、同じ特殊景品を得たお客さんに聞いてみたら如何ですか?当店は関係ないですけど。
    でいいでしょう。
    それ以上外国語でゴチャゴチャいうようでしたら、叩き出したらいいし、それ以上ゴネるようだったら威力業務妨害でポリスを呼べばいい。
    ここは日本!外国語でまくしたてるような奴は厳しい対応が必要です。

    ヤング    »このコメントに返信
  7. 大阪の千日前のスロ専で打ってたときカウンター付近で特殊景品貰ってウロチョロしていた中国人か台湾人ペアにチェンジマニー?ヘルプ?と言ってカモントュギャザーと下手な英語で声をかけ交換所まで連れて行ってあげたよ。
    換金まで見届けて帰るときそのペアから満面の笑顔で感謝されました。
    どってことない話だよ。
    翌日、カウンターの女性スタッフが昨日は外国人のお客様に親切にして頂きまして有難うございましたと礼まで言われました。

    ドント    »このコメントに返信
  8. 店の従業員が説明出来ないシステムって本当に合法なの?オリンピックを前に精査した方がネー

    島津    »このコメントに返信
  9. 昔の東京の大久保や新大久保界隈のパチンコ店は大勢の外国人のお客さんで賑わっておりました
    確か爆裂CRパチンコ機時代の頃だったと思います
    店内では何ヶ国もの言葉が飛び交ってましたね
    アチラコチラで大声で叫ぶ者台をガンガン叩く者が居たりとそのハチャメチャぶりにメチャクチャ怖かったです
    また池袋駅のまだパチスロ2号機のアニマルがあった頃その専門店らしき店に一度遊びに行った事があるのですが店内には中国人らしきお客さんが大勢いらっしゃいました
    店内へと一歩足を踏み入れると大勢の中国人が一斉に振り向いて僕を見る
    即Uターンして店を後にしたのは言うまでもありません
    だって両足がガクガク震えてましたもん
    その店でアニマルのハイエナでもしようものなら・・・あまりの恐ろしさに想像したくもありません
    中国三千年の歴史は伊達じゃないそう思いましたね
    (´・ω・`;)





    さて本題
    今日はナッシングでありますね
    ☆*.・(*ゝ∀・*)ノ





    We are the World♫

    チャオ!

    宗ちゃんパチ&スロかもねかもねそうかもね歴39年(`・ω・´)    »このコメントに返信
  10. とりあえずオリンピック開催期間内は、全ての出入口と景品カウンターに7ヶ国語くらいを使用して、

    『店内、および景品カウンターでの換金は行っておりません。景品との交換のみとさせていただきます。』

    などと表記した大きなポスターを貼り出しておけば良いのではないでしょうか?

    パチンコホールに入店して遊技をなされる大半の外国人の方々は『3店方式で、換金は特殊景品を店外の両替所に持ち込んで現金化する。』と前もって知識を持ち合わせた上でパチンコホールに入店して遊技をなさられておりますので、

    オリンピック期間中だけ短期滞在する3店方式の換金も知らないような外国人の方々には、なるべくパチンコホールに入店や遊技をさせないような方針をパチンコホール組合などで申し合わせをするようにした方が、いろいろなトラブルが起こらないので良いと思います。

    イケロン    »このコメントに返信
  11. 正確なルールがよく分からないのですが、直接説明するのがアウトなだけなら交換所の地図をカウンター横に設置しておくとか。

    ポイントはホールが置いているのではなく、その交換所が宣伝として置かせてもらっているだけ。
    それでもダメならその地図を1枚1玉で景品として交換してあげればいい。業者が作ったものなので当ホールは関知しませんでOK。

    カニミソ    »このコメントに返信
  12. 今日久しぶりに換金所行ったよ♪

    場所はよく知ってんだけどな~


    最近なかなか立ち寄れない(;つД`)

    リバティコンチ    »このコメントに返信
  13. ウチが展開する田舎ではマネーチェンジ?オッケーと特殊景品と一緒に交換所まで行かせます。滅多に無いし、摘発など確率的に低い。

    脂オヤジ    »このコメントに返信
  14. 色々とグレーな事がありすぎる業界だから、対応も難しくなるんだろうね。
    英語のできるスタッフを置く事が一番無難じゃないの?
    組合なんて、何の役にも立たないでしょう。

    金さえ使ってくれればOKなのだから    »このコメントに返信
  15. 景品買取所は別会社なんでしょ?

    だったら、パチ屋の目の前に「特殊景品買い取ります。買い
    取りはこちら。」と書いた地図入りの看板を出せば済むこと
    ではないか。
    全くの別会社が、営業のために看板を出すことは違法ではな
    いでしょう。

    しかし、日常的に釘曲げという違法行為を行っている所が、
    こと景品交換所はコンプライアンス上教えられないとは、ち
    ゃんちゃら可笑しい。
    釘同様、こっそり教えれば良いのではないか。

    現役ヘビースモーカー    »このコメントに返信
  16. 長いことマネーチェンジしてないな〜(笑)

    ザン    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す