パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコ業界にもあったラストワンマイル問題


ヤマト運輸の過酷な労働環境の原因が、アマゾンに代表されるネット通販の急成長だったことが明らかになったのは、今年に入ってからだった。アマゾンの仕事は割に合わないからと、佐川急便が撤退後、安い料金でアマゾンの仕事を取りにかかったヤマトであったが、思惑が大きく外れることになる。

仕事量は急激に増えたものの、忙しいばかりでサービス残業しながら配達に回っていたドライバーからは不満しか出てこなかった。

アマゾン(ネット通販)とヤマトの問題で明らかになったのは、どんなにアマゾンがでかい会社になろうとも、最後は荷物を運んでくれる人間がいなければ、ビジネスモデルは一気に崩壊するということだった。写真や音楽、ソフトなどはネットで送れても、それ以外のモノは人間が介在しなければ消費者の手元には届かない。

物流業界では配送業者から消費者の手元に届く最後の区間のことを「ラストワンマイル」と呼ぶ。ラストワンマイルを制する者が物流業界を制するともいわれている。アマゾンが即日配達や翌日配達を充実させてきたのもラストワンマイルを制するためだった。

それまではアマゾンに対して下手に出ていたヤマトだったが、即日配達の受託を断ったり、賃上げを要求している。

楡周平の「ラストワンマイル」という小説は2009年に発刊されたものだが、今の物流業界の姿がこうなることを予見していたビジネス小説で、非常にタイムリーな内容だ。

実は前置きが長くなったが、パチンコ業界でも「ラストワンマイル」問題が起っているのだ。

どういうことか? 運送会社の社長が重い口を開く。

「昔のパチンコ台は25キロぐらいが普通だったんですが、今の台は倍の50キロぐらいになっているんです。これでは重量の関係で積める量は昔の半分です。220台ぐらいは積めたものが今は100台ぐらいしか積めない。送料は1台換算でやってきていましたが、重量換算にしてもらわなければ、割に合いません」

パチンコ台が重くなったということは、ホールで設置する時も重労働になっていたが、業界のラストワンマイルでは、1回で運べる量が半分になっている、という問題が起きていた。

こういう問題はなかなかクローズアップされる問題ではない。しかも、送料は未だに買い手側のホール持ちという慣習がずっと続いている不思議な業界だ。

件の小説ではネット通販会社にイジメられていた運送会社が、新たに通販会社を立ち上げる、というストーリー展開だが、パチンコ業界で運送会社がメーカーを立ち上げるなんて考えられない。

とりあえず、皆のためにパチンコメーカーは軽いパチンコ台を作りましょう。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. これは素材を変えるだけなので比較的簡単にできそうですが。
    意図的に重くするなら、後で重りをつけるタイプにすれば良いだけですし。
    元ベビーユーザー    »このコメントに返信
  2. 時代はエコなのにパチンコだけはエコじゃないね。
    枠をシンプルに戻せば価格は下がり設置する人も少しは楽になるだろう?
    昔の台枠に戻して欲しい!
    演出ボタンを付けようが当たり外れは決まってるんだから余計な機能はいらない。
    納豆ご飯    »このコメントに返信
  3. 軽さより、長く使えて入れ替えが少なくて済む台を作ってもらったほうがありがたいんですが。
    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  4. 大きい液晶、ウーハー、大きい役物等そりゃ重たくもなります。

    それにしても全部が全部じゃないでしょうが、送料までホール持とは・・・・・・。
    123    »このコメントに返信
  5. 台枠共通で盤面と液晶交換だけで充分なんですけどね、顔とかハンドルとか提灯とか本当に要らないです。
    派手なギミック搭載していても最後のボタンプッシュで決まる一発告知台ばかりなんだから下手したら液晶すら要らないです。

    嫌味じゃなくてヘソに玉が入ったらボタン押すだけの機械作ったらどうでしょう、相当軽くなりますよ。
    DNT    »このコメントに返信
  6. 無理でしょうな。
    ホールや打ち手の事なんざ、何も考えないからこそ今の台なのでしょうから。
    ・・・    »このコメントに返信
  7. 『CR機はすべてのメーカーで共通の台枠を使用するようにして、
    セル板だけの交換を可能にして、ホールの新台入替えの費用を軽減し、廃棄物の量も大幅に減少する。』

    メーカーA社から購入したパチンコ台の枠に、B社やC社の新機種をセル板のみの購入で交換が可能にできるようにするという提案で、
    私は20年以上昔のパチンコ雑誌でこの記事を読んだ記憶があるのですが、

    どうして現実に採用なされなかったのかが不思議でしょうがない。

    メーカー組合はそんなに末端のパチンコ客を虐めるのが面白いのですかね?

    理由が知りたいです。
    イケロン    »このコメントに返信
  8. やはり運送料金は重量と容積で決めないとダメでしょう。
    この社長さんは昔の方がたくさん積めて利益率が高かったということですね。
    たしか、遊技機の運送は防犯上の自主規制ということで指定運送業者となってますね。
    何時、何処で、誰が荷物を積込み、パチンコ屋の誰が受取したのかも記録し、その記載資料を所轄警察にホールが届け出るようになってますね。

    このことから指定運送業者として、それが利権にもなっているはず。
    「指定」など撤廃し、自由競争にしていかないとダメですね。
    警察の考えは流通過程で検定遊技機に不正な改造が介在し難いように運送業者も届け出るように要請している。

    他の業種にも言えることだが、その自主規制が逆に特定業者の利権につながり、硬直して高コスト体質にもなっている。

    遊技機の運送組合など解散し、自由競争を導入しなければならない。

    要は運送する個人、法人が誰でも自由にし運搬しでき、その運搬日時、人物を明確にしたものを警察にキッチリ報告するシステムを徹底すればいいだけのこと。

    指定とか組合とかやり出すと利権、高コストとなる。

    最終的に全てパチンコを打つお客が負担しているのだ。

    利権になるとホールやメーカーの担当者のなかにも裏でバックマージン得てる者もいるでしょう。

    社長さんの悩みも分からないでもないが、自由競争と防犯とをどうバランスをとっていくか業界は今一度考えなければならない。
    レック    »このコメントに返信
  9. 三共のナスカ枠から始まった悪習ですかね~その機種の専用枠というのは、エコでもないし無駄な装飾が付きますから、どんどん重くなり、前側にバランスを合わせるために後ろも重くなったのではないでしょうか。
       »このコメントに返信
  10. イケロンさんへ
    恐らく特許の問題かと思います。パチンコは三共、スロットは山佐が殆どの特許を握っているので、難しいかと思います。

    管理遊技機(エコパチ/封入式)の導入検討が規則改正の流れの中で進んでいるそうです。
    のめり込み対策という錦の御旗を得て、CR機導入の時と同じ様な臭いがプンプンしますが・・・
    いっそ封入式になった時に、完全デジタルに移行して、新台もUSBなんかでデータ送信でOKみたいになりませんかね?
    現時点では枠は据え置き、板替がメインと正に胡散臭いCR機モドキの情報しか無いですが。
    福岡在住    »このコメントに返信
    • 福岡在住 様へ

      御解説ありがとうございます。

      なるほど、複雑な特許権の問題があるのですね。

      以前に、パチスロのストップボタンとボタンの間にある指を動かし易くする浅い溝にも特許権があると聞いた事があります。

      台枠に付いている人形や飛び出すお面や提灯なんかではなくて、
      メーカー各社は台枠の中の、セル板のゲーム内容を競い合うようになれば良いのですけどね。

      今のパチンコはゲームソフトが3〜4本しか発売されてはいないのに、
      ゲーム機本体が何百種類も発売されている任天堂DSみたいなような物!!

      これからのパチンコは、パチスロみたいに各社のゲーム内容のアイディアによる競い合いに経営戦略を変えて行く必要があると思います。
      イケロン    »このコメントに返信
  11. 軽い台を作るんじゃなくて重さ辺りで料金を払ってやるのが当たり前でしょう
    郵便局だって封筒も重さで値段が変わるんですよ。
    送料払うのが嫌なら自分でお持ち帰りしたら?買い物して自宅に届けて貰おうとしたら送料とられるのは普通じゃないですか?
    客に還元してから言いましょう
    運輸会社が立ち上げるわけないとか言ってるけど、将来、ヤマト運輸が経営破綻しそうなメーカーを子会社にするかもしれないですよ
    ブレンド茶    »このコメントに返信
    • 送料の話をスーパーの買物と一緒にしてる時点で話しにならん。
      寧ろ、単価40万円超の物を買ったら概ね送料無料だろうなぁ~
      ていうか、持ち帰り前提でメーカーが工場で販売できるんならやってみろって言いたい。
      誰も買いに行かんですわ。

      因みに、今記事の立ち上げる云々の話だけど・・・
      破綻しそうなメーカーを運送会社が買ったところで既存のメーカーは痛くも痒くもない。
      だって、現状のルールではヤマト運輸は遊技台を運搬できないもの。
      もし運搬可能になったところで破綻しそうなメーカーの遊技機がバカ売れするとは思えないので、運搬することすら無いんじゃないかな。
      通りすがりの業界人    »このコメントに返信
  12. 利権=悪、自由競争=善 と決めつけて思考停止する人間がいますね。維新の会の支持者でしょうか?
    デフレとは何か根本からわかってないことがよくわかる、典型的なテンプレともいえる意見で驚きました
    台は軽くして少しでも運送会社、現場の人間の負担が少なくなるといいですね
    記事とは関係ないコメント失礼致しました
    カフェオレ    »このコメントに返信
  13. 根本を解決することにはならんけど、すぐできる対応策としては、やっぱ入替頻度を減らすことでしょう。客もそれを願っているのでは?
    一般の打ち手    »このコメントに返信
  14. 機械の販売代理店で働いている人が言うには、機械は、設置費用と運送費込みの時代があった(昔)そうですね。
    結果ホールが機械代金として払ってはいても、メーカーが負担しているようにも見えたようです。
    いつの間にか、機械の設置にメーカーからの派遣(委託)連絡もなくなり、運送費と、設置の為の大工料金を、ホールが払うようになったと聞きました。
    販売代理店へのメーカーとの利益幅も大きく目減りし、一番儲けてるのはメーカーとの意見を聞いてます。
    そんな実情を聞かされても、割りきって楽しむ事が出来るお店がある限り、適度なパチンコユーザーであり続けようと思います。
    ユーザーへの負担を減らす努力、頑張って下さい!
    だから18歳未満禁止でしょ?    »このコメントに返信
  15. 70kgが
    箱数は3点と聞いたがどうなんだろうか

    正直設置の現場は
    店内移動考えたらうんざりだ
       »このコメントに返信
  16. 新しい仕事人の動画見ましたがあれ重そうですねえ(笑)
    横並    »このコメントに返信
  17. 不正防止が主たる目的なら、メーカーが直接運搬、納品、設置するのが一番いい。
    運送会社や販売会社などが経由した中で、不正改造事件が過去たくさん発生してます。
    法令で
    メーカーが不正した場合 → 検定取消し
    ホールが不正した場合 → 刑事罰+行政処分
    があります。
    運送や販社などの仲介業者が不正した場合、罰則規定はありません。
    だから、不正発覚したときこういった仲介業者に実行犯人を押し付けてきた歴史がある。
    本当に不正を撲滅するなら、認可を受けて違反すると罰則規定があるメーカーかホールの何れかが遊技台の流通、設置を行うのがいい。
    ボナンザ    »このコメントに返信
  18. 昔25kgが今50kgですか~ぁ。
    いわゆる(工業)製品なら、技術革新でフツーは軽薄短小になるはずなのに・・・。余計なものをゴチャゴチャ付け過ぎですよ。
    端末機器(枠)は全メーカー共通。盤面(板)のデジタル画像をメーカーからネット配信。そんな時代になってくるのかなぁ?
    蜻蛉の親爺    »このコメントに返信
  19. 遊技機販売に関係してますが、最近地元の宅急便さんはパチンコ、スロットは取扱い困難として、受けてくれません。
    カサがあって重量で手間ばかりかかると本音を言ってました。
    佐川さんがなんとか扱って頂けます。

    記事の社長さんの悩みは切実と思います。
    デルタ    »このコメントに返信
  20. しかし、あれだけ高い機械を売って(しかも、すぐ客がいなくなるような台ばっか)、送料はホール負担なんですね。
    本当、良い商売してますわ、メーカーは。
    お殿様    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す