パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコ叩きの風潮にモノ申す!


ハンドルネーム「文明開化」さんがパチンコ叩きに物申す。

以下本文

目くじら立ててパチンコを叩く方がおられますが…
そもそも風適法の目的とはいったい何なのか?

第1条

「この法律は、善良な風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業等について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれら営業所に立ち入らせること等を規制するとともに、風俗営業の健全化に資するため、その業務の適正化を促進する等の措置を講ずることを目的とする」

と、こうなってます。 要するに健全な風俗環境の保持と18歳未満の入場を禁止し、少年者の健全育成を目的とした法律です。

規制される風俗営業

1号 キャバレー、待合、料理屋、カフェーなどで遊興又は飲食させる接待営業。
2号 喫茶店、バー、ライブハウス、クラブなどで照明が暗く10ルクス以下の接待営業。
3号 喫茶店、バー、カップル喫茶などで外から見通しが困難な5平方メートル以下の客席を設けた営業。
4号 まあじやん屋、パチンコ屋で設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある営業。
5号 ゲームセンター
その他ピンクサロンやセクキャバなどの性風俗店は性風俗関連特殊営業として同じく公安委員会の許可が必要となる。

パチンコの営業形態や設置される遊技機の性能は国家公安委員会規則によって、細かく規制が行われている。

1~3号の遊興や接待営業についてもこの公安委員会規則によって規制され、性風俗関連特殊営業もまた同じです。

ここで注目したいのは、著しく性的好奇心をそそったり、著しく射幸心をそそることの基準を公安委員会の偉い先生方が警察の助言の元にそれを定めています。

遊びをどこまで知ってるのか存じ上げませんが、性的好奇心や射幸心の基準をその先生方が決めてるのは事実です。

具体例として、
例えば、駅前に2軒のピンクサロンがあったとします。どちらも瓶ビール1本のワンドリンク制で30分6千円と同じ料金。 サービス内容として一軒は長ズボンとTシャツを着た女の子が隣に座りビールを注ぐだけ。もう一軒は胸の谷間や太ももが丸見えのネグリジェ姿のセクシーな女の子で、なおかつ胸や太ももお尻は触り放題の場合、遊興を求めるお客がどちらのお店に行きたいか? 

答えは明らかですね。

しかし、後者の店は解釈によっては「著しく性的好奇心をそそるおそれがある」として当局の指導または摘発対象になることがある。

このさじ加減が風俗営業の基本です。 

公安委員会の先生方はいかがですか?

売春や賭博は刑法によって禁止されている。しかし、性的好奇心や射幸心を求めるのはわれわれ人間に元々ある本能ともいえます。

特にこのストレスの多い現代社会において、一生懸命仕事や勉学に明けくれていると益々自分が何のために生きてるのかを見失うということもよくあります。

先日、宝塚市で20代の学生が祖母、母、弟、叔母をボーガンで殺傷するというたいへん痛ましい事件が発生しました。

何が原因か分かりませんが、様々なストレスが蓄積されていたことは想像できます。

精神的なリセットやリフレッシュといったものをそれぞれが見つけ出し、それをうまく活用して、また次に一生懸命働いて生産性を高めていくということがうまく回れば、それは社会にとっても個人にとっても良いことではないでしょうか。

遊びや娯楽は人間社会にとってエネルギーの源としてすごく重要な存在であります。

休日をクルーザーでゆっくり過したり、ゴルフや観劇、スキーや海外旅行、ブランド品の購入等々趣味や娯楽は様々ありますね。

しかし、日々手軽にできる娯楽といえばパチンコではないでしょうか?

玉を打って穴に入れるだけなのに、森林を伐採しあれだけ大きな土地を必要とするゴルフに比べ、人の肩幅と座高程度のスペースだけで一喜一憂できるパチンコは同じ玉入れなのに本当にすばらしいじゃないですか。

パチンコの役割とは、
「国民の日々のストレスの解消と明日の勤労意欲の増進に寄与する」という社会的使命があります。

18歳未満の立ち入りを制限した自分で分別できる”大”のオトナだけが楽しめる大衆娯楽に対し、やれ賭博だ―! 換金止めろ―! パチンコは社会悪だ―!と騒ぎたてる風潮が昨今散見されますが、分別できるオトナのお客さんに対して失礼ではないでしょうか。

大衆娯楽にイチャモンつけるのも自由ですが、ちょっと如何なものですかね。

オトナの大衆娯楽! パチンコの役割はそこに厳然として存在します。 

社会と共存できるよう温かい目で見て上げて下さいますようパチンコファンの皆様には切にお願い申し上げます。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。