パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

日本経済はいつまで持ちこたえられる?


週刊誌記者によると3月4日、都内でソープ嬢が自殺した、という。これがコロナ自殺だといわれている。

「ソープのお客さんが激減したことが一つ。ソープで稼いだおカネは全部ホストクラブへ入れ揚げていた。支払いはツケにしていたがそれが払えなくなったことが原因のようです。このツケは結局はホストが被ることになるが、ホストクラブもソープ嬢のような若い太客が全然来なくなっているようです」

若い女性なら借金が返せなくなったら風俗で働いてカラダで支払う、というパターンがあった。ところが、コロナの影響は、飛沫感染どころではない濃厚接触に客も怖くなり客が激減。カラダでは支払えなくなっている、ということだ。

ホストクラブは高い酒を売ることがビジネスモデルだが、太客が来なければ高い酒も出ない。歯車が一つ狂い始めるとホストクラブのビジネスモデルも崩壊する。

コロナの影響でビジネスモデルの危機に直面しているのはテレビ局もしかり。

4月12日から放送予定のTBSドラマの「半沢直樹」が放送延期になった。ドラマの撮影スケジュールの調整が困難になってきたためだ。NHKは大河ドラマと朝ドラの一時撮影を4月12日まで一時中止した。

ドラマの制作現場ではキスシーンなどの濃厚密着シーンの撮影が今後できるか、という問題も浮上している。

「親子のシーンでも子役を抱きかかえるシーンまでがナーバスになっています」(在京キー局関係者)

さらに志村けんさんの死去は、芸能界の大御所を恐怖に陥れている。バラエティーにも引っ張りだこだった高橋英樹さんクラスが出演を断ってきている、という。

コロナに加えオリンピック延期もテレビ局を直撃している。

「東京オリンピックが延期になったことで局内はてんやわんやです。まず、オリンピック放送、オリンピック用のCMも全部差し替え。オリンピックの差し替え番組の企画からキャスティングでひっちゃかめっちゃかです。昔ならゴールデンタイムでCM枠が空いた時、ちょっと安くすればパチンコメーカーやサラ金のCMで差し替えられたのに…そういう業種が今はない。これからまたAC広告が増える」(在京キー局関係者)

さて、パチンコ業界。外出自粛要請が出ている東京では、3月29日朝から並んでいるパチンコホールに対して世間から非難の声が高まっている。

作家の百田尚樹氏は「学校を休校させて、卒業式や入学式をやめさせて、多くの楽しいイベントを自粛させて、なぜ、感染の温床となりかねないパチンコを自由にさせているのか!自民党にも野党にもパチンコ利権で甘い汁を吸っているクズ議員がいるのはわかっているが、何とかしやがれ!」と強くホール営業の自粛を求めている。

自民党内部からも佐藤正久議員は「パチンコについても風俗店同様、優先順位の高い自粛対象にすべきと自民党の会議で提言。雪の日曜日、秋葉原のパチンコ店には開店前から傘をさして大勢の並んだとの情報も併せて紹介。ある議員はパチンコ店は喋らないから三密ではないとの意見も。危機感がない。パチンコ台のハンドルを通じて感染の可能性も」とツイートしている。

3月30日、平日の東京郊外のホールはどこも閑散としていた。朝から長蛇の列ができるのは極一部のホールのことだが、それが全部のホールかのように切り取られる。

店内では客同士のトラブルが起こっている。

「こんなに空いているのに、なぜ、わざわざ隣に座るんだ!」
「そんなことは勝手だろう。この台が打ちたいからだ」
と客同士が言い争いを始めた。

また、こんなことも。

アルコール消毒を持参して、ハンドルを拭いている客がいた。そのアルコールの臭いにむせた隣の客が咳き込んだ。

「咳をしないで」
「あんたのアルコールの臭いでむせたんだ!」

床に痰を吐く客がいた。

その痰を従業員を呼んで拭くようにお願いした。それに対して痰を吐いた客が「なんでいいつけたんだ」と逆切れして喧嘩になった。

コロナにも負けずに遊技している客同士の間ではこんな些細なことが喧嘩のタネになっているが、経済が回らなくなったらホールへ来ることだってできなくなる。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。