パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

大好きなパチンコで余命が5カ月延びた


北関東のホールでの出来事。このホールには毎日のように通ってくる老夫婦がいた。年の頃はおじいさんが80代でおばあさんは70代。専業農家で息子が跡を継いでいるので悠々自適の生活を送っていた。

毎日のように来店していた2人の姿がぱったり途絶えた。ホールスタッフも常連も2人のことが気掛かりになっていた。

忘れかけそうになった頃おじいさんが身内に支えられるようにしてやってきた。それでこれまで来なかった事情が分かった。

おじいさんは余命3カ月の末期がんを医者から宣告されていた。おじいさんはかねがね家で死にたいと医者には伝えていた。そんなさなか、医者からの外出許可が下りて最後に大好きなパチンコを打つためにやってきた。

知り合いに車椅子姿は見られたくないので、身内の手を借りてホールへやってきた。

おじいさんはもっぱら4パチ派だった。

大好きな海物語のコーナーに腰を下ろした。

ところが引くのは単発ばかりで、最後のパチンコでおじいさんは6~7万円も負けてしまった。

最後になるかもしれないパチンコに、負けてしょんぼりと帰って行くおじいさん…。

最後のパチンコが負けでは余りに可哀そうである。店長は「本当に出してあげたいが、こればっかりはできない。この時ほど遠隔があればと思った」とそんな心境だった。

入院先の病院からマイホールまでは車で40分もかかる。マイホールで負けたおじいさんだが、それから病院から一番近いホールへ行って、そこでも3~4万円負けてしまった。

死ぬ前にもう一回マイホールで打つことをおじいさんは切望した。

それで再来店が実現した。

やはり大好きな海のミドルに陣取った。おじいさんはそれが1パチコーナーとは気づかずに。この時は2万2000発出して、めでたし、めでたしと相なったが、特殊景品の数の少なさにガッカリした。この時初めて1パチコーナーで打っていたことに気づいた。

その後マイホールには10回ほど姿を見せている。

おじいさんが亡くなられておばあさんがホールへあいさつに来た。

医者からは余命3カ月と宣告されていたが、おじいさんは最後までパチンコをやりたい、という気持ちがあったので、亡くなったのは宣告から8カ月後だった、という。

「パチンコをやるのは体調のいい日で、その時は生き生きしていました。やりたいパチンコが生き甲斐になっていました」(おばあさん)

大連チャンをさせてからは、行きたいとも言わなくなり、自宅で静かに息を引き取った。

人間、何か目標がある時はおいそれと死ねないことをおじいさんから教わることができる。おじいさんの余命を延ばすのが大好きなパチンコだった。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 余命が五ヶ月伸びたけど、パチンコに時間もお金も浪費してしまった悲しい話ですね。
    大体、この話は誰に取材した記事なんでしょうか?風俗ライター?業界団体通?
    おじいさん、おばあさんの登場する都合のいい話なんて、なんてまるで昔話ですね。

    通行人    »このコメントに返信
  2. 1回のパチンコで6~7万円負ける。
    これが今の4パチの現状。
    悠々自適の人ならともかく、庶民はもう打てませんな。

    おそろしや    »このコメントに返信
  3. なぜ本質からずれたコメントが多いんでしょうか?
    パチンコの意義や楽しさに着目するべきでしょう
    人生最後の瞬間の楽しさを、きっとスタッフも提供できていたんじゃないでしょうか?そういったコミュニティが広がる素晴らしい場所である事も事実。

    xxx    »このコメントに返信
  4. 有り難いお客様がまた一人
    そしてまた一人
    先を考えると空恐ろしいとは
    もうそこまで来ていますよね

    ご冥福を

       »このコメントに返信
  5. これが美談となるのはおばあさんが来た際に「生き生きしていた」(感謝しているとは書いてない)と言っていたからであって。
    もしこれが「最後まで大金使わせやがって!」みたいな訴えならば180度違う意味の記事になると思います。

    名無しの養分    »このコメントに返信
  6. >大好きなパチンコで余命が5カ月延びた

    エントリーの表題にまでしていますが、因果関係がきっちり
    立証されて言っているのでしょうか。
    余命はあくまでも統計的な平均値であり、当然余命宣告期間
    より長命な人もいますし、逆に短命な人もいます。

    医学的なエビデンスも無く、おばあさんの証言だけで言って
    いるのであれば、無責任も甚だしい。

    百歩譲って、ホールに来たことで余命が約2.7倍伸びたと言
    うことであれば、たばこや騒音は何ら健康を損なうことには
    寄与していないとなりますが、良いんでしょうかwww
    (まあ、マイホールが禁煙ホールだったかもしれませんが)

    まあそれは冗談として、一方では実際問題パチンコのせいで
    命を絶った人も多く居るのも事実で、世間が業界を叩く要因
    の一つです。

    おじいさんは80代と言うことであれば、4パチでも500円握
    り締めれば一勝負出来て、勝てば日用品に交換して帰る時代
    から打ってるのでしょう。

    業界は「高レートの復活」と提言されていますが、このおじ
    いさんの打ち始めた頃の「庶民の娯楽」を求めているのか、
    スロ4号機に代表される「ギャンブル狂乱時代」を求めてい
    るのか。
    業界は未だに後者を望んでいるのでしょう。
    前者であれば、ストレス解消出来て本当に寿命が延びること
    にも寄与したかも知れませんね。
    この娯楽時代にパチンコを理由に命を絶った人は、どの程度
    居たのでしょうか。。。

    現役ヘビースモーカー    »このコメントに返信
  7. ネタ
    時折見せるこの手のネタ記事どうせならもう少し面白い物語にして欲しい。
    そもそも余命3ヶ月って言われたからって3ヶ月で必ずしも亡くなる訳ではないし、パチンコ屋通いしてないで安静にしてればもう3ヶ月生きてる事ができたかもしれない

    14.9.138.224    »このコメントに返信
  8. こう書けばあ~言われ あ~書けばこう言われ 毎日御苦労さんです、頑張って下さい。

    パチスロには行ってませんが、毎日ここに来る何故かな~w?

    サイコパス    »このコメントに返信
    • 遊んで金儲けしようという甘えた考えをしたクズカスが
      ボロ負けして逆恨みしてるとしか思えませんね。

      わざわざパチに興味のない人間がこんなサイト見つけて
      書き込むとは思えないし。

      そうなんだろ通行人くん笑

      勝ち組    »このコメントに返信
  9. 余命宣告はそもそも見積もりを短めに行うんだから5ヶ月程度はパチンコ云々以前に普通によくある話です
    医者としては宣告より短かったら文句言われるけど、長ければ故人は頑張ったと言える
    だから一般的に想定しうる最悪のケースを余命として告げるんですよ

    やれやれ    »このコメントに返信
  10. 余命を伸ばす程にパチンコが好きだったんですね。
    まぁ負けてしょんぼりして帰る、間違えて1パチコーナーに座り少ない特殊景品にがっかり、とあるのでパチンコが好きというか見返りの金ありきのようなのでただ単にギャンブルが好きなおじいさんなんでしょうね。

    一つ思ったのは時には6万も7万も負けるパチンコ、このおじいさんはともかく後を継いだ息子や周りの人達の本音はどうだったんでしょうね。

    名無しマニアックス    »このコメントに返信
  11. もうすでに「余命宣告」についての
    ツッコミはでつくしてた

    うに    »このコメントに返信
  12. ギャンブル中毒のじいさんが最後までギャンブルを楽しんで亡くなったんだな。
    まぁこんなの個人の趣味だしなんも感想なんて無いだろ、て思ったけど意外とコメントあるのね。

    しかしこの「パチンコが高齢者の役に立っている」系の記事の胡散臭さは異常だな。
    こういう「イメージアップの押し付けがましさ」は、結果的に、よりイメージを悪くするしアンチを騒がせることになる。

    老人、余命宣告、もう一度趣味がしたい、夫人が感謝、こんな材料があるのにそこに「パチンコ」が加わるだけで途端に関心が薄くなる。

    ホント、押し付けがましいわ。

    通行人    »このコメントに返信
  13. おじいさんの癌が肺癌でありませんように

    黙祷

    よれよれだぜ    »このコメントに返信
  14. よ〜く考えてみな!業界人すら打たないパチンコやパチスロを打って余命が延びた?笑われますよ!そんなことを言ったら。
    逆にパチンコ屋なんかに入り浸らなければもっと長生き出来たのは確実であり
    無駄な時間と浪費しなくても済んだ話だわ
    例えるなら
    チンピラだって人の役に立ってる!
    そんな話にしか思えんわ

    たまや    »このコメントに返信
  15. 末期ガンの患者さんが楽しめる娯楽って多分少ない。

    ドーパミンが出る事で一瞬でも、死の不安やガンの苦しみを軽減できてたならパチンコもいいでしょう。

    パチンコでこの方の残された時間のQOLが上がったならいいと思いますね。

    サラリーマンパチンカー    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す