パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

消費税先延ばし確定? 財源ターゲットはまたしてパチンコ業界?


大阪府知事、大阪市長選で大阪維新が自民党候補を蹴散らしただけでなく、府議選、大阪市議選では自民党の幹事長がそれぞれ落選するなど議席を落とし、大阪では自民党が惨敗した。

福岡知事選では麻生副総理が推した候補が落選。和歌山県議選では二階幹事長のおひざ元の御坊市で二階氏の元秘書で現職が落選するなど散々だった。

この敗戦を受け、「消費税増税が99.9%から100%なくなった」(自民党関係者)との声が漏れてくる。

アベノミクスが成功して景気が上向いているから「消費税をアップする」という道理だった。ところが、厚労省の毎月勤労統計不正問題が明るみになって、実質賃金の伸び率で大半がマイナスだったことが明らかになった。

自民党支持者でさえも。ポイントカードを使う機会がない農家の人たちからは「ポイント還元するぐらいなら先延ばしにしろ」と不評だ。

さらに、アメリカのウォールストリート・ジャーナルの社説で、10月からの消費税アップは経済をさらに悪化させる「自傷行為」と酷評される始末。

消費税増税の延期発表は、当然7月の参院選の前。早くて5月、遅くとも6月末までには行われる?

消費税を先送りにするということは、その分新たな財源が必要になってくる。税金は取れるところから取るのが鉄則。

そこで毎度のことながらターゲットされるのがパチンコ業界である。

昔のように儲かっている時代ならともかく、中小・零細ホールの中には2年を切った新基準機の入れ替え費用が捻出できないために、廃業を視野に入れているホールも少なくない。

都内にあるホールも例外ではない。ホールは1店舗のみ。台数は300台クラス。オール1円で営業している。

「新基準機がどんどん導入されて価格が下がればいいが、タマ不足で価格も下がらない。3代目となる孫が跡を継がないというので畳む決心をした。今年一杯か来年末かで廃業する」(オーナー)

生活水準を一頃の半分以下に抑えて生活しているが、ほとんど貯えはない、という。

ただでさえ、新基準機の入れ替え費用で業界は四苦八苦しているところへ持ってきて、突如降ってわいた新紙幣発行の話。ホールは台間サンドなどで識別機の改造が必要となり、また余計なコスト負担を強いられることになる。

「新たな財源は安定的に取れることが条件になります。パチンコ屋さんで言えば売り上げよりも、設置台数にかける必要があるでしょうね。カジノも税収を早く入れるために許認可が早まる可能性もあります」(自民党関係者)

税金は取れるところから取るのではなく、儲かっているところから取るのが鉄則だろう。





人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


ユーザーの業界批判に対して業界はいつ動く!


全日遊連のホームページにユーザーの辛辣な数々の声をアップしたことが話題になり、ネットニュースでも取り上げられた。



20代から60代まで、40人あまりの声はいずれも今の業界を批判するコメントのオンパレード。日報のコメント欄を読んでいるかのような錯覚に陥る。

J-CASTニュースは、全日遊連がナゼファンの声を掲載したかを質問したところ「ファンからの声を真摯に受け止めるとともに、改善に向けた取り組みの参考にするためです」と回答している。

ファンの声で一番多い不満は「全く勝てなくなった」ということだ。10年前までは人が集まるところでパチンコの話をしていたが、今は誰もしなくなったので話題にもならない。1カ月の小遣いが2時間で消える。せめて1万円で1日遊ばせて欲しい。

メーカーの機械づくりにも怒りが爆発する。

激アツリーチで散々煽ってハズレ、当たる演出が普通にハズレ。過剰な演出、過剰な約モノは苦痛。子供じゃあるまいし、剣やハンドルを付けて大の大人が喜ぶと思っているのか! 演出はイライラ感しか残らない。過剰な演出、爆音、過剰な役モノの規制をして欲しい。派手な演出台の製造中止を。

やっと大当たりしたら出玉はチョロチョロ。ハイリスク、超ローリターンに。出玉規制をするなら吸い込み規制をしろ!と怒る。

依存症対策が叫ばれているのに、ハイリスク、ハイリターンの機械を作るメーカーに大きな責任を感じる。

営業方法に対しても辛らつだ。

軍団、プロが業界をダメにした。仕事として収入を得ることは良くない。そういう人物がいるからニート層を増やす。等価、貯玉しプレイ、台移動、出玉共有を禁止にして欲しい。

等価よりも33~40個交換にしてベースやスタートを上げて遊ばせて欲しい。無駄な新台入れ替えを中止して、出玉で還元して。

時速2万円の吸い込みはレジャーではない。よく教育された接客は、貢がせるための店の凶作。

店内環境の言及もある。

遊技人口が増えない理由は一部の喫煙者のために特殊な忍耐のいる場所になっているから。店内の騒音も規制すべき。普通の声で会話ができる空間に。周辺機器にも音量規制を設けるべき。

全日遊連がこうした辛辣な意見を公開したのは、やはりメーカーやホールにこの声を届けたからだろう。日報はその想いを10年前から続けているが、全日遊連もいよいよお尻に火が付いたようだ。

こうした声をメーカー、ホールはどう受け止める。パチンコが衰退していく理由は分かっているわけだから、ここを改善しなければならない。

メーカーはホールの売り上げを上げるために、批判の対象となる機械づくりは今後も止めないのか? ホールもいつになったら、等価・高価交換営業からの脱却を図るのか!



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


今こそ業界団体はユニバーサルデザインの導入を!


ヤンキーパンダです。

ユニバーサルデザインについて学ぶ機会があり、それをキッカケに「パチンコ業界のユニバーサルデザイン」について考えてみました。ユニバーサルデザインには今後のパチンコ業に役立つ考えが含まれると感じています。

まず、私の理解を記します。

ユニバーサルデザインは「あらゆる人に対して物理的、精神的、言語的障壁が無い状態にする事」です。「身体的なハンディキャップがある特定の人に対して、物理的な障壁をなくす」バリアフリーに比べて幅広い考え方です。

身近な例ですが公共スペースの車椅子用トイレ。

様々な機能が付加された物は多機能トイレと呼ばれています。
ユニバーサルデザインの考えが反映され、車椅子用から誰でも使える多機能へと変化したのでしょう。

大阪メトロなどは路線を色分けし駅名には番号が併記されています。色や番号で誰にでもわかりやすくしています。
また、日英中韓の文字表記とアナウスンスはほとんどの公共交通機関で見られるようになりました。
これらは「ことばの障壁」を無くすための取組です。

パチンコ業界ではホール出入口のスロープ化や車椅子用トイレの設置などがここ10数年でかなり進みました。
しかし、これはバリアフリーであり、ユニバーサルデザインに則したものではありません。

インバウンドに対応するため数カ国語のガイドブックを作成する個店の取組があります。
多言語ガイドブックの作成はユニバーサルデザイン的な取組ですが、業界ぐるみでもう一歩踏み込みたいものです。

そこで私なりの提案です。

以下提案

業界団体は次の通り自主的に定めます。

①パチンコ、スロット文字をロゴマーク化し、業界団体で統一的に使用する。
②レートプレート、スペックプレートの色使いを統一する。
③多機能トイレを出入口近くに増設もしくは新設する。
④インフォメーションスタッフを一般スタッフとは別に配置する。

それぞれについて説明を加えます。

①ダイハンと言う名のパチンコ店があったとします。
・ダイハン会館
・パーラーダイハン
・ダイハンホール
・パチンコダイハン
・ダイハン
と様々なパターンがあります。
これは初心者や訪日客が同じパチンコ店だと認識する事を困難にしている一因でもあります。
会館やパーラーやホールが同じパチンコ店だとはパチンコを知らない人にはわかってもらえません。

そこで統一されたロゴマークステッカーを出入口に貼り、統一されたロゴポスターを店頭に並べる事を提案します。
店舗デザインとロゴマークを切り離しにくいのは重々承知しています。

そこで店舗外観に組み込まれたロゴマークはそのままで、ステッカー、ポスターなどを多用します。

◯会館、△ホール、パーラー☆など命名にはそれぞれ思いがあるでしょう。しかし、まずはパチンコ店と認識してもらう事が大切です。

余談ですが、お客様の減少で嘆く割には業界ぐるみの対策はあまり聞こえてきません。
集客の為の個店での対応は当然あるものの、個店対応は相変わらずの新台入替もしくは隠語を駆使した煽りが目立ちます。結果、規制が厳しくなり業界の評判も下がっていきます。

話を戻します。
いろんな意見があるでしょうが、まずは入口で「このロゴマークはパチンコ店だ。」とあらゆる人に認識して頂く事が集客の基本かと思います。

これは単店の取組ではなく、業界ぐるみの取組である事が肝要です。

②レート、スペックの色分けプレートは個店で見られる取組です。
しかし、A店では赤が甘デジでしたがB店では赤はマックスタイプで、甘デジのつもりが打ってみたらマックスで困惑したという初心者のお客様の話も聞かれます。

そこで、例えばプレートの左側はレート、右側はスペックとします。
4パチは赤、1パチはピンク、マックスは赤、ミドルは緑、甘デジはピンク、ちょいパチは空色、バラエティは◯△色と仮に定めます。

赤赤は4円マックス、ピンク赤は1円マックスとなります。
島端の案内プレートの色を見れば誰にでも一目瞭然と言う状態です。

③コンビニ同様にトイレだけの利用もオッケーとする事でイメージアップに繋がります。
また多機能トイレとする事で幅広い層の方々に利用して頂けます。
風適法では遊技を目的とする18歳未満の方の入場を禁じていますが、遊技を目的としない18歳未満の方の入場は問題ありません。

④情報公開シリーズでも触れた通り、お客様に寄り添い向き合うインフォメーションスタッフが重要です。
のめり込み抑止の為にもお客様の状況をキチンと見守らなければなりません。
初心者もお気軽に入店できますが、店内ではお客様の状況に応じたレート、スペックの案内を熟練のヒューマンパワーで補うと言う考え方です。

③④は設備費や人件費が嵩む事から実施には慎重さを要しますが①②は業界団体が結束すればすぐに取り組む事ができます。

インバウンド消費は都心部や観光地だけに限定されると思われがちですが、この4月から改正入管法が施行され、多くの外国人が全国に居住されるようになります。

技能実習生などの外国人は労働者としての顔だけではなく、消費者・納税者としての顔を持ちます。
ですから都心部・郊外にかかわらず、外国人のお客様の受け入れのあり方を考える必要があります。

私は警察の指摘や意向が無ければ動かない業界団体、団結して自主的に取り組む事ができないホール団体を忸怩たる思いで見てきました。

その団体が70年続く日本独特のパチンコ文化を継続するために自主的に団結して取り組まれる事を願って止みません。

パチンコ業界を一企業と考え、業界のCI(コーポレートアイデンティティ)が今こそ必要だと思うのです。
そして、このCIは運営側もユーザーも、誰でも参加できる内容、しいてはユニバーサルデザインの視点を伴うアイデアから実現できるのです。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


ホール企業はしっかりとした将来のビジョンを描けているか?


都内のオフィス街を車の移動販売で弁当を売っているAさんがいる。年齢は30代前半。移動販売を束ねる会社と契約して、オフィス街を回っている。

Aさんと奥さんの二人三脚で手作りのアジアンテイストの弁当は600~700円。これが1日に50~80個を完売する。サラリーマンが飽きないように1カ所に留まることなく1日ごとに場所を変えるのが売れる秘訣でもある。

Aさんは学卒新卒でホール企業に入社した。一般業種はすべて落ちたが、4~5社受けたホール企業は全社内定をもらい、その中でも一番大手を選択した。

Aさんは入社してすぐに社風が自分には合わないことに気づいた。社員は自分のカラーを捨て、社員が同じ色に見えて窮屈でしかなかった。

Aさんは入社と同時におカネを貯める決心をした。入社1年目の給料で年間80万円を貯め、その後は毎年100~200万円を貯めて行った。入社したこの会社ではとにかく貯金するためだけに働くことに気持ちを切り替えた。

独立して飲食店を開業することに目標を置いた。

それ以外に、労働環境も耐えられなかった。ホール内はもちろん喫煙できるが、同僚も皆タバコを吸うので肺がんになるリスクが嫌だった。

飲食店を開こうと思ったのは、学生時代から自分で料理を作っていたためだ。料理は好きだった。

お店を持つには開業資金も相当額が必要になるが、車の移動販売ならAさんが貯めたおカネでキッチンカーは買えるので、移動販売に切り替えた。

実はAさんの移動販売車はオフィス街の移動販売車で「なぜ、この仕事を始めたのか」というテーマでテレビの取材を受けていた。

「仕込みは全部自分と奥さんでやっているので、労働時間は長くなりましたが、サラリーマン時代の年収には十分届いています」と胸を張るAさんだったが、顔出しはNGだった。

元同僚が放送を見た時に連絡してくることを嫌がったからだ。

テレビではオンエアーされていないがAさんはこう本音を漏らす。

「絶対に俺もやりたい、と言ってくる者もいるはずです。競争相手が増えるだけでそんなバカなことはしたくありません。儲かる情報を簡単に教えたくありません」

Aさんのいた会社では会社を辞めるために資格を取っている人が少なくないというが、会社に残るために資格を取る社風にしないと人材の流出は続く。その前に会社がしっかりとした将来のビジョンを描けないと不安で働けない、というものだ。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


台湾パチンコ・パチスロ体験ツアー開始


台湾には電子遊戯場と呼ばれるゲームセンターが3000軒あまり存在する。このうち、800軒が日本製のパチンコ・パチスロを設置している。許可はゲームセンターながら中には食事や飲み物を無料提供し、外観もカジノを彷彿とさせる立派なものまである。



日本では体験できない魅力が満載された台湾パチンコ・パチスロが今、ひそかに注目されている。業界誌の遊技日本が現地取材を行っており、その辺りは詳しく書かれている。

では、台湾の何が凄いのか?

基本的には24時間営業。オートプレイで、3台までなら掛け持ち遊技もOK。日本では禁止されていることが全部できてしまうことだろう。パチンコ・パチスロだけでなく、ビデオスロット、メダルゲーム、魚釣りゲームなど設置されているゲーム機なども稼働が高い。










パチスロは1000元(日本円で約4000円)でメダルが400枚。パチンコは500元で1000玉。いわゆる10スロ、2パチ感覚だ。

台湾の特徴として特に年配者に人気が高いのがアレパチ。揃った数字が連チャン回数だ。例えば9で揃えば9連チャン、Fで揃うと25連チャンが確定している。揃った数字で連チャン回数が分かる。単純明快なところが台湾人にウケて高稼働を誇っている。人気が高じてアレパチ専門店も存在するほどだ。液晶機のロングリーチ演出は好まれない。



パチスロは日本と同様若者に人気がある。液晶のないAタイプが主流で日本では味わえない醍醐味を堪能できる。営業方法はベタピン等価と設定発表の非等価の2パターンあるが、大半はベタピン等価。設定6の台は、おカネを支払って打つこともできる店もあるようだ。



日本では体験できないカジノのような台湾パチンコであるが、日本人が気軽に楽しむには少し敷居が高い。まず、首都台北には存在しない。桃園、新竹、台中、台南、彰化縣、嘉義市、高雄などにあるが、言葉が通じないことが理由で日本人お断りの店も多くある。

そこでもっと気軽に台湾パチンコを体験してもらいたい、ということでA.B.J(本社・東京、大屋祐一郎社長)が、このほど2泊3日の台湾パチンコ体験ツアーを開始した。

■ツアー例①

初日は台湾・高雄市に夕方到着。指定の電子遊戯場でパチンコ・パチスロを体験した後で本場の中華に舌鼓を打つ。2日目は朝からパチンコ大会。夕方から出玉の表彰式を兼ねた宴会が催される。3日目は昼まで自由行動となっている。

費用は東京発2泊3日で通常価格12万8000円のところ初回特別価格10万8000円(往復チケット、ホテル代、食事代込み)。

「台湾は英語がほとんど通じないために、ルールーやマナーが分からない外国人の個人客を嫌がるケースがありますが、弊社が日本人でも安心して遊べる遊戯場を厳選しています。2カ国語が話せるコーディネーターがアテンドするので安心して台湾パチンコを堪能できます」(大屋社長)

大屋社長は個人的な趣味で7~8年前から台湾パチンコを始め、この間培ったネットワークでアテンドできる店を開拓して行った。100店舗の電子遊戯場を経営するオーナーの店舗もその一つだ。

なお、台湾は商店、飲食店、コンビニ、タクシーなどのレシートに8桁の番号が印刷された宝くじになっている。当選発表は2カ月に1回。奇数月の25日に発表され、台湾政府のホームページなどで確認できる。旅行中にもらったレシートは捨てることなく大切に保管しておいた方がいい。次回の台湾旅行の折に、パスポートと一緒に郵便局へもっていくと当選金がもらえる。

台湾は買い物するだけでも夢が見られるようだ。

台湾パチンコ体験ツアーの詳細はこちらから。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。