パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコ業界も競争から共創へ


少し前になるが元店長の「パチンコ業界は、現状の分析と未来を予測出来ないのか?」シリーズは12回も続いたこともあって、読者からは「長すぎる」などと批判を頂いた。ま、そういう声も織り込み済みで元店長が思うが儘に筆を走らせてもらった。

元店長が特に伝えたかったことは、一企業の努力では焼け石に水。全盛期から2000万人もの遊技人口を減らしてしまったパチンコ業界がすべきことは、川上→川中→川下までが一丸となって危機的状況を脱しなければならないということだ。

日遊協会長が「「いまの1000万人の遊技人口を、2000万人にしていかなければホールもメーカーも成り立たない。今年、来年は遊技人口を増やすことに集約してやっていく必要がある」が数値目標を表明したが、では、具体的に何を取り組むのか、というところまでの踏み込みはなかった。

一度失った信用を取り戻すには並大抵の努力では取り戻せない。10倍の努力と時間を要するとも言われている。1000万人を2000万人にするのは相当ハードルが高い数値目標だ。

「日遊協には設備業者も加盟しています。高い会費を払ってもらっても以上、設備業者にも希望が持てる意気込みを語る必要があった。特に設備業者の仕事は本当になくて困っています。誰も2000万人にできるなんて思っていませんよ。数字のことはそっとしておいて欲しい」(販社社長)

業界人は2000万人以上も遊技人口が減ったことをどう思っているのか?

パチンコメーカー営業マンが重い口を開いた。

「メーカーがどれだけいい機械を出してもオーナーは抜くことしか考えていない。いい機械が出ると未だに『ヨソには入れるな。次は言いなりに買ってやるから』と自分のところさえ良ければいい。競合店を痛めつけることしか考えていませんね。自分たちで遊技人口を増やすことなんかこれっぽっちも考えていませんよ。だから元店長の皆が団結しなければならないということが痛いほど分かります」

その集合体がパチンコ業界の各団体と言うことか。

ここで、パチンコ業界が少しでも共同でコトを始めるための、ちょっとしたヒントを紹介しよう。

それは吉野家ホールディングスとすかいらーくホールディングスが始めた「3社合同定期券」の発行だ。

合同定期券が使えるのは吉野家(国内1203店)と「はなまるうどん」(同472店)、ガスト(同1367店)の3店で、1日当たりの来店客数は3店合わせて約117万人に上る。

300円の合同定期券は8月27日から販売。これを各店で提示すると、吉野家では1食当たり80円引き、はなまるうどんではうどん1杯ごとに天ぷら1品(100~170円相当)が無料、ガストでは1回の会計につき100円引きとなる。使用期間は9月10日から10月21日までの6週間で、期間中は何回でも使用可能だ。

今回の取り組みからは外食企業が抱える危機感も垣間見える。働く女性の社会進出により、中食であるコンビニやスーパーの総菜に押され、外食市場は鈍化傾向が続いている。

外食産業同士が「競争から共創へ」というキャッチフレーズを掲げているように、中食に対抗するためには外食のライバル同士が手を組む時代になっている。

さぁ、パチンコ業界はこれをヒントにどう手を打つ!

メーカーの垣根を越えて互いの得意分野でシナジー効果を発揮できるようなことに取り組むしかない。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


10年前に発売された遊技機でも、まだまだ稼働があるホールA その②


前回のエントリーは予想以上の反響があった。私や営業1号さんの元へ、「場所は?」「画像が見たい」と、ホーはもとよりメーカー関係者からも問い合わせが相次いだ。

業界人の大半は、6年~9年も経過した機械追っかけることが信じられなかった模様だ。

11月29日のエントリーでは、「A」ホールを探し当て、実際に打った人が「仕事人で1000円で10回だった」とのコメントを紹介している。

私が打った時はバンバン回った。つまり、店長はメリハリのある調整をされていると判断出来る。

Aホールの定点観測を始めた理由は、春先の時点でMAX機が現役で稼働していたことにびっくりしたからだ。

改めて機種構成を確認すると、珍古台が多数存在している。1パチはない。全て4円で営業している。

パチンコは150台。稼働状況はピーク時で40人。10~15人の時もある。

顧客管理のための会員カードはない。よって貯玉システムもない。

今、全国で貯玉システムを止めたがっているホールが増えているが、中々止められない。

これもまたAホールに時代が追いついて来たと言える。

上限1万円の再プレイだが、1回あたり約千円お客様の負担が少なくなるシステムだが、逆に言えばホール側の負担になる。

儲かっている時は、負担を感じていなかったが、4円の稼働が揮わない今は負担に感じて来たホールが増えた。

1人当たり千円の負担は、100人ならば10万円、1カ月で300万円、1年で3650万円の負担となる。

これが大規模ホールならばもっと増える。

この再プレイに消費税が掛からないと疑問に思う嫌パチの国会議員もいる。税収確保のために、将来貯玉システムを禁止なんてことには?ならないか。

話を戻す。

定点観測を始めた時にあったMAX機は、今は外されている。証拠写真も抑えているが、この驚きから興味が湧いた。

店内にはお茶やコーヒーの自販機(紙コップ式)が設置されているが、全て無料だ。飲料自販機から利益を得ようとしていないことに好感が持てる。

大手ホールの一部には、一般的自販機より数10円上乗せして、販売しているケースもあるが、見習ってもらいたいものだ。

11月29日、私はAホールで打った。この日は生憎回る台が少ない中、幸い6000円で沖海3甘デジの回る台を探し当てた。



完全にボーダーを超えたスタートだ。保留は頻繁に満タンにもなる。

つまり、回る台を探すまでは、数1000円を使う訳だ。10人いれば数万円の売り上げに貢献して100人いれば数10万円の売り上げに貢献するとも考えられる。

実はこれはホール運営の原点でもある。

しかし、この事を忘れてしまい業界の流れは一律調整へと走った。
その弊害が「今現れて来た」と有力チェーンの本部長は明かす。

本部指示の一律調整に慣れた店長は、調整でお客様を呼ぶ術を知らない。だから1円に走るしかないとも言える。

Aホールには、回る台を探し当てる悦びがある。
Aホールには、他のホールから消えたボーダー超えの台がある。

この駆け引きを、固定客が楽しんでいる現実。これこそパチンコの醍醐味である。


つづく。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



日韓関係修復にP業界は一役買えるか?


29日、韓国最高裁が元徴用工裁判で三菱重工業に対して賠償を命じた。新日鉄住金に引き続き、2社目の判決となった。被告となっている日本企業は延べ90社を超えており、同様の判決が相次ぐ恐れがある。徴用工裁判は文大統領自らが手がけてきたテーマだけに、日韓の溝をさらに深めることになる。

歴代政権が反日政策を取るのは、低成長で泥沼状態の韓国経済にあって、国民の不満を政府に向けるのではなく、反日感情を煽り、不満のエネルギーを日本へ向けることで、長年に亘ってガス抜きの役目を果たして来た。

判決を受けて河野太郎外相は「国交正常化以降の最も基本的な法的基盤を完全に覆し、日韓関係を維持して行くのが難しくなる。今までの未来志向に逆行する動きとは桁違いの影響を及ぼす極めて重大な出来事」と深刻な懸念を示した。

菅義偉官房長官は「極めて遺憾で断じて受け入れることはできない」と批判。直ちに適切な措置が講じられない場合は「国際裁判や対抗措置を含め、あらゆる選択肢を視野に毅然とした対応を取っていきたい」とも述べた。

自国の経済を立て直すこともできず、その都度反日政策で、国民の怒りの矛先を日本に向ける韓国のやり方に対して、自民党内部では腸が煮えくり返っている。一部の議員からは駐韓大使の召還を求める声も挙がっている。

大使を本国へ呼び戻すのは一時的な国交断絶を意味する。相手国に対して抗議の姿勢を示す手段の一つでもあるが、今回は見送られた。

ところが、中国は違う。

2017年3月中国当局は、韓国が米軍の高高度防衛ミサイルシステム(THAAD)の配備を決定したことに腹を立て、報復として韓国への団体旅行を禁止した。THAADの高性能レーダーで中国の軍事機密が韓国や米軍に丸裸にされるためだ。

この結果、韓国を訪れる中国人は半減。韓国観光業界に大打撃を与えた。同年10月には両国が関係修復で合意し、団体旅行も一部解禁されたが、訪韓する中国人観光客数の減少傾向が続いている。

THAADの敷地を提供したロッテに対しては、中国当局は中国国内のロッテマート99店舗中、887店舗を営業中断措置を取った。残りの店舗も売上が80%以上落ち、ロッテは中国市場から撤退する羽目になった。

さすがに中国と違って民主国家の日本政府は、中国のようにあからさまに報復攻撃をすることはないが、方法がないわけではない。

「旅行代理店に対して、韓国旅行以外の海外旅行セールに力を入れるように間接的に働きかけたとしたら、どうなりますか? 禁止にするのではなく、韓国旅行以外を勧める。例えば、韓国よりも台湾を安いツアーを売り込むようにする」(政界事情通)

日韓の溝が深まるばかりだが、懸念されるのは在日産業とも言われるパチンコ業界への影響だ。

できることなら、パチンコ業界が主導で日韓関係修復の橋渡しをやってもいいのだが、過去こんなことがあった。

2007年、李明博大統領が誕生した時、民団大阪は大阪生まれの大統領に期待して、当選早々お祝いにかけつけ「パチンコ産業への規制による経営の苦しさ」を訴えた。民団系のレジャー産業健全化推進協会は、民主党の小沢代表(当時)に「遊技業業界の規制緩和を訴える陳情書」を手渡した。

結果的に規制が緩和されることもなかったが、そんなことよりも日韓関係修復の裏にパチンコ業界あり、というようなことでもすればパチンコ業界が見直されるのだが…。

「韓国がやっていることはおかしいと思いながらも、民団の中には文政権支持者も当然います。多勢に乗らないと村八分になるから。でも、文政権は舵取りを誤っている。(政権は)持たないと思う」(在日2世ホールオーナー)



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



つまらん台でさらに回収される客の身になれ!


ハンドルネーム「変な奴ばっかり」さんはメーカーの機械作りに怒っている。この声をメーカーはどう受け止める!?

以下本文

そもそもパチンコって「手軽に」遊ぶもんじゃなかったのか?

ラウンド16Rの規制からだんだんおかしくなってきたよな?

アレ(おまけチャッカー)もダメ、コレ(スキップ)もダメ、ソレ(変則打ち)もダメ。その規制もどんどん「手軽に」という枠から外れていってさ。

1回当てればそれで十分、って仕様じゃないし。

4000発出ていたデジパチって大当たり確率はいいとこ1/256だったんだよ?

今4000発出す確率って実質いくつか計算してる? ボーダーは下がった、とか言うけど。
今ね、1/2903 なんだよ。290.3じゃ無いよ?

4桁なんだよ。そこに長いクソリーチで2分とか待たされてハズレとかイラつくだけ。

やたら1回転で煽るけども、チャンスって何のチャンスかと思えば「大当たりに全く関係のない演出」のチャンスだとよ。

で「大当たりに全く関係のないチャンス(ロングリーチ)①」を引いて、その中で「発展するかもしれない②」チャンスがあって、「カットイン(復活演出)が出るかもしれない③」チャンスがあって、「プレイヤーが操作するような演出が出るかもしれない④」チャンスがあって、ココまで突破して初めて「大当たりするかもしれない小⑤中⑥確定⑦」チャンスなんだよ。

さらに「大当たりした後にラウンドの振り分けが有利になるかもしれない⑧」チャンスがあって、「大当たり後に有利になるかもしれない⑨」チャンスがあって、「有利確率の間に当たるかもしれない⑩」チャンスがある。

クソ以外の何者でもない。

「大当たりするかもしれない」チャンス1個あれば十分なのに。そこまでにチャンス、チャンス、チャンスって鬱陶しいんだよ。

で、その段階で保留玉の色が変わる、って事なんだろ?

前述の事を某社の台に当てはめると

1……点滅
2……青
3……緑
4……ピンク?
5……赤
6……金? メーカー柄?
7……レインボー・プレミアム

実際必要なのは5,6,7だけという。

じゃあ、4までは何なのさ?

1すら満たせない保留玉ってデジタルを回転させる意味すら無いよね?
更に8,9,10をクリアしてやっと。

やっと出るのが1500個。4000個と違うんだよ。たった1500個。

で、8,9,10を「複数回連続でクリア」しないと、ボーダーがうんたらの「スタートラインにすら立てない」出玉で終了。

コレで「楽しい」とか思える人って、時間がクソほど有り余ってる人だけだろう?そうやって絞り込むとすぐにどんな人種がこの台を長く遊んでいるか解ると思うんだがね?

ソレすら理解できないですかね?

良くなった点は液晶の解像度とギミックの動作だけ、という。そんなもの、メーカーの技術でもなんでもないよね? ソレくらいの技術なんてもう大学生でも作れるレベルなんだけど。

釘パターンをPCに覚え込ませて機械で打ち付けたら、ぶっちゃけ個人でも作れるだろうに。

特許でガードしてるだけでさ。特許なかったら、もうとっくにメーカーは破綻している。

で、コレをメーカーがドヤ顔で40万、とか50万とかで売りつける。

実質部品代のコスト以上の価値なんてまるで無い。ぶっちゃけ見た所7万でも高いくらいだ。
それを店が買う。その差額を客から貰わないといけない。
ツマラン台を「さらに遊べなくして」回収。

客が面白いと思うわけがないだろ。これで面白いとか思えるならもう頭おかしいわ。

長文書いても意味ないだろうけども、全く改善されてないメーカーばかりなのであえて書いた。

最後に、長文失礼しました。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





相続放棄で夜の世界を選択したホールの長男


風俗ライターが取材の過程でナンバー1ホステスと巡り合った。年齢は30代前半。誰もが振り向く美貌で年収は5000万円以上を稼いでいた。

店では客も含め、誰しもが女性と信じて疑わなかったが、性転換していた。ニューハーフの店でも働いていたが、今は女性としてクラブで働いている。

ライターは生い立ちを取材した。

実家は都内で5店舗のホールを経営していた。在日でおじいちゃんがホールを始め、父親が社長となった。兄弟は姉が2人、妹が1人。男は自分1人。いずれ自分がホールを継ぐことになるのが子供のころから嫌だった。

ニューハーフになりたくて、20歳過ぎで勘当同然で家を飛び出した。以来、実家とは音信不通となったが、長女とは連絡を取り合っていた。

家を出て10年余りが過ぎた。長女から父親が亡くなったとの連絡が入る。しかし、葬式には出なかった。完全に女性になった姿を親戚に観られたくなかった。

葬式が終わって一段落した頃、再び長女から「会社を継ぐ者がいないから帰ってきて」と連絡が入る。

長女と10数年ぶりに会った。目の前に現れた美女にビックリした。タイで250万円ほどかけて性転換手術をしたことも明かした。

ホールは父親が生きている時から親戚が役員をやっていたが、名ばかり役員だった。姉、妹3人も会社を継ぐ気はないので、弟に会社を継ぐようにお願いした。

子供のころから「パチンコ屋の息子」とイジメられた記憶を消し去ることができなかった。

その頃の社長であったおじいちゃんの言葉も未だに忘れられない。

「パチンコをやっている人は楽しいからやっている。お客さんも喜んでくれるこんな商売はない」

父親は「毎日おカネが入ってきてこんな楽な商売はない」と豪語していた。

しかし、子供心にお客のカネはどこから出てくるのか不思議でならなかった。そんな折にカネを使い過ぎた客がホールで首つり自殺を図った。発見が早かったため一命はとりとめた。

「小遣い以上に使って借金を抱えている人もいる。皆が楽しんでやっているわけではない」とおじいちゃんの意見を否定するようになった。

将来は会社を継ぐのではなく、自分で会社を興したいと考えるようになった。

そういう過去からの思い出を話しながら、会社を継ぐことは固辞すると共に、遺産相続も放棄した。

現在働いている店では、売り上げの半分が自分の取り分になるシステムだった。貯金は2億円を超えているが、半分は投資によるものだった。

店の同僚でスロット好きがいた。昼間の空いた時間は給料のほとんどをスロットにつぎ込む子が何人かいた。スロット依存症に近かった。

そこで実家のホールの仕組みをコンコンと説明した。

今、スロットに使っているおカネを投資に使うことを勧めた。客からの投資情報で彼女らも5000万~1億円と資産を増やした。

今は自分の店を持つための準備を進めている。

相続放棄した実家は、5店舗あったホールが今は2店舗になった。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。