パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

脳梗塞とパチンコ


パチンコ大好きのおばあちゃんが脳梗塞で倒れ、病院へ2週間ほど入院した。それをきっかけにマイホールに姿を見せなくなった。

1カ月が過ぎ、2カ月が過ぎた。

常連客だったおばあちゃんが姿を見せなくなって、知り合いも「どうしたんだろうか」と気にはかけていた。

1年が過ぎると、おばあちゃんの年も年なので、仲間内の間では死んだことになり始め、おばあちゃん死亡説が独り歩きするようになった。

その噂話をホールで小耳に挟んだのが、ある病院のドクターだった。このドクターもパチンコ好きでたまに気晴らしに来ることがあった。

このドクターはおばあちゃんの主治医でもあった。しかし、ドクターには守秘義務があるので、おばあちゃんが脳卒中で倒れたなんてことは言えなかった。

おばあちゃんは退院して、今は定期的に通院しているので、ダクターはおばあちゃんが死んだことになっていることを話した。守秘義務があるので、おばあちゃんのことは話さなかったことも説明した。

「それじゃ、皆に元気な姿を見せに行かなくっちゃ」とおばあちゃん。

「タバコの煙は脳梗塞には悪いので行っちゃダメ」とドクター。

「あの世に行っていることになってるのなら、本当のことをしゃべっちゃって」とおばあちゃん。

ドクターからおばあちゃんの様子を聞いた、仲間6人がおばあちゃんが通院する日に病院で再会することになった。

ドクターが勤務を終えるのを待って、8人でお茶をした。

この話を聞いた店長は、さっそくオーナーに報告した。

オーナーはパチンコ好きのおばあちゃんがホールに来られるようにするために、全面禁煙を決意した。1人のお客さんのためかも知れないが、遅かれ早かれ2020年4月からは屋内禁煙になる。それなら、早めに禁煙にしてしまえと思ったが、現場の抵抗は激しかった。

ただでさえ稼働が落ちているところで、全面禁煙にするとタバコの吸える競合店へお客を取られてしまう、というのが現場の反対理由だった。

「禁煙は全国一斉にしないとダメ」という現場の声に押されて、オーナーは全面禁煙に踏み込むことはできなかった。

で、パチンコ好きのおばあちゃんが取った行動が凄かった。

月1回ほど、タクシーでマルハン千葉北店へ行くようになったそうだ。ここならドクターストップのかかるタバコの煙の心配もいらない。完全分煙の店舗が一人のお客さんを獲得したことになった。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

客は換金して当たり前という考え方では新規客は開拓できない


ヤフーとLINEの経営統合の裏にはIT業界には、競争に勝ったものが「総取り」という背景がある。今はスマホ決済の覇権争いが熾烈に行われている。

「ヤフーは若年層をつかんでいるLINEの顧客が欲しかった。スマホ決済で2位のLINEペイはスマホ決済の投資が嵩んで266億円の赤字に陥っていた。これでPay Payがスマホ決済の市場を奪うでしょう」(経済紙記者)

この競争に勝った者が総取りをパチンコ業界に当てはめると、かつては中小店舗の地域に大型店を出店して市場をかっさらう手法があった。実際、中小、零細店舗はその影響で廃業に追い込まれたケースもあった。

しかし、時代は移り変わり遊技人口そのものが減少すると大型店だからと言って成功する時代でもなくなった。最近は大型店の売却も行われている。

「パチンコ業界の場合は、メーカーにしろ、ホールにしろ1社だけが勝って総取りすることはできません。業界が活況を呈している頃なら出玉競争で分捕る戦略もよかったかも知れないが、パチンコの武器だったギャンブル性がそぎ落とされている時に客の奪い合いをしている場合ではない。牛丼業界も不毛な価格競争で勝者は誰もいませんでした。今は共存共栄の時代です」(同)

牛丼業界は価格競争の消耗戦の結果、味が落ちるという本末転倒の状況に落ち込んだ。牛丼各社は松屋のように牛丼以外のメニューを増やしたり、すき家を運営するゼンショーホールディングスは積極的に買収を進め、仕入れコストを下げるなど不毛な価格競争から脱却を図った。

経済紙記者はパチンコ業界についてこう問題提起する。

「ホール専業では思考が停止しています。異業種の新しい発想が活性化を生む。ユニクロ躍進の起爆剤はフリースやヒートテックなど世間から注目を浴びる商品を開発したからです。ブータン国王が来日した時に銀座のユニクロでヒートテックを買われています。作業服のワークマンは本来の機能性にデザイン性をプラスした結果、若い女性客やライダーの開拓に成功しています。パチンコの場合は一般の人から注目されるものがない。パチンコをする人がどんなものに興味を持っているか。パチンコと親和性の高い労働者が普段、何を買っているかを調べる発想もない。お客さんも業界人も換金思考では新しい発想は生まれません。客は換金して当たり前という考え方では新規客は開拓できません。生活に密着する景品を充実させる。そのためには貯玉も廃止した方がいい」

折しも、自民党関係者からはこんな話も出ている。

「消費税増によっても思ったほど税収は上がっていません。新たな税収としてまたパチンコ業界の話が出てきています。海外のオペレータもパチンコの税収を調べています。グレーだった3店方式をシロにする時代が来ています。禁煙化の波でパチンコの景品で一番出ていたタバコも減り、ますます換金需要が高まっています。換金率が高すぎるのに業界は何の努力もしていない。一般景品の比率を高めないと世論は許さない。いずれ、一般景品の比率を何割以上にしろ、と指導が入るかもしれません」

令和の時代は換金から本来の景品を獲得する遊技に原点回帰しろ、ということか。そのためには今の換金目的の客を一掃しろ、と。さらには異業種とのコラボで新しい発想を生め、ということのようだ。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


日本のホールで働きたい韓国人中年男性


10月初旬、20代の女性3人組が4泊5日で韓国・ソウルへ旅行に行った。飛行機代は往復で1万円。ホテルは4泊で3万円ほどだった。

日韓関係が冷え込む中で、10月から韓国人の団体旅行の予約がゼロになった別府の温泉ホテルもあるように、事態は深刻。この時期に韓国へ行くのは少し勇気がいるが、何度も韓国へ行っている彼女たちにすれば、不安はなかった。

それよりも街中では片言の日本語で話しかけられることがこれまで以上に多く、声を掛けまくられ状態だった。こんなに韓国人はフレンドリーだったか、と驚かされるぐらいだった。怖い目に遭うことはなかった。

日本好きの40~50代のおじさんのグループから声を掛けられ、「韓国を嫌いにならないで欲しい」と誘われ、奢ってもらうことにした。

一緒に食事をしている時に50代と思われるおじさんから「君たちはパチンコをしたことがあるか?」と質問された。

彼女たちはパチンコをしたこともなかった。パチンコに興味もなかったが、おじさんの熱弁が止まらない。

「日本のパチンコはいいよね。パチンコが好きで何度も日本へ打ちに行っている。日本のパチンコは雰囲気がいいので、日本へ行った時は色々な店で打つ。最近は勝てなくなったが、今まで最高に勝ったのは20万円」

おじさんの話に興味はなかったが、我慢して聞いた。

おじさんのパチンコ熱は「日本のパチンコ店へ就職したい」と昇華して行く。

「就職するのは難しいかな?」

3人のうち1人がホールのコーヒーワゴンレディーの経験者だった。

「年齢的には難しんじゃないでしょうか」と現実を直視するように促した。

おじさんは給料についても聞いてきた。

「20代後半で24~25万円じゃないでしょうか」

「そんなに貰えるのか!」

おじさんは最後に本音を漏らした。

「今の韓国はダメだから日本へ行きたい。大好きなパチンコ店で働けたら幸せ」

話の場面は日本に変わる。

デイサービスを利用している80歳の老人は元ホールオーナー。家族でクリスチャンに改宗した。息子が会社を継いだが、「ホール経営はキリスト教の教えに反する」という理由で暫くすると会社を売却してしまった。そこから1000万円を教会に寄付した。

デイサービスを受ける中で親しくなったスタッフに、自分の素性を明かすと共に、こう忠告した。

「パチンコは経営する側にいないとダメ。経営する側はどんどんおカネが増えるが、打つ側はどんどんおカネがなくなる。ボクは自分のおカネを使ってパチンコで遊んだことは一度もない。なぜならおカネの無駄だから」

この元ホールオーナーの声を聞いたら前出の韓国のパチンコ大好きおじさんはどう思うだろうか。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

桜を見る会問題で業者選定は横一線に?


IRカジノの工程表が発表された。



それによると、カジノの総本山となるカジノ管理委員会が設置されるのは2020年1月7日。そこから基本方針が公表されるのは1月末。これを下にIRを誘致したい自治体は事業者を公募して選定。地域整備計画を作成し、認定申請を国に提出するのが2021年1月~7月。国が申請書を審査しGOサインを出すのが2021年内。

晴れて認可されてもすぐに着工はできない。環境アセスメントや都市計画手続き等で1年から1年半を要する。晴れて着工できるのは早くて2023年。建設工事期間を3~4年とすれば、最速でも2026年、ということになる。

万博と一緒に開業したいのが最有力候補の大阪。2025年5月3日~11月3日まで大阪の夢洲で開催される大阪万博にはどうみても間に合いそうもない。それでも大阪市の松井市長は大阪万博開催前のIR開業を目指すことを実施方針案に盛り込む。

万博の想定来場者数は約2,800万人で、そのうち約350万人は海外からの来場を見込む。市幹部は「万博の来場者にIRにも来てもらえれば良いPRになる。IR目当ての観光客も万博に呼び込める」と相乗効果に期待する。

ただ、万博とIRが同時開業というのは、工期がタイトな上、資材の到達などもあり非常に厳しい状況だ。

大阪が焦っていることはこのぐらいにして、カジノオペレーターもまだ決定もしていない中で、自民党筋によるとオペレーター側からの要求として、日本人客を集客するためにはどうしてもパチンコ・パチスロに似たゲーミングマシンの開発が望まれている、という。慣れ親しんだ機械がある方が取っつき易いためだが、これも国際ライセンスを取ったりするには実際にカジノにマシンの納入実績があるメーカーに一日の長がある。

そんなことよりも、この自民党関係者は口利きが一切できなくなったことを警戒する。

「モリカケ問題がやっと沈静化されたかと思ったら、今度は桜を見る会問題で安倍さんは窮地に立たされています。安倍さんとトランプの約束でラスベガス・サンズは決定済みのように思われていますが、これもすべて白紙の横並び。特に安倍さんと関係が目されている企業はやりにくくなったと思いますよ。これで公平な競争になる」

それだけではない。候補地として手を挙げている東京は、来年の都知事選で小池知事の対抗馬にカジノ反対派を擁立する動きが水面下で行われているという話もある。東京は財政が豊かなのだからわざわざ東京に作る必要はない、と考える都民も少なくない。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

秋葉原でインバウンドパチンコ


2年間の助走期間を経て、遊都(本社・愛知県豊田市)は「CAFE&PACHINKO EBIS」の2号店となる「ゑびす秋葉原店1号店」を12月にオープンさせる。ターゲットはもちろん外国人観光客。カフェとパチンコを融合させて、パチンコをギャンブルとしてではなく、「娯楽」としての日本文化を体験してもらう狙いだ。

同社が「CAFE&PACHINKO EBIS」を岐阜県高山市にオープンさせたのは2017年6月1日。インバウンドパチンコとしての実験店舗だった。

格子戸の入口を入ると、まずお客さんを迎え入れるのはカフェスペースで、その奥が20台のパチンコスペースとなっている。無料体験できるパチンコ台が1台。機種構成はちょいパチと甘デジ。1パチのみで景品交換は一般景品のみ。換金はない。

台間サンドは100円、500円対応。紙幣には対応していない。千円札を500玉2枚に両替してもらうパターンで、500円もしくは1000円で止める。

ちょいパチなら500円でも初当りが体験できる。平均的な遊技時間は20分程度。

遊都は遊技人口が減少する次の一手としてインバウンドパチンコをスタートさせた。

高山市にターゲットを絞ったのは、高山市がインバウンドに積極的に取り組んでいること。市内には公衆無線LANを張り巡らせ、市内の観光パンフレットやホームページは一般的な英語、中国語、韓国語の他にフランス語、ドイツ語、スペイン語など多言語を用意するほど熱心に取り組むことで、年々外国人観光客が増加し、白川郷観光への拠点として年間30万人近くが訪れる人気スポットになっている。

「ゑびす秋葉原店1号店」の総台数は12台、と高山店よりもさらに控えめな台数となっている。高山店同様、とにかく未体験のパチンコに触れてもらうことが目的なので、売り上げや粗利を求めるものではないことが台数からも伺える。

パチンコが何であるかを500円、1000円でまず理解してもらう。そのためには初当たりも1000円以内で体験してもらわなければ、パチンコに興味も持ってもらえない。

ここまで初心者用専門店に徹底しないと、既存店ではアッという間に1万円が飲み込まれ、興味を持ってもらう前に、パチンコが嫌いになっていく。

パチンコと言う機械特性や景品交換システムを十分に理解してもらえば、次のステップに進んでもらえばいい。

秋葉原1号店という店名は、秋葉原だけでも2号店、3号店と続くことは容易に想像がつく。

外国人旅行者の評価サイトであるトリップアドバイザーには、次のような書き込みがあった。

「私たちは、EBISで楽しく過ごすことができました。スタッフは本当に、本当にフレンドリーに手助けしてくれたので、パチンコを理解できた。 日本では非常に人気の娯楽遊技であることを。ゲームは無料のデモ機がある。日本を旅行する際、寿司や相撲などと同じぐらいリストに載せる必要がある。素晴らしいスタッフとバーの組み合わせで面白い経験をしました」

高山へ出店した時から、この形態の店舗を展開する計画はあったが、こんな声にも後押しされて秋葉原出店となったのだろう。インバウンドパチンコ=遊都の挑戦を応援したい。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。