パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

設置するだけで手数料が入るコーヒーマシンの導入理由


挽きたて、淹れたての本格派ドリップコーヒーが味わえる全自動ドリップ式のコーヒーマシン。ヨシムラコーヒー(本社・神戸市)が提供するコーヒーマシンは、レギュラーサイズで1杯200円。種類はレギュラーコーヒーのホット、アイスの他、アメリカン、ヨーロピアンが選べる。製氷機も付いているのでアイスコーヒーも提供できる。

ホールにとってありがたいのは、このマシンが設置費用やレンタル料、豆の購入費など一切負担がないこと。それだけでなく、コーヒーマシンの保守メンテナンスの費用も不要。コーヒー豆の補充は同社が行う。

一番のメリットは売り上げに応じて販売手数料が入ることだが、導入するホールにはそれぞれの事情があった。

ケース1
外国製コーヒーマシンからの切り替え


コーヒーマシンは複数のメーカーから発売されているが、奈良・高取のホールは外国製のコーヒーマシンを使っていた。使用しているうちにマシンが故障。業者に連絡すると高い修理代を請求されそうになったので、急きょヨシムラのコーヒーマシンに切り替えた。



業務用で使用されているコーヒーマシンは外国製を使っているケースが少なくない。外国製の落とし穴は、故障した時の部品交換にある。外国製であるがゆえに、業者も部品をそれほどストックしているわけではない。部品を取り寄せるにも時間がかかるだけでなく、部品代も高くなりがちだ。

ヨシムラのコーヒーマシンは壊れにくい日本製を採用している。万一故障しても部品が入手しやすく、修理も容易というメリットがある。しかも、ヨシムラが日々のメンテナンスを代行しているので、これまでにも大きなトラブルは発生していない。

導入後は最初の3日間はサービス価格として1杯100円で販売した。滑り出しは上々で1日50杯売れることもあった。4日目から通常価格の200円に戻したところ、売り上げは低迷してしまった。ヨシムラに切り替える前の価格が140円だったことが原因でもあった。

売り上げ低迷は価格だけでなく、購入までの動線にも問題があった。コーヒーマシンの目の前にA1サイズのポスターを掲示すると共に、同様のポスターをトイレの中など目に留まる場所に貼った。

POPによって認知度を上げることによって1日1杯以上、1カ月で300杯以上のプラス成果が出ている。100円のコンビニコーヒーと比べれば割高感はあるものの、味は確かなのでリピーターが増えている。

ケース2
コミュニケーションツールとしてコーヒーマシンを活用


大阪・此花区のホールではコーヒーマシンをお客さんとのコミュニケーションツールとして導入した。

同ホールはそれまで40代のホールスタッフが1杯300円のコーヒーを販売していた。200台に満たない小型店で1日100杯売ることもあった。この数字は驚異的ともいえる。しかし、年齢的な体力問題で惜しまれつつ退社。コーヒーを販売するスタッフがいなくなったのでヨシムラのコーヒーマシンを導入することになった。



マネージャーは300円のコーヒーが1日100杯売れていた要因をこう分析する。

「ウチのお客様は話し相手が欲しいという方が多かった。それで女性スタッフがコーヒーを販売しながら話し相手になっていました。彼女がいるからウチに来ていたし、コーヒーも買って頂いていた」

コーヒー販売を再開するに当たり、ヨシムラのコーヒーマシンに白羽の矢が立った。ベテランスタッフが担っていた役割をスタッフ全員で行うことにより、コミュニケーションツールとして活用することがマネージャーの狙いだった。

導入後からいきなりベテランスタッフの1日100杯という偉大な数字には到達していないが、どうやったら売れるかをスタッフで考え、コーヒーがコミュニケーションづくりのきっかけとなっている。

ケース3
コーヒーワゴンからの切り替え


東大阪のホールはワゴンサービスからコーヒーマシンへの切り替えだった。実は一番多いパターンである。このケースではワゴン販売に不満があったためにコーヒーマシンへの切り替えだが、実施するまでに半年を要した。



ワゴンサービスを実施しているホールのお客さんは、ドリンクは席まで持って来てくれるものとの認識が強い。それをいきなりホールスタッフにさせても、不慣れな業務で慣れるまでには時間も要する。

そこで、ワゴンサービスに匹敵するぐらい杯数を稼ぐためには準備期間が必要となった。

「実際に自分たちでコーヒーレディーの役目ができるのか?」
「どうすれば杯数を稼げるのか?」

この2点を熟考し、準備を整えてスタートした結果、200円の値段で初日から50杯以上が売れるようになった。

ちなみに、1日35杯以上が無料設置の最低ラインとなっている。

全自動コーヒーマシンの詳細はこちら。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 個人的には本格的なコーヒーは求めてないんですけどね100円なら自販機で買う代わりに1日数杯は買うかもしれません
    ホールスタッフの手間が減るから200円ですって言われてもスタッフが手間をかけてるから100円ですっていうコンビニコーヒーの方が好感持てますし本当に美味しいコーヒー飲みたいならパチンコ屋じゃなくて喫茶店に行きますわ

    DNT    »このコメントに返信
  2. ほとんどのパチ屋の客はコーヒーの味なんて分かってない。
    販売戦略で売り上げが上下するだけ。
    コストとニーズが釣り合うように提供すりゃいい。
    パチンコも同じだと思うのですが?
    この考えはおかしい?

    なぜ出来ないかなぁ    »このコメントに返信
    • パチ屋の客はコーヒーの味がわからないというのは、あなたの偏見にすぎません。
      何故パチ屋の客は味がわからないか、その理由を述べてくださいな。
      パチ屋を嫌うのは構わないが、パチ以外のことまでけなすのは人間としてどうかと思う。

      一般ゆーざー    »このコメントに返信
      • おなじ割合で淹れたコーヒーを紙コップとティーカップに入れて出したからだよ。
        30人に出して26人もティーカップの方が美味しい、って言ったからな。
        いい加減なものだ。

        数量少ない御託は聞かん    »このコメントに返信
      • それもいいけど、法で決まってるとか解説してたことの詳細まだですかぁ?w
        法に反したら営業者は処分を食らうんで、逃げずにちゃんと答えましょうよぉw

        ほんまかいなw    »このコメントに返信
  3. 大前提として出さないホールに客は付きませんが、出すだけのホールにも先はありません。サービス向上に繋がりそうなプラスαには常に目を向けるべきだと思います。

    ホールのコーヒーも美味しいに越したことはないです。レインボーマウンテンも悪くありませんけど笑。

    はい    »このコメントに返信
  4. 手数料いくらなんだろう。
    このマシンで購入してくれたコーヒーに限り席までお持ちしますはダメかな。3倍くらいは売れると思うんだけど。愛想の良い女の子が持っていきますとは出来んだろうけど。

    カニミソ    »このコメントに返信
  5. 小景品が500円の所は、余り玉でこれを飲めるチケットとかと交換できれば、更に利用しやすそうではある。

    でもコンビニ店員みたいに、ホール店員も給料が変わらんのに余計な仕事が増えて可哀想に・・・コーヒーの売上でもボーナスが出りゃ良いのに。

    三番    »このコメントに返信
    • >小景品が500円の所は、余り玉でこれを飲めるチケットとかと交換できれば、更に利用しやすそうではある。
      そのチケットが有価証券であると判断される可能性があるので難しいでしょう。

      どすこい    »このコメントに返信
  6. ホールで飲むコーヒー。

    同じ飲み物を淹れる器を変えたら味が違うっていうのは普通にあることなんだけどな、縁の薄いグラスと厚いグラスとか、素材の匂いとかまあ色々。日本酒好きの方なら理解頂けると思いますが。

    それはおいといて

    少なくとも「あのホールはコーヒーが美味いから行く」という事にはならない。付帯設備に惹かれるのは余程の事がない限りは関係ない。

    まず、コーヒーを頼みたくなる、飲みたくなる、自販機に買いに行きたくなる理由やきっかけは何なのか。

    ホールに来てすぐに飲み物を買うのは、腰を据えて打とうという意識の表れ。最近あまり見かけませんが(笑)

    大当たりしたタイミングで買う客、気分転換に買う客、それぞれあると思うけど、まだまだ打とうといい気があるはず。

    昔は仲間内にワゴンのコーヒーを振る舞うなんて話もあったし、仲の良い常連さん同士で飲み物奢ったりという光景は数年前まではよく見かけました。

    コーヒーマシンに関しては、ギリギリ200円以下なら稼働するのかなと思います。この手のお高いコーヒーは買わない人は買わないので、そういう人の意見を聞いても仕方がない。

    近所にコンビニがあれば別ですが、コンビニに行くのは面倒と考える人もいるし、缶コーヒーはどんなに微糖でも甘過ぎるので、店次第ですが一定の需要はあるでしょう。

    あくまでサービスの一環、負担になるギリギリの価格設定で。

    週休三日    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す