パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコはギャンブルとみなし、依存症対策のためにも1円で成り立つ経営を


ハンドルネーム「元業界人」さんの依存症を含めたパチンコ考察だ。

以下本文


またしても、パチンコ絡みで悲しい事件がありましたね。

豊橋での事件。障害をもつ8才の姉が、1才の弟と留守番していて、弟が死亡した事件。事故というべきか。両親はスロットしていたとか。

パチンコ、スロット自体は悪くないんです。今回はこの両親の感覚、考え方が悪いんです。

そうわかってはいるのですが、私自身がパチンコ依存症経験者だからでしょうか、パチンコ依存症の問題に視点がいってしまいます。

私も幼いこどもがいますが、こどもを放置してまでパチンコをしたいとは思いません。

私の場合は、すでにパチンコ依存症ではないのでそういう感覚になりますが、パチンコ依存症の方は決してそうならないんです。

パチンコ依存症は、借金、嘘、大事なことをすっぽかすなどが主な特徴だと私は思っています。この最後の、大事なことをすっぽかす。これはパチンコが時間消費型のギャンブルであるために起こることです。

また、365日、どこにでもあるということも、パチンコ依存症を生み出す要因となっています。

依存症による、時間の消費が生み出す悲劇を繰り返さないようにするにはどうしたらよいのか。

仮に、この夫婦の場合は、パチンコがなくなったとしても、別の行動でこどもたちを放置していたかもしれません。ですが、そうであったとしても、パチンコ依存症をもっと深刻に考えるべきだし、そうした時期に来ていると思います。

やっているという見せかけのポーズではなく、どうやって依存症を減らしていくべきか。

借金問題を減らすにはやはり1パチでしょう。

4円にすべきではなく、1パチで成り立つ商売を考えること。

では、今回の問題や車内放置のような問題はどう扱っていくべきか。それこそ、育児施設、保育士常駐の完全義務化なども必要なのではないでしょうか。

パチンコはいまだに儲かるビジネスです。だからこそ、依存症という社会問題に対して真摯に取り組む義務が必要だと思います。

しかし、本当にパチンコが絡む事件、多いですよね。

先日の茨城の家族6人殺人事件の犯人の夫もパチンコばかりしていたという話もありますし。パチンコ業界は、ギャンブル業界であるという自覚をもって商売していって欲しいです。

特に一部のメーカー。儲けすぎ、版権などにお金かけすぎ。芸能界やテレビ、アニメ業界へ流す金があるなら、そうした業界を巻き込んででもギャンブルを取り囲む環境を整備していって欲しいと思います。

厳しいとは思いますが、警察もそういうところを整えさせるようにすべきでしょう。

ギャンブルではない、か。最終的には、パチンコはギャンブルであるとすべき。じゃないと、いろんな話が進まない。まぁ、かねカネ金の世の中、なのか。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. それは違う!
    1円パチンコにすれば必然的に1日のパチンコ遊技時間は長くなってしまうので、低貸しのみの営業形態に移行すればパチンコ依存症患者が少なくなったり、幼児の悲惨な事故が防げるようになるかもと言うのは大きな間違いだ!

    パチンコ依存症患者を減少させるには、何よりも『ボーダーライン理論』を世の中のパチンコ遊技者に広めるのが最も最善で効果のある方法だ。

    現在の糞ボッタクリホールのセブン機では、ボーダーライン理論と照らし合わせれば客側が勝てる前提の釘調整の台など1台も用意していないパチンコホールが大半を占めているので、自然とパチンコホールから足も遠のくようになるだろう。

    もうひとつの解決策は、やはりセブン機一辺倒の機種構成からは脱却する事だろう。


    セブン機の『持ち玉終日無制限』という営業スタイルでは必然的に短時間遊技は不可能になってしまうので、
    パチンコメーカーもホール業界も、短時間しか遊技時間が作れない客層向けの機種の開発も行うようにするべきだと思います。

    イケロン    »このコメントに返信
  2. 「芸能界やテレビ、アニメ業界へ流す金があるなら」
    流すのは全然悪いことじゃないと思いますが。
    「そうした業界を巻き込んで」
    関係ない業界を依存性問題に巻き込まないように。
    版権を売ったからといって、どうしてそんなことに付き合わなければならないのか。
    そして、依存性に関してですが、まず「どうして依存するようになったか」
    その原因を取り除かないことには、根本的な解決はできません。
    依存の対象を依存できないようにしたところで、新たな依存先を探すだけです。
    パチ屋だけが深刻に考え、取り組んだところで、それこそ根本的な解決には
    程遠い。パチ屋だけに依存症対策をさせるのは、それこそやっているという
    見せかけだけのポーズだと思いますが。

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  3. まぁ、なぜパチンコが依存症の要因か?
    簡単に言えばお金が掛かっているからですよね。
    私が始めた頃は手打ち時代でやっと電動化される時代
    でした。高校1年生でしたが、週3くらい通ってました。
    学校が私服通学だった為補導員にも声を掛けられる事も
    なかった時代です。
    そんな時代でさえヘビーな人は毎日パチンコ通い、夜は
    麻雀に明け暮れていました。
    要はお金を増やす手段として学生はパチンコ、麻雀が
    あったんです。
    そんな人達が社会人になってセブン機が開発されのめり
    込んでいったんでしょうね。
    そんな流れで大きくなったこの業界も機器メーカーの
    株式上場など、グレーな世界の人達がやってはいけない
    事に手を染めたのですから・・・
    グレーな世界の掟として表舞台から退場せざるおえなく
    なったんでしょう。自然の摂理なのかもしれません。

    ベン    »このコメントに返信
  4. >ギャンブルではない、か。最終的には、パチンコはギャンブルであるとすべき。
    >じゃないと、いろんな話が進まない。まぁ、かねカネ金の世の中、なのか。

    もうひとつ選択肢がありますね。
    本来の遊技(娯楽)の姿になるように、特殊景品の提供を止めれば良いのです。
    自らは止めないと思いますので、監督省庁による規則改正ですね。
    ギャンブルって必要ですかね?

    そもそも    »このコメントに返信
  5. 一般ゆーざーさんの言うとおりだと思います。
    なぜ依存症になったのか?
    誰にでもなる恐れのある精神疾患だと、脳科学の世界では答えが出てます。
    表に出てこない、まだまだ続いているAKBのCDの大量投棄しかり、アイドルだって、ゲーム、スマホ、サバイバルゲーム等、非日常の物がストレス発散のお役だちになっているのは事実であり、のめり込みの現象が起きているのも事実ですよね?

    では、どうして精神疾患を起こすのか?
    育つ環境なのか?
    税金や寄付に類似する使われ方はどうか?NPO法人の活躍はどうか?
    改めて依存ではない世間が再度考え直さないことが根本に有りますよね?
    枝葉を突っついてピーチクパーチク喚くのは止めて、根本を考える、立ち戻る意識を皆で持っていきましょう!

    だから18歳未満禁止でしょ?    »このコメントに返信
  6. 日報の記事でも何度か上がっていたが、メーカーは機械代を下げる気は毛頭ないようだ。
    その時点で1円営業は無理である。
    更に1円の遊技環境は4円よりも悪い場合がほとんどである。
    私自身何度か1円を打ったことがあるがあまりの回らなさに唖然とし、1円を打つこと事態を諦めた。
    この様な状態で1円のみあるいはそれ以下の営業などホールも客も得なことなど何もない。

    依存症については他の方も述べているが金額の問題ではない。
    低貸しになれば金銭絡みの犯罪は防げるかもしれないが遊技時間は増える可能性があり、その場合依存症を拍車、誘発する可能性がある。
    依存症への対処は依存対象から遠ざけるしかないのにこれでは逆効果となりかねない。
    歪みに歪んだこの業界は一度リセットするしか手はないのではないだろうか。

    通りすがり弐    »このコメントに返信
  7. パチンコ屋が有るから悪いのか?
    ぱちんこ打つ人が悪いのか?

     まぁ、大多数はパチ屋が悪いと?w

    特殊景品を無くす事から始めましょう。

    エリンギ元気か    »このコメントに返信
  8. そもそもの話になりますが、パチンコ依存症なんてものは存在しません。

    厚労省調査では、ギャンブル依存症であった疑いのある人が人口の3.6%。
    直近の調査では0.8%だそうですが、つまり8割の人は特に治療も無く治った事になります。
    治療も無く治るものを依存症と定義するのは無理があります。
    しかも、海外に比べてギャンブル依存症の率が高いと言っていますが、それは3.6%の場合であって0.8%であれば海外と比べて低い部類に入ります。

    ギャンブル依存症の定義となっている調査も非常に怪しい内容なだけに、あの調査結果自体も信用性が低いですね。
    何しろ、調査での設問が、あなたはギャンブルに行きたいと思った事がありますか?と言う問いに対して「はい」と答えたらギャンブル依存症と言うトンデモ内容。

    美容に置き換えれば、あなたは綺麗になりたいと思った事がありますか?と言う問いに対して「はい」と答えたら美容依存症だと言っているようなもので、文系の無知な学者が行った糞調査。

    これって一部のカジノ利権に絡んでる連中がカジノやりたいが為に既存のギャンブルを悪者にしたいだけでしょ。
    特にパチンコは韓国・北朝鮮との関係が悪いだけに叩きやすい。
    更に言うとカジノ利権に絡んでる連中って元々はパチンコ議員だった奴等や、パチンコメーカーの役員のお友達、ゼネコンですよ。
    こんな腐った奴等に踊らされてる多くの日本人も冷静になった方が良いと思います。

    うま    »このコメントに返信
  9. パチンコ止めて外野から見てるんですが、世間にとってパチンコの依存症問題なんて「何それ?」程度の事っぽくないですか?私は20年以上のパチ歴があるからまだ興味ある方だと思いますが、私の嫁さん(パチ歴元2年くらい・もうやってない)に最近のパチンコ事情を聞いてみてもなんも知りませんからね。

    マスコミに焚き付けてもらって一般人を論争に引きずり込むのが効果的に思えますが、数年前の釘問題時に多少ヤフーのトップを飾ったものの、その問題が一般人に浸透したとは思えません。過去にも親が遊技中のホール内で子供の誘拐事件があったり、夏に車中置き去りで死亡させた等あるのですが。どれも一時的に「ケシカラン!!」となるだけなんですよね。

    横並    »このコメントに返信
  10. 全ての趣味は、多かれ少なかれ「欲求・依存性」により成り
    立っています。
    それが病的な域まで及び社会的通念(常識)から大きく逸脱
    し、本人や周辺が不利益を生ずる状況が「依存症」です。

    では、何故ギャンブル依存症(パチ・スロ含む)がここまで
    叩かれるかと言えば、就労拒否や借金、保護義務の放棄など
    社会的規範からの大きな逸脱とそこから生ずる重大な不利益
    が顕在化しているからでしょう。

    本来依存症「患者」は、上記の様にリスクが顕在化した人を
    カウントすべきで、毎日ホールに通っていたとしても何ら不
    利益を生じていない場合は「趣味」と解釈すべきです。

    就労拒否や借金は「大きく勝てば生活費が稼げ、借金もチャ
    ラに出来る」という状況(可能性)が有るからで、これにつ
    いては、出玉の抑制や低レート化、銀行ローンの貸付厳格化
    が対応策になりますし、保護義務の放棄は海外の様に「子供
    を放置してはいけない」という法的措置と国営の「一時託児
    所」のセット導入が必要でしょう。
    また、TCUの様に同地域数店舗で共同託児所を設置運営す
    る手段も有ります。

    業界は来年2月からの3年間で「旧基準機でボッタくる」こ
    とに心血を注ぐのでは無く、如何にユーザーを「趣味」とし
    ての範疇に囲い込めるかが勝負です。

    遊漁    »このコメントに返信
  11. 依存症は身近にあるのに、依存させてる側の力が強いと世間の目から隠される・・・という事実がありますからねぇ。顕著な例だとお酒とかがそうですね。タバコとパチンコ(ギャンブル)はそうした圧力が弱くなり、表に出てきちゃった弱者という感じでしょうか。

    個人的な考えだと、依存問題は依存物質ではなく「依存に溺れないと生きられないような心理環境を生み出す社会」にフォーカスするべきだと思いますけどね。ギャンブルに溺れざるを得ない依存者の方の心労を想像すると胸が痛くなります。また、そういう依存者によって犠牲になる人のことを考えると、それ以上に苦しくなりますね。
    パチンコ依存だけに絞って言えば、ギャンブルじゃなくなれば依存者は減るのかなと思います。お金がないストレスをギャンブルに向けているだけですから。


    でも・・・今回のような事件の根本は「未成年入店禁止」が原因だと思うんです。家に置き去り、車に放置、これらはホールに子供が入れないことによる犠牲者。決して、殺したいわけじゃないと思うんです。
    昭和の寛容な頃のパチ屋なら、少なくとも犠牲者はもっと少ないじゃないだろうか。買い物に無理やり付き合わせるみたいな感覚で、依存者による犠牲は防げてるはず。
    法令遵守が必ずしも人命を助けない現状があるというように感じます。


    ここでは、良し悪しは論点にしていません。
    本当にこの問題を解決したいと思っているホール企業があるなら、是非ホール横に子供が遊べる施設を併設してください。予算がなければ公園を作ってください。それにより、すぐに助けられる命がたくさんあると思います。

    依存者をどうするか、良し悪しとどう折り合いをつけるかはそれから議論すればいいんです。本質的な議論は時間もかかるでしょう。

    今、救うべき命のことを、どうか真剣に考えてください。
    私は、業界の良心に期待をしております。

    どうでしょう    »このコメントに返信
  12. なにかしらの対策をしなくとも自滅の道を絶賛進行中なのでそんなに気にしなくてもいいと思うけどね。
    ずっと減り続けてる遊技人口も数年後に今の半数以下になれば自然と依存症患者も減るでしょうし。人口数減少によりメーカーとホールは淘汰されこれも半数以下になるだろうし。いろいろが今の半分になれば世間の関心も殆んど無くなるだろうし。

    破滅の道を早めるためにメーカーにしいて言うならば、もっと機械代を上げる。そして中身の演出内容をもっと打ち手を馬鹿にするような演出にする。今のバカらしい演出群も効果あるけど今以上にね。
    ホールには来年2月以降も封入式以外の釘が弄れる旧型台はヘソ、風車、道、スルー、電チュー回り、アタッカー付近の釘を下の下にし、売り上げ回収に努める。

    投げやりに書いてるようにみえるが、軽度の依存症者ならバカらしくなって冷静にパチンコをとらえられるようになると思うよ。今でさえ冷めてしまって辞めてってる人多数なんだから。

    椎間板ヘルニア    »このコメントに返信
  13. 今や低貸パチンコが、人数比では主流となりました。
    お金を潤沢に使えない一般パチンカーにとっては低貸パチンコが依存症の原因と思います。
    もし4円パチンコのみになれば、多くの低貸パチンカーはパチンコを止めるので、
    低貸パチンコ禁止は、店舗数は大幅に減りますが、多少であれ依存症対策になると思います。

    依存症対策は特殊景品を禁止すれば解決すると思いますが、その気配は無し・・・

    通行人ZZ    »このコメントに返信
  14. 原因は金!特殊景品だと誰もが分かってますよね。
    そして法律でも民間経営のギャンブルは禁止とされながらパチンコだけは黙認されています。

    結果、悲惨な事件が後を絶たない訳です。
    業界癒着の警察を監督官庁から外す事が解決する近道でしょう

    まさ    »このコメントに返信
  15. いずれ廃れて依存症が少なくなって行くからと言って現状発生している社会的な問題はあまりにも大きいという正しい認識が持てない人は依存したい人もしくは依存させて儲けたい側かなあと勘ぐってしまう。 こんなに大きな問題なのに残念だ。

    ちいば    »このコメントに返信
  16. 時代劇でよくあるシーン
    ”おとうちゃん止めて、それはお米を買うお金なのよ”
    ”うるせーなー、俺が稼いだ金だろーが”
    ”おと~ちゃん、おか~ちゃんを殴るのはやめて”
    今も昔も変わらないってことです、
    博打場がある以上そこにのめり込む人間はいるのです、
    子供の命を見捨てまでするものですかね~
    たかが機械ですよ、パチンコは

    雷電    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す