パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

社会におけるパチンコ店の役割とは


パチンコ業界で新卒1人当たりの採用コストは200万円以上にのぼるともいわれている。これだけのコストを掛けながら、入社3年以内の早期離職率は、パチンコ業界のカテゴリーである娯楽関連業界は45.0%、とワースト3にある。

どうして離職率が高くなっているのか? その背景には若者のパチンコ離れがある。以前は新卒者もパチンコ好きが業界に入ってきていたが、今の大学生はほとんどパチンコをしなくなったように、7割以上がパチンコ未経験のままに業界に入ってきている。ここで、入社後に理想と現実の違いにぶち当たり退職して行く。

未戦力人件費(戦力化するまで辞めてしまった人への給与、福利厚生費)が従来に比べて5~10倍に跳ね上がっている。

高い採用コストをかけて人材を確保しても、戦力になる前に辞められたのでは、ホール企業としては元も子もない。

パチンコホールで働くことに誇りが持てないことには、モチベーションも上がらない。それでなくても右肩下がりのパチンコ業界の将来性に不安を覚えて転職して行くケースも増えている。

思い起こせば、世間からパチンコ業界への風当たりが強くなったのは、2011年3月11日の東日本大震災だった。国難の非常時にも関わらず、都内では煌々とネオンを点けて営業したホール、輪番休業を守らないホール、津波を逆手に取った煽りメールなどが世間から大顰蹙を買った。

当時の石原都知事は電力不足の事態に無駄な電気を使う業種として、パチンコバッシングを展開した。

被災地では長らく続く避難生活の中でストレス解消にパチンコが役立った事実もある。

日報ではパチンコが果たす社会的役割について、何度も取り上げてきたが、この部分について正面から論議する場がなかった。

そこでシナージ―アークとパチンコ日報の共催で「社会におけるパチンコ店の役割」をテーマに3月15日、大阪市北区でホール社員の集いを開催することになった。

サブタイトルは「パチンコ業界の内定辞退者・離職を防ぐ」。




シナジーアークの蔀晋輔氏は今回のセミナーについて次のように話す。

「今回のセミナーはパチンコ業界の離職と内定辞退を防ぐことを目的にしています。業界で愛を持って誇り高く生きている講師の話を聴くと共に、同じパチンコ業界で働くものとしてのコミュニティーを築き、お互いに支え合い切磋琢磨する場を作り、自分を成長して欲しいと思います。これからは『競争』ではなく、『共創』の精神で業界を活性化して行く時代です。上司の方は迷っている若手社員を連れてきてください」

■セミナー概要

開催日:3月15日(金)15:00~

会場:TKP大阪梅田駅前ビジネスセンターカンファレスルームB1A
大阪市北区堂山町17-13梅田東宝ビル

受講料:3000円

定員:30名

対象者:ホール企業の内定者、新入社員、人事部、社員教育担当者など

講師:河合文徳(店長)
   河野真一郎(㈱アサヒディード イルサローネ営業部長)
   大村成憲(B.K.Dプランニング代表 元パチンコチェーン取締役)

セミナーの詳細並びに申し込みはこちらから



女性がイキイキ“働く”を楽しむための3講座


第3回目となるパチンコ業界の女性活躍推進イベント「P-WOMEN’S FORUM」が3月15日、東京・六本木のDMM.com本社セミナールームで開催される。昨年は142名の女性リーダーとその活躍を応援する男性上司が参加した。



これは、SPARKS NETWORKの中村恵美社長が、業界の大型セミナーに登壇した際、女性参加率の低さに愕然としたことが誕生のキッカケになった。

「先輩や同じ悩みを持つ仲間とつながることで多くの課題解決が出来る。このことを知らないで、一人悩んでいる女性がパチンコ業界には沢山いるのではないか? 育児との両立ができている人、仕事中心の生活をする人、趣味との両立をしている人など、価値観が多様化する中で、自分自身の生き方を見つける。働き方のヒントを得る。そのような場にして欲しいです」(中村社長)と話す。

今年のテーマは、「“働く”を楽しもう!」。

好評のテーブルディスカッションに加えて、今年は、翌日から実践するための具体的な成功・失敗事例のプレゼンテーションが加わり、充実のカリキュラムが用意されている。

基調講演は、居酒屋てっぺんの大嶋啓介氏。“可能性を伸ばす5つのチカラ”について講演する。大嶋氏が起こしてきた数々の奇跡には、パチンコ業界でも再現できるやり方があった。90分でその方法が具体的に紹介される。

第2部は、”働く”を楽しむためのヒント。
事例共有として10分プレゼンテーション×3社+1エリア

【店舗で”働く”を楽しむ:ダイエー】
スタッフ一人一人のチカラを引き出し、増客活動に取り組む女性リーダーたち。
どのような考えをもとにいかに行動しているのか?

【会社で”働く”を楽しむ:エム・アイ・ディ ジャパン】
立ち上げから一年の女性活躍推進プロジェクトHIDプロジェクト。
会社の風土を変える為に女性リーダーたちは、何を大切にして、何をしてきたのか?

【地域で”働く”を楽しむ:P-WOMEN@東海地区交流勉強会】
競合関係にある企業の女性リーダーが集結して勉強会を共同開催。
どのような変化・進化が出来るのか?つながることの意味は?

【異業種から学ぶ”働く”を楽しむ: LIFE CREATE ホットヨガスタジオloIve】
240名以上の社員のうち、男性5名を除いて全員が女性社員 平均年齢29歳の同社が急成長する理由とは?

日本最大級の女性アワード、Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2018 にて、企業部門300人以上/1000人未満の部で第5位に入賞した会社の人材育成とは?

第3部は、“働く”を楽しむ第一歩。

P-WOMEN恒例のテーブルディスカッション。いつも時間が足りないというアンケートの声に応えて時間を延長。
“働く”を楽しむために、まず何から始めるか?を具体的に考えるためのディスカッションの場が用意されている。

■開催概要

日 時: 3月15日(木)12:15開場 13:00開演 
会 場:DMM.com本社セミナールーム
東京都港区六本木三丁目2 番1号 住友不動産六本木グランドタワー 24階

参加費: 1万円(税込み) セミナー&懇親・事例共有会を含む

定 員:120名 ※先着順

参加資格:パチンコホール企業で働く女性・同じ会社で働く女性同伴のパチンコホール企業で働く男性

エントリーはこちらから


金融機関の審査が厳しくなってきている時に求められるものとは


不採算店舗の廃店、売却が増加し二極化が加速している。それを懸念する金融機関やリース会社は、軒並み審査基準が厳しくなってきている。

またメーカーの販売台数の低迷は、遊技機単価の高騰につながり、機歴重視の販売方法では資金の有無に関わらず、生き延びるためには買わざるを得ない状況も続いている。

このまま経営を続けるのか? 辞めるのか?と厳しい選択を迫られるホール企業も少なくない。

今、ホール経営に求められる事は資金調達の安定だ。つまり大きな極度額で少数の調達先よりも、少額の極度額で多数の調達先の確保こそがホール企業の大きなリスクヘッジとなる。

決まった先があるから大丈夫と思うのではなくこれからの不安定な業界を見据えて新規で調達先を複数用意する。

「依存症対策、消費増税、受動喫煙問題、そして高射幸性遊技機の撤去と問題が山積みですが対応準備はお済みですか?」と話すのはレアルキャピタルの西澤部長。
 
同社は2004年創業の遊技関連商社で、ABSという割賦スキームで、ホール企業サポートを得意としている。

改めてABSの割賦スキームの特徴を説明するとこんな具合だ。

■資金繰の安定

ABSであれば12回分割になるので資金繰りが楽になり手元資金が増える。この手元資金で販促活動を組み、稼働促進につなげることも可能だ。

■売却損の圧縮

ABSは、遊技機の所有権を物件受領日に遊技機残債の有無に係わらずホール企業へ移転するところがメーカー・リース会社をはじめ他の売り主と大きく違うところだ。所有権をホール企業へ移転するので店舗間移動はもちろん、いつでも自由に売却が可能となる。つまり稼働の落ちた遊技機は、値崩れする前に早期売却が可能となる。

■多岐に渡る取扱商品

ABSは遊技機以外の物品でも大抵のものが対応可能だ。遊技機・設備等の遊技関連機器はもちろんのことリース会社も扱わない一般景品、制服、CM放映料、チラシ代等にも対応実績がある。

■安心の契約

ABSにはオーナーの連帯保証が不要だ。迅速で、小回りが利き、痒いところに手が届くところが大手リース会社にはない同社の強味となっている。

当然のことながら全ホール企業が対象とはならず決算書3期分を審査してからのスタートとなる。これまで最高額で5億円の極度額設定実績がある。

また極度額を設定しただけでは手数料は発生せず、使った時にはじめて発生するので安心して審査依頼をする事ができる。

唯一、ホール企業が躊躇するとすれば、手数料発生だろう。それをカバーして余りうるメリットは前述の通りだ。

「『現金で支払っているから、決まった先があるから必要ありません』と言われるホール企業もたくさんありますが、厳しい環境だからこそより多くの調達先を持つ事は安心につながります」(同)


ABSに関する問い合わせはこちら


これからのパチンコ店営業の業績向上のための視点


パチンコ業界にもAI導入の動きが起こっている。1~2年後にはAIによって販促手段の最適化を実施しているホールが現れることも想定されている。

パチンコ業界にはホールコンによって売り上げや機種別の稼働データなどのデータは蓄積されているが、販促活動のデータを蓄積しているホールは少ない。そのデータを今から蓄積しておくことで、AI導入によって期待されるのはイベント施策に頼らないホールの集客である。

12月から大阪でライター・取材イベントが禁止されたように、この動きは全国的な広がりを見せイベント系がさらに制約される環境が予想される。これにより再び新台入れ替えが中心になって来る。

web販促はスロット客には有効で響くが、パチンコ客には届いていない。チラシの折り込みを止めるホールも出てきているので新台入れ替えの集客力が落ちている。パチンコ客に情報が伝わっていないことが問題になってきている。

「販促手段の組み合わせや予算配分を勘や経験で決められていないでしょうか? 今回提案させていただく『販促手段の最適化モデルの構築』は過去の実績から、各販促手段や販促予算の金額ごとの集客への影響度合い分析し、販促手段の組み合わせや予算配分などをより費用対効果が高くなるように推測するためのモデル構築となります。近い将来にはAIの導入によってさらに的確な分析が可能になると思いますが、データの蓄積を今から始めるためにも、蓄積したデータを有効活用していくことが蓄積の労力に見合う取り組みだと思います」と話すのはアミューズ・ファクトリーの宮川雄一社長。

例えば販促媒体ごとの集客効果を測定してデータを蓄積することで、AIにより販促手段を絞り込み、費用対効果の高い集客が可能になる。

アミューズ・ファクトリーではこれ以外に「店舗改善余地の簡易診断サービス」も開始した。

主な内容は以下の通り。

①設置台数面での競争力と可能性の診断

商圏内における台数シェアと客数シェアの分析を通じて、設置台数面の競争力を分析し、シェア向上余地を簡易的に診断・フィードバック。

②お店作りの改善余地の診断

イベント類似行為ができないような営業環境の中で、業績向上の余地とヒントを見出すことができますように、多面的な観点から調査。立地面をはじめお店のハード面での調査から販促や機種構成・レイアウト・オペレーションなどソフト面でのお店作りの主要項目を調査の上、改善余地を簡易的に診断・フィードバック。

これらの新サービスリリースを記念して、「これからのパチンコ店営業の業績向上のための視点」と題するセミナーを開催する。

■セミナーのプログラム

1.パチンコ店営業の理想的なサイクルと現状の問題点

2.大型店優位の構造の中で求められること

3.これからの営業環境での変化と対応すべきテーマ

4.業績向上のための視点

5.業績向上のための新サービスのご案内(店舗改善余地の簡易診断、販促手段の最適化モデル構築)

■東京会場

1月17日(木)

13:30~16:00

TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター/カンファレンスルーム5B

■大阪会場

1月18日(金)

13:30~16:00

アットビジネスセンター PREMIUM 大阪駅前/1202号室

参加費用:5000円(税別/1名)

問い合わせ・申し込み先はこちらから。


ネクステリアが地域一番店作りの出張無料社内研修を限定10社で


地域一番店メーカーVS売り上げ目標1000%達成コンサルがタッグを組んだセミナーを開催しているネクステリアが、このほど地域一番店になるための出張無料コラボ社内研修を開催する運びなった。先着10社限定。

■地域一番店のための撤去台選定力

地域一番店をこれまでに32店舗作り上げてきたネクステリアの森本耕司社長は、地域一番店を実現する上で不可欠となるのが①新台選定力、②撤去台選定力の2つの機種選定力を磨くことである、としている。新台はいうまでもないが、おざなりにされているのが撤去台の選定力である。



上記のグラフは同社が取ったユーザーアンケートでホールを変更する理由で最も多かったのが4パチ、20スロ客共に「打ちたい機種がなくなっていた、空いていなかった」という回答である。

顧客がホーム以外へ行く理由は、ライバル店がリニューアルした以外に自分が打ちたい台が撤去されたことが挙げられる。その台を求めて他店へ行く。もし、そこで3連勝でもしようものなら、そこがホームになってしまう。

撤去する台はライバル店にもない台から撤去していく。これが鉄則。撤去台がライバル店にあったらライバル店へ逃げてしまう可能性がある。これが案外ボディーブローのように効いてくる。

アウトが急速に落ちた。あるいは中古売却の目先の利益のために撤去するなどの単純な理由ですぐに撤去しないこと。自店の撤去台が自店のエリアでどれぐらい人気があるかを把握しておかなければならない。撤去台選定力を上げて地域一番店になったケースもある。

新台に関しては過去1年間で10週稼働33%以上の機械を出していないメーカーからは、今後の寿命が長い機械が出る可能性は少ない。

■離職率を激減させるコミュニケーション術

売り上げ目標1000%達成してきた伝説のコンサルタントの越石一彦が、証券会社のトップ営業マン時代に培ったノウハウがお客様の信頼を勝ち取るアクティブ・コミュニケーションだった。

これを社内に応用したビジネスコミュニケーション術が、アクティブ・リスニングだ。これは上司が部下に対して、一生懸命聞いていますよ、という姿勢を相手に見せること。コミュニケーションは聞く技術が8割とも言われ、上司が部下の話を聞く姿勢を見せた時にコミュニケーションが活性化する。

アクティブ・リスニングをベースに部下には「これとこれはできているけど、この部分は欠けている」と経験則と論理的思考で部下に指導する。一番難しいのはモチベーションの向上なので、できていない部分は一緒にやろうという姿勢を見せる。最後は部下に自分から「私がやります」とコミットさせることが何よりも重要になる。

その時もアクティブ・リスニングが効果を発揮する。これを上司が身に着けることで離職率も大幅に改善される。

これらは研修内容の極一部分であるが森本氏と越石氏による無料コラボ社内研修が先着限定10社で実施される。



また、「地域一番店になるために必須の戦略セミナー」は11月28日(水)大阪会場で開催される。

セミナーの詳細はこちらから


■大阪会場
11月28日(水)
新大阪丸ビル別館
大阪市東淀川区東中島1-18-22 丸ビル別館

地域一番店必須戦略セミナーの申し込みはこちらから



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。