パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

最近パチンコを始めた旦那の小遣いを半額にしたら…


東京駅から中央線に乗った業界関係者が車内で聞いた話だ。

神田駅から2人の女性が乗り込んできた。一人は20代半ば、もう一人は30代前半。業界関係者の背後で2人の会話が耳に入るようになった。時間にして20分ほどの時間だった。

20代の女性が旦那の話を始めた。旦那は球技がまるでダメ。子供とのキャッチボールも嫁さんにさせるぐらい球技音痴。学生時代から始めたボルダリングが趣味で、女性の方も誘われたが、ボルダリングは登っている時に全員に見られるのが嫌で嵌らなかった、と他愛もない話から始まった。

話を聞いていると旦那の年は27歳ぐらいと推察できた。

その旦那が最近パチンコを始めたことが、服に染みついたタバコの臭いで発覚した。

普段は服にタバコの臭いなど付いていないのに、どうしてタバコの臭いがついているのか問い詰めたら「会社の先輩に連れられてパチンコ屋に行った」と白状した。

パチンコを始めてしばらくすると「小遣いが足らなくなったからおカネをちょうだい」とねだったことで大喧嘩になる。

それで旦那が取った行動は「パチンコは本当に面白いから一緒に行こう」と嫁さんをパチンコに巻き込むことだった。

「行かないわよ!」

「いいから1回だけ行ってみよう」

「行こう」、「行かない」の押し問答の後、嫁さんが根負けして1回だけ付き合ってみた。

人生で初めてパチンコホールに入った感想は「あんなところ人間の行くところではない。あんなうるさい音はコンサート以来。それにタバコの臭いが凄い。やっている人は年寄りばかり」と惨憺たるものだった。

旦那がパチンコを始めたことに理解を示すつもりで行ってみたが、やはり受け入れられなかった。

「それで小遣いは減らしてやったわよ」と勝ち誇る。

共稼ぎでそれぞれが3万円ずつの小遣いにしていた。

「私は1万5000円でいいから、あなたも1万5000円でやりなさいよ」と半額にした。

すると小遣いを減らされた旦那はあっさりとパチンコを辞めた。

「ギャンブルする人は大嫌い。一度ギャンブルを覚えると大変なことになるので、離婚問題よ」

2人がとある駅で降りるときに顔を見たら、業界関係者の同級生の娘さんだった、というオチはともかく、世間からはこういう目で業界が見られているということを業界はどう受け止める? 現状で遊技人口を増やすなんて夢のまた夢…。

ギャンブルイメージ、爆音、タバコの臭い、とどれ一つとっても改善されていない。

ここを何とかする努力も見られない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 爆音に関しては正面にだけ聞こえるスピーカーがあるのでそれを使えば軽減できるのでは?
    個人的に爆音もフラッシュも要らないが養分がのめりこむのに必要ならやむを得ない。
    それにしても小遣い月15000円・・・・・
    社畜労働を1月耐え抜いてそんな金しか自由にならないなんて可哀想だ
    勝ち組    »このコメントに返信
  2. 正解
    よれよれだぜ    »このコメントに返信
  3. 昔からパチンコ打っている人ならともかく、やったことの無い人にとってホールの中は異世界でしょうね。
    中の人には分からない    »このコメントに返信
  4. 昨日のエントリーにも通ずるが、善行の前に足元の問題を解
    決する方が喫緊の課題だろう。

    まあ、今までほぼほぼ解決されてはいないが。
    業界の自浄作用の無さには辟易する。

    取り敢えず来年4月には立法に因り一つは改善される。

    問題が解決されて行くスピードと業界が見放されて行くスピ
    ード、どちらが早いか。
    現状は火を見るより明らか。
    駄ヴィンチ    »このコメントに返信
  5. これは私自身が公営ギャンブルを嫌っているのも同じなのかな・・・。
    ただ、「大変なことになる」と言ってるのは
    「もっと大変なことになれ」「もっとギャンブル依存症増えろ」「依存症の連中はもっと死ね」
    と言ってるのと同じであることを知ってほしい。
    A-R    »このコメントに返信
  6. パチンコ屋なんてそれでいいんですよ
    オモテで堂々とやろうとするからそうなる
    裏通りでひっそりと、後ろめたい思いを持ちながら隠れて遊ぶものとして存在した方がいい

    どのみちギャンブルという括りはなくならない
    脱ギャンブルと願っている人なんて現実的にほぼいないです
    射幸心を煽って極大な利益を得たい、というのがホールの本音
    プレイヤーも一緒、ちょっと攻略した気持ちで小銭を得たいだけ

    市民権を得よう、万人から支持されたい地域から愛されたいと行動していますが、本音を見透かされてるので支持なんて得られない
    後ろ暗いイメージの方がお似合い
    自分でもパチンコで遊ぶならそうして遊びたい
    キラキラ輝くアミューズメント屋では遊びたくない
    女子供に配慮する必要ないと考えます
    しょうゆ    »このコメントに返信
  7. 一万五千円は、正直悲しすぎる金額。とはいえ、これが今の日本の現実でもある。
    車を買うにしても、二百万円台が一般的であり、それも煩雑に買い換えるようなわけには行かない。
    クルマ屋もそれがわかっているから、昔のように二、三年程度で買い替え
    などといったやり方は昨今行わなくなっている。
    二百万円の車で、十年近く乗ってもらっても経営が立ち行く、そういうスタイルだ。
    ただ単に売るのではなく、メンテ等で細く長く付き合う。
    昔の販社も、こういうスタイルだった。
    だから新台入替は希にしかなく、あればとても熱かったのだが。
    しかるに、パチは未だ新台を恐ろしいペースで入れ替えているし、メーカーは
    そのペースを当たり前のように思っている。
    そのしわ寄せは、こういう月一万~三万の小遣いといったライトユーザーを直撃している。
    この短期入れ替えサイクルは、もういい加減やめにしてもらいたいものだ。
    そうすれば、多少なりともライトユーザーが遊べる程度にはなろうに。
    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  8. 改善したら売上が落ちるって思ってんでしょ。
    金もかかるだろうし。
    しかしここまで右肩下がりで落ちぶれていってんのに頑なに昔のスタイルを崩さないのも感心するけど。
    確実に時代にそぐわないんだけど「まだ」ギリギリ儲けられるからなんだろうね。
    ここまで潔く時代に逆行するなら、是非ともこのまま無策で転がり落ちて終わるのが至高だと思う。なのでこれからも何もしないでいい。まぁ何か対策をするなんて思っていないけど。
    通りすがり    »このコメントに返信
  9. 幸いなことに、タバコの煙害については
    もうすぐお上に強制的に解決してもらえるじゃないですか。

    良かったですね。
    公権力による強制があれば、
    異常な業界でもまともな振る舞いをすることが出来るようになります。

    これからも、何かやらないといけない大事なことがあったら、
    その都度お上に決めてもらって、異論を挟まずきちんと従ってくださいね。
    間違っても「業界の自主性がうんぬん」みたいな寝言は言わずに。
    oil    »このコメントに返信
  10. もっとギャンブル性を!
    に応え、射幸性を増した機械を提供。

    ホール環境で機械の音が聞こえない!
    に応え、爆音にした機械を提供。

    遊技客がいつでも喫煙できる様に灰皿付の機械を提供。

    メーカーは需要に応じて開発します。ただし、メーカー同士の競争を意識して、やり過ぎが多いですが…

    ホール様は、新規客を取り込む方針なら変革が必要でしょう。でも、既存客を逃さない方針なら変革はいらない⁈
    メイン基板    »このコメントに返信
  11. かわいそうだと言ってる奴が人生
    負け組と気付かないなんて、
    かわいそうだ。
    負け組    »このコメントに返信
  12. ネタですよね?
    外でそんな話ししないと思いますが?!
    今でも喫煙者    »このコメントに返信
  13. この一連の会話をこのように掲載すること事態が業界の方が本当にセンスがないのがわかります

    ご自分達の業界に爆音・タバコの匂い・ギャンブル性はあって当たりまえなんではないでしょうか?その上でなにができるかではないのですか


    カップルでうちに来て狭い通路の後ろでつまらなそうに待っているのがよく見られる時代になってます

    ぎゅうぎゅうに一台でも多くパチンコ台を詰めて打たせるより 台の間を広げて1台を一緒に打てる環境作りもいいのではないでしょうか?どうせ通路になってるなら2台撤去してカップル呼んでもらった方がいいです

    それだけ範囲が広ければタバコの煙も多少我慢できる距離感になってると思います

    音が大きいなら、かわいい女性向けの耳栓などを配るなどの配慮もあると思います それを促すポスターを貼ってもいいと思います

    あとはギャンブルであることの自覚を持って
    法律上の問題もあると思いますが どのくらいの金額で何時間遊べるのかを掲示、またはそこに関する店員さんのアドバイスなども良いのではないでしょうか

    一般人そのうえ家庭の苦しい家計の財布を管理しないといけない状況の方がいくら使うかわからない物を目の前にしたら そりゃ激昂します

    この遊びがいくら使うかが重要に感じてると思います

    お客さんは1回目足を踏み入れる時 パチンコ屋にクリーンさなんて求めてないんです 少しでも漫画で見たような カジノなりギャンブルの世界を感じに来てます
    一度その世界を覗きたいと思ったお客さんを逃した パチンコ屋の魅力を伝え切れなかったことを追及してください 大事なところを排除するのではなくて
    30    »このコメントに返信
  14. >業界関係者の同級生の娘さんだった。

    関係者の知人ですらこの程度。それでいて客が増えないかなとか笑える。
    フィクションはもういいから。
    ここを見ている関係者って記事は見てもレスは見ていないから
    結局「ふ~ん」で終わりなんだよな。
    適当に付き合うくらいがちょうどいいわ。
    変な奴ばっかり    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す