パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

ホールを辞めてカジノスクールに入りたい!


「出店前は月間6~7億円の売り上げ目標でしたが、途中から反応が良くて7~8億円に修正しました。お盆は人足が好調で8億に修正しましたが、このままの好結果から9億円も望めそうです」と鼻息も荒い。

これは総台数700台のホールのグランドオープン前から、グランドオープン1カ月後までを追っかけたドキュメント番組での中で、ホールの専務が語っていた言葉だ。

今から23年前の出来事だが、当時はグランドオープンといえば、夕方からの時間打ちが当たり前。初日は玉を出し過ぎて、玉が足りなくなり急きょ3時間営業のところを2時間で打ち切った。

出玉率は216%。約1000万円の売り上げに対して、ホールの赤字額は1171万円。ホールは各メーカーの営業マンには出すように指示を出すが、予定通り出なかったメーカーは、ホールから「どうなってんの!」とこっぴどく叱られた。

初日は出すことが至上命令だった。

出なかった台のメーカーの営業マンは、営業終了後、すぐに出玉が悪い台の調整に追われた。

玉を出して、出して、出しまくることが宣伝であった。赤字分は時間をかけてゆっくり回収する。これがこのホールの鉄則だった。

「ウチは顧客満足度を最優先に追求しています。売り上げ、利益は2番目、3番目なんですね。来てくださるお客様にどれだけ満足していただけるか。勝ち負けじゃなくて、ウチでパチンコすることによって少しでもリフレッシュして帰っていただく。そういう環境、雰囲気を提供することが、顧客満足度の一番の要因です」(専務)と胸を張る。

今から23年前のホール経営には余裕を感じる。もちろん、等価営業ではないから、必要以上に釘を閉める時代でもない。パチプロはいたが、軍団が押し寄せてくる時代でもなかった。出しても必ず自店に帰ってきてくれることが信じられた時代だった。

話は現在に戻る。

昨年、関西のホール企業に入社したばかりの新人くん(23)が、突然、上司に「会社を辞めてカジノスクールに入学します。今年はもう間に合わないので来年入りたいと思います」と相談を投げかけた。

「お前、ちょっと考えてみろよ。カジノディーラーの給料は知っているのか? 決して高くはないぞ。ましてや、日本で成功するかどうかも分からない。ウチの会社は安定していて大丈夫な会社だ」と引き止めた。

新人君は「給料はネット調べました。でも、カジノの方が将来性があります」と応じた。

「カジノの本場のアメリカではカジノは随分倒産している。よく考えなさい」

入社2年目の新人君の年収は300万円。一方のカジノディーラーの平均年収は560万円だ。ホール企業なら店長になれば600~800万円の年収になる。

「パチンコ屋で働いている、というのは聞こえが悪いんです。カジノで働いているというのはダサくないんです」とイメージ的なところで転職したい気持ちがあるようだ。

23年前は700台の店で1日3000万円、月商9億円、年商108億円を売り上げる夢があった。しかも、4号機も、MAX機もなく、ハネモノも当たり前に導入されていた時代にそれだけの売り上げがあった。

客層も老若男女いた。特定日もなく、当時も今も使う金額はたいして変わっていないが、勝率が悪くなったから、客足は徐々に遠のいて行った。さらなる売り上げを求め、高射幸性機と等価営業が浸透したことが原因であることは分かっていながら、それが是正できない。

ホールで働くことにプライドが持てないのはそんなところにもある。

新人君が業界に留まったか、それともカジノスクールへ行ったかは情報が入り次第またお届けする。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。








記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. カジノは、パチ屋とは比較にならないぐらい大きな金額での勝負ができる上、
    機械相手ではなく人間相手の勝負。カジノで働いているということを
    大っぴらに言えば、不正に巻き込まれるリスクが高い。
    パチ屋の店長とかも、ハニートラップとかを仕掛けられたという話は往々に聞くわけで。
    日本のパチ屋は、裏家業との繋がりを長い時間かけて切ってきたが、それでも
    狙われる人は狙われるわけで。カジノは裏家業が接触してくるリスクが
    あることを教えたほうがいい。カジノはギャンブルの場であり、大きく
    金が動くところであり、闇もすぐ隣にあるところなのだということを。
    一般ゆーざー    »このコメントに返信
    • カジノという横文字と使うから若者がかっこいいとか勘違いする。
      日本語では賭博場だ。

      賭博場で働いてます!と世間で言えばどうだ?
      若者はかっこいい仕事となるかな(笑)

      仕事にカッコいいとかどうとかいう意識の低い人間は遅かれ早かれ何れ問題になる、店は引き留めることもなかろう。

      カッコいい仕事に憧れる、歌手?プロ野球選手?特捜検事?漫画家?新幹線の運転手?
      その若いスタッフは小学校低学年ぐらいの意識レベルと見た。
      ヤング    »このコメントに返信
  2. ダサいとかダサくないとか、格好で仕事を決める子供なんて辞めて貰って結構でしょ
    雇い続ける価値はありませんよ

    それはそうと、
    新台を出しまくる営業は本文にもあるとおり20年前だから効果的だった手段です
    今は売れるうちに売る時代なので、まずはマイナス調整して利益を確保するのはアリだと思いますよ
    だいたい新台を出したところで、何処からかわいてきたプーが占拠するだけで、そのプーも新装にしか来ないんですから、
    数週遅れでプラスにして常連さんに楽しんで貰えば良いのでは
    サラリーマン    »このコメントに返信
  3. 4号機は1992年なので26年前です。
    23年前のパチンコといえば黄門ちゃまなどの全盛期ですね
    1/400程度の台がメインでしたし、
    ヘソの昇給が無い権利物もいっぱいありましたよ
    パチンコにかつての活気を取り戻して欲しい一ファン    »このコメントに返信
  4. ホールに残るか、カジノか。
    この二択なら、後者でしょう。今後どうなるか分からないのはどちらも同じかもしれないけど、少なくても前者よりは可能性はある。
    相変わらず    »このコメントに返信
  5. そらそうだ
    こんなに若ければ将来性が高い方に行くに決まっている
    ただもっとほかの選択肢もあろうに何でカジノなんだか分らんがね
    大体嘘に嘘を塗りたくった商売がパチンコ屋
    これはもう逃れられない事実だしホールもメーカーも規制の穴を突いてドヤ顔商売している。言い方変えれば危険ドラッグとそう変わらない
    格好が良い悪いは別として良いイメージが無いのは誰もが認める事だし堂々と知人や家族に言えるというわけでもない

    イメージを変えたければ店舗を郊外だけにする事や営業時間の超短縮、店舗の削減、音やタバコの問題、換金の透明性、定休日の制定、釘の問題、取材イベントなどの禁止など片づけなければいけない問題が山のようにある。
    釘の調整だって完全な違法行為
    つまり違法行為をしている店で働いているという事になれば犯罪者の1人に加わることになる。

    そういう状況で働く、働き続けるメリットがあるのかと言えばNOだろう。

    偉そうにふんぞり返って待ちたまえなんて言ってる前にもっと他に労働改善やイメージの改善をする必要性があると思うがこのホールはダメだろう。社員を大事にしてるようにも見えないし未来があるようには見えない
    糞の所業    »このコメントに返信
  6. どんな形であれ
    夢を追うのを止める気はないですが
    よほどの大型の優良店舗さんなのでしょうかね
       »このコメントに返信
  7. カジノとパチンコを比較してカジノの方が裏稼業が接近してくる闇が深いとか言ってるパチンコ信者さんとか頭大丈夫っすか?

    不正改造、違法釘調整、設定浪費etc現在進行形で闇しかないパチンコなのにまだ何にも闇なんか出てもないカジノを乏しめて健全アピールとかやる事が幼稚過ぎるだろ

    近い将来ドン底お先真っ暗で絶望しかないパチンコを見限ってこれから始まるカジノに向かうのは間違ってはないよ
    それに社会的イメージで言えば、パチンコ店員というのは現実として低いのは事実だからね

    間違いなく言えることは、若いパチンコ店員は真剣に転職を考えて実行していかないといけない時期に来てるってこと
    パチンコ業界と一緒に沈没しないようにね
    カツ丼    »このコメントに返信
  8. 日本にいると「カジノで働く」ということが想像しにくいのかも。パチンコと等しくイメージ悪いですけどね。
    将来性も今の段階ではあまり感じない……それこそパチンコのグランドオープンと同じで最初は勢いあると思いますが。


    今後数年はお偉いさんがカジノのイメージアップに躍起になって代理店に巨額をぶち込むでしょうから、芸能人軍団を引き連れてカジノで遊ぶような企画がずらっと並びそうですよね。そんなのを見てカジノで働きたいと思う人はもっと増えそうかな?
    はい    »このコメントに返信
  9. まいどまいど不思議なんだが、確かに店長になれば給料は高くなるよ、仕事に見合ってるかは分からんが。でも店が減り続けている今、単純に店が減って店長のイスが減り続けているのに「店長になれば~」という説得力は段々と真実味が無くなってきてるのでは?そりゃ離職率も高いから、ずっと続けていりゃ店長になれるかもしれんが。
    三番    »このコメントに返信
  10. こんなバカは相手にする必要はないし、
    とっとと切ればいいと思うけど、
    こんなバカにさえ馬鹿にされている業界は、
    少し対策を考えておいたほうがいい。
    通り過ぎた    »このコメントに返信
  11. カジノなんて期待しても無駄です。日本のパチンコ客を狙ってるのかもしれませんがパチンコ客の大部分はカジノに通えるだけの余裕はないでしょう。なんだかんだ言ってもパチンコは人気があるのでパチンコがある日本ではカジノは流行らないでしょう。
    パチンコはカジノに負けない    »このコメントに返信
  12. 当時はグランドオープンといえば、夕方からの時間打ちが当たり前。

    そうそう17時半とか18時オープンだったよね
    それで20時くらいにはもう閉店するの
    ずいぶん早く店を閉めるんだねー
    なぜなら出玉を出し過ぎちゃったから
    ( T_T)\(^-^ )
    我々お客側の立場からしてもまず負けるなんて事はありえなかった
    万が一負ける様なら恥ずかしくて誰にも言えないレベルだったよね
    新台を吟味していかに効率良く立ち回れるのか開店前の並びからすでに勝負が始まっていたんだ
    (*∩∀∩*)ワクワク♪
    時給換算にしたら1万5千円から2万円くらいだったかな
    いやもっとだったかも
    d(*ゝωб*)ふぁいとぉ~☆
    今の新装開店に昔日の面影はない
    。゚゜。えー(⊃´Д`⊂)ーん。゜゚。





    Back On The Chain Gang♫


    チャオ!
    宗ちゃんパチ&スロかもねかもねそうかもね歴39年(`・ω・´)    »このコメントに返信
  13. カジノに行ったことのないギャンブル依存者はたくさんいます。
    カジノが流行らないと決めつけるのは早計でしょう。
    ただまぁ金額的にも場所的にも誰でも気軽に行ける場所ではないのは確か。
    場所のハードルが低い人間でパチンコ依存、またはギャンブル依存でカジノ未経験者はあぶないかもしれません。


    記事の若者に対しては、カジノはパチンコと比べれば未来は明るいし不正やイカサマも少ない。
    この業界に身を置くくらいならカジノ方面へ転身したほうが間違いなくいいでしょう。
    名無し    »このコメントに返信
  14. 建前的には外人向けがメインだし、英語や中国語が必要になりそうだが、元パチ屋の店員にできるのかね?だったら海外カジノの経験者雇うだろう。ピット監視者なんて素人には勤まらんし。
    名無    »このコメントに返信
    • 韓国のカジノには、近隣の日本人が沢山来るので日本語に対応している人も沢山いますよ。なので韓国語も入れてあげて下さい(笑)

      パチンコ屋店員をしていた様な人間が英語を使えるとは、思えませんが頑張って語学勉強して下さいね。
      パチンコは、オワコン    »このコメントに返信
  15. 〇パチンコ店で働きながらスクールに通う。
    〇他業種に転職してスクールに通う。
    〇無職になってスクールに通う。

    出来るのもまだまだ先ですしねぇ・・
    カジノで働きたい!で簡単に入社?できるものなのでしょうか?
    まんねん。    »このコメントに返信
  16. カジノディーラーの養成学校(笑)
    なんでもカジノディーラーの養成学校に行ってもほぼカジノディーラーになんてなれないらしいですね。
    超優秀者の上位一部分だけなれるかも…レベルらしいじゃないですか。
    今日の男に才能があれば良いですね(笑)
    よくて麻雀屋の店員かまたパチンコ屋に戻ってくるから温かく送り出してあげて下さい。
    カジノ内の接客担当にすらなれないレベルでしょう。
    サファイア色に輝く通行人    »このコメントに返信
  17. カジノで働いてみたいですね
    お給料が気になる
    774    »このコメントに返信
コメントする

サファイア色に輝く通行人 にコメントする コメントをキャンセル