パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

4円で客もホールもおカネがかからないパチンコ台が業界復活のカギ


4号機全盛時代、余りの爆裂性から強制撤去になった対象機を東北・宮城のホールオーナーは頑なに自店には導入しなかった。

「ああいう機械は業界にあってはならない。どうしても使いたいというなら他の会社へ行ってくれ」と店長の要望も聞き入れなかった。

店を預かる店長にすれば、売り上げが上がり、利益も取れる機械は、ノルマを達成するには必要不可欠だ。そのためだけに、爆裂機を導入したがる店長たちをオーナーは叱った。

「お客さんが減り続けている理由は、おカネがかかり過ぎるようになって通えなくなった。メーカーの営業マンもホールの店長も、そんなに給料をもらっていないので、打てない。自分たちがやれないものを提供し続けているのだから、減るのは当たり前」

業界全体の売り上げが下がり始めると、メーカーはホールの要望に答える形でスタートの賞球個数を7個、6個、5個、4個、3個と落としながら売る上げの不足分を補っていった。

「業界はヘビーユーザーばかりを見てきた。ヘビーユーザーが喜ぶ射幸性の高い機械ばかりを開発してきたが、そのヘビーユーザーも減り続けている。離れて行ったお客さんのことは誰も見ていない。実は繁盛店こそが一番お客さんを減らしている」

繁盛店がお客さんを減らしているとはちょっと理解しがたい。どういうことなのか?

「稼働の良かった日のお客さんの顔ぶれを見て見なさい。普段とはまったく違う顔ぶればかりで、本当のお客さんを食いつぶす商売をしていたら、お客さんはいなくなる。業界から離れた2000万人のお客さんを呼び戻すには、業界がいいという機械の延長線上で呼び戻すことはできない」と断言する。

このオーナーはある日、日工組の幹部と会った。そこで幹部からこんな話を聞かされた。

「久しぶりにパチンコしたけど、パチンコがえらいことになっている。ホールさんは大変だな」

メーカーのトップはホールに出向いてパチンコを打つこともしなくなっているので、まるで他人事。

オーナーはメーカーのトップにこう要求した。

「開発が自分の小遣いの範囲で遊べるものを作らないとダメです。もっとも、売り上げが上がる機械を要求したのはわれわれホール側ですが、4円でおカネを使わない機械を作って下さい」

低貸し営業が今や主流になっているが、低貸し営業を喜んでやっているホールオーナーは誰もいない。緊急避難措置として低貸しをやっているだけだ。その低貸しですら目的と手段を履き違え、回らないのでどんどん面白くなくなっている。

「短時間で消費金額がかかる遊びを今の若者がやるわけがない。演出過多でしかも演出は裏切ることばかり。止め時を与えず、ずっと打たせようとする機械作りでは未来がない。ただ、おカネも時間もあり、遊びたい中高年はもっと分かりやすく、消費金額がかからない機械にすれば呼び戻せる」

4円でおカネのかからないパチンコ台とはちょいパチとも違う。お客もホールもおカネのかからない台のことだ。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. そういうコンセプトで始動口の賞球数が10のデジテンが開発されましたが、ホールからも客からも評価は芳しくないまま消えていったと記憶しています。

    通りがかり    »このコメントに返信
  2. スタートチャッカーと電チューへ入賞した時の払い出し個数が7発(一部の権利台やアレパチは除く)~初期のCR機だった頃のパチンコホールがいちばん活気があってパチンコ遊技人も多かったのに、どうしてその頃のパチンコに戻さないのか?

    ラウンド数振り分けも禁止にして、15ラウンドのみにすればいい。

    「スタートチャッカーを10個戻しとか、払い出し個数を増やした機種はことごとく不人気でヒットした機種が無い。」
    とおっしゃる方々がおられますが、
    ここ数年間に発売されて不人気だったデジテン等のスタートチャッカ10個戻しのパチンコは、10個戻しだから不人気だった訳では無くて、そのパチンコ機種のゲーム性そのものが非常につまらない上に、ホールがガチガチに釘を絞めて回さなかったからだと思います。

    イケロン    »このコメントに返信
    • その論理では、賞球数の多い機種は他の機種よりもゲーム性が低く釘調整が悪かったということになりますが、少なくともゲーム性に大きい違いがあったとは言えません。
      確かにボーダーラインは高かったですが、それはかつての7発返しの機種でも同じですし、3発返しの機種と同じボーダーラインではスタートに入賞しにくいゲージにしなければ店舗は釘曲げ無しに営業できなくなります。

      通りがかり    »このコメントに返信
  3. こういうオーナーの方が少数なのでしょう。
    言っている事は、まさにその通りなんだけどメーカーが変わるとは思えませんね。残念ながら。

    しょせん他人事なんでしょうメーカーは    »このコメントに返信
  4. かなり珍しいタイプの少数派のオーナーだね
    客目線を常に維持してホール経営をしていくというのは容易ではない。
    稼働の良い日というのは特定日やイベントの事だろう。インターネットの普及と企画会社の取材と称したイベントの所為で余計に常連を食いつぶす酷い営業形態が浸透している。
    元々還元という意味でイベントだったはずでそれは土日や大型連休や新装開店から3日程度だった。いつも遊びに来てくれる年配の常連やたまに仕事終わりや休みの時に来てくれるサラリーマンなんかが相手の商売だった。

    まずはイベントと特定日という裏で動いてる事を片づけないとダメだろう。それにはまず大手の悪行を公にする必要がある。

    お花畑か    »このコメントに返信
  5. デジテンは個人的にはいいシステムだったと思いますよ。まあ、店の調整がデジサンみたいになってたので、1度も打ったことはありませんが(笑)。
    シンプルな遊びやすい台は流行らないとか言われますが、流行らせない様に調整してるからだろうと思います。

    リニ    »このコメントに返信
  6. もうさ、いまは1円が主流の時代になっちゃったんだよ。
    新規の客もなかなか望めないんだから、
    現状の1円の客を4円に引き上げることを考えるべきかと。
    そのためには、まず1円できちんと出すことじゃないのかな。
    1円でさえ出ないのに、4円なんて打つわけないでしょ。
    出さないけど客はほしいなんて甘すぎるわ。

    通り    »このコメントに返信
    • いや、逆に全国一斉に1円コーナーを誰が見ても分かるようにカッチガチに絞めて、4円コーナーの方には甘い釘の台をたくさん設置するようにした方が、
      むしろ効果的では??

      イケロン    »このコメントに返信
      • 低貸をガチガチに絞めれば、低貸客は、4円に戻るのではなくパチンコを止めるだけ。
        その結果は、店内閑古鳥で4円もガチガチそして廃業、と思う。

        通りすがり    »このコメントに返信
        • そうなるとやっぱり最後の手段としては、全国統一で最低玉貸し金額を1円から1.5円
          そして1~2年後には1.5円から2円、また1~2年後には2円から3円、また1~2年後には3円から4円というような感じで、5年から6年くらいの時間を掛けて4円パチンコだけの状態に戻していくしか方法は無いのかな?

          イケロン    »このコメントに返信
          • 何故低貸を廃止したいのか判りませんが、
            前にも言いましたが、順次にせよ低貸を廃止すれは、それに応じて客が減り店が廃業するだけと思う。
            現在は全国で一万軒弱ですが、4円オンリーになれば三千軒位に減ると思う。
            まあ、ボッタ店が淘汰され、パチンコ業界が適正規模になる意味では有意義かも?

            通りすがり  
      • 4円で還元率を上げると店舗の損失も1円の4倍になるうえ、既に4円の客が極端に減っている状態では一般客に浸透する前に情報に長けたプロ集団が大挙して訪れて店が限界になるまで占拠する可能性が非常に高いと言えます。

        通りがかり    »このコメントに返信
        • その点につきましては、かなり昔にコメント欄に投稿をいたしましたが、
          釘調整を行う際に2本の命釘の幅の開け絞めだけで行ってしまうから朝イチから来店するパチプロやセミプロに良く回る台を押さえられてしまうわけで、

          いわゆる「だまし釘」と呼ばれている、ヘソの2本の命釘は大きく開いていても思ったようには回らなかったり、逆2本の命釘は平行で全然開いていないのにも拘らず良く回ったりとか、

          そういうプロの思惑を逆手取れるような釘調整の技術を勉強してこなかった店側が悪いのだから、
          ハッキリ言って自業自得だと思います。

          それからあと一つ付け加えれば、
          釘を開ける時には同一機種横並びで一列全台の釘を開けるパチンコホールは頭がおかしいのではないかと思います。

          まさにパチプロの思う壺ですよwww

          イケロン    »このコメントに返信
  7. 「止め時を与えず、ずっと打たせようとする機械作り」、いや全くその通り。

    しかし、こういった一部の人間を除いて、ほとんどの経営者や幹部が当事者意識がないのが怖いねぇ。

    三番    »このコメントに返信
  8. UFOキャッチャーとかもそうだけど、「取れそうで取れない調整」が大事。
    取れすぎたら商売にならないし、かといって誰が見ても取れなさそうな設定では客はつかない。
    パチンコも「出す」必要はないけど「出そう」と思わせる事は必要。そして今の業界にはそれが欠けている。

    K    »このコメントに返信
  9. このオーナーはパチンコ営業とは何かということを知っておられる数少ないお一人だ。
    昨日の記事はお客さんから見たパチンコの存在意義でした。
    本日は目先の利益だけに飛びつかなかった営業者側から見たパチンコというものの役割と存在意義を示しています。
    今日と昨日の記事とを拝見しますと提供者と利用者とは同じ方向を向いていることがわかります。
    同じ方向をなのに問題解決できない?!!
    何故、利用者(パチンコファン)が減ったかですが、やはり射幸性の高い台で客を煽って短期間で大きな利益を得ようとするホールとそれに乗り遅れまいと追随するホールが大方を占めるようになった。
    同じくこれがホールが求めていることだし台を売るために許可制度(検定)を逸脱した賭博性の高い台を市場にバラまいてきたメーカーに大きな責任がある。
    肝心の利用者であるお客のことをサッパリ置き去りした結果である。
    小遣い銭で遊べる大衆娯楽のはずが5万10万が簡単に消えるのが当たり前のようになったことで、娯楽というより賭博になった。
    商売というのはお客様があってはじめてそれを営むことが出来る。
    何時までもお客さんを飛ばしてきた旧基準機にしがみ付くのでなく射幸性の抑制された新基準機に全台入れ替えることです。

    ヨッシー    »このコメントに返信
  10. 皆さんデジテンの話するのかなと思ったが
    やっぱり何人か例に挙げられてたね。
    同じ時期に三共からも同じようなシリーズ
    出てたよね。コンセプトは良かったのに店が殺したでしょ。全然回らなかったよ。

    さっさと全台新基準機に入れ替えろという
    意見には賛成だね。旧基準機あったら
    そっち打つんだから新基準機の稼働は
    つかないよねそりゃ。
    てことは射幸性を求めてるお客さんのほうが
    多いのかなやっぱり。

    業界人    »このコメントに返信
  11. 射幸性の問題は、今なお旧基準機にしがみついてる店も悪いが明らかに低設定のバジリスク絆とかでも高い稼働をしてるので客も悪い。店も客も悪いので何も改善しない。規制頼み。

    沖どき!    »このコメントに返信
  12. デジテンが出た時代は他に爆裂スペックがあったから流行らなかったという点が大きかったと思う。
    だってさ、玉持ちが多少甘くなるだけで当たった時のことを考えると他の爆裂機のほうを選ぶ人が多いのは必然。しかもホールはデジテンを甘くなんて使わなかったから玉持ちだって大差なかったしね。
    今みたいな規制で他も辛いスペックばかりならまた違う印象になるかと。

    ゲーム性が面白くなかったって言ってる人いるけどデジテン特有のゲーム性なんてありましたっけ?
    北斗とマクロスのヘソ賞球おおいやつやったことあるけどゲーム性に違いなんてなかったような…。

    通りすがり    »このコメントに返信
  13. 射幸性がどうとか言ってるけどAT機や319
    のパチンコのどこが高射幸性の台なの?

    あと、別に出玉が荒くてもマイルドでも
    出玉率は大差ないかむしろ、荒い機種の
    ほうが甘いんだけどな

    負け組養分には理解できないんだろうけど

    勝ち組    »このコメントに返信
  14. 誰もATや319が高射幸性なんて言ってなくね?
    むしろ逆でしょ。
    旧基準機の射幸性の高さが客離れに繋がったんだろ。

    ぱちんこふぁん    »このコメントに返信
  15. 10年前の半分の期待値になって足を洗った人は勝ち組。
    つぶしが聞かず未だにしがみついてるのが負け組。

    ラララ    »このコメントに返信
  16. ゲームセンターで一回(一日)に使うお金の10倍程度が、パチンコには適正レベルと思います。今は100倍にまで膨れ上がってしまったので、初心者や若者にとって入口のハードルが高すぎです。勝っても負けても1万円程度、こんな感じのパチンコは戻ってこないのでしょうかね・・

       »このコメントに返信
  17. 射幸性とギャンブル性は違うんだが、どうも混同されていることが多い。
    射幸性が高いと言うときローリスク&ハイリターンは成立するが、このときギャンブル性は低い。
    ギャンブル性が高いと言うならハイリスク&ハイリターンを指す。

    射幸性は射幸心=「楽して金儲けしたい」「遊びながら稼ぎたい」って気持ちを煽るもののことだ。日本一の高射幸性を誇るのは各種ジャンボ宝くじに他ならない。

    はい    »このコメントに返信
  18. 4円でもホールもお客も金かからないパチンコ台なんか存在するわけがないと思います。このオーナーは偽善者だね この腐った業界から何も説得力ありませんむしろまた詐欺かよって思っちゃいます とにかく現在のパチンコ屋なんか信じてる人なんか皆無ですよ 自分達の儲けにしか興味ない金の亡者が綺麗事言わないで下さいって感じです。ヘドが出る

    北海の期待値スロッター    »このコメントに返信
  19. だからと言って
    コスモパニックでは打たないんですよね
    遊べてワクワクするような
    羽根がいろいろあればね

       »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す