パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

ドキュメント72時間が宮城のまるたま石巻店を密着


NHKのドキュメント72時間が宮城・東松島市の「まるたま石巻店」を舞台に72時間の密着取材を敢行した。題して「1円パチンコに哀歓あり」。




取材したのはゴールデンウィーク終盤の5月5日から8日まで。書き入れ時から平日営業の稼働までを垣間見ることもできる。

初日はGWということで朝から高稼働ぶりがうかがえる。NHKからマイクを向けられ逃げる客も少なくない。

ある客から「取材目的は何なの?」と聞かれるが、NHKも正直分からないのでホールに飛び込んだ。

インタビューに答えてくれたのは中高年が多い。70代の女性は先週まで入院していて、また来週入院するので「今のうちに思う存分楽しみたい」と笑顔で答える。

NHKスタッフは普段パチンコをやったことのない人ばかりのようで、店の奥にある快適な休憩所に驚く。休憩所にいた70代の主婦は孫も大きくなっておばあちゃん離れをして、用事がないときは休憩所に来て血圧を測ったり、知恵の輪をやったり、時にはパチンコも打つ。

「編み物が趣味だったけど、子供が大きくなり着てくれなくなった」

時間を持て余しているのでここに来ている。

パチンコは近所の人には内緒で打っているという60代の主婦は顔出しでインタビューに答える。

「ゴールデンウィークで出さないから悲惨よ。でも、血がみなぎる。パチンコは無駄なことをしていて後ろめたさがあるので内緒でやっている。(パチンカーに対して)世間の目は厳しい。15年一緒に暮らしたワンコが死んだときは泣きながらやった。一瞬でも忘れるから」

黒いワンピースを身にまとった70代の女性は元スナックママで、今は介護の仕事に就いている。仕事が終わると着替えてオシャレしてからホールに来る。

「台がきれいだから来る。パチンコが人生じゃ寂しいかも知れないけど、私はそれでもいい」とキッパリ。

閉店1時間前の午後10時にやってきたのは、30代のシングルファザーだった。子供が9カ月の時に離婚。以来男手一つで障害のある子を育て現在は中学2年生。子供は9時前には寝る。1日の仕事と家事を終えてやって来られる時間が閉店1時間前だ。

「唯一の楽しみ。無になれる」と1時間だけ楽しんで帰る。

2日目は5月6日。連休最終日。この石巻地区は、土日は午前7時開店の店が多い。

きっかけは東日本大震災だった。

「仮設に入って人が多く、プライバシーもなかった。朝からパチンコをしたいという声を聞いて7時開店になりました」(ホール関係者)

土日は7時開店が定着している。

64歳の男性は津波に全部流され、震災当時は大きなストレスを抱えた。

「ここに入れば色んなことを忘れることができる」

取材者から「うるさくないですか?」と聞かれる。

パチンコをしたことのない人からするとそう感じるが「うるさい音がいい。何も音がないと色々なことを考えてしまう。逆に落ち着く」

33歳の建築関係者は4号機の時代からホールに通っている。

「震災後はパチンコ屋の風当たりを強く感じるようになった。被災地だからと言ってパチンコをしちゃダメじゃない。あの日から時間は経っていて、そのままじゃない。被災地でパチンコをしている人たちも、あの日から普通に戻った感じ。今が普通」

取材3日目、5月7日は連休明けの月曜日。平日の朝一ともなればさすがに客も少ない。

70歳の男性は婿養子。

「本当は休みだけど、家には仕事だからと言って出てきた。休みの日は家にいても婿養子なので自分の居場所がない。7年目で復興住宅に入れる。70歳でスタートを切れるのもいい」

パートタイマーの主婦は55歳。

「2~3日来ないだけで、スタッフに心配されるんですよ。スタッフと休みが合えば、一緒にランチも行きます。ここは出会いに満ちていることに気づきました」

5月8日、取材最終日。

「2000円あれば、コメ5キロが買えるのに」とサンドにおカネを突っ込む女性や「人生を生きていくためには、楽しいことをやらないと生きてきた甲斐がない」とやる気満々の75歳男性、時化で3日間も漁に出ていない31歳の漁師らのインタビューで番組のエンディングテーマが流れ始める。

パチンコに求めるのは人それぞれ違う。もちろん勝ちたいから来る人もいるが、家で居場所のない人や一仕事終えての息抜き、苦しいことを忘れるためなど、パチンコの存在理由を知らしめてくれた。

最近はパチンコと言えばネガティブ報道しかないが、パチンコをやらない人がこの番組を観てどう感じたか? 自分の目には、まるたまが地域から必要とされている場所であることが伝わってきた。さすがに高射幸性を否定してきた竹田社長のホールだ。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 人生の楽しみ方は人それぞれで、どのように生きようが本来自由であり、
    他者がそれを否定するのは傲慢である。
    が、中には人が楽しんでいる姿がいらつくという不憫な人もいるし、
    歪んだ正義感でこれは悪だから許せない、正義はわれに有りとばかりに
    自分に酔う人もいる。
    まあ、こういったことも、その人の人生の楽しみ方なのだろうが。
    自分としては、他者の楽しみにケチをつけるような楽しみは持ちたくないですねぇ。

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  2. 人生色々あるけど・・・
    こういうのどかな雰囲気のパチ屋を蹴散らしていってるのが
    大手ではないのでしょうか?
    自分達が自分達の漁場を壊している?
    なんらかの協定も必要では?

    ベン    »このコメントに返信
  3. ぱちんこをやらない人はそもそも興味がない人が多いので視聴はしていないのではと思う。
    打たない人が偶々観たならば特に何も思わないのではないでしょうか。

    Twitterでも「視た」という人は業界関係者が多いように感じました。

    123    »このコメントに返信
  4. いこいという名のホールが
    また消えていく中で
    こういうのも
    また良いですね

       »このコメントに返信
  5. ただ単に楽しみたい。。。

    そんなささやかな思いに対し、メーカーは高射幸性のギャンブル機をこれでもかとねじ込み、ホールは全ての釘を絞め上げ、低設定のオンパレードでこれに答えた。

    業界は拝金主義に溺れ、そして楽しみたいだけの客は行き場を失った。

    何と業界の罪深いことか。

    現役ヘビースモーカー    »このコメントに返信
  6. アンチのパチンコバッシングが多い中、こういうパチンコの意義、役割をお客さん目線で発信するのはいいですね。
    記事の中で“無”になれるという言葉がありますが、たしかにパチンコにはそういう側面はあります。

    ヨッシー    »このコメントに返信
  7. 無になることで、オウムの洗脳が解けたっていう方いらっしゃいましたね。
    飲食店や他の業界も同じですが、大手と中小、店のカラーが違うからユーサーが選択できて良い環境だと思います。
    選べる自由、好みは人それぞれ、色々な特色を出して頑張って下さい!!

    1.79.89.216    »このコメントに返信
  8. これは良い番組だと思った
    こういう楽しみ方なら大アリではないでしょうか
    アンチ言ってる人居るけどこういうパチンコの側面まで叩いてる人は滅多に居ないんじゃ

    7743    »このコメントに返信
  9. これが大手御三家辺り、もしくは4パチなら、また違ったイメージを持つかもしれませんね。

    三番    »このコメントに返信
  10. 人は何の為に生きているか

    総理大臣だろうがヤクザだろうが幸せになる事。
    方法や過程は違っても、最終的に目指すのは全員そこだと思います。楽しむというのはその為の条件の内の一つであり、それを提供出来る仕事は素敵だと思います。
    薄利多売でお願いします!

    カニミソ    »このコメントに返信
  11. 先月宮城行ったのに~

    この事知ってたら石巻も寄ったのに~

    残念~(;つД`)

    リバティコンチ    »このコメントに返信
  12. 個人的にはパチンコは日本では受け入れられていると思う。それもギャンブル好きな日本人の国民性でしょう。しかしながらギャンブルだと身を滅ぼす人が出てくるので文中のように低貸しメインにして娯楽の範囲におさめるべきでしょう。

    ギャンブル依存症    »このコメントに返信
  13. 15年一緒に暮らしたワンコが死んだときは泣きながらやった。一瞬でも忘れるから

    この気持ちがもの凄く良く分かります
    宗ちゃんも家に猫がいて16年生きたけど死んじゃった時は半年くらい毎日思い出す度に泣いてた
    (’・ω・`)
    車運転しながら泣いた
    電車乗ってても泣いた
    歩いていても泣いた
    ご飯食べてる時も泣いた
    そしてパチンコ打ってる最中でも泣いた
    今このコメント書いてる途中でもやっぱり泣けてくる
    あぁ胸が張り裂けそう・・・




    さて本題
    僕もこんな風なパチンコ店経営してみたい
    しかも客層はお年寄りのみ限定
    憩いの場所を提供させていただきたいんだよね
    そしてお一人様あたり1日500円だけ頂戴させてもらう
    40玉に7枚交換で波が穏やかな機械ばかりなら
    薄利で営業って可能なのかしら?
    300台クラスの店を朝からお客さんで満タンにしたいのよね
    ワーイε=ヾ(*・∀・)/



    Goodbye to Romance♬

    チャオ!

    宗ちゃんパチ&スロかもねかもねそうかもね歴39年(`・ω・´)    »このコメントに返信
  14. 働き方改革による残業削減によって、フラリーマン化する人が増加中なんだとか。
    「フラリーマン」とは、仕事を終えて会社を出た後、ふらふらと飲食店や娯楽施設などに寄り道してから帰路につくサラリーマンのことを言うらしいです。

    その人の行動は、周囲から見れば理解に苦しむ行動かも。ですが、本人にとってはそれなりの意味を持つ価値ある過ごし方なんです。

    周囲からは浪費だと言われ、本人は消費だと言う。場合によっては投資だと言う人もいるわけですよ。

    メイン基板    »このコメントに返信
  15. レジャーとしてのパチンコの原点、本来の役割を果たしているのだと思います。
    ちなみにこちらのお店は、新台入替は地域で最も少ないながら、稼働率が最も高いですよ。

    飛燕    »このコメントに返信
  16. パチンコの文句を言うひとはパチンコで財産すり減らした人だけ。
    自分の事は棚にあげて店だけを攻撃するという単細胞そのまま。

    くすくすっ    »このコメントに返信
  17. それだけに、お客さんを大事にして。勝たせろとはいわない。遊ばして。

    最初で最後    »このコメントに返信
  18. >123さん
    72時間ヘビー視聴者ですが、いろんなジャンルにチャレンジしてる番組です。

    継続して見ていると見聞が広がる。
    名古屋の喫茶店、根室のコンビニ、鳥栖のトラック、都内のコスプレ、フィリピン、とんかつ.携帯etc
    その中のパチンコ。
    他業種、一般の方の見聞が広がり業界にプラスに働いてくれることを祈ります。
    間口が広がるタイミングです。

    視聴者    »このコメントに返信
  19. 今回は、被災地で1円パチンコだからこそ、微笑ましい、どこか心温まるような内容になったのでは。これが、イベントで何百人も並ぶようなお店を撮影してたらどうだったのでしょう。それはそれで面白いとは思うんですけど、取材される側が少なすぎて番組として成立しなかったかもしれないですかね。私がパチンコ業界で働きたかった理由に、番組でもあったようなお客の笑顔がありました。出してもいいっていうオーナーの開店立ち会いで、がっつり開けて、回って、お客が当たったときの笑顔。ちょっとはまって心配になってきたとこで当たる。見ているこちらも、なんともうれしい気持ちになったものです。けど、時代がどんどん進むごとに出さなくなり、初日からボーダー前後かやや回収ってことが当たり前に。開店立ち会いしてても楽しくなかったですね。まぁ40個の時代と等価ではかなり違いはありましたけど。業界を去ってもう10年近く経ちました。子育てが終わるまではパチンコなんてやってられないです。私の場合に限って言えば、パチンコ業界を辞めて、パチンコも辞めてから、お金の価値を実感することができました。今があるし、これからがあるからこそ、パチンコをやらないです。私の場合はですよ。60才後半くらいになったら、またやるかもしれないですけど、その頃パチンコはどうなってるでしょうね。少額で、長く遊べるパチンコになっていて欲しいです。そんなこと考えてるってことは、私のパチンコ依存症は治ってはいないんだなと思います。依存症は完治なんてないですから。まぁそれも良しですけどね。

    元業界人    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す