パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

マルキン応援歌上巻


こんにちは。元店長です。
パチンコ日報の寄稿は約450本くらいになりますかね。
もう時代的に古くなった記事もあり、役に立たない記事もあるでしょうが、
それでも全てご高覧頂いている業界人もいます。

私が一貫して書いているのは、
①ホール運営は【合わせ技で成績を上げる】
②ホール運営は【ホールの数だけ対策がある】
と言うことです。

特に①は、ホール運営の基本です。
寄稿では曖昧な内容も多々ありますが、あとは貴方のホールに合った合わせ技を作って下さいと言うことなんですね。

よく聞かれるのは、
元店長さんはどんなホールでも稼働は上げられますか?
答えは基本的には、上げる自信はありますよ、と。

私は業界人向けに寄稿するのが基本スタイルですが、
パチンコ日報の読者にはお客様もいますから、簡単に次のようにお知らせしますね。

⑴パチンコホールは、
稼働が高いホールより、
稼働低いホールの方が利益が高いケースが多々あると言うことです。

⑵パチンコホールは、
目に見えない商品を売ってるのです。

つまり、小売業の場合は、
客数が高いと売り上げも粗利も増えますが、パチンコホールの場合は、客数が低い場合でも利益が高いケースがあるのです。

以上は業界人の常識でもあります。

このパチンコホールは、お客様が大勢いるなぁ〜きっと儲かってるんだろう、と思うのが一般の方の感想です。

しかし、パチンコホールでは目に見えない商品を売ってますから、一般の方が思うことの逆が起きているケースもあります。

お客様が大勢いると、それだけランニングコストもかかる。
お客様の目に見えないコストもあるんですね。
稼働が半分のホールの方が利益が高いなんてことも。

だからパチンコホールでは、利益を重視するのです。

基本的にホール運営は、
❶粗利益重視
❷稼働重視
この2点に分かれます。
優良ホールの場合は、❶❷共に重視しております。

いま、お客様の皆様が通われているホールの運営方針は、
❶ですか?
❷ですが?
❶❷両方ですか?

❶❷❸を考えるだけでもお客様の勝率は変わりますよ。

さて、これからが本題になります。

東京の多摩地区に、優良ホールがあります。中央線武蔵小金井駅の北口からすぐに、ダイヤモンド本店があります。

実はマイホールで、38年通っております。
間違いなく超優良ホールです。
低貸し営業は、少数のスロットが5スロ営業してますが、基本的には4パチと20スロです。
特筆すべき点は、パチンコは4円しかないのに、地域一番店を守り続けています。

私の幼なじみや同級生と今でもダイヤモンド本店でバッタリ会います。この意味、わかりますよね。
そうなんですよ、ダイヤモンド本店には、超がつく固定客が非常に多いのです。
となりにグランドオープンするパチンコホールが出来ても浮気しないお客様を大勢抱えているホールなんです。

先月25日に、ダイヤモンド本店のとなりに3社目になるホールがグランドオープンしました。
つまり、ダイヤモンド本店は、過去2回、隣のグランドオープンを追い払ってるんです。

そして、今回はグランドオープン2週間で勝敗が決まってしまいました。

お客様の数では、トリプルスコアでダイヤモンド本店に軍配が上がっております。

ダイヤモンド本店の隣にオープンしたのは、千葉に地盤があるマルキンです。
これは想像ですが、マルキンは、こんな筈ではなかった、と感じているでしょう。
今後の対策を練っているはずです。

次回はマルキン応援歌とも言うべき寄稿をしたいと思います。

つづく

人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. ダイヤモンド本店はオーナーが大地主で自分の土地だから競争に強いだけでしょ

    黄身の名は    »このコメントに返信
  2. ドコにいっても、交換率は一緒。
    どこに行っても同じような台に、同じような回り。
    昔は、その店にしか無いような面白い台いっぱいあったんだけどな~。
    固定する店どころか、打てる(遊べる)店がない。

    やめたも同然    »このコメントに返信
  3. 4、5年前に隣が新規オープンした時、打ちに行きました。

    新規オープン初日でもダイヤモンドには常連さんらしき人が開店待ちしてたのを覚えてます。

    まだ等価の時代で、それでも両店とも1週間程出してましたね。結果は記事にある通りです。

    123    »このコメントに返信
  4. 久しぶりの元店長さんの記事ですが、やはり超優良店は固定客もつき客のいる店は客を呼ぶものですね。

    やめたも同然さんの言うとおり一部を除いてほとんどの店で同じような台ばかりですがメインと言われる機種構成は昔から(手打ちとかではなく、3、4号機レベルですが)どこと同じような機種おいてたものですよね。
    でも店の違いを感じて通っていた気がします。

    ダイヤモンド本店は行ったことがないですが、興味をそそられますね。

    おう    »このコメントに返信
  5. マルキンのグランドオープン行きました。
    パチンコはまぁまぁ頑張ってたと思います。

    スロットはイマイチ。
    ダイヤのほうが出てたとも。
    並んでる時に、ダイヤで朝から稼働がかなりあることに驚いた。

    地元民なので昔っから常連が沢山いるのは知ってますが、自分を含めパチ、スロ仲間であそこに通ってる人はいません(笑)

    んー、この差は何なんでしょうね。

    んー    »このコメントに返信
  6. ダイヤモンドさん行って見たいです。
    サラリーマンなので、平日は短時間勝負になるので土日に行ってみます。
    優良店は、土日に抜いたりしないですからね、マイホールと比較してみたいと思います。

    だから18歳未満禁止でしょ?    »このコメントに返信
  7. 常連や固定客を大事にする店っていうのは業界関係なく、長く続いていくと思う。
    平気で嘘を言ったり、常連や固定客を裏切る行為を平然とやる店と言うのは、いくらサービスが良かろうが淘汰されて行く

    それを今のパチンコ業界で理解しているのはごく一部なのではないだろうか

    てってい    »このコメントに返信
  8. マイホの大阪ミナミの激戦区(全国大手、関西大手、関東チェーンが混戦)千日前界隈では四海樓さんがこれにあたりますね。
    記事にあるように“バランス“がいいのでしょう。
    ここは昔からコーナーごとに週に1〜2回は必ずバカ出すイメージがある。
    あ客さんの顔ぶれも当然固定客中心となる。
    その他のホールは言っちぁ悪いがバランスが良くない。

    他県でもこういう信用のあるホール必ずありますよね。

    ピー    »このコメントに返信
  9. マルキンは潮が引くように客が消えました。
    スロットの鉄板のジャグラーはガラガラ。
    パチンコは新台以外客がいない。
    新規開店から未だ半月であれはない。

    通りすがる    »このコメントに返信
  10. 結果に対して、原因は何だったのですか?

    カニミソ    »このコメントに返信
  11. 東京で駅前一等地の土地代金は高いんですよ

    自分の土地のダイヤと新規参入のマルキンでは必要経費に大きな差が有ります

    必要経費が多い分客から回収しなければならないマルキン

    必要経費が少ない分客に還元するダイヤ

    どちらが有利か考えるまでもない

    黄身の名は    »このコメントに返信
  12. ダイヤモンドネットで調べましたが2ちゃんではひどい言われようですね。
    実際見てないのでわかりませんが

    業者    »このコメントに返信
  13. マルキンとダイヤ、どちらの方が資本が大きいのでしょうか?
    駅前一等地に店が出せている以上、ダイヤはそれなりの資本があるのでしょう。
    では、マルキンは?駅前一等地にある資本それなりのところに勝とうとするなら、
    本来ダイヤ以上の資本がなければ返り討ちは当然となります。
    マルキンの方の資本が下なら、地元の格上会社に喧嘩売った、ただの無能経営のお話です。
    ダイヤの方が遥かに資本が下なら、大手が進出してきた際、出玉攻勢にも固定客を
    奪われなかった、出玉以外の部分で大手と対抗し、勝利したという話になります。
    資本の大きさ次第で話ががらりと変わるので、まずはそこをはっきりさせた方がよろしいかと。

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  14. 業者様
    ネットなんて不満のハケ口ですよ。
    あの店は良い、出る、とか書いてあること事態皆無。


    だから18歳未満禁止でしょ?様
    ダイアモンドだって商売。
    出ない日もありますよ。
    でもお客はいつもいます。

    25日のグランドオープン12時オープン時で若干空席があり、その後も満席にならなかったですね。
    今は1ぱちしか客はいませんね。

    通りすがる    »このコメントに返信
  15. 関東にも系列のあるマイホの状況と重なりますね。
    マイホに関しては、道路を挟んだ向いに県内でも有名なチェーン店があり、九州の某チェーン店の居抜きとしてグランドオープンしました。
    実際の所、個人的には平常時でもメリハリがあり、自分の家の近所で打つよりは幾分マシな設定状況と考えており、片道1時間近くかけて通ってます。
    特定日や来店などの日は全456や半456の機種もあり賑わっています。
    それにもかかわらず、平常時の朝の並びは10人前後。
    向いの県内でも有名なチェーン店は3倍4倍と並ぶイメージです。
    オープンして1時間2時間とたてば、パチスロともに主力機種に関しては8割前後の稼働がある向いにくらべたらマイホでは5割にも満たない状況であります。


    9日の記事にもあるように個人的には、「稼働を上げる=出玉」と直結している部分は少ないように思います。
    特にフットワークに軽いスロットの若者ユーザーに関してはこれに近いものがあるのかもしれませんが、ジャグラー等を打つ年配層って結局いっつも同じお店という保守的なイメージすらあります。

    4円パチンコに関してはマイホは稼働率1割2割の状況なわけですが、釘状況も同じであろう、徒歩数分先にあるダイナムの方が4割前後の稼働があります。

    業界1位のマルハンに関しては、取材イベントなどでちゃんと設定を使ってるというイメージはありますが、業界2位のダイナムに関しては取材系のイベントもなく、マルハンや地域有力ホールより設定など使ってるイメージが個人的にないです。
    それでも業界2位にいるということは、出玉だけではなく居心地の良さなど、本当に見えない部分というのも大切なのかなと感じたりします。

    とあるブログを運営されている店長に聞いたところ、スロットの稼働を上げるのは簡単だけど、パチンコの稼働を上げるのは難しいと聞いたことがあります。
    パチンコを打つ客の多くは出玉以外の部分も大切にしているところがあるんでしょうね。

    田舎者    »このコメントに返信
    • 仰る通りだと思いますよ。
      未来を考えて経営するならその若者の新規ユーザー獲得が必要になりますから、田舎者さんがおっしゃるそれに近いものを感じてもらえなければ将来的には厳しいということです。

      そして元店長のことだから、この記事にも裏の意図があり内容がひっくり返るような続編がくると予想してます。

      おう    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す