パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

既成概念を打ち破り、業績を変える


ネクステリア(森本耕司社長)主催の「今こそ既成概念を打ち破り、独自の勝ちパターンを見つけてみませんか?」セミナーより。

既成概念を打ち破って成功した一人がブックオフの坂本孝社長だ。ブックオフは新品に近い中古本で成功し、その後、俺のフレンチでは、一流料理人が一流食材で作るフレンチを立ち食いという形態で、高級料理を安く提供することで成功した。

スティーブ・ジョブスは、かわいいパソコン(imac)、ポケットに3000曲が入るipod、賢く超簡単なiPhoneをヒットさせ、解任されたアップルを立て直した。

パチンコ業界も既成概念を打ち破ると爆発的に成果につながらるのに、パチンコ業界はみんなと同じになりたがる傾向が強い。

例えば、商品選びはライバルが買うから、それを買う。台数もライバルと同じ台数にしたがる。ライバルと同じことをしても業績は変わらない。

必殺の知識として、戦い方には攻めの戦い方と守りの戦い方がある。

攻めの戦い方とは、上位店舗を追い抜かすために多くの予算取りをする。上位店舗が10台と予測したら自店は20台導入する。

一方の守りの戦い方は、一つ下の店舗に追い抜かされないギリギリの予算の使い方をする。下位の店舗が7台なら、自店は5台、3台、あるいは買わない選択をする。

競合店と同じことをしても変わらない。そのためにはメリハリのある購入も必要になる。

攻めの機種とは、
①ニーズが大きい
②寿命が長い


ニーズの大きさは正確な販売台数を知れば分かる。メーカーが大量に販売する機種はそれだけ、ニーズがある、ということ。

次に重要なことは機械寿命だが、これは予測が難しいが、攻めの機種での肝となる。寿命予測は頭取りデータの10週目の稼働が寿命の長さの目安になる。それは過去の機種からある程度予測することはできる。

ただ、攻めの機種はパチンコもスロットも年間5機種ぐらいしか登場していない。

パチンコで既成概念を破るには、まず、皆と同じことをやるのを止めましょう、ということ。なぜ、同じことをしたがるかといえば、安心するため。

機種選定においては攻めの機種と守りの機種を決める。そのためには、機種評価を行い、機種選定力を向上させなければならない。

■打ち破るべき既成概念 アウト重視主義

アウト(稼働率)を重視したための失敗例が、4円パチンコを減台して、1円を増台すると稼働が上がる、という考え方だ。
1円を増台するということは、従来1000円で販売していた定食が250円で販売している、ということで大問題である。半年後には売り上げが100%落ちる。

パチンコの市場規模は以外にも2006年がピーク。この年にピーアークが1パチを業界で初めて始めた。1パチが普及する2010年までは売り上げが急降下している。2010年以降は毎年6%ぐらいの割で下がり続けている。

アウト重視主義の失敗例に押忍!サラリーマン番長の減台がある。話題の人気機種だったが、人気が急降下すると皆で減台して行った。

周りが減台する中で、地域3番手のホールが一切減台しなかったところ、サラリーマン番長のシェアが地域一番になった。減台の鉄則はライバルよりも先に減台や撤去はしてはいけない。

お客さんが他店へ流れる理由の中に打ちたい台がなくなった、というのもある。

一番好きな店を変える時の機種問題や他店がリニューアルした時だ。よってアウト重視主義からお客様視線でライバルを見ることだ。

なお、7月に開催される東京・福岡の追加セミナーはこちらから


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。








記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 客のニーズを無視してホールコンの数値しか見なかった結果がこれ
    経営していかなければならないのはわかるが少しは客の事考えてほしい。

    ヤマダ    »このコメントに返信
  2. 時点に来店する客の動向を見ていればわかること。そんな事すらできないのだから。
    だから、無理。

    ほんとうに・・・・・・    »このコメントに返信
  3. メーカーが客の立場で台を作っていない。ソフトもハードも両方が独りよがりの場合がある。店舗は遊戯しやすい設置環境を整えて欲しい。満席のホールは少ないのだからもう少しだけゆとりが欲しい。

    あさ    »このコメントに返信
  4. 店が台を育てないとですね~昔は、ライバル店がドリームXならうちはFレクサスだとか、バニーに対抗してベンハーだとか、失敗を恐れずに導入して数年は稼働させる、その機種で客を付けるようにがんばったものです。客の方も、今日は何がうちたいからA店、B店という風に楽しめたのですけどね。長い目で見ずに、ホールコンピューターで現在の利益を最大限に上げる方法ばかり考えてるから先細りになっちゃうんです。

       »このコメントに返信
  5. まずは、新台を必ず買う
    機歴&台数縛りに付き合うという
    既成概念こそ打ち破るべきでは…。

    50万で購入したアステカが中古で3万という現実を
    関係者はどう捉えているのでしょう?

    先物取引の世界でも、
    短期でこれほど酷い下落は滅多にない。

    沖トロも即通路。
    地域によっては南国も通路。
    秘宝ラストやギアスも長くは持たない。

    これらは全て客が負担。
    別の機種の設定も下がる。

    残念ながら、本命のミリゴポセイドンは
    盛大にコケると思われます。

    それも全て客が負担。
    パチンコの釘も閉まる。

    そして誰もいなくなった。

    くまっち    »このコメントに返信
  6. “地域トップ導入です!”

    昔はそれで集客に繋がった。

    新台が勝てなくなり、新台というだけでは打たなくなった。
    更にここ最近に出た台は兎に角辛い。
    投資が止まらず出るビジョンが浮かばない。
    “ゲームなのに本当に夢が無く、苦行でしかない”。
    “ゲームなのに楽しさを全く感じない”。
    “パチンコスロットは玉やコインを突っ込んでくだらない演出を見るだけになった”。

    打つ理由が無くなった。

    店は馬鹿の一つ覚えみたいにまっさらな新台、過去の名機リメイク版を大量導入をしている。
    いい加減気づいたら?
    ユーザーが重要視するのは演出タイアップじゃない、”台のスペック”。
    演出はその+α。
    出なけりゃ打たない。

    サファイア    »このコメントに返信
  7. 昔は店が差別化されていた。
    ただ新しい台が多い店。
    古い台が多い店。
    特定メーカーが多い店。
    マイナー台が多い店。
    特定スペックが多い店など、店により特色があった。

    今やどこ行っても同じ台ばかり。
    ねじ曲がった釘にベタピン設定ばかり。
    ガラガラの店ばかり。

    昔は本当にワクワクできた。
    店に向かう時は期待感で腹痛をもよおす程ドキドキしていた。
    店を選ぶのも台を選ぶのにも迷う。
    好きな店好きな台が多過ぎて迷った、一晩中眠れず徹夜もよくあった。
    今は何も感じない。
    台を前にしても打ちだしても何が起きてもワクワクしない。
    けたたましさに驚く事があるだけ。
    結果”ああ残念・ああ助かった”位にしか感じなくなっていた。
    だから止めた。

    パチンコの面白さは玉の動きに一喜一憂する事にアリ。
    スロットの面白さはリーチ目・リール滑り・目押しにアリ。
    鼓膜破りの爆音でも目潰し光線でも幼児向け役物合体でもない。
    アニメや萌え系もたいがいにしろ。皆が好きなわけじゃない。

    サファイア    »このコメントに返信
  8. 攻めの経営をするには、過去のデータを利用しないことが大切じゃないですかね?過去から学ぼうとする意識自体がもう守りに入ってますよ。過去から学ぶのは失敗例だけで良いです。攻めるんだったら、過去にとらわれずに新しいことに挑戦しましょう。

       »このコメントに返信
  9. ゴミ台を買えば機歴になる。

    これを破る事こそ既成概念からの脱却だと思いましたが、そうなると有力な新台の店舗毎の振り分けの基準が難しい。

    お得意様を優遇するのはビジネスでは差別ではないですし。
    設置台数に応じて購入可能台数を決めますか。

    カニミソ    »このコメントに返信
  10. 台の悪さを言ってる人がいますけど、数年前のこのエントリーのコメント欄を見てみませんか?

    http://pachinko-nippo.com/?p=21602

    クソ台活かせるすばらしい方々ってどこに行ったんですか?
    クソ台を活かすことに同調していた皆さん?
    宗旨替えでもしましたか?

    クソ台でも活用できるんでしょ?    »このコメントに返信
  11. 例えばみなし機が設置されていた頃なら客も設置機種から「店が言いたい何か」を汲み取ってその店のファンになったもんです。

    ニューパル→ダイバース→ピンクパンサー
    みたいな新台を次々に導入する店もあれば
    ホールインワン・ビックパルサー・スーパープラネット
    を頑なにシマ単位で残してる店が同一地域の同一時期に混在していましたからね。

    経営側からすれば「そんなお遊びやってられねえ、もうそんな時代じゃねえ」と言うのでしょうが。
    打ち手側からすれば所詮パチンコなんてお遊びなんですよ?と。

    横並    »このコメントに返信
  12. スロットの新基準機が利益出ない流れでちょっと前の台を再設置する流れがありますよね
    おれが行ってる店では銭形、アラジン、蒼天が入ってましたけど設定入ってるせいか4000~5000回転位回ってます。新台なんていれずにこうやって他店と差別化して出玉で客を呼びこんで欲しいです

    カフェオレ    »このコメントに返信
  13. わかります。客がたくさんいる店を見て、自店の方が設定いいのになって業界さんますね。ユーザー目線だったら直前がつきつきだったらありえると思いました。この程度の店で言う業界さんより、この程度の店の業界さん方が上手だっただけだと思いました。新台がうまく行かない状況にだったら新台よりファンの支持を回復することが大切だと思います。

    蒼天    »このコメントに返信
  14. 入れ替えを稼働維持の掛け捨て保険みたいに使わないで欲しいなとは思います。お気に入りの台でも、週一程度の遊技である程度確率収束させるには数か月~1年以上かかります。8割が一年以内に撤去されるでは暴れ馬しかいない乗馬クラブみたいになっちゃって、新しい馬あてがわれても落馬が相対的に増えるのでそれは乗り手も減りますよ。だったら木馬で遊べと云うのが1ぱちで、それはそれでだったら乗らないよ!となりますよ。

    青空    »このコメントに返信
  15. 自分が店長だったら冒険しないだろうね。
    稼動をつけても出世に影響してないっぽいし。

    一番必要なことは稼動あげたら評価されて成功報酬渡すぐらいの人事システムじゃないの。

    おっさん    »このコメントに返信
  16. 粘る客はイランと言いながら出て来る台は消化に時間の掛かる台ばかり。
    そんな台入れる店ってバカですか? 無能ですか?
    店舗数は今の1/20位でいいよ。
    1店舗ごとの設置台数が多すぎんだよ。
    遊戯人口がそれ位しかいねぇもん。
    それ以上あってもボッタクる以外に存続出来ねぇだろ?
    無駄無駄。早く店畳め。
    更地にして道路にした方がよっぽど利益になる。
    それでも店を残したいなら
    1店舗当たり3、4機種だけ設置すりゃいい。
    そうすりゃもっと客が来るだろう。
    設定も入れられるだろう
    還元も楽だし、導入コストも安くなる。
    新台を入れるにも慎重になるし。
    機歴なんてほざくメーカーももっと必死になるだろう。
    客は「それ目当てにだけ」来るんだから
    変な文句が出るはずもないし、台をドツクバカも
    他の客がそのバカをドツク位まで自浄効果があるだろう。
    まぁ。こんな事出来もしないだろうがな。
    店もメーカーもリスクリスク。
    どいつもこいつもウンコはする癖にケツは拭かねぇんだよ。
    客に「汚ねぇ」って思われてんだよ。
    もう見透かされてんだよ。
    お前らに足りないのは「覚悟」それだけだ。

    嵐雪達磨 (@emofuton)    »このコメントに返信
  17. 他より回る。設定も入っている。
    勝てる可能性がある。
    それだけで十分なんだけどね。
    そんなに難しい事じゃないでしょうに

    しかし    »このコメントに返信
  18. たしかにかつては
    店舗ごとに特色ありましたね
    西陣寄りであったり
    SANKYO寄りであったり
    平和寄りであったり
    スロットも
    今で言えば推しメン?が違っていた

    そう思えば
    やはり台数規制があったからこそ
    競争が生まれ各社それぞれに
    努力をした結果なのでしょうか

    のめり込み防止を盾に
    台数規制をお上から発動されたりしたら
    おもしろい事になるかもしれませんね

    1強になった時点で
    加速度的に消えていくかもしれません

       »このコメントに返信
  19. クソ台を活かす方法は無いという事ですね。
    活かす方法がある台はそもそもクソ台では無い。

    こえど    »このコメントに返信
  20. 今でも来店してくれる奇特なお客、いますよね。
    色々聞いてみたらどうですか。

    お客の声聞いた方が早いよ    »このコメントに返信
  21. ダイナム信頼の森が既成概念から脱却した例でしょう。

    低貸しオンリー。
    全面禁煙。

    業界人がやらないとこだわった既成概念から脱却した手法で薄利ながらビジネスを成立させてる。

    中小ホールが何もせずに潰れていくのは不可解ですよ。
    大手と同じことやったって勝てないでしょう。新台だって機歴やら大量導入やらが条件なら勝ち目なし。

    新台なし、ランニングコスト削減で、低貸しオンリーのレジャー営業で存続を図る。
    大手が出来ない禁煙は差別化戦略の鍵かと。

    元ベビーユーザー    »このコメントに返信
  22. 今でも来る客見ていれば、わかる事たくさんあるし、差別化もはかれるのにね。
    まあ自店の利益しか見ない店舗ばかりだから、無理か

    バカのあつまり    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す