パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

ホールへ行くことがカッコよく思えるようにしなければ若者は見向きもしなくなる


パチンコは大衆娯楽かギャンブルかと問われたら、現在の立ち位置は中間のミニギャンブルと言える。2020年代半ばにはいよいよ日本にもカジノが開業する。その時に必ずギャンブルと遊技の棲み分けを求められる。

つまりミニギャンブルではダメなのだ。会社帰りのサラリーマンが少ない小遣いの中でも楽しめるのが、本来の大衆娯楽の姿でもある。

ハンドルネーム「ワイド」さんが、業界のあるべき姿を提言する。

以下本文

パチンコとは「国民の日々のストレスの解消と明日の勤労意欲の増進に寄与する」ための大衆娯楽です。

数千円勝った、負けたが大衆娯楽たるその所以でしょう。

然るに5万円、10万円勝った、負けたとなってしまったから、大衆からソッポ向かれ今の低迷状態に置かれてる。

そもそもパチンコに関する現行法の元になる昭和60年の風営法改正当時は、セブン機(今でいうデジパチ)は10カウント規制の純増1300発機だった。

昨年規制された今の基準と実は同じなのだ。

要するに大衆娯楽の原点となる昭和60年当時の規制に戻しただけだ。

5万円、10万円使わなければ気が済まないようなヘビーユーザーを排除することがその目的。

数千円で勝った、負けたと一喜一憂することが本来の大衆娯楽であろう。

大連チャンや大量獲得でなければいけないという熱病に侵されたヘビーユーザーを正気に戻すためにはやむを得ない措置だったのです。

ヘビーユーザーのみならず、この熱病にかかっているのはホールであり、メーカーも然りだ。

既に規制された以上、昭和60年風営法の原点に返って、ホールもメーカーも今の大量獲得台という熱病という病から一刻も早く健康を取り戻すことが急がれます。

搾取するだけでなく、大衆の喜びのためどのようなサービスが出来それを提供していくか? 頭を切り替えて取り組んで頂きたい。

以上引用終わり

つづいて、パチンコ業界では新規ユーザーの開拓が急務とされている問題だ。パチンコよりもスロットは若者が入り込みやすいことで、スロット市場はパチンコ市場よりもまし、と業界内にもそんな意見がある。それに反論するのがハンドルネーム「Zilion」さんだ。
以下本文

若者がパチンコよりもスロットが好きで、設定しか変えようが無いから、スロットがメインになると言う考えは、余りにも現実のホールの客筋と若者を見ていないように思えるのだけど。

先ず言えるのは、若者はパチンコもスロットも好きでない。そして、パチンコ等のギャンブルにのめり込むのは、ダサイ連中というイメージが定着している。オマケにパチンコ店内のタバコの煙を毛嫌いしている。
 
そして決定的なのは、そんな若者の人口が激減する上、年配者よりも賃金が大幅に少ないという現実がある。
 
顧客層の分析もしないで、若者はパチンコよりもスロットの方が好きだからメインになるというのは短絡的に過ぎるように思えるのだが。

以上引用終わり

普通に考えたら今の若者はギャンブルはダサいと思う傾向はあるだろう。厚労省が実施している未成年(中高生)の喫煙率調査(30日で1回でも吸ったことがある)で、男子高校生は1996年には51.9%もタバコを吸っていたのに、2014年には11.9%まで激減している。

タスポの導入やコンビニでの年齢確認が厳しくなったことや、タバコの値上がりで気軽に買えなくなったことが未成年者の喫煙率が減少した理由だが、健康志向からタバコを吸うのはダサい。

タバコとパチンコは親和性が非常に高いものがあるが、この二つがダサいとなれば、若者には見向きもされない。

せめて、パチンコ、スロットを打つことがカッコいいと思える施策を打ち出していくしかない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. ヤニ臭問題はようやく解決しますがまだまだ課題は多いでしょう。
    入店した瞬間にあの異常な騒音を聞かされただけで帰る人もいるでしょうし
    1万円が1時間もたたずに消えていくことも受け入れられないと思います。
    娯楽を謳うのであればまずは換金を禁止するところからではないでしょうかね。
    暇人    »このコメントに返信
  2. 自分は初打ちの時、打つ事にカッコなんかは一切求めなかったけどなあ。
    楽しそうとか、勝ったらお金が貰えるのか…みたいなワクワクとむしろある種の背徳感を感じていたのを覚えています。

    あの感覚は最初しか味わえないものですが、結局リピーターになってもらう為にはその2点を価値提供として追求するだけじゃないですかね。
    カッコいいに越したことは無いですが、その為にはまず勝つ事。若しくは負けてても愚痴らずに楽しんでいる人はカッコ悪いとは思いません。
    カニミソ    »このコメントに返信
  3. 名前をPスポーツに変える。
    パチプのピカキンをユーチューブデビューさせて憶稼がせる。
    横並    »このコメントに返信
  4. 昔々からパチンコがかっこ良いと思った事は一度も
    有りませんw 不良少年 チンピラ 日雇が主でしたねw
    何時頃でしたかねパチ屋がアミーズメントうんたらと勘違いして・・・博打屋ごとぎが、パチンコがかっこ良いに成る訳
    無いだろう、今パチンコしてる奴は屑ばかりw
    サイアク    »このコメントに返信
  5. >パチンコ、スロットを打つことがカッコいいと思える施策を打ち出していくしかない。

    で、なにか思いつくアイデアって、ありますか?ぼくにはまったく想像できないんで、なんか具体案が聞きたいんですけどね。
    無策    »このコメントに返信
  6. 新規客って一度もパチンコやパチスロをやったことのない人でしょ?
    持ってる情報の有無もあるが、基本的には勝ってる人だろうが負けてる人だろうが愚痴を言う人だろうが関係無く「関わりたくない人」として一括りにされてると思う。
    実際に新規客が増えていないのがそう思われているひとつの証拠。
    既存のパチンカスが「カッコ悪いとは思わない」なんて意見に意味はないでしょう。

    パチンコパチスロを若者にとってカッコいいとかとっつきやすくするには、誰もがわかることだがまずはイメージチェンジ、そのためには少しでも多くの客に勝たせなければならない。
    まずは「勝てるかも」と思わせることが大事、そこまでいかなくともそこへ近付けること。
    それでいてギャンブル性を限界まで下げる。
    禁煙化は最初こそ嫌煙の人が増えるかもしれないが、中身が変わらないなら短時間でもとに戻るのは間違いない。
    むしろ喫煙者のライトユーザーが減るだけの結果になるでしょう。

    ホールが、出来る出来ないを無視して書きましたが、まず間違いなく出来ないですよね。
    ふーふぁいたー    »このコメントに返信
  7. カッコいいとかカッコ悪いとかそういう話じゃないと思うが
    違う    »このコメントに返信
  8. パチンコやスロットは遊んでお金が稼げる(かもしれない)のが最大の強み。労働で稼いだ金をパチンコに突っ込み、10万入れて8万戻ってくる。すると、その8万円はパチンコで出したあぶく銭となり、散財してしまいがち。この逆マネーロンダリングが日本経済のプラスんなるかも知れない。
    タイムカプセル    »このコメントに返信
  9. ワイドさんは、かつてのパチを懐かしむ方のようですが、昭和60年代風営法の
    原点に、さて戻れますかね。その当時とはパチ業界の規模も、メーカーの数、規模も
    まるで違います。台の価格も違う、天下り機関も。台だって過去では何年でも
    設置できたが、今は長く設置するのも難しい。使える台ですら撤去しなきゃならない。
    国自体の勢いも違います。今は黄昏時代。スペックだけ過去の基準にして、
    さあ戻れと言われてもね。搾取するだけではなく、と言っているが、パチ業界は
    本当に搾取してるの?台の価格は上がり続けている。機械代の回収は、搾取なのか?
    電気代だってかかる。人件費も上がっている。搾取しているというからには、
    利益から経費を引いた金額がどの程度か、わかってて言ってる?
    搾取というからには、そういう数字を示さないと。
    Zilionさんは、若者がスロット好きという分析に対し異議を唱えている。
    スロットはどちらかといえば若者向けではある。リールを目で追うのは、
    年配客では難しい。だが、だからといって年配客はスロが嫌い、というわけではない。
    ならば逆もしかり。若者だからスロが好きとは限らない。
    スロの方が好んで打たれるのは、パチは見たくもない長い演出を指をくわえて
    見ているしかないが、スロはそれをキャンセルできるからだと思う。
    若者はいつでも性急だ。とかく結果を早く求めるのだから。
    パチ、スロを格好良くするにはどうするか。技術介入要素でしょうな。
    目押し不要の押し順が横行し、ビタもロクにできなくても
    スロは打てる。
    釘調整が封印され、釘読みができなくてもパチは打てる。ストローク調整や
    止め打ちも、やるとプロと言われて打たせてもらえない。
    「誰でも」打てるものを打っても、カッコイイとは言われない。
    ワイドさんが提唱した原点回帰だが、どうせ戻るならスペックだけでなく、
    こういう技術介入も昔のように戻したらどうかな?
    技術介入こそ「遊戯」の原点じゃないの?
    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  10. 今の時代でパチンコやパチスロが若者からカッコいいと思われる要素はゼロだと思います。
    泥船の中で、猿山の中で、いくら上手に生計を立てていようとも、いずれは瓦解する事は
    わかりきっている事です。業界の将来性を考えられる頭の良い人なら、業務側に就職など
    ありえませんし、打ち手として遊ぶこともあり得ません。特別頭が良くなくとも
    この程度はわかるはずですよ、だから有能な就業者も来ないし新規客も来ない。
    来るのは相応な人間のみ。
    自分の身の丈でうまく遊んでいればいいじゃん、というような意見もありますが、
    中高年やご老人ならいいのかもしれませんが今のまともな若者にはそれも通用しません。
    結局パチンコをするような人間は自然と孤立していくんですよ。
    で、パチンコをするような人間はパチンコをするような同類としかコミュニティが出来なくなる。
    堕落が当たり前の世界に浸る。
    犯罪意識も低くなり自然と犯罪が多くなる。密着警察系のTV番組やハンゲキ系などで
    必ずと言っていいほどパチンコに興ずる犯罪者が出てくるのはそのせい。
    時間に縛られない怠惰な生活を送るので健康状態も悪化していく。
    何かいいことありますか?
    イメージが悪すぎる。
    このイメージを変えない限りこの業界に春は絶対に来ませんよ。
    でもね?射幸性で客を釣っているのだからこの状態は仕方の無い事。
    ということは、この業界には今の路線で行くならば小さな復活すらもう絶望的ということなんです。
    打ち手は病気だから仕方ないとしても、まともな考えがおありな営業側の就業者は
    なるべく早く転職することをお勧めしますよ。
    名無し    »このコメントに返信
  11. まだ大衆娯楽とか言ってる人いるのか笑
    それは表向きでギャンブルの場だろう。
    大衆娯楽とやらにらなればイメージはまともになるかもしれんが儲けが減れば本末転倒だろう。
    大衆娯楽とやらでパチンコしたいなら黙って自分だけコジパチコジスロ打てばいいだけ。
    勝ち組    »このコメントに返信
  12. 月九ドラマで木村拓哉を主役にしたホールドラマを作ればいいのではないでしょうか。
    少し前の月九ドラマで理容師理髪紙もドラマで人気がでましたよ。
    牛丼通行人    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す