パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

コンビニ業界VSホール業界


M&Aが加速するパチンコ業界だが、パチンコメーカー関係者は「いずれ、コンビニのように3強時代が到来するのではないか。北海道にはセイコーマートという地場に強い、コンビニがあるように、地場で強いホールと全国展開する大手しか残らないのではないだろうか」と予測する。

ジェネピが10店舗以上のパチンコチェーンランキングを集計している。それによると、2016年は210社4720店舗だったものが、2017年は202社4673店舗、2018年は199社4594店舗と減っている。

10店舗以上経営する法人数も減ってきているが、上位ランキングの法人が店舗数を増やしているかと言うと、そうでもない。

2018年度は1位はダイナムが451店舗(±0)、2位のマルハンは319店舗(-2店舗)、3位のガイアは158店舗(-6店舗)。4位のアンダーツリーグループは135店舗(+10店舗)で、3位のガイアを猛追している。大きくプラスに転じているのは同グループぐらいだ。そこには業界3位になるという明確な目標があるからだ。

では、ホール業界がコンビニ業界のように3強時代が到来するのか? なかなかそのような時代が来るとは思えないが、ここでコンビニ業界について触れておこう。

2018年11月30日、コンビニのサークルKサンクスが全店舗を完全閉店した。一時は6000店を超えた準大手チェーンが、完全にファミリーマートの看板へ切り替えた。

コンビニ業界の首位はセブン-イレブン(2万260店舗)で、2位ファミリーマート(1万6313店舗)、3位ローソン(1万3992店舗)の3強体制が確立。国内総店舗数は5万店舗を超え、飽和状態が続いている。

この飽和状態についてセブンの古屋一樹社長は次のように答えている。

「店が同質化したらそれは飽和状態だろう。しかし、新たな商品やサービスを提供したらそうではない。また、いろんな場所で再開発があり、都市の構造が変わってきている。コンビニの出店余地はまだまだある」と鼻息は荒い。

セブンは創業以来、ほぼ自前で店舗を拡大してきたが、その自信がこの言葉には隠されている。

他社は合従連衡で寡占化を図ってきた歴史がある。ローソンは地場のサンチェーン、新鮮組、プラス、ポプラ、スリーエフ、セーブオンなどをのみ込んで拡大した。

一方のファミマは2010年にam/pmを吸収。2016年にはサークルKサンクスと統合し、店舗数と売上高でローソンを抜いた。

地場のコンビニが大手に吸収されたのは数の論理もあるが、次のような理由だ。

・大手はシステムと商品力が強い
・チェーンを統一することによる効率性
・消費不況で大手の力を借りたい
・女性の支持が欲しい
・電子マネーを整備したい

前出のパチンコメーカー関係者は、パチンコとコンビニの違いをこう語る。

「飽和状態と言われながらコンビニが減らないのは、社会のインフラとしてコンビニは必要とされているから。ホールは必要とされていないから減って行くばかり」

では、ホールが必要とされるにはどうすればいいのか?

セブンの古屋社長の言葉を借りれば、新しい商品やサービスを提供していくことである。これを従来の業界概念にとらわれていては、新しい発想は生まれない。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 新商品であるはずの「新台」は毎月のように入れ替えされているのだがこれは新商品ではないというのだろうか?
    ホールはパチンコで生計を立てている人には必要なのだろうがそれ以外の人にとってはどうでも良いというのが現状であろう。
    高くついても面白いのであればまだよいが今のパチンコは高くて面白くない。
    それに加えホールは爆音、過剰光、煙が溢れている。
    必要とされていない物の3強になんの意味があるのだろうか。
    通りすがり弐    »このコメントに返信
  2. 勝つどころか、遊べもしない今のパチンコ。
    衰退は必然でしょう。
    出玉以外に何があるの?パチンコ店じゃないの。
       »このコメントに返信
  3. > セブンは創業以来、ほぼ自前で店舗を拡大してきたが、

    自前と言ってもそのほとんどがフランチャイズで、現在の
    時短営業問題に見られるようにオーナー店長やアルバイト
    従業員に過酷な犠牲を強いて拡大してきたわけですから、
    それを一概に賞賛できるかどうかは難しいかと思います。

    特に特色の一つとされている「効率化」をうたった
    ドミナント(集中出店)戦略なんか、裏の顔として
    成功した店が出るとその周辺に強引に新たな店を出店
    させて根こそぎ顧客をむしりとり、本体はロイヤリテ
    ィーだけを確実に懐に入れる、なんて側面がありますから
    はたして(セブンは)お手本にするべき相手なのか
    どうか....あのおにぎり100円セールだって、
    差損は業者持ちなんでしょう?

    > セブンの古屋社長の言葉を借りれば、新しい商品やサービスを提供していくことである。

    新しい商品やサービスを生み出す要になるはずの鈴木敏文氏を、
    カリスマ(後継者)の継承もせずに数年前に引退させたばかり
    ですよ。
    見方を変えれば、今、セブンイレブンで騒がれている問題は、
    その影響が形を変えてじわじわと表面化しつつ
    あるのではないですかね。

    何のかんの言ってもまだ頑張っている中小規模チェーンがある
    うちに、パチンコ業界ならではのやり方を模索していってほし
    いですね。セブンよりも、昨年震災対応の凄さで話題になって、
    経済状態が決して芳しいとは言えない地域で頑張っている
    セイコーマートさんを日報さんには研究してほしいと思います。
    tameiki    »このコメントに返信
  4. 以前は、ホールの減少に多少危機感があったんですが、最近は感じなくなった。
    ホールにも、必要なホールと必要でないホールがあり、今淘汰されているのは
    必要でないホールだからだ。自分の地域も店舗が三店舗ほど消えたが、そこに通っていた
    客は、そのエリアに残った店に集まった。稼働が上がり、そのおかげで設定も入るように
    なり、それがまた客を呼ぶという良い流れが出始めた。
    まあ、人が集中したせいで、狙い台が取りにくくなったというデメリットは発生したが、
    設定が入るようになったのは良いことである。
    改めて、現状のホールは数が多すぎたのだということを感じた。
    遊戯人口に比例した適正な数、そのバランスこそが重要。
    ブクブク太った業界をスリムにしてみようじゃないか。
    身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあり、ぜい肉だるんだるんでは、沈んでいくだけである。
    必要だと思われたいなら、まずは不要な部分を切ってみてはいかがだろうか?
    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  5. まさにコンビニエンス(便利さ)を推進するなら、公共料金や通信光熱費の支払い、イベントや高速バスチケットの取り扱いなどができるようにすればいいのでは?
    また、地元スーパーマーケットなどと提携して食料品や家庭用品も扱うようにする。
    電気自動車充電やガソリンスタンドを併設するなど地域社会になくてはならないような便利さがあれば喜ばれます。

    やってみてください。
    ヤング    »このコメントに返信
  6. まずは玉の増減、勝ち負けで楽しませるのがパチンコのサービスだと思います。

    客としては新しい商品やサービスは歓迎ですが、本来のサービスをやらないならパチンコ屋には行きません。
    新台だけでなく、版権、携帯連動とか、色々新しいサービスを試しているのはわかるし、いくつかは定着しています。でも、糞釘で勝てる可能性ゼロ、遊びにもならない状態に嫌気がさして客が激減しているんですよ。新しいサービスの前にやることがあるでしょうに。

    コンビニの例だって、従来のサービスを充実させた上で、新しいサービスを始める話でしょう。コンビニを参考にするなら、まずはまともに楽しめるパチンコを提供することが先です。
    とんかつ    »このコメントに返信
  7. とんかつさんに賛同します。

    他に出来ない「パチンコ店にしかない商品(遊技機)」の提供が最大の売りでしょう。
    各種サービスなどそれこそコンビニでできる。
    そんなありふれたサービスや商品を取り入れることを「従来の業界概念にとらわれていない」として第一に考えるなら、それはもうパチンコホールじゃなくていいですよ。それこそコンビニエンスストアにでも転業すればいい。
    パチンコホールである必要はない。
    「パチンコが必要とされていない」という現状を作り出したのは“時代”という要素も若干関わるかもしれませんが、結局は運営する側の人間たちです。

    こういう話題が出れば必ず出てくる言葉が「主客転倒」です。まさにこの言葉通り。

    本来の商品、サービスを諦め、新しい発想(笑)で新しい商品(笑)サービス(笑)を提供するしかないのならその時点でそこは「パチンコ店」ではありませんから。
    名無しマニアックス    »このコメントに返信
  8. サービス。。とりあえず特殊景品の交換所の場所と特殊景品の交換率を言えるようにしたら? 客のほぼ100%がそれに交換するのにそれを教えられないとか。そんな胡散臭い業界がコンビニがどうのこうのと・・・笑 公営化しちゃいなさいって。
    横並    »このコメントに返信
  9. あれ似たようなネタのエントリーありましたよね。コンビニが伸びた理由は大手チェーンのM&Aと言われてますが、
    その裏には…
    フランチャイズという奴隷制度
    本部上納金という搾取構造
    ドミナント戦略による奪い合い・潰し合い

    など負の側面もありますよね。パチンコ業界も大手チェーンがコレ
    やるんでしょうね。
    メイン基板    »このコメントに返信
  10. 社会インフラの条件として、
    全国区で近場にお店があるとかはコンビニと共通しますね。

    公共サービスを民間で提供する事がポイントなので、トイレや休憩スペース、漫画雑誌などを設置してあるのは良いですよね。誰でも手軽にサービスを受けられるので。

    大衆に有益なサービスを安く提供できるという意味でやっぱりコンビニは素晴らしいです。
    ただしその裏で、公務員並みの作業をバイト並みの賃金で働かせることで成立させているのが実態なのは問題です。

    バイト・パート依存の作業では厳しいでしょうね。やっぱり機械化・無人化は課題でしょうね。
    メイン基板    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す