パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

稼働重視を忘れたホール経営者たち


パチンコ業界は、
①物を造る側
②物を造らない側
この両者が存在する。これが合わさってのパチンコ業界だ。

①は、勿論遊技機を生産する側だ。生産する側は、何を売っているのか? 言うまでもなく、遊技機を売って会社を運営している。

②は、ホールのことを指す。ホールとは何を売っているのか? ホールは、形の無い物を売っている。形の無い物を売る意識があるか、ないかで結果は大きく変わる。

私はパチンコ日報の前身であるパチンコ業界ウオッチャーブログ時代から、500本弱の寄稿をしてきた。

2年以上前に、こんな寄稿をしている。


この時から今日までのわずかな期間で、ホールが約1500店も減少している。
この2年で何か変わったか?
規制が厳しくなった?

メーカーがホールと手を組まないと、手遅れになる、ということ。川上と川中や川下の連携を業界を挙げて考えなければならない。

さて、本題。

形の無い物をどうやって売るか。

約20年前に比べると、ホールの数は半分になった。閉店したホールの中には、私が知っているホールも含まれている。

そのホールが閉店するまでの足取りを検証をすると、いくつかの答えが見えてくる。

❶他の余暇産業に負けた

❷お客様がパチンコやスロットにお金や時間を配分しなくなった

❸パチンコやスロットの消費金額にお客様が追いつけなくなった

❹1円パチンコ、5円スロットに慣れてしまった

❺ホール自身のノウハウが陳腐化した

などの理由が挙げられる。

特に❺のホールのノウハウだが、閉店したホールに共通するのは、手遅れになるまであまり対策を取らないで、気がついたら余命宣告を受けた状態だった。

現実を俯瞰すると、余命5年あまりのホールが増えているのが分かる。何故、自店が手遅れ状態になるまで気づかないのか? それば、ホールの特殊性にある。

小売業や製造業は、売り上げや販売数に対して利益がついてくるものだが、ホール業は、売り上げが減少しても、魔法で粗利を上げられてしまうからだ。

端的に書くと「簡単に抜ける!」魔法の杖があるからだ。その魔法が実に簡単だ。簡単だから、難しいことへ目が向かない。

この『抜く』と言う言葉が曲者で、経営判断を鈍らせ退場するホールが後を絶たない。

私がよく知っている東京のホールオーナーは、幹部社員から「ボンボン」と言われている。

多角経営に成功して高級車に乗っている。しかし、この10年でホールを3つ閉鎖している。好調だった2ホールの4パチをダメにしている。さらに、1店舗は1パチが主体になるのは120%間違いないくらい4パチがダメになった。

このホールは完全に4パチ復活のタイミングを逃してしまい、復活させる気もない調整だ。5年前は2万3千発あった4パチ稼働が今は1万発を切って6千発レベルに。1パチと20スロが好調だから、危機感がないし、4パチを復活させる気もない。

オーナーがボンボンだから、現場に危機感なくなっている。いずれmぴ1店舗閉店するのは確定レベルだ。

このチェーンの幹部が友人だが、彼は大変な危機感を持っている。しかし、1人でもがいても所詮無理である。孤立奮闘状態が続いている。

このようなパターンで、閉店に追い込まれたホールが本当に多い。その大半が、ギリギリまで自分達が置かれている立場を理解していないから困る。

オーナーの中には行けるところまで行ったら店じまい、なんて感覚の人もいる。

昨年、コーチングを頼まれたホールの中で3ホールが閉店を決断した。全てのオーナーは、もっと早く気が付けばなんとかなったかな?と後から悔やむのが定番だ。

そして、これらのオーナーに共通するのは、粗利重視だったこと。時代は粗利重視から稼働重視になっているにも関わらず…。

30年前から稼働重視で成長してきた中堅チェーンは、今、絶好調だ。競合する全国大手が完敗して、何回もリニューアルしても追い越せない。

実は、私、そのチェーンのノウハウを全部知っている。在籍して何店も店長をやってましたから。

そこは、稼働があるからこそ利益が上がるとの理念を40年以上曲げていない。とにかく稼働が重要、と捉えている。

昔は粗利を達成しても稼働が1%でも落ちたら、社長から大目玉。今は、その方針が周知徹底され、稼働も売上げも、利益も、同じように重要視している。

当時、私は正月営業で元日に予定粗利の2倍を取ってしまったことがあった。そんなに閉めないのに、TSが辛くなり出なかった。二日の朝、いきなり大目玉の電話がかかって来た。

「14.5割」の命令。当時は40玉交換だから、1月2日に14.5割は破格の数字だ。場所が駅前で、近くに有名なスポットがあるから、毎年三が日期間は、開店後30分で満席。平均稼働5万発以上だった。

3日にいきなり割を下げたらお客様に悪印象を与えるから、徐々に割を下げた。すると、過去最高の正月営業稼働を達成した。

正月営業の予定粗利が取れないのに、稼働の良さで褒められた記憶がある。

一度稼働を飛ばすと、取り返しがきかないのが現在である。競合店がある激戦区であればなおさらだ。

形の無い物を売るホールの商売。稼働を重要視しなければならない理由はそこにある。お客様の目に見えない満足感が頼りなのに、それが分かってないから、適正粗利以上の利益を取ってしまう。それがダメダメだ。

大手の一部が、稼働重視の店にやられている理由の一つにこんなことがある。

それは一律調整の弊害だ。同一機種を全台、スタートやベースやTY等全て同じ調整。
この手法は、集客出来ている時なら問題はないが、集客が芳しくないとキツイ。

無駄出しはしないで出す。このタイミングが一律調整だと意識しない。

ランニングコストを見直し、これから5年間は贅沢しないでホール運営して、お客様の満足度を上げるべきホールは、あなたのホールかも知れない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 分かっているのか、いないのか。大半のホールは今でも粗利重視なんでしょうね。
    田舎なので、ホールの数も少ない。大手の○での他の中小でも、何を打とうが、大半15回前後。良くて18回程度。4パチ。
    ま、当たり前だけど、1シマ数人。
    当たるまで数時間。当たりの時間は数分から数十分。
    演出は陳腐で、ハズレ演出をこれでもかと見せられる。まだ回るならまだしも、イライラの連続。
    そりゃ打つの止めますよ。

    考えナシ    »このコメントに返信
  2. 大体そんな所(出したくても出せないとほざく奴ら)はホルコンの数字しか見ていない。
    だから軍団やらプロに食い荒らされる。
    一過性の稼働しか取れないからやらない、と逃げる。
    一般客がどんどん減ってもそのまま放置。
    その結果が閉店。
    素人でもわかる話。
    遠隔仕掛けている方がマシじゃね?
    金掛かるし違法でリスクでかすぎるけど
    それ位しないと一般客って気付かないよ。
    バカだから。

    当たるかよ    »このコメントに返信
  3. 稼働重視は基本中の基本だ。パチンコの釘を違法だが閉める、スロットの設定を下げるで粗利は簡単に上がり、イベントやれば一時的だが集客は出来る。
    そのイベントで釘を閉めて、設定下げれば粗利も莫大に増えるを繰り返せば集客も出来なくなる。

    スーパーで例えるなら
    粗利が減り商品を値上げする、すると客が減り商品を違法だが中身を減らし安値でチラシを入れて一時的に集客するが信用無くし誰も来なくなる。

    なんか当たり前の事だと思うがパチンコ屋の店長はやっちゃうのが不思議
    まあーオーナーが〜って言うのでしょうが、誰にでも分かる結果になる行為をする事自体が無能であり商売のすべてが信用から成り立っている事すら理解していないね

    たま    »このコメントに返信
  4. 稼働重視に変えてようするに薄利多売にするというより『戻す』というならば最低2つの条件がある

    1.イベント禁止・来店取材などの広告規制の完全徹底
    宮崎県の規制をベースに全国区で広げる必要がある。守らなければ即営業停止の行政処分クラスまで引き上げても良い
    企画会社・出版社・コンサル全てと決別させる必要がある
    最近露骨に酷いのがジャ〇バリ・D△M・で◇ゃう・攻略マガ◆ン・必◎本辺りだろう。なぜPSIOや警察が動かないのか疑問でしかない

    2.設置台数の規制。大店法を復活させる
    中小がやられるケースの大半が大手の超大型店舗。客はどうしたって設置台数が多い店程設定が入るとか甘く稼働させてくれると勘違いしがち。大手の目論見もそこにある

    中小を基本ベースに考えて動かす規制が最低必要
    元店長さんの提言する稼働重視の時代というのは間違いではないし元々粗利重視で動かす業界でもない。そうしてしまったのは4号機後半以降の爆裂機と大手の暴走の所為である
    その為の5号機規制だったはずが今やまた馬鹿な事態になっている。
    それに乗っかった中小も悪い

    今で言えば埼玉県のチャレンジャー幸手店さんは今後どのホールも目指すべき店だったかもしれない。新台入れ替えもほとんど行わず勝つ負けるより遊んでもらうという店であったのは間違いない


    まずその事に誰よりも気づかないといけないのがのほほんとしてる組合の馬鹿共だ

    お花畑か    »このコメントに返信
  5. 稼働が落ちても従来と同じ利益を出そうとする→さらに締める→また稼働が落ちる→そりゃ潰れる。。

    ずのり    »このコメントに返信
  6. 台入れ替えのコストが以前とは違う。完全店休日を設けて以前の状況に近づけなければ駄目だと思います。

    組合に参加していないホールが存在する以上、一致団結して取り組むことは難しいのではないでしょうか?

    あさ    »このコメントに返信

  7. ぱちんこってさ。玉が左から右に流れるだろ?
    右から左に流れる構成の台が無いのは
    やっぱりコストの関係か?
    あと。ただのクソ演出の場所がでかすぎんだよ。
    メーカー共。おまえら基本を全然放置してるよな?
    ぱちんこってさ。玉を打ち出して当たり穴に入れば賞球を得られる。
    これをおろそかにし過ぎてんだよ。
    アタッカーの入賞は概ね10個以内、
    ってならアタッカー自体をあくまで通過点にしてさ
    その中で振り分けたらどうよ?
    穴毎に15個やら14個、外れたら12個とかにしてさ。
    コレに仕掛け作って特定の穴やらスルーを通過したら電チュー作動させるとかしてさ。
    羽根物であったやろ? 最後、2チャッカーに貯留した玉が入るように仕掛けている台が。
    あれをデジパチで再現出来ないのか?
    こうすれば1回の大当たり出玉、という制限を
    「チューリップと電チュー」で解消。再び大当たりさせることによって任意の出玉を得られる、って仕様になるだろ?
    1撃3000発、しかも短時間で出せる、
    不当にヘソを締めずに出玉の波が出来、
    チューリップで電チューを作動させるから途中で席を立っても大当たりを消化出来る。
    その上に回転体か振り分けを付けりゃダブらせて2回開けるなんて事も防げるし。V獲得のような時間ばかり掛かって玉削り、なんて事もない。
    まぁ。戯言を長々書いたけども。言えることは。もっと頭使えよ。演出じゃねぇんだよ。出玉プロセスなんだよ。
    そこが毎回同じだからもう飽きてんだよ。

    これをチャンス、と呼ぶ奴は先が見えてない証拠。    »このコメントに返信
  8. 所詮ギャンブル、テラ銭が多かろうが少なかろうが・・・胴元の
    勝手。参加するもしないもお客さんの勝手。
    脱税等でもNO.1の産業なんですから!!
    普通の産業とは違う(何もかも)という思いで参加してきまし
    たし、これからもそうでしょう。
    風営法関連産業に普通を求めても無理。
    だって夜酒場に行けば、フルーツが1万、2万するんですもん。
    価格はあって無いが如し。

    ベン    »このコメントに返信
  9. ユーザーの低レベル化が業界の判断を見誤らせている(ユー
    ザーを甘く見る)原因にもなっている。

    ①新台であれば無条件で打つ
    ②大手であれば回らない、ベタピンでも打つ
    ③台のスペックを知らない(何も考えない)
    ④綺麗な店舗に行く

    ①~③はネームバリューが客を呼び、その客付きが更に客を
    呼ぶパターンで「抜いても来る」と判断させた。
    ④はホールの綺麗さと接客さえ良ければ「抜いても来る」と
    判断させた。

    日本人の特性として良く言われるのが、観光業界等では気に
    入らない場合「物言わず消えていく」ということだ。

    大手ホールが近隣中小を叩き潰し、ユーザーからも「まだま
    だ抜ける!」と放漫経営を進めた結果、限界を超えたユーザ
    ーは物言わず消えた。
    気付いた時には、低レートのユーザーしか居ない。

    しかし、大手は未だに①~④の認識の上で経営しているの
    か、状況が変わる兆しも見えない。

    上に幸チャレの話題が出ていたが、確かに①~④に反旗を翻
    し近隣大手(〇ハン、〇AIA、〇ーデン、〇ステ)や地元
    店(〇ールド)に対抗していたが苦戦を強いられていたのも
    確かだ。しかし今回閉店(休店)の原因は、差別化として掲
    げていたこだわりの「珍古台」が2月1日の改正で大半使用
    出来なくなったからで、経営方針による経営難からではな
    い。
    古き良き時代の台が打てるというのも立派な差別化では有っ
    たが、業界の行き過ぎたスペックが規制されることで、この
    様な古き良き台まで退場させられるのは、非常に残念でなら
    ない。
    まあ、ひげ紳士店長は再開目指して動かれている様ですが。

    遊漁    »このコメントに返信
  10. これをチャンス様のコメントに同意いたします。

    大当り確率以外の確変突入率や確変継続率の抽選には役物を使用したパチンコ玉の動きや入賞などによる物理的な振り分けを使用するようにすれば、

    メインデジタルは良く回るけど確変突入率や確変継続率が低くなるようにしたり、
    メインデジタルの周りは悪いけど確変突入率や確変継続率を高くするような調整を保ホール側が行う事が出来るようになるので、簡単なボーダーラインの算出が出来なくなると思います。

    ST機もST中に数字が揃えば100%次の大当りが獲得出来るのでは無くて、
    Vゾーンへの入賞率を釘で変えられるようにして、1回のST中に複数回のVチャンスチャレンジが訪れるようにすればいい。

    そうすれば同一機種でも各台のメインデジタルのボーダーラインをバラバラにする事が可能だと思います。

    イケロン    »このコメントに返信
    • >イケロンさん

      私の足りない所のフォローありがとうございます。

      釘調整が~という奴に対しては
      何の為に「設定」が認められてんだ、って返してやればいいと思います。
      最低設定なら爆発力最大、最高設定なら安定感抜群、
      それこそメーカーには妥協せずに規定のギリギリを攻めて欲しいです。
      そうすれば1台で3~6スペックの台が出来ますし。
      店もたくさん買い替える必要はないでしょう。
      メーカーも価格を上げられるし。
      演出のバランスはそこから直せばいいんじゃないかな。
      保留待ち、疑似待ち、ギミック待ちの展開を変えられりゃいいんですがね。
      長期間設置を見越してくれりゃ出玉も後から還元~
      ってコレはユーザー側が甘く見過ぎか。
      何よりも最後にこれが一番の問題なのですが
      店のやる気が全くないので夢物語なのが残念です。

      これをチャンス、と呼ぶ奴は先が見えてない証拠。    »このコメントに返信
  11. ごもっともなお話ですが、ほとんどのお店が理解できていないので潰れていって当然でしょう、むしろダメな店は早めの退場をしていただいた方がいいのではないかと思います。

    スロットの場合、ベタピンなんて話よく聞きますが、ベタピン営業が普通になってしまったら、お客さんは減る一方、機械的にこれ以上回収できるわけないですから、終わってしまうのは当たり前ですね。ベース設定を数段階上げ、その中で調整していけるのが理想です。パチンコは釘調整で回収し放題かもしれませんが、似たようなものです、基本的なお客さんが付いてないと、定期的な回収・放出による調整ができないですから・・

       »このコメントに返信
  12. 稼働命!って、いってますけどやっぱり殺しまくって、荒稼ぎしてる印象ですね。
    抜きまくってるイメージは、店員、社員の挨拶とかで、解消や!みたいなのが多いですね。
    全く楽しめなくて、出るときににこやかに

    ありがとうございましたー!

    は、腹が立って仕方ない。
    そんな店には、二度と行きません。
    楽しませるようにしてくれよなぁ。

    りょうが    »このコメントに返信
  13. 客の低レベル化で業界の見誤りがあった?
    貴方はアホですか。
    それは皆んなが不味いと言っているが、貴方達の味覚が低レベルで商売が上手くいかないと嘆いている飲食店みたいなもんだよ。
    その考え方が業界を衰退させた原因というか人として低レベルだわ
    対価に合わない事は誰もやらんよ。やらせたければ北にでも行ったら?笑

    麻痺    »このコメントに返信
  14. 正月営業(クリスマス新規オープンからの初平常日)でヘソに玉が乗った経験あります(笑)。
    正月営業って文言を見て思い出し、超久しぶりにその店を検索したら潰れてました(爆)

    横並    »このコメントに返信
  15. ユーザーの低レベル化は間違いなくある。
    頭の良い人間は早々にこんな業界から去っている。
    今残ってる大半はパチンコパチスロ依存症か純粋なギャンブル依存症の人達。
    ただ、これは業界運営側にも言えることであって、メーカーやホールからも頭脳明晰で未来視が豊かな人はもう存在せず、残りカスのような人間しかいない。

    ただそれが業界の見誤りの原因とは思わない。
    客の責任一つで片付けられる問題ではない。
    その証拠に①~④まで挙げてるが、そのほとんどは昔も今も大差はない。

    というかむしろ、低能で無能な客ほど扱いやすいはずであってギャンブルで騙す世界ならなおさら徐々に発展していっておかしくない。
    それが現状のような厳しい状況を招いているってことは経営者、オーナーがよほどの無能、もしくは金の亡者か本文でもある通り今後続けいていく気などさらさらなく、限界まで抜いて儲けたら店を畳むと決めているボッタ経営者ばかりなのだろう。

    抜いても来る、じゃないと思う。確かに抜いても来たケースはあるでしょうが。
    仮に客が減っていってもギャンブルをビジネスと捉えている無能経営者がいる以上、来なくなったらそれ以上に抜く、他のシマの客から抜く、ようになるだけ。

    なので結局はこのエントリーの内容のような経営者たちは上記のような無能経営者だったってことです。

    終焉近し    »このコメントに返信
  16. 皆さんのコメントは痛感しますし共感しますが、日報さんもそろそろpsの台粗利、時間粗利の記事書きましょうよ。台粗利万単位で取れてると思ってる方が多いみたいですから。勝ち負けやスペックがそうさせてるだけであって。

    むむちゃん    »このコメントに返信
    • 粗利の薄さを記事にしても、たぶん信じてもらえないかと思います。
      というか、あのデータを信じたら、ここでパチ屋批判なんかできなくなりますからね。
      人間、自分が信じたいものは信じますが、信じたくないものには目をつぶりますし。
      日報さんも、その辺がわかっているから、粗利関連の記事は書かないと思います。

      一般ゆーざー    »このコメントに返信
  17. 全ての元凶は、ガセイベントとガセ札にあった。

    パチンコ業界の凄まじかったことは、イベント全盛時代には、沢山のガセイベント、ガセ札ホールがあったという事実だ。

    他業種なら、一発で倒産レベルのことを何故か平気でやっていた。
    設定6って札やアンコウの札つけた台が連日出ない店があったんですよ(笑)

    パチンコ業界への不信感は、自滅なんだよね。

    イベントが禁止されたのは射幸心を煽るから?
    いまガセイベントやったら、ガンガンネットでさらされて叩かれまくりそう。

    いまさら問題にならないでしょうけど、ガセイベントやガセ札は、法に抵触してたんじゃない?

    元ベビーユーザー    »このコメントに返信
  18. 1日のパチンコ屋の売上から景品代を引いた金額はどの位あるのかな?例えば500台を設置する店の稼働率が三割程度で台粗利なんて五千円とか言われてもピンときませんし、1人当たりの平均負け額はどの位なのか知りたいですよね。利益を500台で割って五千円なんて計算では綺麗すぎませんか?

    浩二    »このコメントに返信
  19. 一般ユーザー様

    当方はあのデータの中に入っております。平均値程怖いものも有りませんが(汗)。要は玉粗利下げて稼働を上げる(これがパチンコ店の薄利多売です)

    例 スロット
    稼働10000×0.45円=粗利4500円

    稼働15000×0.30円=粗利4500円

    これが理想でしょうね

    その分設定が入れれる訳です。ただ、設定入れると玉単価が下がったり設定毎に稼働ギャップがあるので、私の場合(人それぞれ)アイムジャグラー系を例にすると私は中間ベースで運用します。それで大体、20後半~30銭位で台粗利3000円位ですかね。

    参考になれば。
    文章なので色々割愛してますし、あくまでも機種の例ですのでご理解下さい。

    むむちゃん    »このコメントに返信
  20. ココのサイトが知りたいのは1日の客一人当たりの平均負け額だよ。
    そこに「爆裂した客」やら「稼働していない台」の数字を当てはめても「何寝言ほざいてるんだ」で終わりだよ。
    理解以前の問題。質問に全く答えてない。

    これだから自称業界人気取り()は    »このコメントに返信
  21. 上司のご機嫌伺いの為に客を食い物にする店長よりも、人工知能で客の心理状況を確実に分析し、次に繋げられる設定を入れてた貰った方が業界や店の為だと思うが?
    サクラ雇って出た分け前は半分、そのサクラが女なら体までも金で買うのが店長の楽しみだと聞く
    やはり人間だと金をアゲルような設定は出来ないのでしょう。そんな設定なら知り合いに打たせ、半分は諦めて残りは貰い自分の収入へと考えるのがパチ
    ンコ店で働く人たちのレベルだよ。実際に去年そんな事件が全国記事になりましたよね。
    ならば店長なんて班長クラスに任せ、AIを活用した方が稼働は上がります!人材が居なければAIですよ

    一般パチンカー    »このコメントに返信
  22. だってしょうがないじゃない
    どっかのコンサルがね

    せっかくお客様にやる気を見せるからには
    出そうとしたら
    え?出すんですか?って言われたのは
    今でも忘れません。

    あんなコンサルがまかり通ってしまう業界ですよ

       »このコメントに返信
  23. 2番と3番はこちら側の都合ですね。

    お客様がお金をパチンコに配分しなくなったとかついてこれなくなったではなく、こちらが出さなくなったという認識がないと改善には辿り着けない。

    カニミソ    »このコメントに返信
  24. 一般の人がどれだけ遊興費にお金を使えるのか、
    それに合わせてどんな機種を作ればいいのか、
    考えてないから今の状況があると思う、
    依存症の人を相手に機種を作った方が儲かるでしょう、
    麻薬みたいに。

    雷電    »このコメントに返信
  25. 資金繰りなんじゃないんですかね。目前の負債のために粗利取れって、客つけるどころではなくなる。早い話、負けが負けを呼ぶパチンコ依存症と同じなんですよね。そりゃ経営者の気持ちもわかりますけど。

    レベル    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す