パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

選ぶ面接だけじゃダメ! 企業は面接で求職者に選ばれている!?


こんにちは、採用支援アベブの太田です。
アルバイトを希望する求職者の数よりも求人広告の数のほうが多い “売り手市場” となった現代。面接でもかつてとは違った対応が求められるようになっています。

多くの求職者はいくつもの職場へ同時に応募を出しているため、本当に働きたい場所を応募段階で決め切っていない場合があります。そうした今の求職者にとって、面接は自己アピールの場であると同時に、アルバイト先を決めるための “下見” でもあるのです。

なので、採用担当者も、昔のように 「求職者を選ぶ」 だけでは面接はうまくいきません。求職者に対してヒアリングをするだけでなく、企業側も求職者に対して自社アピールをする必要性が出て来たことが、“売り手市場“ における面接の特徴と言えるでしょう。

それでは、採用担当者はいったいどのようなところをアピールすればよいのでしょうか?

求職者が気にするポイントはこの2つ!

面接の際、求職者はこんなところを気にしています。

①面接に来た時、既存スタッフが良い印象を与えてくれるか

求職者が面接をしに職場に来るとき、最初に対応をするのは、採用担当者ではなく現場の既存スタッフである場合がほとんどです。応対にかかる時間はほんの少しだけですが、最初に会ったスタッフの印象は求職者が抱く職場のイメージに大きな影響を与えます。

もし、対応したスタッフの言葉遣いが乱暴だったり、面接の時間まで長くまたせてしまったりすると、求職者の意欲はダウンしてしまいます。求人期間中は、「応募してくれた方が来るかもしれないから、こんな風に対応してね!」 と事前に既存スタッフに伝えておくとよいかもしれません。良い案内をされると、求職者は 「この職場、雰囲気いいな、働いたら楽しそうだな」 と感じてくれるでしょう。

②仕事のやりがいや魅力がちゃんと伝わってくるか
 
応募してきた求職者はもうウチで働く気がある」 と決めつけて面接してしまうと、面接でシフトや時給などの条件のことばかりを話題にしてしまいがちです。もちろんそれも必要なことではあるのですが、求職者にとって “下見” の場所でもある面接の場では、求職者に 「ここで働きたい!」 と思ってもらえるような言葉をかけてあげることがとても大切です。

例えば、求職者に対して、「どうしてウチを応募してきてくれたのですか?」 と率直に尋ねてみるのはどうでしょう? そこで、求職者が 「まかないを食べられる仕事が良いなと思ったので、応募しました!」 と答えてくれたとしたら? その答えに応じて 「ウチには一人暮らしをしている学生がたくさんいますよ!」 とか、「お腹を空かせている学生さんには、まかないを大盛りにしたりするんですよ」 など、アピールになりそうな職場の情報を伝えられれば、求職者はよりその職場で働きたいと思ってくれるはずです。

できているつもり、ではダメ!ちゃんと求職者に伝わることが大切

「いやいや、そんなこともうやっているよ!」 とお思いの採用担当者もいらっしゃるかもしれません。でも、ちょっと待ってください。もしかしたらそれは、できているつもり、になってしまっているだけかもしれません。

下のグラフは、面接後の働きたい気持ちに影響する重要な3点について、上の段(濃いグレー)に 「面接官の意識」、下の段(薄いグレー)に 「面接を受けた従業員の意識」 をグラフ化したものです。



これを見るとわかるとおり、実は、できているつもり、になっていても、意外に求職者にとっては伝わっていないことが多いのです。いくら伝え手側の採用担当者がすべきことをしたつもりになっていても、実際に受け手側の求職者の実感に繋がっていなければ仕方ありません。こうした採用担当者と求職者のギャップを解消することが、求職者に選ばれる面接の重要なポイントだと思われます。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 会社のイメージって大切ですよね。小さくてオンボロのところでも、社員のみなさんが「こんにちは~」と笑顔であいさつしてくるところは、皆さん楽しくお仕事されてるんだなと思います。シーンとして雰囲気も暗い会社では、人間関係、組織体制の悪さ、また景気が悪いんだなというのが伝わってしまいます。こればかりは社員が自発的に改善できることに限りがあり、経営者側の意識を変えないと難しいですね。

       »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す