パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

「暖房費がもったいない」北海道ホールオーナーの切実な声


越水(山梨)、小野(愛知)、浅野(石川)、山田(埼玉)、原田(東京)、青松(長野)、阿部(東京)——これは全日遊連の歴代理事長である。

なぜ、歴代の理事長の名前を挙げたかというと、全日遊連の理事長は地方の苦しい状況を知っている理事長でなければ、業界はよくならない、という声が聞こえてきたからだ。

業界の業績が悪化した時代を振り返ると、原田理事長は2008年~、青松理事長は2012年~、阿部理事長は2014年~となっているが、2年間だけだが長野県の理事長が就任している。

「都会で営業している経営者と地方ではかなり温度差がある。地方で2~3店舗しか経営していない人が全国のトップになってもらわないと、地方の苦しさが行政にも伝わらない」と話すのは北海道のホールオーナーだ。

JR北海道は全区間が赤字となっている。北海道の人口が札幌へ一極集中していることの弊害が周辺人口を押し下げ、鉄道利用者を減らし、赤字を生む原因にもなっている。赤字路線の駅前で営業していた小型店舗がまず淘汰され、全国大手の進出で地元ホールは瀕死の状態が続いている。

北海道で苦しんでいるのはホールやJRだけではない。劇団四季は昨年11月から今年2月まで劇場を閉館していた。理由は冬場は集客できなくなったためだ。人気のキャッツでも満席にならず、平日は東京よりも3000円もチケットの値段を下げるほどだ。東京でチケットはなかなか取れないが、北海道ならいつでもチケットが取れる状態が続いている。

「息子が同世代の若手経営者とどうやったらお客さんが増えるか、話し合ったことがあったが、もう、諦めた。情熱もなくなった。そもそも中小ホールは釘を開けてもお客さんは来ない。色々な業界コンサルも使ってきたが、北海道の瀕死のホールを立て直すことができるコンサルはいない。本当に業績を上げて欲しい時は逃げる。彼らは詐欺師だ!」と憤る。

かつては冬場は北海道レジャーの花形だったパチンコは今は昔。ユーザーの高齢化と共に車を運転できなくなったことも影響している。

「北海道の冬場の暖房代はバカにならない。今は従業員のために暖房を入れているようなもの」

この切実な言葉に北海道の実情が表されている。全国的にも過疎化が進んだ町からパチンコの灯りが消えていく。

「等価になってからお客さんも苦しくなった。かといって日報さんが指摘する40玉交換には今さら戻れない」

とはいうものの、業界に公平感があったのは40玉交換で打ち止め開放があった時代だ。午前中に終了した台は午後から、午後に終了した台は、夕方に抽選開放することで、各時間帯の稼働を押し上げてきた。昔の営業方法は先人の知恵だった。

等価交換に慣れきった今のユーザーはすぐには馴染めないかも知れないが、そこに引き戻すことが業界努力だろう。

ガラガラポンで客層も一新しないことには、業界の再生はできないのかも知れない。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 自分が住んでいる関東地域でも、新しいパイパスが開通すると新しくパイパスに開店したホールに客集まり、古い街道沿いにあったパチンコホールは軒並み閉店してしまいますので、
    北海道などの地方都市の場合でも、周辺人口の過疎化と高齢化対しての対策はホールが集客の見込める地域へ移転する以外には無いのではないかと思います。

    また、パチンコ日報様が推奨している《40玉交換》や《打ち止め・解放制》に関しては、
    他のコメントの方々もおっしゃっておられますように、
    現在のパチン新機種は等価無制限用の激辛いゲージやスペックの機種しか発売されてはいないので、
    客をガラガラポンするのではなくて、パチンコメーカーの開発スタッフや権利決定者の一陣をガラガラポンするべきだと思います。

    イケロン    »このコメントに返信
  2. ガラポンですね~今のパチンコ遊技環境には辟易していますし、一ユーザーとしては、壊滅的な状況にまで落ち込んでしまってもいいと思います。そこから何か、新しくて面白いものが生まれてくるかもしれませんよ。

       »このコメントに返信
  3. 何度も同じ書き込みをしますが、
    パチンコに関しては現在の大当たり抽選方式の変更が最も望ましいと思います。
    遊パチの1/99でも300回転とか、ともすればちょいパチの1/39でも200回転とかになる現在の抽選方式では、フィーバー機の醍醐味である大当たりが体験出来ない場合が多々有ります。

    この状況を打破しない限り、景気が良くなろうが、サラリーマンのお小遣いが増えようが、メーカー開発陣が一層されようが、機械代が安くなろうが、40個交換になろうが、4円パチンコの復活は無いと思います。

    福岡在住    »このコメントに返信
  4. ファン感しか抽選の類いはできないと聞いたことがあります。
    何でもかんでも規制なので、ガラポンするなら、全てをご破算にして、再度自助努力させる環境作って見て欲しいですかね。
    色々諦めてるお店が多いですよね?スタッフとの会話も楽しくないお店増えてます。
    環境を嘆くより、今を頑張って下さい。

    だから18歳未満禁止でしょ?    »このコメントに返信
  5. 大手とはマルハン、ダイナムのことですね
    自分の地域もマルハンやダイナムが進出してきてからおかしく
    なりました。他の昔からあるパチンコ屋も揃って等価交換または限りなく等価に近い換金率に変わり換金率を上げれないパチンコ屋は全て潰れました。あと元々客が少ないのに換金率を上げたお店も利益が出ずしばらくして潰れました。
    パチンコ屋さんは全国チェーンなんていらないです!
    利益確保の為に今の時代は客が減ってるからどこも回収回収で客は負けてばかり、小さな系列店なら赤字店舗だけ
    どうにかすればなんとかなるんでしょうけど全国チェーンのお店の赤字は全てのグループ店で回収してるはずなので
    大手でも苦しいはず!店舗を増やして利益をあげたい
    が為にパチンコ業界をどん底にさせたのは大手の責任。

    納豆ご飯    »このコメントに返信
  6. 地域による光熱費の違いは痛いけど仕方がないですよね
    景品でヒートテック置くと売れるかなw更衣室あります!すぐ着て頂けます!みたいな

    カニミソ    »このコメントに返信
  7. 確かに北海道や東北北部の冬季の暖房代は馬鹿にならない。
    逆を言えば沖縄の冷房代も馬鹿にならない。
    京都盆地は暑さ寒さが酷いので一年中馬鹿にならない。

    どうもこうもお客さんの稼働を上げなければ解決しない。

    ペガサス    »このコメントに返信
  8. ホール内の空調費用は確かに馬鹿にならないものですが、
    「居心地のよい環境」を提供することは集客の基本。暑かったり
    寒かったりするホールには、行きたいとは思いません。
    無能な会社経営者は、メンテナンスにかかる費用を惜しんで削ったり
    します。削ってはならない部分を削らないようにしましょう。

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  9. 暖房費用がもったいない。
    客が来ないからだと思うが、それじゃ客が来るような工夫や努力
    何をしているのか問うてみたいね。
    ただバカの1つ覚えのように新台入れてるだけじゃないの?
    経費がもったいないなら、ホールをたためばいい。
    努力もしないで楽して儲かった過去が忘れられないのだろう。
    こういうホールは、さっさと淘汰されるべきだよ。

    どんな仕事も努力と工夫しているんだよ    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す