パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

やっぱりあるメーカーの合併話?


大手メーカー同士の経営統合について書いたのは5月19日だったが、別のルートから似たような話が寄せられた。

市場がこれだけ縮小しているのだから、経営統合があっても何ら不思議ではない。それよりも市場が弾ける寸前のところまで近づいていることの方が怖い。

「今のパチンコ業界は遊技人口が減っているのにも関わらず、市場規模はそれほどしぼんでいない。それはプレイヤーの1人当たりの使用金額のアップと遊技機価格の高騰によって持たされている。消費者の使用金額が過去の倍以上になり、ホールの仕入れも倍以上になっているが、メーカーとホールを支えているのは消費者だ。消費者が買い支えられなくなった時に一気に風船がしぼむ」(経済アナリスト)

10年後もその会社が生き残っているか、それとも消滅するかを判定する場合、「安定性」「稼ぐ力」「リストラ余力」「給与上昇期待度」の4つが一つの指標になるという。

「安定性」は、企業経営の健全さを示す。10年後に生き残っているか、衰退しているかを反映する指標だ。

「稼ぐ力」では、投資に見合うだけの利益を生み出す力があるかどうかを見る。その業界が成長産業なのか、そうでないのかが表れる指標でもある。

「リストラ余力」は、リストラを行わなくても企業経営を続けていく体力があるかどうかを示す指標。今後の成長が期待され、人材を積極的に採用すると予想される企業ほど値が高く、リストラされる危険が高い企業ほど値が低い。

「給与上昇期待度」は、現在の業界平均と比較し、10年後の給与水準がどうなっているかを予測したものである。

これを業界メーカーに置き換えると、遊技機の製造コストをいかに下げるかが今後の課題になってくることが見えてくる。最終的にユーザーである消費者が買い支えられなくなれば、遊技機価格を上げて売り上げを維持する方法もいずれ通用しなくなる。

「台湾の鴻海は世界的な製造受託メーカーですが、パチンコも4~5社のメーカーがホールディングスを組んで海外で一カ所の工場で作ってもおかしくないところまで来ている。セガとサミーが合併したころに、大手同士の合併話もありましたが、個性のあるオーナー同士なので流れましたが、あの時からは状況が大きく違っている。お互いを補うところはないかを模索しています」(経済アナリスト)

平和とオリンピア、セガとサミー以来の大型合併が水面下で静かに進行している?


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 市場規模がしぼんでいないところに、この業界のいびつさが見えてしまっていますね、
    今までは直接金を巻き上げていたホールに、消費者の非難の目が集中
    していましたが、メーカーの消費者を顧みない傲慢な殿様営業
    も、
    巷に認識されるようになってきました。
    ホールばかり規制で締め上げてもこの業界は良くはならない。
    メーカーにも、行政のメスを入れないと。
    カジノに参入しようと目論むメーカーも多いでしょうが、これだけ悪辣なことを
    してきたメーカーを、そう簡単に噛ませてはいけません。
    叩けば、それこそいくらでもホコリが出てくるでしょうから。

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  2. 合併には痛みを伴いますよね、その裏ではリストラやら配置転換があるわけで。下請けも整理されてしまい仕事を失うところも出てくるでしょう。業態衰退の一つの形態と思っておいた方が良さそうです。

    アメリカのゲーム産業で、アタリショックというのがあったと思います。クソゲーが溢れたせいで、ある年突然ユーザーがゲームを買わなくなってしまったんですね。こんなことがパチンコ業界で起こらないとも限りません。実際、店舗単位では起きていると思いますが、全国的に機械が統一されている現在、店舗ごとの多様性は失われていて、落ちる時には一気に落ちていくのではないでしょうか。

       »このコメントに返信
  3. 土日のホールを見ると、まだあんなにカネが動いているのかと驚きます。まだメーカーと大手ホールは大丈夫なのかなと。ただ、もう少し中小のホールがつぶれて、大手の寡占が進んだとき、かなりの修羅場になる気がしますが。

    打ち手    »このコメントに返信
  4. アタリ
    懐かしい名前だな
    社名の由来は囲碁用語
    他にも 未生、完生などの用語も有りますね
    この業界
    自分達が 何時迄も未生だと言う謙虚さを 社会に対して持ち続けるべきでしたね

    三文オペラ    »このコメントに返信
  5. >これを業界メーカーに置き換えると、遊技機の製造コストをいかに下げるかが今後の課題になってくることが見えてくる。

    現場からすれば
    傾向はまったく見られないのが現状

    54万(税込み)ですからねぇ
    実際

       »このコメントに返信
  6. サンセイと京楽が合併して物凄く派手な台を作ってもらいたいですね。そして派手に散って貰えれば歴史には名前が残りそうです。

    バイター    »このコメントに返信
  7. またこの手の話題ですか?
    初代海物語とかめぐみ工務店とかあった頃の台枠に戻せば
    台の価格を抑えられるでしょう?
    昔の台は島を横から見ると限りなく水平だったのが今は上皿や下皿とかの出っ張りが大きくなり盤面の周囲もこれでもかと言わんばかりに派手になり過ぎ。

    派手な台を作っておいて価格を抑えるコストカット?みたいな
    ことを考えるなんて時間の無駄!昔の台枠に戻せ!!

    演出のボタンのせいでアホが力強くボタンをグーで連打で叩き迷惑だ!

    あと握ってレバーを手前に引けってどこかのメーカーの台に演出があるけどそれも自分の隣で島が揺れる力で引くバカがいるから迷惑!
    とにかく周りの客に迷惑にならない演出の台を作って欲しい!

    納豆ご飯    »このコメントに返信
  8. なぜ価格を下げなくてはいけないの?
    客は相変わらず定期的に買ってくれるのに下げる必要はないでしょう。利益が減少したら値上げが
    普通ですよ、値下げなんてない

    メーカー大好き    »このコメントに返信
  9. 魅力あるモノ、なら衰退なんてしない。
    自分たちが作ってる機械に、自信あるんでしょ?

    今は運営側よりも打ち手のほうが間違いなくいろいろ肥えてる。
    飲食店で言えば、コックやシェフよりも来店客のほうが美味しい料理を知ってる、作れる。そして店員よりも料理の内容をよく知っていて、店員に質問してもしどろもどろって感じかな。
    素人が専門学校を卒業したところで数年打ってる打ち手にはかなわない。
    やっぱり何かを作るには実際に自らもやってみないとダメってことなんですよ。

    素人集団の作ったような内容の台には、もういろいろ限界だと思いますよ。
    しかし1流メーカーが素人集団っていうのも泣けてきますね。

    1台50万円なんて100人いれば99人がそんな価値は無い、と言うと思います。

    斜陽    »このコメントに返信
  10. メーカー大好き

    その通りですね。メーカーは全く悪くありません。なぜそのように話のすり替えが出てくるのか疑問ですね。

    ホールが買うなら値段は上がる一方ですよね。買わないという選択肢もあるのに買うわけですから、悪いのはホールです。お客は別に望んでいないのに買うホールが全て悪いですね。

    低貸し低換金率派    »このコメントに返信
  11. 台の寿命を上げるには台の価格なんでしょうね。
    出たためし、実績がないとどんなに頑張っても
    お金を使って貰えないですよ。私も打てません。

    接客さえ出来てれば年寄りが負けても負けても
    来店するなんてのは今の時代では無いですよ。
    古き良き時代

    眠り木    »このコメントに返信
  12. 今の現状結果は店の責任だと気付かないなら経営者失格です。客からの信頼を裏切る事が店の利益に繫がり若輩な店長達は全体客をコツコツ減らしてメーカーから新台を買い続けてメーカーの信頼だけは裏切らない阿保な結果には笑えますな

    メーカー大好き    »このコメントに返信
  13. 新台に期待しすぎる客にも問題あるけどな。

    金平糖    »このコメントに返信
  14. 金平糖さん
    激しく同意です。
    そしてこの
    新台=出る
    というメッキが剥がれた時、一気に淘汰の波が来るでしょうね。

    貧乏人    »このコメントに返信
  15. 業界の人が見てる、でもトップは見ていない。何の意味も無いからもう書くの止めるわ。アホらし過ぎる。

    嵐雪達磨 (@emofuton)    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す