パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

ゲーム業界は飽きられないことに対策を練り、パチンコ業界は飽きられることが商売になる?


2012年にリリースして、昨年3月末で累計4100万ダウンロードを突破し、大ヒットを記録しているガンホーのスマートフォン用アプリ「パズドラ」。

パズドラ発売から3年目の2015年度の売り上げは、前年対比で下がったとはいえ、売上高1543億円、営業利益は724億円とパズドラ一つでこの収益を叩きだしている。

この売り上げと同等のクラスをパチンコメーカーで探してみると、SANKYOが該当する。同社の2015年度の売り上げは、1465億円なのだが、営業利益は132億円だ。スマホゲームメーカーとパチンコメーカーを比較すると、決してパチンコメーカーがぼろ儲けしているわけではないことが分かる。そりゃ、ハードを必要とせず、ソフトだけの方が利益率が高くなるのは当たり前だ。

単純なパズルゲームとRPGを融合させた「パズドラ」は、基本的に無課金でプレイできるが、魔法石というアイテムを購入することで、ゲームを有利に進めることが可能。しかし、ゲームを進めるなかで魔法石を入手できるチャンスはあり、無料でも充分プレイできるのが特徴だ。

ゲームシステムに対して「すごい」「奥深い」などといった意見はあまり見当たらず、むしろ「単純で簡単で手軽」といった意見が多かった。どうやら、誰でも気軽にプレイできる単純さこそが受けているようだ。

しかし、どんなに面白いゲームでも毎日やっていたら、さすがに人間は飽きてくる。ガンホーの森下社長はその対策を次のように話している。

「昔はサイレントマジョリティは何も言わないでその店から去っていきましたが、今のサイレントマジョリティーはSNSやブログを通じて不満の声をガンガン挙げています。これを1年365日、24時間見ながらパズドラのデザインやシステムを絶え間なく変えています。これがお客さんに飽きられないようにする対策です」

さすが、ネット社会を熟知した会社の対応といえる。

ユーザーの不満はSNSなどから拾い上げ、それを即座に解消している。パチンコ業界とは大きな違いだ。日報コメントにもユーザーの不満は毎日のように書き込まれている。メーカーやホールの上層部の人も日報は読んでいるはずだが、コメント欄までは読んでいないのかも知れない。コメント欄は改善策の宝庫といえるのに、改善される兆しがないことが業界の将来を暗示する。

業界がよくならない理由が理解できるのが、メーカーのこういう考え方だ。

メーカーは機械代を下げる考え方は毛頭ない。その理由についてある大手メーカーの関係者はこう話す。

「パチンコ離れが進んでいるが、今、質を落として機械代を下げれば、ショボい機械となって、ますますお客さんは打たなくなり、結果的には客離れにつながる。特にシリーズ作は前作よりもどんどん派手にしていかないと、売れないし、お客さんも打たない。それがエスカレートしたことは否めないがシンプルなものを作る考えはありません。騒音問題については台にボリュームをつけることで対策はしています」

殺人光線に対しては無回答だったが、価格を下げる=ショボい機械になるとの固定した考え方しかない。こういう硬直化した考え方しかないから今があるのだろう。

ま、パチンコ業界の機械メーカーは飽きられるから、次の新台が売れるぐらいにしか考えていない。メーカーにとってのお客さんは買ってくれるホールではなく、最終的には打ち手であるユーザーという意識改革から始めますか?


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. スマホゲームの制作コストは1億円程度だそうです。リールや箱は既存の流用だから低コスト制作は可能だと思います。一万台売れるとして、製造コストを一台あたり15万程度まで下げられないものでしょうか。市場価格で30万円程度までは落とせませんか?

    元ベビーユーザー    »このコメントに返信
  2. こういう台を求めてるのはホールでしょ(笑)

    ヤマダ    »このコメントに返信
  3. 「決してパチンコメーカーがぼろ儲けしているわけではない」
    十分、ぼろ儲けしているでしょう。と思うのは、自分だけ?

    まあ、この業界に末端ユーザーの事を考える意識があれば、ここまで酷くはならなかったでしょうが、意識改革なんて無理。
    長年やってきた事、そう簡単に変わりません。
    結局、少なくなりながらも打つ客から取る事しかしないのが、この業界なんですから。

    む~り    »このコメントに返信
  4. 無理ですね
    音量はボリュームを付けて対策をしてる
    ↑隣や背後でボリュームを最大にされると自分の台の音は聞こえず頭や耳が痛くなる。
    光に関しては無回答
    ↑長時間打つ気になりません
    メーカーの設計者は一度ホールに行って自社の台を打ってみろ
    いかに煩く目潰し光線が酷いかわかるから

    納豆ご飯    »このコメントに返信
  5. メーカーは工夫うはしてると思うが? ちょいぱち、手打ち・・・

    ゲーム性を云々言いますが、基本パチ客はゲームをする為に
    ホールに行く訳で無く、換金目的

    勝ちにくいから・・・行かなくなった。

    ここは直してほしい部分・・・当たりもしない煽りリーチ頻発、激アツでも疑心暗疑(少し前は脳汁出た)ゲーム性うんたらより悪意を感じる。

    クソのかたまり。    »このコメントに返信
  6. パチ屋が、なくなれば20兆円が他に流れて景気回復すると思うよ。
    脱税分も無くなるから税収も増えるんじゃないの?
    人生が狂う人も少なくなるし
    良い事だらけやんww

    桜井誠支持者    »このコメントに返信
  7. パチンコをつまらなくしてるのはホールだって!
    台自体は工夫されているけど回らない、当たらない、出玉を削る…ストレス溜まるだけ。
    先ずはホールの意識開拓で長く設置出来る環境をつくりメーカーに頼らない状態にしないと

    名無し    »このコメントに返信
  8. SNSなどで文句を言うのはサイレントマジョリティではないと思いますけどね、まぁそれでパズドラは飽きられていないならいいでしょう
    やった事ないんでよく知りませんが。

    声を上げてくれる人はまだそのゲームやらコンテンツをやってる人です、その意見に対応していけば既存客の減少は防げるかもしれませんが新規の参入のハードルがドンドン上がって行くんじゃないかと思いますね。

    客の声を聞くのは大事ですが声を上げる大きな声ばかり聞いてるととんでもない迷走をするかもしれませんよ。

    パチンコに関してはもう遅いかもしれませんが。

    DNT    »このコメントに返信
  9. 店側も新台と中古の価格だけ見て長期稼動は考えていないですよね
    新基準は返しのせいで回りムラがとても大きいです。停止時間の増加、無駄玉、演出の間延びによって体感−4くらいの回りになります。また時間効率が悪いので当たりも重く感じます。データとは違う感覚の問題です
    それなのに旧基準の感覚で寄りを叩いている店はスペックの確認と試打くらいしましたか?

    ミドマ    »このコメントに返信
  10. 客が何を求めているか、何を不要と思っているか、客目線で開発をしなさい。まっとうな製造業ならやっていることです。
    それをやらないから、さんざん叩かれるのです。本当に、マジにその点は猛省して欲しい。
    工夫はしていると言われますが、机の上で考えず、実際に打って
    考えて欲しい。もうね、ここに来ている人が散々言ってるから、今更書き込むのも億劫ですわ。でも、言わないと始まらないからなあ。

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  11. 普通に供給過多が原因かと思われますが…

    そんなに、望んでもおらずに次から次へと新台入れ替え。
    収支度外視で打ち込めばスルメ台になりそうな台でも演出見たさのコアなファンも居ることも事実なのに、そんなファンを気付かずかあえて分かってても入れ替えしてか時代背景でさせられて飛ばしてしまう。
    パチンコ104サイトのパチコミュニティーを見てると、そう思います。

    10年近く前、パチンコ屋のトイレに最近新台入れ替えが多くなって費用が掛かってしまいお客様の負担額増えてしまうので、当店は入れ替えは極力行わないようにするよう努力したいと思います。って貼り紙がしてありました。
    その時はパチンコ屋も苦しいんだなって思いましたが、ソコソコ優良店でしたが切な願いも努力も届かずそのお店は無くなってしまいました。本当に残念な事です。

    話はズレてしまいましたが、パチンコパチスロの醍醐味は玉を出すことだと思います。そしてそれを出さざるを得なくさせてしまっているメーカーさんには少しおさえてもらって努力してもらいたいと思いますね。

    通りすがり    »このコメントに返信
  12. 去年出た台で半年は大丈夫だろうなという手ごたえがあったのは、沖海4くらいなもんでしょ。ルパンやガロ、モンハン、慶次、蒼天、エバなんもづっこけ続きでしたからね。ただ昔と違って、ホール側もネームバリューのあるから大量に入れるという事はしなくなっては来てますからね。

    珍本    »このコメントに返信
  13. 騒音問題はボリュームで解決しています?
    隣が大きくすれば五月蠅いままで根本的解決になりません。

    機械代下げればショボい機械しか作れない?
    版権にぶら下がってるくせにショボい機械と言われても誰も納得しません。版権利用に数十億を平気で出せるならそれを普通に開発費に回せば何機種できるんです?
    その分安くできるんじゃないですか?

    シリーズをどんどん派手にしていかないと売れない?
    そもそもシリーズ出し過ぎて打ち手は呆れてます。北斗・牙狼・エヴァ・ルパンなんかよい例です。
    シリーズが売れると勘違いしてるのはホール側です。客はもうまたかとしか思いません。

    開発のネジが5~6本抜け落ちてるんじゃないですか?
    ホール相手に開発するのがお仕事でしょうけどね。最終的に判断を下すのは打ち手である客です。

    その事をいつまで気づかないんですか?

    てってい    »このコメントに返信
  14. どうせ今年も警察と組んで色々と規制を掛けてメーカー特需に誘導するんでしょ??ウハウハですねメーカーは☆

    ガチャ丸    »このコメントに返信
  15. 光量調節機能がない大手メーカーというとSansei、京楽、藤商事かな。

    藤商事は見た目に関してはショボい部類なので違う。京楽はどんどん派手にしていった結果、打たれない→売れない連鎖に陥ったのでこれも違う。そもそも大手メーカーと呼べる位置にすらいない。

    よって本文中の大手メーカー関係者はSanseiですね。

    まよたま    »このコメントに返信
  16. 本日の本文記事はセブン機ばかりを発売して、なおかつそのセブン機の売れ行きが好調なメーカーからの回答文だと思うのですが、

    つまらなくて売れないセブン機ばかりを発売し続けて、会社経営が傾き掛けているような赤字のメーカーに、
    『どうして面白いセブン機を開発する能力が無いのに、他社と同じような横並びで通り一辺倒なセブン機ばかりを作らなければならないのか?』って質問をしていただいて、
    その回答文も見てみたいです。

    イケロン    »このコメントに返信
  17. 本文とコメントで気になった部分を幾つか。

    スマホゲーとパチンコでのわかりやすい差は
    手元にスマホがあれば24時間365日(メンテナンスを除いて)プレイできるかどうか、という部分があります。
    全てのスマホゲーが10時から23時の間に特定の施設内に行き、目的のアプリ遊技権のある席に着席できないとプレイできなかったらここまで普及してません。
    時間と場所を問わないお手軽さは決してパチンコが到達できない舞台です。
    逆にスマホでプレイできるパチンコアプリの結果に応じて特殊景品が獲得できればパチンコアプリ自体の普及率はスマホゲーに劣らないでしょう(勿論、無理ですが)

    更に言えばスマホゲーは認可式ではないので、メーカー独自にいつでもその内容に手を加えることが可能です。
    ホールに設置されている遊技機の全ては本来型式試験時の内容から変更することができません。
    世に出た遊技台にどんな意見が出たとしても、それを改善することはメーカーにはできないのです。
    後継機やリスペックで仕様変更状態の台を開発することは可能ですが、再度型式試験と各公安の検定通過の手間はスマホゲーの更新と比べて遥かに大きいものでしょう。

    機械代を下げる方法として、
    全メーカーがパチンコ枠の共通化を図り、セル交換のみで販売するだけでも価格を抑えつつ、他メーカーとの差が筐体で出ない状況にできるんじゃないでしょうか
    無駄に前にせり出して行くパチンコの枠を見ていると、こんなものを搭載するから台価格が馬鹿にならないんじゃあないかと思えてしょうがないです。
    今度の牙狼は60キロ超えるらしいですし・・・
    決められた枠組みの中で以下に魅せるか、というレギュレーション的なものを台枠で行うことも方法の一つだとは思います。
    スロットもオリンピアが面替え方式をとっているので、同じようなことは可能だと思います。

    果たして全ユーザーの何割が派手な演出を望んでいるのか、正確にアンケートを取るべきだとは思います。
    型式試験の基準や内規の問題で変動時間に関していろいろあるのかもしれませんが、
    海物語の変動演出が試験通過する以上、他の台もあれと同じだけの時間で1変動を作ること自体は可能なはず。
    現状の常にガチャガチャした通常時の演出はメリハリの意味を捉え間違えた結果にしか見えておりません。
    普段が静かであればあるほど、動きのある時の期待感は大きくなり、さらに静かな状況でもさくっと図柄が揃うと驚きを与えることもできるのです。
    海物語のバランスが全て正解とはいいませんが、先読みだ保留変化だ擬似連だチャンスアップだメーカー柄だカットインだ役物だと5個も6個も激アツ演出が絡まないと当たりもしない台よりかは間違いなく長時間打って楽しめる演出だと思います。


    長文でスイマセン。これでも言いたいことかなり要約してみてます。

    匿名希 望    »このコメントに返信
  18. 今日は面白いコメントが多い。
    ただ勘違いしている部分が開発の能力。
    極一部のメーカーを覗けばセブン機しか作れない。
    能力や発想が無いんです。
    言い方変えれば保通協を通す知恵が無い。
    人数いても作れないから笑えるんだよ。
    言い訳はいつも同じ。
    いい物作っても店が釘閉めるから使えないってな。

    IR    »このコメントに返信
    • 《餃子の王将》や《天下一閃》などの4000〜5000発の出玉獲得システムが保通協を通過しているのだから、

      大当りして右打ち時の出玉獲得は同じようなシステムを採用して、
      通常時の大当り獲得時の役物やゲージ構成だけを新しく開発するようにすれば、
      現在でも面白い権利物や一発台をいくらでも作れると思うんですけどねぇ…………………。

      イケロン    »このコメントに返信
  19. 別にユーザーは謎技術による音響やハンドルやワルサー役物を求めてはいないんだけどね。

    負け逃げできる初当たり出玉やA-gonみたいな楽しめる台が欲しいのねん。

    ガヤ    »このコメントに返信
  20. おそらく《パチンコ機種》に対してのコメントをなされている方々が、いちばん不満と考えておられる事は、

    約1年毎にシリーズ物の後継機種が発売されると、大半の後継機種は、ここのコメント欄に書かれている点とは正反対の改悪ばかりが行われてしまっているからではないでしょうか?

    イケロン    »このコメントに返信
  21. 本来のパチンコの楽しさとは、
    “玉の動きに一喜一憂すること”でした。

    パチンコの確率変動の楽しさとは、
    “連チャン&爆発力”です。

    パチンコの時短機の楽しさとは、
    羽根物以上の出玉と確変機以下の波の穏やかさでした。

    パチンコ全盛期の頃は
    パチンコ本来の楽しさを持つ羽根物と時短機と爆裂機、全てが混在。
    ライトユーザーヘビーユーザーが、好みの台で遊べていたのです。
    そして勝率も5割はあったと思います。
    勝ったり負けたりして、上手く客を遊ばせていたと思います。
    つまりパチンコという遊びは
    “勝ったり負けたりのバランス”が非常に大事なことなんです。

    今はどうでしょう?
    今のパチンコの楽しさとは何ですか?
    負けが前提で
    液晶をボケーっと眺めて
    ドでかいボタンを親の敵の如く殴打して
    子供向けの玩具のハンドルや剣を使って楽しめと言うの?
    パチンコは玉を出してなんぼ。
    それ以外は+αでしかない。

    サファイア    »このコメントに返信
    • その通り。

      「タイミングピッタリ剣を押したり、レバーを引いたり、ボタンを高速で連打をしても、
      最初から結果が変わらないゲームの何が面白いの?」

      などなど、小学生や幼稚園児にまで馬鹿にされるゲーム内容!

      それが現在の「セブン機」

      イケロン    »このコメントに返信
  22. 高い価格にしても、ショボイ台しか作ってないやん!
    もう手詰まりとちゃうか?

    チキンライス    »このコメントに返信
  23. 今のパチンコホールの仕組みならアプリでも良いのではないですか?デジタル回すだけなんだから。
    店舗なんていらない。三店方式の換金はそのままネット上で出来ますしメーカーの生き残りにはアプリでパーラー経営もあり!
    今時鉄の玉を釘に打つける時代ではない!

    メーカー系    »このコメントに返信
    • いや、だから今のパチンコは玉や釘を使わなくても行えるようなパチンコばっかりになってしまっているのが、パチンコ業界の衰退の原因なんだから、

      メーカー系の方々には是非とも、

      《玉と釘を使わなければ絶対に再現不可能なパチンコ機種の開発》に挑んでもらわないと。

      ゲーム業界は多種多様な様々なジャンルのゲームの開発にチャレンジしているし、

      パチスロだって出来るだけ新しくて斬新なメダル獲得システムの開発に努力をしているわけだから、

      パチンコ業界だけが何もかもあきらめてセブン機一辺倒な機種開発ばかりを続ける必要は無いのでは?

      イケロン    »このコメントに返信
  24. 現状、メーカーが5の利益が出るような価格にして売却し、そこからホールがこれまた5の利益を出すような調整で設置していたとする。合計は10。(数字は例えです)
    これを例えばメーカーが売り上げが下がる覚悟で頑張って価格を下げ利益3でホールに売却した場合、ホールは今まで通りの5の利益で設置しユーザーに2を還元するのでしょうか?個人的には還元しない気がしますが。

    凡人    »このコメントに返信
    • 現場を任されている人も大きく二つに分かれる。
      とことん客を馬鹿にし来る客から抜くのが当たり前。
      求められる利益異常は抜かずに客や店を大事に考える。
      勿論オーナーやトップの意見に逆らうことはできません。
      可能性があるのは求められる利益が下がれば、その分は還元できる部分。
      機械購入費が下がれば当然ココが下がりますからね。
      ココでよく話題になる良い時代の機械代金。
      平和の麻雀物語が出るまでは1台10万以下。
      今は40万後半も珍しくありません。
      それで台売り当時より低いなんて笑えない状況。
      出せるわけないよね。

      psイケロンさん レスさんくす

      IR    »このコメントに返信
  25. 面白い台なら、勝ち負け度外視です。
    5スロで、低設定濃厚のクランキーセレブレーションを打つ毎日。最高。

    派手な台が面白いとは限らない。

    うみ    »このコメントに返信
  26. 歌舞伎町のボッタクリと今のホール経営の違いが分からない。鼻息だけ洗いパチンコオーナーの応えは金だけ。所詮はお国柄

    あり得ないけど慰安婦問題と同じ応えがパチンコ産業なのかな?

    バー    »このコメントに返信
  27. 放っておいても3年で検定が切れて入れ替えざるを得ない(みなし設置除く)わけで、本来は新規参入の少ない業界においてメーカーは非常にオイシイ商売ができるはずなんです。ただ、それが当たり前になってしまい高コスト体質、高い利益が出る状態で会社が成り立っているものだから、より儲けるにはどうするかというと、設置期間を短くさせるしかないんですね。全く新しい台を出すよりも後継機を出した方が、古い方を陳腐化させる効果があるので良いと思っているのでしょう。
    自分たちがいかに甘い環境で仕事ができているのかを、しっかりと自覚する必要があるのでしょうね。

       »このコメントに返信
  28. 人気機種の粗利を落として集客につなげようとしている店とまたは相乗効果で稼ごうとしている店はありそうですね。
    私は懐が温まる日があってこそのパチンコだと思ってますのでがらがらで飽きられている店よりは前者の店を選びますね。

    ラメン    »このコメントに返信
  29. とにかく、2代目、3代目、4代目っと続編が出る度に「何を考えて作ったんだ?」って思う台が多過ぎです。

    面白いって思い作っているならば、開発に携わってる連中は病院に行った方が良いのでは? っと本気で思う様な台が多過ぎます。

    ホールに対しても言いたい事が有る。新規の若者層の客(特に若い女性)が欲しいのならば、何故、ボタンを強打したり殴りつけたりする様な演出に対してメーカーに苦情を言わないのか。 そして、その様な行為を行っている馬鹿に注意をしないのか??

    となりで真っ赤な顔して必死にボタンを殴り続けている輩(主にジジイとババア)にドン引きして、2度とパチンコ屋に入らなくなった若い女性の方は相当多いっと思われます。

    結局、新規の若者層が欲しいってのは口先だけで、本音は年寄り層を囲い込む事がメインって正直に言いましょうよ。

    音量、殺人光線、馬鹿のボタン殴り。 これらを解決しない限りは、新規の若者層の獲得→定着なんて夢の夢だと思います。

    ライスシャワー    »このコメントに返信
  30. いやーほんと完全に詰んでますなぁ
    業界のまだ若い人はとっとと転職すべき
    なんだかんだ言っていまの求職事情は近年では結構マシよ?

    歩行者    »このコメントに返信
  31. ホールの方々は安く商品を譲っても出世欲で客には還元はしない店長幹部たち
    オーナーは店長幹部任せで会社の利益が出せれば良し
    結果的に数字しか頭にない業界潰しの未熟な店長たちが私腹を肥やして終わるでしょう。
    ホール業界の皆さんもかんがえましょうよ、若い未熟な若者を店長として金だけを基準に評価すれば業界全体が衰退します。客有っての世界が若者たちには理解出来ていない

    メーカー系    »このコメントに返信
  32. たしかここでも以前誰かがコメしていたし、別所でも話題に挙がった事があったけど
    販売価格40万に見合うようにする為にあえて余計な物をくっ付けて価格維持をしていないか。という話。

    例えば近年平和(ルパン・ガルパン)、SANKYO(マクロスF2)、ニューギン(忘れたw)etcで採用されていた
    メイン液晶左右にあるサブ液晶を使用した3モニター形式。

    画面の情報量増えすぎて忙しい・慌ただしい・見にくい。
    そのうえせっかくの見たい映像が3分割されて版権ファン層でガルパンおじさんな俺からも不評という、
    ホントに誰得なシステムだったんですけど。

    映像・演出に合わせて閉まったり揺れたりと制御がかなり大変そうだなと感じる一方で、
    一社だけでなく同時期に数社で採用されているあたり、きっと開発者自身が望んだ筐体で無いんだろうなぁとも思う。

    結局のところギミック満載が40万に繋がっているのかは一素人の私にはわかりませんし遊び心には賛成だけど、
    そこに必要以上に金をかけちゃいけないと思います。

    京楽さん、テラフォ台枠右上のキモイGの顔、いりますか?

    北への経済制裁は業界が潰れてこその達成    »このコメントに返信
  33. 「メーカーやホールの上層部の人も日報は読んでいるはず」読まれているといいですね もし読んでいたとしても日報の記事に対するコメントと同じで改善と感じられないのかもしれません。

    メーカー側の客ってホールと客なのであって客だけではないですしホールだけでもないのだと思います。
    売るためにはおもちゃつけるとか派手にするとかなんでしょう
    海物語が古い絵で出してた気がするんですけどあんな感じなら安くなるかもしれませんね 普通に考えりゃそうなると思います(だって1万安くしましたじゃなくて10万20万さげるって話なんだから)。
    多分安くて面白いの出せよ!ってことなんでしょうけどその前に高い買い物だと思ってるなら入れ替えなきゃいいんじゃないすかね?
    40万こえてなぜNOと言わないのかがわかんないんですけど・・40万こえた台クッソ回んない調整で設置して客とんだとかアホじゃないんすかね・・・?いや調整はできない態なんですけどどう見ても垂直じゃないっす
    新台なんていらないじゃないですか、、だってみんな派手な演出に辟易してるんなら必要ないはずです。
    でも買わなくても還元しないですよね?
    してたとしても客が感じるLVじゃないのでしょう
    うーんやっぱ詰みなんでしょうねー・・・メーカー、ホール間はしったこっちゃないんだけど勝たしてくれない>行く金ない>行かなくなる>金入っても行かなくなるってなってるんですよねー・・・

     タコス    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す