パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

京大で開発中の依存症治療薬に期待


依存症問題ではお馴染みのハンドルネーム「元業界人」さんは、学生時代にパチンコに嵌り、大学中退後に、パチンコ関連会社に入社。自らが悲惨なパチンコ依存症を体験した後、現在は精神科の医療機関に勤務している。

シリーズで放送されているEテレのハートネットTV依存症の放送を見たコメントを再録する。

以下本文

ハートネットTV依存症の放送見ました。

パチンコ依存症、野球賭博によるギャンブル依存症の方についての内容。パチンコ依存症の方は、長崎の専門病院へ入院し、野球賭博の方は、専門施設へ入所。これらにより実際に回復するのかはわかりませんが、アルコール依存症や麻薬依存同様、なかなか回復が難しいのでないかと感じています。

番組を見ていて、野球賭博の方が田中氏に施設入所を勧められて拒むシーンがありましたが、精神科病院においても、明らかに疾患のある患者が入院拒否する状況に似ていると感じました。

病識のない患者が医療保護入院についての説明を受けたときに拒絶するのと似ているんです。番組内でもギャンブル依存症は否認の病と言われていましたが、まさしくその通りで、やはり病識の欠如があるように思います。

また、田中氏が解説していたように、ギャンブル依存症患者は、ギャンブルをやめたいと思っている一方で、やめたくないという相反する感情があります。

放送内のパチンコ依存症の患者の兄が話していた内容で、依存症当人に、パチンコは楽しいかと尋ねたときに、苦しいと答えたというエピソード。

苦しいのに、その苦しさから逃れるためにパチンコをしてしまう。そうやって現実逃避するための手段がパチンコであり、パチンコをしているときだけ、パチンコによる苦しさを幾分か和らげているように思います。

また、パチンコ依存症だけではないですが、依存症全般において、家族も共依存になる傾向もあります。

精神科において、ギャンブル依存症はまだまだ治療法が確立されておらず、入院適応とはなりにくい病気です。

現に、私が勤めている精神科には、ギャンブル依存症の患者はいません。ですが、先日も書いたように脳の機能変化があることを考えると、やはりギャンブルが脳に影響を及ぼしていることは明らかであり、疾患と捉え治療しなければならないと思います。

施設や自助グループだけでなく、薬物療法もあるようですが、アメリカにおいてもまだまだ難しいところのようです。

アメリカでは、オピオイド系が有効だったという話もあったようですが、数年前の検証では否定されています。SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)なども臨床で使用されているようですが、結果ははっきりしていません。京都大学の鶴身氏の研究がより進み、有効な治療薬が開発されることに期待したいと思います。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. パチンコ依存症は精神科なんかに通っても無駄。
    パチンコを辞めるために必要なのはパチンコそのものを知ること。
    勝ち方のノウハウを学ぶこと(店側は個人が勝つのと全く逆の事をしてるだけ)
    つまり理論的に勝つことがわかるということは今の状態が負けるべくして負けているという理解につながる。
    勝ち方が理解できれば回転率の悪い台を打つなど苦痛この上ないから打たない。
    いま闇雲に打ってるのは何もわかってないから。
    依存症とは言ってもトータルで勝つならほとんど問題にはならないはず。
    台を見て、釘を見て、負ける可能性が高いと理解出来ないその無知さが依存症を引き起こしてると言ってもいい。
    人生においてもそうですが根拠のない勝負は辞めましょう。
    運にすがる時点で負けです。

    クリニック開業    »このコメントに返信
  2. 私からも、ハートネットの記事から抜粋させていただきます。
    人はなぜ依存症になるのか?ですが、依存症患者が依存対象として選択している
    ものは、その人が抱えていたコンプレックスや生きづらさを解消し、弱点を
    補ってくれる作用を持っているものなのだそうです。
    つまり、生きづらさを支えるための、人生の松葉杖。それが依存対象というものなのだと。
    専門家の方の言うには、依存症からの回復支援とは、アルコールや薬物、ギャンブル
    といった「モノ」の排除ではなく、コンプレックスや生きづらさといった、
    心の痛みを抱える「ヒト」の支援であると。
    「モノ」を排除したところで生きづらさが解消されるわけではない。
    生きづらさ、コンプレックス、困難な問題や苦痛。そういったものに押しつぶされないために
    支えとして依存しているものを取り上げたところで、かえって苦しくなる。
    やめたいのにやめられないのは、そういう根本的な生きづらさ、コンプレックスを
    解消もしくは軽減できていないからだと。
    今の依存症に関する対策などは、そういう根源的な生きづらさ、コンプレックスという
    解決困難な心の痛み、「ヒト」の支援に向き合うのは面倒だから、「モノ」の方に対して
    やれば格好が付くだろうという、うわべだけの安易な姿勢なんですよね。
    依存症からの回復は、思考や行動のパターンを変えたり、ライフスタイルや
    価値観を見直したり、ストレスに対する新しい対処スキルを身につけ、さまざまな
    助けを借りながら、「不健康なとらわれを必要としない生き方」を作っていくことなのだそうです。
    まあ、ざっくり書いただけでも相当難しそうなんで、巷の依存症対策とかがああいった、うわべだけの安易な姿勢になるのは無理ないかも。
    自分も、半分も理解できていないと思うので、ハートネットの記事はよく読んで、もう少し反芻します。

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  3. 人やモノのせいにするのが
    いちばん楽なんですよ
    事はこれに限らず。
    逃げる事が。
    薬など要らない
    そんな薬に頼ることは
    違法な何かに頼ることと変わらないのでは。
    心を強くするしかない

    俺自己管理できないんだよ

    カミングアウトするのも難しいでしょう

    手助けすることは良いのではないですか

    トイレにでも

    パチンコに嵌るのは危ねえぞ

    負けを取り戻そうなんて
    サラ金から金借りると人生終わるぞ

    まずお前の「勝金」は誰かの
    「負けた金」なんだぞと
    しっかり書いて警告した
    そのうえで

    のめり込みには注意しましょう

    と告知しましょうか

       »このコメントに返信
  4.  換金が有る以上、情弱者は依存から抜けられない、薬がどうたらの問題では無い。 

     ここの読者は、とっくに止めてるでしょうw
    闇が深すぎて、パチ屋禁止出来ない。

    可哀そう!    »このコメントに返信
  5. だいたいパチンコや居酒屋という商売はギャンブルやアルコールに“依存”する人々がいるから成立つ。
    本人の経済が破綻すれば続けることできない。
    パチンコは18才以上、飲酒は20才以上ですね。
    いい大人が自分の意思で行っている。
    依存症、依存症と騒ぐことでもないでしょう。
    放っておくしかない。

    ビーン    »このコメントに返信
  6. パチンコを知る、というのも大事ですがそもそもそれに効果があるのは主にギャンブル依存症の人間にのみ。
    ヘビーパチンカーの多くはギャンブル依存ではなくパチンコ依存。

    今でも4円20円で遊技してるユーザーがギャンブル依存の可能性が高く、1円以下の低レートで毎日のように無駄な時間をつぶしてるのがパチンコ依存。

    このパチ依存者をどうにかするには低レートの廃止が一番効果がある。
    業界運営側だって低レートのせいで業界が縮小したと考えてる人も多いはず。
    ただ単に4円以下のレート廃止だと業界が悲鳴を上げるだろうから段階を踏んだりなんらかの措置を施行したりして低レートを最終的に撲滅していく。
    winwinになるかはわからないが低レート廃止に向けて行動するのもありかと思う。

    あくまで私見ですのであしからず。

    ぱちんこふぁん    »このコメントに返信
  7. パチンコ、競馬、アルコール、セックスなど
    依存症と趣味の境目はどこにあるのかわからないが、
    周囲に迷惑をかけ始めたらそれは趣味ではなく依存症になるのではないか。
    パチンコも自分の財布の中身でやっているうちはいいが、
    借金したり他人の金に手を付け始めたら依存症だと思う。
    毎日のように一日中パチンコ屋に入り浸っている人がいる、
    騒音に近い音楽、まぶしく光る遊技台、店内を覆う煙草のにおい、
    耳や目や鼻に刺激を与え興奮させる、
    そんな環境に毎日のようにいたら、頭がおかしくなるのではないか。
    音楽もない、派手な演出の台もない、たばこのにおいもしない、
    そんなパチンコ屋があったらどうだろう、それでも依存症になるだろうか。
    パチンコをやめて7年、財布の中身が減り続けるあのドキドキ感はもう味わえないが、
    またやろうとは思わない。

    雷電    »このコメントに返信
  8. この業界から依存症をなくしてどうすんの?
    業界良くしていきたいなら依存症増やさないと。
    綺麗事ばかり言ってんじゃないよ。

       »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す