パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

ホール現場でも起きている介護離職


都内のホールに勤務する40代のAさんの役職は副店長。このほど、会社に退職願を出した。社長はホールの要になっている人材であることから、引き止めたいと思っているが、理由が理由だけに簡単には引き止められない事情があった。

副店長の実家は岩手県。母親は要介護の認知症になってしまった。それ以前に父親が脳こうそくで倒れ、その面倒を母親が看ていたが、母親では任せられない状況に陥ってしまった。

有料の老人介護施設は満杯で、入居するには何年先になるか分からない。それなら、Aさんが実家に帰り両親の面倒をみるしかない。

いわゆる介護離職である。

ホールの社長は何とか思い止まらせる方法はないものかと考えた。東京へ両親を引き取るという方法は、Aさんの家庭の事情で同居できる状況ではなかった。

現在、年間の介護離職者数は約10万人といわれている。この事態を憂慮して「アベノミクス」第2ステージとして「新3本の矢」を打ち出した安倍首相は、「安心につながる社会保障」の中で「介護離職ゼロ」という数値目標を掲げた。

この直後、政府は「介護離職ゼロ」に向けた具体策の1つとして、首都圏で不足する特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設を増やすために、国有地を貸し出す方針を打ち出した。

ところが、介護施設を増やしたとしても、そこで働く介護士がいなければ、十分なケアはできない。実際、仕事がきつい割には給料が安い介護士はなり手がいなくて、慢性的に介護士不足の状況が続いている。

そこで、社長が考えたのが、業界が作る特別養護老人ホームである。パチンコ業界の社会貢献として、寄付活動を行っているが、それよりも、業界がメーカーを含めてまとまれば、大きな資金も捻出できる。

「警察病院のようなイメージです。業界関係者は優先して入居できて、一般も受け入れる」

一つの成功事例を基に、全国各地に建設していけば、どんなに地域から喜ばれるか。最近のパチンコ業界は高齢者に支えられている。顧客だった人が優先されれば、恩返しにもなる。そして、介護職員には厚待遇で迎え入れる。

おカネの寄付では業界が貢献していることは見えないが、有形のものを運営することは社会からも認知されやすい。

ワタミが介護事業に参入して介護付き有料老人ホームを112施設も運営していた。ブラック企業問題から入居率が9割台から7割台に減っていたが、それでもワタミグループの中では稼ぎ頭だった。

本業の立て直し早期黒字化を図るために、優良事業だった介護事業を売却したいきさつがある。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. う~~ん  机上の空論  厚待遇で・・・パチ屋グループとメーカーも含め集めれば資金は出来る?

    纏まりの出来ないで有名な業界、それより今業界が腐心する事が山積してると思うが。

    もし出来たとして・・・患者だけは騙す事はしないで下さいね。
    ルパン?世    »このコメントに返信
  2. 大賛成ですね。
    寧ろパチンコホールなど畳んでこれに専念したら?
    介護士不足が厚待遇で解決出来るかどうかはわかりませんが頑張ってください。
    通行人    »このコメントに返信
  3. マイホにも認知症の妻を連れて遊技しにくる年寄り夫婦(遊技台周辺のソファに座らせている)もいますが、宅老所やデイサービス施設とかがあれば、安心して遊技を楽しめる高齢者も多いと思います
    マヤ    »このコメントに返信
  4. パチンコ店が介護に介入し、レクリエーションにパチンコ店に連れていきパチンコ、パチスロを打たせるんですね。
    パチンコ無くなればいいのに    »このコメントに返信
  5. ついでに介護施設にパチンコを併設して来店して貰わなくても死ぬまで絞るとるは、入れなくて良いんですか?

    ってか自ら定めた旧基準機の撤去すら足並みを揃えられないお陀仏業界には絶対に無理ですね。
    パチンコは、オワコン    »このコメントに返信
  6. ハードウェア自体はパチ屋でも用意できるだろうが、政府などが推進している
    介護施設ですら、職員が足りないというソフト面での不足はどうにかできるものか。
    一般の介護施設より給与などの待遇が良ければ、集めら得れるかもしれないが。
    もし本当に実現し、成功した場合、ここで否定的意見述べてる人たちは
    意地でも入らないでくださいねw
    パチ関連が経営する介護施設にアンチが入所、洒落にもならないw
    一般ゆーざー    »このコメントに返信
    • そもそも、パチンコ業界関係者が優先に入所できるという特別養護老人ホームってそもそも作ることができるのですか?

      それができたとして、一般ゆーざーさん、事業者は市町村から介護給付をもらうんですよね?それでそういうことを言うってことは、業界関係者が特に公金から介護給付をもらって身内を優遇するってことですか?w

      さらに、意地でも入らないでくださいとのことですが、入所者が成年被後見人となった場合、どうするんですかぁ~?

      パチ屋が介護施設で身内を優遇して、市町村から介護給付をゲットwそのほうが洒落にもならないwww
      はぁ?w    »このコメントに返信
    • いいと思います。
      グループホームの待ち順をその施設の関係者でもない医者の親が200人抜きしたとか、看取りはできないのでHOTが必要になったら施設を出て行けと言われた病人が、刑務所にも近い入院暮らしをしている人がいるとか、医療・介護の闇は確かに存在する。
      介護の現場は商売としては、光と音と金に(意図的に)狂わされた人相手よりもっともっと難しいとは思うが、参入して事業を継続できるなら、社会的意義は決して小さくはない。
      介護報酬請求上問題が生じないなら、Pホールが経営主体で、関係者優先でもいいんじゃないですか?

      居住型の介護施設は儲かるとも聞きますし、介護職なら無資格でもできる業務はありますので、従業員流用も不可能ではない。
      経営母体が事実上の民間脱法賭博開帳を行なっていても、現行制度上作ることが不可能でなければ、施設内に認知症予防改善を謳って遊技機を設置したり、レクリエーションと称してホールに連れて行ったりしない限り、大いに賛成だ。
      老人にどんな綺麗事並べても、有償無償に関わらずP/Sを提供することは断じて共感しない。
      上のコメントの通り、
      頑張って    »このコメントに返信
  7. これはこの業界に限らない話だよねぇ。以前は託児所で安心して働けるだったけど、これからは介護だ。
    てぃんてぃん丸    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す