パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

今後のパチスロ業界とパチスロ機


前回、ラクラクビスカスはパチスロ革命という寄稿をさせてもらいましたが、だいぶ誤解を招きました。



全てのパチスロ機が目押し不用になり、天井がなくなるのではないかと読み取れてしまいますが、決してそうではありません。



ジャグラーの出目の素晴らしさやクランキーコレクションのビタ押しやリーチ目の楽しさ、ART機の天井があることによっての安心感など、パチスロの本来の楽しさを否定しているものではありません。



この本来の楽しさプラス、誰でもどこからでもパチスロが楽しめれば、もっと間口が拡がると思っています。



今後、スーパビンゴやカイジが目押しの要らない仕様で出てきたら、純粋に打ちたいと思います。



クランキーコレクションのようなビタ押しを楽しめる機械、まじかるすいーとプリズム・ナナのARTをストックするシステムでのキングパルサー、液晶が綺麗な緑ドンやバジリスク、進化していく京楽のパチスロ機、完成度の高い5号機の吉宗など、多種多様なパチスロ機があったほうが純粋にパチスロが楽しめるのではないかと感じています。



その中のカテゴリーの一つとして、ラクラクビスカスのようなほとんど目押しの要らないAタイプは必要ではないかと思います。



さて、今回の本論です。



バイオハザードが第1リールにチェリーを3つ配置して、チェリーの取りこぼしをほとんど無くしたのをみて、ラクラクビスカスのような目押しの要らないリールのある機械が出てくる予感はありました。



バジリスクは全面液晶機で目押しを無くしてヒットしました。



これから出てくるスーパービンゴやカイジは目押しの要らない仕様が予想され、バジリスクの流れでヒットするでしょう。



また、パチンコ最大手の京楽のパチスロAKB48は、天井をリセット出来る画期的な機能を搭載してリリースします。



パチンコAKB48が出た時、パチスロからパチンコに移行した逆の動きがパチスロAKB48で起こり、今後も京楽がパチンコのビッグコンテンツや画期的なシステムでパチスロをリリースするたびにパチンコからパチスロに顧客が移行すると思われます。



天井のないジャグラーやニューパルサーがヒットしているので、ART機でも天井を付けない機械が出てくるでしょう。



今後のパチスロ機は目押しが必要なく、天井のない仕様が主流になるのではないかと思います。



パチスロをやったことのない人は、目押しや天井の機能など、パチスロには難しいイメージがあり、パチスロから遠ざけています。



パチスロに目押しと天井が無くなれば、パチンコをしていている年配層やパチスロをしたことのない人がパチスロに少しずつ移行していきます。



本来、受動的なパチンコよりもコインを入れ、レバーを叩き、ストップボタンを押す能動的なパチスロのほうが脳の活性化に繋がり、年配層には適していると思っています。



しかし、目押しと天井機能がパチスロの敷居を上げ、年配層を取り込めなかった原因でした。



目押し不用で天井無しのパチスロ機が出てきたりするなど、いろいろ要素が重なり、パチンコからパチスロへとかなりのスピードで移行が進むと思われます。





人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える





※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。


記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. Unknown

    あまり人の意見にいちゃもんつけたくは無いですが、だいぶ検討違いのような・・・

    天井の無いART機なんて既存の顧客すら打ちませんよ。



    >バジリスクは全面液晶機で目押しを無くしてヒットしました。←目押し無かったからヒットした訳じゃありませんよ。

    前回から読んでて思うのは年寄と初心者には目を向けてますが既存の顧客一切無視してませんか?

    多種多様な機械が出るのは賛成ですが、無理に年寄と初心者を取り込もうとすれば既存客が離れるだけで業界の衰退を加速させるだけの気がします。

    (年寄)パチンコ→スロット

    (既存客)スロット→パチンコ×

    パチンコからスロットに移行した所で全体のパイは変わりません。

    初心者には天井のあるスロットか無いパチンコという多様性を持たせた方が参加しやすい気がしますが?
    カスタム    »このコメントに返信
  2. Unknown

    スロキチさんはよほど天井が嫌いなのでしょうか?

    ジャグが天井無くてヒットしたから今後ARTも天井無くなる?意味不明・・・

    ゴミラ    »このコメントに返信
  3. Unknown

    寄稿されたスロキチさんは、今後は目押しの揃いやすいものや天井機能の無いART機が増えてゆく流れを予想して高齢者を取り込むのに必要だと分析・主張しているだけで、目押しや天井機能付きART機が全ての打ち手に不要だとは一言も書いてないはずだけど

    むしろ、「クランキーコレクションのビタ押しやリーチ目の楽しさ、ART機の天井があることによっての安心感など」を挙げて、スロットの楽しみ方をちゃんとリスペクトしている

    勘違いしている読み手さんは、自身の思い込みを今いちど疑ってみては?
    主流    »このコメントに返信
  4. Unknown

    天井やG数管理がないとまず勝てない。

    ビタ精度が今必要じゃないし、知識で差がつく。

    ジャグラー以外等価主流の現状9割1と2、後いれても出玉率105%の設定



    勝てないパチスロなんて誰もうたん。

    7枚交換平均4以上ならまた変わる。
    なか    »このコメントに返信
  5. Unknown

    天井ってゲーム性云々の意味合いよりも、投資金額の抑制の意味合いの方がメインだと思うのだけれど・・・。

    しかもボーナスには天井付けられないでしょw

    エヴァのような規定数でARTに突入するなんてのはただの天井ARTなだけであって、ボーナスの天井ではないしね。

    というか、もう少し勉強しようよ。

    そうしたら何故こんな仕様が現時点の主流になるのか、ってのがわかるから(是非は別として)。

    ぱちんこも同様。
    えーと    »このコメントに返信
  6. 駄文ですね

    スーパービンゴは元々、目押し不要だったんです。

    4号機時代にはプチ・ミリオンゴッドと言われていたんだから。



    パチスロには天井を設けて良いという規則があります。

    当たりにくい仕様にした場合に、救済として天井を設けるようにしている、ただそれだけのこと。



    4号機後半のST機時代は、BIGの獲得枚数が誰が打っても同じになり、誰もがパチスロ打っていたのは間違いありませんが、その根本的な理由は射幸性の高さだと思いますよ。



    >目押し不用で天井無しのパチスロ機が出てきたりするなど、いろいろ要素が重なり、パチンコからパチスロへとかなりのスピードで移行が進むと思われます。



    ・・・などと書いていますが、パチスロでアレコレ考えるのが面倒な人たちはジャグラーやハナハナをやっているのだから、パチンコからパチスロへ移行することはないと思われます。むしろ、短時間でもドル箱が積める、パチンコへ移行する人が増加すると思いますよ。
    Mr.Pachinko    »このコメントに返信
  7. Unknown

    天井ってかなり分かりやすいシステムだと思います。お年寄りの人はゲーム性がよく分かってなくてもとりあえず天井目指して遊んでますしね。天井がなくなればゲーム性が分からない上にいつ当たるかわからないから絶対に触らなくなります。
    だだだ    »このコメントに返信
  8. えええ?

    天井がない。単純なゲーム。完全にやれば負け確定

    になったパチンコ、スロット。富裕層は

    海外に行ってカジノ、普通層も止めて他のゲーム

    に移行。残るは貧困層のみ。ジャグラとハナハナ

    は遊べるというだけ。



    これからはどんどん日本から脱出が始まります。

    今、タイとかインドネシアはロシア、中国、日本人

    が一杯。自国に見切りをつけている感じです。

    子供騙しゲームでいらいらするものは

    貧困層しかやらなくなり最終的には終焉です。

    メーカーの場合他にやれることが沢山ありますが

    ホール場合は限界でしょ。

    一流企業もコールセンターや受付を安い派遣

    で済まし海外強化を図っています。
    MIRRORPOT    »このコメントに返信
  9. ???

    シルバーの方々が大好きな、ジャグラーやパルサー等は、目押しが必要ですよ。

    アドリブ店長    »このコメントに返信
  10. Unknown

    敷居を下げてパチンコユーザーを取り込んだとしても、今のスロットの出玉にパチンコユーザーがどれだけ我慢できるかが気になりますね。



    そこさえクリアできれば十分引き込める見込みはあるかと
    名無しのスロッター    »このコメントに返信
  11. Unknown

    確かに目押しは初心者や年配者にしてみればハードルの一つかもしれませんが、

    昔に比べればリールがワイドになり図柄も見易く大きくてバックライトも搭載されている為、

    目押しのハードル自体は下がったと思います。



    天井に関しては投資の上限がある程度見える(計算できる)機能と考えてますので、

    天井発動で払い出されるコインの多寡の違いはあれど

    打ち手にとってハードルと感じるものではないと思います。

    ただし天井G数を知らずに天井直前で止めてハイエナされる等のリスクはあるかもしれません。



    私は目押しや天井以外で初心者はもちろん既存ユーザーに対してもパチスロは難しいと思わせている要因の一つとして、

    ART機(AT機)のゾーンG数管理やモード管理の存在と複雑なゲーム性だと考えています。



    予備知識がないと止め時はもちろん、打ち始めですらほぼ無抽選のゾーンを何十Gか打つ羽目になります。

    またAタイプとは対照的に年々複雑なゲーム性になっている為、

    〇〇ゾーン突入や△△チャンス中と液晶で表示されても、

    機種説明の小冊子やネットで調べないとその状態が何なのか?どう打てばいいのか?を理解することが難しいと感じます。



    メーカーが考える、より面白いゲーム性(射幸性とは別)や演出を追及するあまり市場は複雑なゲーム性の遊技機であふれ、ライトユーザーが置いてきぼりにされてる感は否めません。
    ぴえろ    »このコメントに返信
  12. 上の方へ

    メーカーが1番に考えるのは、パチンコ店が儲かるような台を考えることであって、プレイヤーのことは2番目なのです。



    そのおかげもあって、4号機時代と同じ32Gのクソ長い前兆を付けていたりするんです。



    32G回して当たらなければ、店の儲けなんですよ。



    ART機のゲーム性については、画面演出や出目を見てアレコレ考えるのが基本です。それをしたくなければ、ジャグラーやハナハナをやれば良い、ということでしょう。
    Mr.Pachinko    »このコメントに返信
  13. 天井…

    無くした仕様ってパチンコはまだまだ客から搾り取らないと気がすまないわけですね
    兼業7号    »このコメントに返信
  14. Unknown

    ジャグラーを見ると、マイジャグ以降、徐々に機械割の改善が見られます。



    割が同じなら、遊戯時間が短く、当たった時のリターンが大きいAタイプが人気なのはしょうがないです。

    現状2.8枚で、ようやく満足できる速度です。



    4号機ミリゴを追った世代には、5号機の増加スピードは苦痛でしょうね。



    天井だろうが、複雑なシステムだろうが、出るとなれば勉強して打つと思いますよ。

    ホールが求めているのは、客がどんどんカネを突っ込んで、

    それでも笑顔で帰ってくれる台でしょ?



    おれは打ちたくないね。











    みみ    »このコメントに返信
  15. Unknown

    >天井のないジャグラーやニューパルサーがヒットしているので、ART機でも天井を付けない機械が出てくるでしょう。



    恐らくこれはないでしょう。

    色々な方が仰っていますが、1つのパイの中でのユーザーの配置転換にはそれほど意味がないからです。

    それよりも既存ユーザーを失うリスクのほうがはるかに大きいことは予想に難くないですから。

    メーカーが古い版権や、過去のヒット機種のリメイク機をメインにリリースしているのは、スリープユーザーの掘り起こしに躍起になっているためです。



    極度な技術介入を取り入れたゲーム性、子役カウンターを利用した設定判別、そして申し分無い出玉性能を持った4号機時代にパチスロは一般に受け入れられて大きくユーザーを伸ばしましたが、これらの自粛、あるは禁止によって生まれた5号機時代にユーザーが激減しました。



    そして現在の5号機を見てみると、出玉性能は瞬発力はなくなったもののある程度近づき、子役確率等を利用した設定判別をゲーム性に取り入れるようになっています。

    クランキーコレクションはまだバラ扱いとは言え、きちんと設定を使っているところでは稼動良好で、多少なりともスリープユーザーの掘り起こしに貢献していると見られています。



    つまり5号機になってからのメーカーの機種開発基準は、如何にして4号機に近づけるかというのが本流で、今後はそれがもっと加速していくでしょう。

    クランキーコレクションが業界の広告塔たる所謂ライターさんの受けがよかったことから見てもそれが分かりますね。



    ただし4号機のように勝ちやすい機械になるかと言われれば・・・・・それは否でしょう。
    黄昏777    »このコメントに返信
  16. Unknown

    宗ちゃん0号機の時代からパチスロに接してきたけど最近のスロはダメダメだ~

    もう1年半くらい打っていないよ

    スロット関連のブログや2ちゃんねるの機種板等見に行く機会も随分減っちゃった

    ジャグや沖スロはまだまだ打ち足りないくらいなんだけど今の設定を考えたらほらねえ~

    設定なにそれおいしいの?って感じだもんね



    ニューペガやデートラインにウインクルにアラジン コンチネンタルの時代に戻りたいな

    宗ちゃんパチ歴34年    »このコメントに返信
  17. Unknown

    的を射てるか、どうかはさておき、寄稿者の検証努力にはエールを送りたいです。

    責任を他者に求める事無く、ひたすら情報を集め、粘り強く考え、実践するしかないな。
    うーん。    »このコメントに返信
  18. Unknown

    バイオにチェリ図柄が3つ配置されている一番の理由は目押しの簡易化ではなく、MB成立(ウロボロス)時に、中右第一停止のベルを見た目をチェリに変換するため。100%枠内に引き込める制御にすることで、同じ制御のベルよりも制御を優先することを選択出来たのだと思います。他の機種では4枚役以下のチェリがベルと同じ9枚の払い出し枚数になっているのも全てはこのシステムのためです。



    ぶっちゃけ今のスロットは過去例にないくらい目押しが必要ない機種ばかり。押し順だけあっていればいいので目押しの敷居は相当低いとおもいます。この現状からすると、目押しが敷居を上げているのではなく、「目押しが難しそう」といった昔からの先入観が妨げなのではないかと私は考えます。



    また、バジリスクがヒットしたのは目押しが必要ないというのも一因ではあると思いますが、それは大きな要因ではないと思います。なぜなら寄稿者の意図でいけば目押しが必要ないことでヒットしたのならもっとシルバーユーザーがバジリスクを打っているからです。バジリスクがヒットしたのは、「どこからでもARTが期待できる感」「音響・演出の完成度」「エンドユーザー向けの設定看破要素」これらがバランス良くあったからだと私は考えています。



    今回の記事、恐らく今のパチスロ打っている人からすると全て的外れに見えてしまいます。
    元スロプロ    »このコメントに返信
  19. Unknown

    花火サンダーパルサービーマJPシーマス…目押しが必要なこの時代にお年寄りも打っていましたよね

    年配者にとって目押し自体は関係ないかと

    パルサーなんかリーチ目に詳しいお爺ちゃんとかいました

    個人的には液晶のない音・フラッシュ・テトラ・ドット時代に戻って欲しいですね

    北斗見る限り客はATに拒否を示したと思いますので
       »このコメントに返信
  20. Unknown

    そもそも2012年4月に行われた、技術上の規格解釈基準の一部改訂で、

    「技術介入性の無いスロット(目押しが完全に要らない遊技機)」は作れなくなりましたよ。



    まあ目押しや天井等の技術介入性が無いスロットなんて、客側が不利過ぎて流行るとは思えませんが。

    客側に「勝てるかもしれない」という期待感を抱かせる要素ゼロじゃないですか。
    そもそも    »このコメントに返信
  21. Unknown

    私は、エナ専ですが仕事の後、エナでお小遣いを稼いでるって職場の人に言ってたら職場の先輩が俺もスロットをしてみたいって言うので目押しが出来ないから5スロに連れて行ってあげました。



    ボーナスを揃えて楽しむって言う意味でハーレムエース2をさせてあげたんですね。



    5千円だけって楽しんでました。コレが20スロだと2万負けと教えてあげるとスロットってアホらしいね。って言っていました。



    目押しが出来ないなら今は、入門に5スロや2スロがあるので昔より入りやすいと思いますよ。



    どうせベタピンの中で目押し不要機が出て新しい人口が増えますかね?



    5号機最狂機械割のジャグラー打ってるジジババが脳内活性?面白い記事だな。と思って医者の友人に聞いてみたら笑っていましたよ。



    あんなうるさくてタバコも充満してる環境でしかも何も考えずにボタン押してるるだけですから行かせない方が良いですよ。

    無理でしょ。    »このコメントに返信
  22. 元スロプロさんのコメント

    元スロプロさんのコメントを拝見して、パチスロに相当詳しいと感じました。

    確かに、バジリスクがヒットした要因は元スロプロさんの「どこからでもARTが期待できる感」「音響・演出の完成度」は認めますが、「エンドユーザー向けの設定看破要素」はどうかと思います。

    郊外型のバジリスクの客層を観察してみると、かなりの割合でシルバー層が混じっています。

    この目押しの出来ない層がバジリスクの稼働を支えていて、バジリスクが長期稼働に繋がっています。

    設定看破をしていたエンドユーザーは今はほとんどバジリスクをしていません。

    最近、ジャグラーの稼働が堅調で、ハナハナ系の稼働が落ちてきているのは、ハナハナには通常時にチェリー+すいかをとらなければならず、ジャグラーよりも技術介入度が高いために、目押しの出来ない層が離れていっているからだと思っています。

    技術介入度の高い機械は間口を狭めていて長続きせず、結果として技術介入度の低いジャグラーが長期に稼働している結果になっていると思います。
    スロキチ    »このコメントに返信
  23. Unknown

    私は、元スロプロさんを支持するな。



    ハナハナは、スイカがあるから客が離れる(笑)



    多分、スロットの技術介入がなくなったら新規客が増えてもそれ以上の数の古い客がいなくなると思いますす。



    今は、目押しが嫌ならパチンコを打ってた方が良いじゃないですか。パチンコの客がスロットに来ても全体数は、変わりませんし。



    パチンコの方が技術介入の差が大きいですけどジジババ打ってるしね。



    今日、池袋で買い物をしていたら●ハンの店員が大きな社名入りのパラソルを持って駅前でゴミ拾いしていました。



    パチンコ打たない人からしてみればまだこう言う社会貢献している方が良いイメージになるんじゃないかと思いますよ。汚い駅前ですし。パチンコ打ってなかったけど久しぶりに行ってみるかとか。



    無理でしょ。    »このコメントに返信
  24. 余計なお世話ですが

    池袋、新宿、錦糸町、中野このあたりで打つのは

    馬鹿を見るから止めた方がいいです。

    とにかく回さないし設定なんて本当に入っていないので。

    やるならもうちょうと郊外が方がいいかもしれません。

    MIRRORPOT    »このコメントに返信
  25. Unknown

    ジャグラーの稼働は、主力機種として甘めに使っているホールが多い事と、設定を入れいるのを分かっているから、普段ARTを主体に打っているユーザーが打ち、稼働をプラスしている事、そして一番は、ジャグラー自体のブランド力の強さです。

    技術介入がどうとかでは、決してないと思います。

    ジャグラーを真似た機種が数多く販売されて、結局ヒットしないのは、市場にあまり出回っていない事もあるが、所詮、ジャグラーじゃないからです。



    ヒット機種のコンテンツだけ変えて、中味が全く同じ機種がヒットしずらいのは、その点が強いと思います。
    ユンケル    »このコメントに返信
  26. Unknown

    おっしゃる通りだと思うんですけど何でこんなに否定的な意見が多いんですかね。



    普通の打ち手は小役を全部フォローできないし、そもそもフォローできてるかどうかを確認できないんですから機械割は解析値より下ですよ。



    天井やフリーズなんかもそこに割をとられてるせいで通常時がきつくなりますから無いほうがマイルドになるはずです。



    打ち手にとって都合が良い方向にいってることが理解できないんでしょうか?



    よくパチンコはいつ当たるかわからないとかスロットは1000円で最低いくら回せるみたいな事を言う人がいますが……算数のできない人は何打っても負けますよ。



    GA    »このコメントに返信
  27. ハイエナスロプロ

    天井や技術介入度がなくなってしまったら、ハイエナスロプロさんたちは飯の種を失うことになりますので、否定的な意見が多いのは仕方ないと思っています。
    スロキチ    »このコメントに返信
  28. Unknown

    様々な仕様の機種がある方が良いですよね。



    天井がない=嵌まるリスクがその分低いと言う意味では天井機能がなくても良いと思います。



    技術介入が全くない機種は今は駄目なので、確率の低い、目押し必要子役が用意された機種ですがこれも需要はあると思います。



    結局、問題は店側の設定の使い方でしょうね。

    どんなに良い機種でもずっと設定1ばかりでは打ち手は面白くない。

    AT機の稼働があるのは設定を求めず(諦め?)一撃の出玉に期待している方々も多いからだとおもいます。



    バジリスクが高い人気を誇っている理由は元スロプロ様のおっしゃる通りだと思います。

    シルバー層も目押しの観点から打ちやすいのも確かで、そのお陰で低設定でも稼働が見込めるのは店側のメリットでしょうね~。



    設定看破要素がないとプロ以外でも雑誌を見て子役や同時当選確率を知ってるとか、遊びの範囲で打ってる方々も少し距離をおいてしまう気もします。



    ただ回してるだけの機種から、考えながら打つ機種、さらに目押しで枚数が変わる機種へとスキルアップしていく過程も私は楽しかったとおもいます。
    自称プロジェクト客    »このコメントに返信
  29. Unknown

    バイオハザードはチェリーのこぼしはありませんベルの小山で払い出し
    あき    »このコメントに返信
  30. Unknown

    私のような中途半端なスロット経験者、ゲーム数解除・テーブル、AT機やART機はそんなのもあるのかなぁ・・と思うと知らないと手を出せないのですよ。パチンコも然り。けど最低ラウンドランプの確認、カウンターが上がるか、潜った場合最低どれだけ回すべきか、そのあたり押さえておけば初見でも打てるかな・・ってのが大半です。しかしスロットは無理ですよ。中途半端知識な故に手を出せない。逆に無知なら損得概念無しに興味だけで打てるかも。



    目押し・天井の有無より根本的なゲーム性についていけない。雑誌を買って勉強する気もない。それが損な事だけはわかってる。だから打てない。って中年層もたくさんいると思うのです。ノーマルAタイプは座れるけどそれじゃ儲からないって事で5号機初期の流れから今に至ったのでしょ?今後も複雑路線が続くならスロットは・・無理だな・・・。
    ???    »このコメントに返信


  31. 天井が有ろうが無かろうが、目押しが必要で有ろうが無かろうが、関係ないのでは?

    客が離れた原因を素直に見つめ直すことが一番必要ですよ。

    はじ    »このコメントに返信
  32. 戦国無双に見た危機感

    戦国無双が流行った頃。

    とあるおじさんユーザーがやはり流行りの機械が好きらしく、4万近く使って入ったレギュラー。しかし揃えるのに散々かかってから隣の客に揃えてもらって、運良く無限戦国ラッシュへ。



    が、当然目押しができないので即パンク



    あまりの惨さにパチスロに未来はなくなったのかも



    コアユーザー特化はライトユーザーの激減を産む

    業界の痛い教訓では
    元ヘビーユーザー    »このコメントに返信
  33. Unknown

    無双のペナルティは当時にしても厳しいシステムは珍しく、目押しに自信のない人は初打ちで撤退してましたねえ

    せめて潜伏させて復活させてくれれば良かったんですけど

    かくいう私も無限パンクさせたことある1人です(笑)

    ただ、当時は他にもっと目押しが楽で面白い台があったのでそっちを打ってましたが



    ライトユーザー云々で言えば、目押しの難易度よりもコイン単価(荒さ)ですよ

    初打ちで運良く勝てればいいですけど、半分以上負けるし、遊べて負けるならいいんですが、今の台じゃ額もかなりのものになる

    ようやくATに規制が入りましたが、業界はまったく懲りずに高純増を維持したまま高ベースに行こうとする兆しが

    高ベースでそこそこの純増、当たり易い確率にならないと先行きは暗いのではないでしょうか
    悪きゅうり    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す