パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコ産業革命その10


■ホール独自の計算方法



ホールには他業種ではまず使わない『割数』なるものが存在する。これはホールの収支を表すものであり、業界人であれば大半の人が知っている。がしかし正確に知らない人も少なくない。



『割数』には営業中に算出されるものと閉店後に算出されるものに分かれる。これらを正確に述べられない人がホール営業に携わっている事が多いのに驚く。



計算方法は単純に出て行ったもの(景品)を入ってきたもの(売上)で割ればいいのだが営業中はそれが出来ない。ではどうするかといえば玉の出入りから『推定景品額』を算出し、それを売上で割る。ただそれだけ・・・



だがここから厄介なのが利益算出の時、それらの項目を使うのだがホールには『交換率』なるものが存在する。しかも全国、店単位で自由・バラバラで営業できるから厄介なのだ。



大半のホールは玉1個4円で貸し出している。ここ最近一部で低価貸しを行っているホールもあるが、それは後述しよう。等価交換の店も当然あるが東日本は3円交換と言ってみたり2.5円交換という表現をする。



対して西日本は百円で25個貸して、返してもらうとき30個頂くという風に、30個交換とか33個交換という表現をする。何故か名古屋近隣だけは200円単位なのだが・・・



その為、利益計算を行なう時は、交換率によって景品に対する掛け率というものをホールによって変えなければならない。研修時はここを理解してもらうのに時間が掛かるときもある。



この『割数』を最低限の基本とし、膨大な営業データというものをホールコンピューターは蓄積している。それらをひとつひとつ見つめ直し営業に活かさない手はない。



昔のどんぶり勘定主流の時代でも、売上というものは明確であった。しかし今は店舗全体売上・台売上・玉単価と分別され、遊技によって動いた玉1個の売上値を出すようになっている。



これらの数値は営業方法(たとえば無制限・共有あり)などによって大きく左右され、パチンコバブルと言われた頃は台売上10万円超も珍しくなかった。



しかし、現在のような台移動自由や持玉の共有が可能であれば、売上は入りにくく当然以前よりは下がる。繁盛店でも当時の半分以下という現状だ。



そして、利益においても店舗全体粗利・台粗利・玉粗利と分けられ、それぞれの数値がホールコンピューターで算出される。中でも玉粗利というものはここ10年以内に取り上げられるようになり、アウト玉1個につきどれだけ利益を上げたかというデータである。



しかし、この玉粗利は、結果の数値であり営業の指標とするには、とても危険であると自分は思っている。最終的に目標数値に近づくというのは問題ないが、目標数値に近づける為の調整や営業内容というのは賛同できない。



それよりも台粗利が日平均いくら取れて、機械代回収にどのくらいの期間が必要で、どのような利益コントロールをすれば、台が長持ちするのかを考える方が大事なのだ。



ホールからすると遊技台は出来れば永く使いたいと思っているはず。それをやむなく稼動が落ちて利益が取れなくなって撤去する羽目になる責任の一端はホールにある。



更に望ましいのは、導入前にひとつひとつの機械に対して、十二分な検討がなされるべきである。これは売る側の問題点が多いのもあるが、ホールもどうだろう?と思うぐらいなら導入しなければよいのだ。



それを我先にと競ってまで導入して、総客数が増え続けるのなら否定はしない。しかし大半のホールは客の店内移動に終わり、多少集客増に繋がったホールでも数日すると元に戻り、抱えたのは機械代だけという悪循環に陥るのだ。



その悪循環を知りつつもホールは利益を取らないといけない。そして稼動がある機種(新台など)から取ってしまう。すると稼動が落ちて利益が取れなくなるという最低な営業方法を取らざるを得なくなる。



そのようなホールは、これらを変革していかない限り、立ち直りの機会は無いに等しい。確かに新しいもの好きなユーザーもいる事はいる。しかし、その人達の総数より遊びなれた機械を選択する遊技客の方がはるかに多いのだ。



その遊びなれた遊技台にまで利益負担がいくようになれば、それはすでに末期症状。店全体の落ち込みは止まらなくなり、歯止めをしようにも効かなくなるのだ。



■ホール業界は以外に利益率が低い



これはどういう事かというと、ホール内の実情と遊技客のギャップが大きすぎる事が業界に対する不信感というものに繋がっていると思うのだ。



安定してプラス収支の『パチプロ』や一握りのプラス収支の人は別として 多くの遊技客はマイナス収支だと思うのだ。その人達が感じるホール側の利益率というものは50~80パーセントであると推測される。



時折、町内の飲み会などに参加すると、そのような話をよく聞くので、世間一般の意見も当たらずとも遠からずだと思う。



しかし、実際にはソコまでの店というのはおそらく、日本全国1軒もない。というより機械の性能上、ソコまで出ない事はないのだ。ここに大きなギャップがある。



実際の数値でいえば利益率が一桁であればまず薄利営業といわれ、10~15パーセント程度が適正利益と言われる。そしてそれらを超え20パーセント超になると『ボッタクリ』と言われる。



ようするに控除率25パーセントの競馬などと比べると遥かに低いのだ。しかし遊技客はそう感じない。それらを払拭するにはどうすれば良いのか? 行き着くところは『薄利多売』商売の基本である。



これは一朝一夕に出来るはずもなく、グランドオープン以降、無くしてきた信用を取り戻すしかないのだ。そのためにもある程度の年数が経った店には、完全リニューアルなども必要だ。



しかし、このリニューアルも、ただ内・外装を変えるだけでは数日後、元の木阿弥になるのは目に見えている。



リニューアル成功の鍵は、綿密な営業計画や結果分析、そして、柔軟な修正能力というものが確立されていなければ、改装費用だけが圧し掛かるという最悪の展開になりかねない。



そして、完全リニューアルに来店していただいた遊技客というのは、その店に期待をしているから来店したという心理状態をホール側は敏感に掴まなくてはならない。



まぁ、そもそもリニューアルを成功させるだけの運営能力があれば、元から集客能力があるだろうから、リニューアルなどしなくてもいいかもしれない。店舗自体が古くなったので仕方なくという選択肢しかないだろう。



話は戻って利益率のギャップ。これ結局は飲食業界や他の業界と違って、日銭の多さや利益額の多さが、多大に影響しているのだと思う。



例えば、1日1000万円の売上店が10パーセントの利益率だったとすると100万円という膨大な利益額を確保できるが問題はその先。その金額に見合うだけのサービスというものをホール側が提供出来ているかという事なのだ。



よく例に挙げられるのが『喫茶店』。コーヒー一杯300円で、新聞・雑誌を読むことができる、水が出る、おしぼりが出る、最後にお茶も出る。そして、店員によっては素晴らしい笑顔も見せてもらえる。



そう考えるとホールは・・・というと、いまの時代、パチンコを300円で遊ぶ事すら出来ないホールが多い。そしてスロットでいうと、まず1000円が必要となり、しかも滅多にそれだけで大当たりする事などない。(自分も過去数回しかない)



前述しているけど この金銭感覚の異空間をどれだけサービスに繋げていけるか、そして、来店・遊技に対する感謝の気持ちを伝える事が出来るかが繁盛店とそうでない店の境目である。







人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える





※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。






記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. まぁ、そもそもリニューアルを成功さ・・・に賛同します。

    客に楽しんでもらってなんぼだと思います。



    楽しくない店には通わないです。



    儲かる儲からない以外の快適さを追求すれば客足も伸びると思います。



    繁盛店は台のガラスや釘・玉やメダルも綺麗です。

    同じ条件なら綺麗な店に行きます。(分煙ボードや充電器が台横に設置されていたり差は大きい)



    データ表示機の種類など細かいところで大きな差が付くと思います。
    あさ    »このコメントに返信
  2. 体感

    最近のスロットでは一般ユーザーのほとんどはガッツリ負ける

    波が荒すぎるので

    ホールの利益率は50パー以上と感じても不思議ではない

    素人でも月100万位勝ったり

    プロがゾーン狙いや天井狙いしても運が悪いと普通に負ける

    設定1でもガッツリ出る事があるスペックが多い

    そんな機種は普通に回すと勝率が低い

    昔に比べて

    負け組と勝ち組の格差がありすぎるのが原因だと思う

    特に夕方からのユーザーはせっかくのプレミアを引いても

    消化出来ずに終わる事がある

    勝ってもがっかりします

    勝っても嬉しくないゲームは中々ない

    ヘビーユーザー    »このコメントに返信
  3. Unknown

    薄利多売と言っても平均してスタートを高く調整する事は無承認変更にあたるのでは無いでしょうか?



    釘調整が認められない以上、全面液状等で釘を調整せずにスロットのように設定を変更可能出来る機械が出なければ業界は衰退していくのではないでしょうか?



    打てば打つほど理論的にマイナスになる遊びに魅力を感じられるだけのリターンが無くなったと感じている方々は多いのではないかと思います。



    仮に釘調整やイベント規制が解除され認めらるならば、業界も復活するのでしょうが



    10%の利益を目標にしても売上の少ない店舗では、固定費その他で1日あたり10%の利益では運営していくには厳しい数値となっており、パチンコに限定した際には一台あたりの調整が結果的に損益分岐点よりマイナス20%~30%の調整になってる店舗が80%をこえてるのではないかと思います。



    公営ギャンブルは売上に対し20%もしくは25%だ固定されてます。



    パチンコの利益率10%で営業してる店舗は全店舗の20%も無いと思いますが見違ってますか?

    業界衰退    »このコメントに返信
  4. Unknown

    言ってもしょうがないことなのですが・・



    管理ソフトや機器の発達によって忠実な数字が出るようになったことが、かえってパチンコのハプニング性の楽しみをスポイルしてしまったんじゃないか、と考える時があります。



    記事の中では一般客の実際の割数に対する体感が違うと述べられていますが、いわゆるどんぶり勘定の頃はホール側も目で見て肌で感じながら営業方針を考えないといけなかったため、自然と一般客と同じ目線に立てていたのではないか、と思います。



    例えば新装オープンならば、現在だと計測して一律100~110%ぐらいにした、ホールとしては数値上赤字サービスだ!となりますが、打ち手から見て数字ほど「赤字覚悟で出してくれた!」と考えてもらえるかどうか?見合うほどの費用効果はあるのか?



    古参のファンなら誰もが思い浮かべる、誰がどう見ても出しているというお祭り騒ぎ状態は、ある意味ホール側が数字が見えないかわりに体感で営業していたから出来たのだと思います。



    そして誰もが「昔はちゃんと出してくれた」と口を揃えます。一般客も肌で感じることが出来ていたのです。



    パチンコは偶然玉が入った、偶然当たったというハプニングを元にしたゲームです。ハプニングが多いほど楽しいものですが、ことパチンコ経営に関しては一律調整や右打ち化、ゲージの簡素化、そして数字管理の厳格化とハプニングを減らす方向に向かっています。



    会社経営ならば不安定要素をなくすのは当然ですし、まさかホールコンピューターを手放せというのは暴論極まりないですが、それでももう少し、偶然このホールに入って良かった!偶然この台に座って良かった!というハプニングを演出できないものでしょうか。
    とある打ち手    »このコメントに返信
  5. とある打ち手さんへ

    賛成です。

    ちょっと回ったり、サポート中に玉増えすれば、張り付かれ、あげく「止め打ちは、お止め下さい」

    デジパチに嫌気がさして、羽根モノばかり打っています。トキオDXでノーマルルートから、玉の思わぬ動きで入賞した時なんかは、まさにハプニングじゃないでしょうか!

    泉南野郎    »このコメントに返信
  6. Unknown

    大前提として、技術介入を認めない(当局指導であっても)のでは、遊びとは言わないよね。



    上手な人はたくさん遊べる。



    ”遊び”の基本だと思いますよ。







    みみ    »このコメントに返信
  7. Unknown

    個人的には一般景品で儲けることを考えて欲しいですわ。東京だと小景品1500円だったと思うんで流石に貯玉してると思いますけど。



    例えば煙草、10銘柄も置いてないでしょう。煙草屋みたいにいっぱい置けばいいんですよ。しかも売れ筋じゃないんですよね。セブンスター・マイルドセブン・マルボロ・ハイライトあたりのオッサンが大好きな銘柄が揃ってる店のほうが珍しい。



    私の知ってるチェーンだと北海道のプレイランドハッピーが一番銘柄多かった気がしますね。それでも20はいってなかったはず。



    あと飲み物、マルハンは全部そうだと思いますけど小さいパックで150円ですよ。万枚出しても買う気しませんでしたよ。周囲見渡してもほとんど飲んでる人いませんでした。というか横に普通の自販機あるし。



    マルハンに限らず大手チェーンと関西首都圏のパチ屋は付き合いで置いてるんでしょうが、意味不明な景品が多すぎるんですよ。折りたたみ自転車とか聞いたことないブランドの財布とか。



    これも北海道ですが1円と0.5円パチンコのみの店、確かサイバーパチンコだったかな。は洗剤やらレトルトカレーやら置いてて雑貨店みたいになってましたよ。

    もう1つ北海道でススキノ近くにあるイーグル。

    あそこは駄菓子コーナーみたいなのがあってメダルなり玉なりを置いてある箱にいれてセルフでアメ玉なんかが取れるんですよ。ああいうのも面白い。



    関西でもキコーナは店によっては割と一般景品が充実してます。





    何を遠慮してるのか知りませんが近くのコンビニを潰すつもりでやってくれたらいいと思います。

    例えばリプトンの500mlのミルクティー(105円)が4円30玉とかならわざわざ外のコンビニまで行きませんから。



    総じて一般景品が充実している店は釘が良い。

    恐らくそっちでもボチボチ儲けが出てるんでしょう。



    ここでも記事になってましたが復興支援にかこつけなくても地域の特産品を景品にするのも面白い。どうせ相場わかんないし。何年か前にカニを持って帰ったことがあります。



    別にパチ屋だからパチンコだけで儲けなきゃいけないわけでもなし、もうちょい工夫して欲しいです。
    GA    »このコメントに返信
  8. Unknown

    マルハンの紙パックは確かに買えないですね。



    近所に新しく出来たダイナムは休憩所の近くに自販機が密集して置いてあるんですが、ふと気がついた事が。



    飲料メーカーが全部違うんですよ。コカ・コーラ、アサヒ、ダイドー、etc…

    紙コップのコーヒーとかハンバーガー等まであります。



    コーヒーとか結構拘りのあるお客さんも多いだろうし

    こういうのもサービスの一つになると思うんですが。
    普通の客    »このコメントに返信
  9. 競馬とパチンコ

    投票者全員から一律に徴収する競馬の控除率。



    これとパチンコ・パチスロの利益率を比較することがそもそもおかしい。



    根本が違うのだから打ち手に「競馬より割が良いんだ♪」なんてのを目指す方がおかしい。
    依存症    »このコメントに返信
  10. Unknown

    パチンコは等価がダメにしましたね

    低交換と比べると全体の出玉感は減りますし、持ち台遊戯時間も減ります

    高齢者の打ちっぱなしも損率が上がり、還元率が同じでも印象が下がります

    スロはスペックが失敗ですね

    特化やテーブルのせいで設定狙いに価値が無くなりました

    スペック構成もおかしいかと

    パチなら甘からMAX、確変STバトル等時間資金に合わせて選択できますが、ジャグ以外荒い機種しか無ければ還元の体感は減りますよね
    体感率    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す