パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

手打ち式のハネモノで技術介入を


元店長ですm(_ _)m

先日エントリーした寄稿、手打ち式第2弾に対しての私の主観を書いたものをご高覧頂きましたあるメーカー開発担当者が、面白い視点でアイディアを出してくれました。

開発担当者との会話で私も色々とアイディアが思い浮かんだのは言うまでもありません。

そのメーカーでは、手打ち式を出す予定は全くなく、開発担当者は業界の多様性を重要視する観点から、アイディアをAgon様へ伝えて欲しいとの事でしたので筆をとりました。

簡単に書きますと、日本初の《手打ち式による電役機》です。
開発担当者数名の雑談から出たアイディアですが、雑談レベルですから、内容は曖昧です。

検定通過の可能性は別として、イメージは、例えば、羽根モノの手打ち式とか、または、先日私が寄稿した内容の、アナログ式抽選の円盤を利用した手打ち式なんかを利用する。

これぞ本当の技術介入になるのではないか、と思います。

つまり、ハンドルを捻るだけでは単純な技術介入でしかありませんが、手打ち式で電役や役物を狙うならば究極の技術介入になる筈です。

パチンコファンは、単純化された抽選箱=現代のパチンコより、自分の技量を活かせる機種を欲しているのではないか?と言うことです。

昔あった、アレンジボールや雀球、スマートボール、を覚えている往年のファンなら分かると思いますが、一球一球大切に玉を弾きましたよね。

これらの機種は全て手打ち式でした。

そうです、本当の意味で技術介入が出来る現代版手打ち式を開発してみるのです。

チューリップだけでは、従来のパチンコの発想から抜けられません。つまり古臭くなる。
第1弾の機種名は《昭和物語》。このコンセプトは昔のままで良かった。

しかし手打ち式が生き残るには、このコンセプトだけならば飽きられます。飽きられると言う事は手打ち式が無くなるということ。
多分手打ち式メーカーはもう出てこないでしょう。

今こそ、本当の技術介入機種を開発する時です。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。







記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 今のデジパチとか見てると、メーカーに開発出来るとはとても思えないけどね。
    あと、仮に技術介入できる台が出来たとして、ホールの導入はごく少数でしょう。手打ち式台のようにね。

    無駄なあがきでしょう    »このコメントに返信
  2. 昔、駄菓子屋やデパート屋上のゲームコーナーにあった、パチンコっぽいものとか、10円玉を弾くやつなど、色々工夫が凝らされていて面白かったですよね。今の開発は(ぱちんこ遊技機の)ルールありきで始まっているでしょうから、まずは発想の転換を図るためにこの手の遊びを色々研究してみてはいかがでしょうか。

       »このコメントに返信
  3. アナログの良さは狙って打つことを体感できることだと思います。羽物でも2球連続で拾わす工夫させることを楽しませるなどです。一発台や権利物が適している気がします。

    しかし釘調整が駄目となれば難しいです。苦しい釘状態で毎日稼働していないお店を良く見かけます。もはや時代に合っていないと思います。

    あさ    »このコメントに返信
  4. 諦めることはとても簡単です。が、そろそろ簡単に諦めることにも飽きてきました。どうせダメなら、いろいろやってみましょうか。
    今回の記事は、温故知新となるか、はたまたただの懐古主義か。
    技術介入は、適度なものがあれば打ち手の遊び心をくすぐるでしょう。
    ただし、止め打ち禁止みたいなことをやっていてはダメですよ。設置済みの機種にも、技術介入できる部分はあるんですから。
    そこを潰している業界が、技術介入を歌って音頭を取っても白けるだけです。
    今の自動打ち出しと手打ちのハイブリットなんてどうでしょうかね?ハンドルを左につけ、左打ちで通常消化、当たりが来たら右につけた手打ち式で技術介入。出玉が腕次第で増やせる。
    もちろん、通常時手打ち式で打つことも、めんどいからと大当たり中自動で消化もできる。盤面は左右対称。
    正直、手打ち式って手が疲れるんじゃないかな~という印象があるんですよね。いつもいつも普段はぼーっとハンドル自動打ち出しの方が、楽かなと。ここぞという時に手打ち式。
    打ち手に、打つ自由を与えてみてはいかがでしょうか?

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  5. >日本初の《手打ち式による電役機》

    足を引っ張るようで申し訳ないのですが、日本初の電役機は「D51(デゴイチ)」という手打ち台です。
    同名の西陣の羽根ものや、同じく三洋の電動チューリップ台よりさらに前に出た機種で、私の記憶で
    は1977年(昭和52年頃)に打った記憶があります(厳密にいうと法律違反なのですが、さすが
    に時効でしょう^^;)。天穴入賞口の下左側に小さな汽車の役物が配置されていて、天穴に入賞す
    るとその汽車がゆっくりと右端まで移動して、その間煙突状の穴で数個の玉を拾う、というものでし
    た。

    その後も、主に入賞の補助機能としての電動役物を搭載した手打ち機は幾つも発表されて、現役で
    稼働しています。

    例えば

     ・盤面下、OUT穴に玉が流れるルートに開閉式のアタッカー(当時はそんな呼び方ありませんで
      したけど)があって、入賞があると一瞬開いておまけの入賞をする(後に電動機で「ポンパ!」
      ていう機種がレトロ本に紹介されました)。

     ・海をモチーフにした盤面で、波が打つように電動役物が動いて、タイミングが合うと入賞する。

    といったタイプの機種がありました。

    これは苦言として申し上げたいのですが、パチンコの玉の動きを楽しむ(逆に言うと、昔はそれで
    競う以外の選択肢が無かった)時代の記憶は遊技者としてなら年齢50代以上、開発側でも当時の
    若手世代ならまだ御存命のはずですし、某弱小店長氏のようにその時代の機種への愛着から業界入
    りされた方もいます。こうした話題が出されるようになって確実に数年は経過しているのですから、
    せめて下調べぐらいはして下さい。

    >昔あった、アレンジボールや雀球、スマートボール、を覚えている往年のファンなら分かると思い
    >ますが、一球一球大切に玉を弾きましたよね。
    それは今でも大切にして懐かしい思い出として記憶の中にありますけど、それをまたこれからの
    パチンコ・パチスロ業界に復活させるべきか、というのはまた別の問題ですね。

    ぶっっちゃけ現行のパチンコ店の運営にかかる経費をその遊技形態で得ることが出来るのか、
    というと大いに疑問ですし、遊技機メーカー・パチンコ店・販社が進んで自らの利益を半分以上
    カットする荒療治を(ファンがその方式で戻ってくるまでの)数年間、業界全体で実践できるのか
    というと、個人的には懐疑的です。

    自身の経験では(まどか☆マギカという傑作機に出会えた事が大きいですけど)低貸しであれば
    収支表を付けながら若干の自制をしながら遊戯していった結果ですけど、どうにかこの二年ほどは
    小遣いの範囲内に収まっています。業界が時代々々で生み出してきた遊戯性はそれぞれに素晴らし
    く、愛好家をワクワクさせていると実感しています。

    問題は(繰り返しになりますけど)せっかく素晴らしい遊戯性が生み出されても自社の利益追求で
    果てしなくエスカレートさせて自滅(規制を喰らう)したり、かさんだ費用をストレートに顧客に
    転嫁する、しょうもない体質を自制する仕組みを業界全体で持ち、維持することではないでしょうか。

    それが出来れば自然と客足は戻ると思いますし、それだけ素晴らしい面白さをパチンコもスロット
    も持っていると私は思います。

    私は手打ちで脂汗かきながら打っていた若い頃も、魚群や穢れ中にドキリとする今も、パチンコも
    パチスロも大好きですし、礼儀正しくきびきび応対する店員の方々も大好きです。業界の方には
    大いに栄えてほしいと願っております。

    tameiki    »このコメントに返信
  6. 発射のスピードも
    ある程度自由に強弱つけられるように
    出来たりしないかな
    固定ハンドルで指導を受けた店舗もあると聞くが
    ダイヤル式にカチカチと
    固定できるような仕組みも難しいのかな
    良くまわる 良く入るポイントで
    維持したくなりますね
    打ってると。

       »このコメントに返信
  7. ぱちんこの技術介入、多くのホールで『止め打ち、変則打ちはお断り』といって客に垂れ流して打つことを強制してる本来のぱちんこ遊技をナイガシロにしている現状を禁止するのが先かな。

    ぱちんこ屋は遊技されたくないんだよな、遊戯?してほしいだけで。

    何かしら、法的に技術介入の禁止を禁止しないとこの業界全体が『遊技』を認める事はないのではないか?と思うよ。

    技術介入で打ち手の勝敗結果に営業がでる条件が建前にしかなってないのが現実。

    おう    »このコメントに返信
  8. 手打ち式を設置する事をホールはどう思われているのでしょうか。

    投資スピードが遅い上に甘く使わないといけない機械の為、目先の利益を追いかけているとメリットを感じてもらいにくそうな印象です。

    カニミソ    »このコメントに返信
  9. ハイテク化が進む現代では手打ち式が人気となるとは考えられないのだが・・・・・

    そもそも低貸とか低射幸とかいうが今の機械スペックでは無理なのではないのかな?

    せめて確変をなくさなきゃ店も本気であけられないでしょう?

    その辺メーカーも考えないと、安心して還元できるものを提供しなきゃね。

    覗き見    »このコメントに返信
  10. 結局釘調整はダメとなった時点で終わっていますから。何をするにしてもこれと三店方式ははっきりさせないと。それから次の段階へ逝くものでは?今の状況をわかっているのでしょうかね。

    こんにちは    »このコメントに返信
  11. 遊べるパチンコへと”原点回帰”を訴えております。
    新橋のエスタディオ
    新感覚パチンコ、椅子がない・立って打つスタイル!

    何ですか、これ。

    パチンコ1円→1.25円
    スロット5円→6.25円
    新感覚パチンコ登場!新感覚スロット登場!

    新感覚って何ですか?

    ただの店内レート間入れ替えを
    新台導入!
    床や壁にシート貼っただけ
    リニューアルオープン!

    はぁ?

    煙草を吸わないお客様の為に!
    分煙ボード・台間からエアーが出ます!

    いや、くっさいんですけど?
    ジジイがボード手前や下に煙草持ったままで煙が普通に流れて来てますけど?

    適当な言葉遊びをして楽しいですか?
    客を騙してそんなに楽しいのですか?
    ユーザーを小馬鹿にし過ぎです。
    だからパチンコ業界は馬鹿にされるのです。

    G●Eビジネススクール、10年目でしょうか?
    Sammyの名前がいつの間にか消えましたね。
    出資企業がSANKYOとフィールズだけになってます。
    出身者が関わった台、客を小馬鹿にしたバッカみたいな演出搭載の奴全部でしょ?
    若い人の意見を聞けば人気が出ると思ったの?
    パチンコスロットを愛する人が作らないからこうなるのだと、何故分からないの?
    SammyもSANKYOもフィールズも、台を破壊されてもおかしくない位酷い演出の数々。
    誰がそんなの望んだの?

    サファイア    »このコメントに返信
  12. いろいろ考えてみるのは良いと思います。ただ、打ち手が欲している機械とホールが望む機械がまったく異なるから…。投資ペースが極端に落ちる機械は、ホールは絶対に買わないでしょうね。

    煙草吸い    »このコメントに返信
  13. ベースの問題があって、羽根物は今後出てこないですよw
    内規とか判った上で、開発がどうこう言ってるんですかね?この人w

    うま    »このコメントに返信
  14. 今のデジパチの打ち出しが100玉/分に対し、手打ちでは25
    玉/分がせいぜいでしょう。
    そう考えると打ち込みの時間単価は、1パチとかわらないこ
    とになります。
    であれば、1パチを上手く使うのと同じではないでしょう
    か。
    1パチでは利益が出ないと言っている現状、利益構造自体を
    一緒に見直せなければ無理でしょうね。

    遊漁    »このコメントに返信
  15. パチンコやスロットはオモチャなんです。
    オモチャで遊び、”楽しい”と思わせないと
    次に再び遊んでもらえないわけです。
    如何に”楽しい”と思わせるか?
    そこにメーカーと店は心血を注がないといけないのです。

    パチンコとスロットは出す遊び。
    そこが基本となります。
    出玉の増減、その攻防を楽しむ。
    そこが第一スタートなのです。
    そこに
    パチンコは玉の動きに一喜一憂する。
    スロットは目押しとリールの滑りと出目に一喜一憂する。
    その他演出というものは、それ+αの部分になります。
    現在のパチンコスロットは中が空洞になってしまっています。
    だから”つまらない”のです。

    勝ち負けは結果の話。
    そこまでに至るまでが重要で、そこまでが楽しめないと再び遊ぼうとは思えないのです。
    今パチンコスロットを打てば、打つ前からほぼ負け。
    打っていても何の夢も希望も無い。
    打つ理由が無い。

    サファイア    »このコメントに返信
  16. どんな遊びだって上手な奴が勝つんですよね。それのない遊びはつまらない。ないなら射幸心煽るでしかないでしょう。宝くじ1枚買って夢見てたほうがマシ。

    横並    »このコメントに返信
  17. 海物語
    なんてことないバラけ目から右のキャラが下から引っ張り上げて、ウリンが出てスーパーに発展する演出があります。
    ウリン系演出は期待度が高いので、
    “いきなり”アツくなるわけです。

    ノーマルびた止まりやノーマル再始動も同じで、寒い・期待出来ない状況を
    “良い意味で期待を裏切っている”。

    さぁ、驚かすぞー!驚かすぞー!
    わー!
     
    (´・_・`)

    何が面白いのですか?
    リングがウケた理由は、どこでも手が
    “いきなり”落下する所にあります。

    さらに最近の傾向、激アツの大安売り。
    プレミアムじゃなければハズレます。
    何が絡んでもスッカスカハズレます。
    これは”悪い意味で裏切っている”。
    だから何が起きても期待出来なくなってくる。
    激アツは高確率で当たらないといけない。

    打ち手で無い者が台を作っている。
    打ち手がどう感じるかが分からないから、あんなろくでも無いつまらない演出に出来るのです。

    チャンス?→ほぼハズレじゃなくて
    チャンス?→期待度10%は必要。

    チャンス→ほぼハズレじゃなくて
    チャンス→期待度20~30%は必要。

    アツい→30%じゃなくて
    アツい→期待度50%は必要。

    激アツ→50%じゃなくて
    激アツ→80%以上は必要。

    店のやり方もそう。
    イベントやイベントもどきをやって、いつもと同じ鬼回収。
    客の期待を悪い意味で裏切っている。
    だから期待されなくなっていくのです。
    だったら何にも告知してないのに、ひと島全て6だった!
    となれば、高設定の島を毎日探す様になると思います。
    店が何もしなくても口コミで広がっていくと思います。
    バランスは大事ですが、
    “良い意味で”期待を裏切るからドキドキ楽しいのです。

    サファイア    »このコメントに返信
  18. 限定された市場、ノスタルジーワールドとしてのぱちんこ…か。
    確かに
    その為の人材
    その為の対象
    その為の設備

    そういう点ではこの手打ちも一案でしょうね。あくまで一案

    少し観点を変えて 近い業界のゲーム市場の移り変わりと
    現状での問題点や比較研究をしてみてはいかがでしょうかね。

    mihune    »このコメントに返信
  19. 記事の内容は決して悪くないと思うが、残念なのはA-gonの第2弾の新機種「ハッピークルーン物語」の機械代。

    1,000台の販売予定で1台あたり298,000円とか。ざっくりだけど3億円

    ここが問題じゃないの?

    座高一    »このコメントに返信
  20. そんなん一昔前だったら手打ちのパチンコ台なんざ露店で1台1000円で叩き売りされてたけどな?
    それ以上の価値が今あるのかい?
    今なんざ300円でもイランけどな。

    嵐雪達磨 (@emofuton)    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す