パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

バーチャルスタッフが景品交換接客をこなす


一般的な景品交換所といえば写真のように手元に景品とのやり取りをする小窓があり、中の様子は伺い知れない。



その一方で東京の景品交換所は写真のようにTUCは全面ガラス張りで中が見えるようになっている。路地裏の日陰者的存在だった景品交換所の健全性をアピールする狙いもある。



地方でもガラス張りの交換所もあるが、中の人は地元の人が勤務しているケースも少なくなく、ガラス張りに対しては「顔を指差しされる」とわざわざブラインドを下ろしているところもある。

そこで登場したのがレッド・エンタテインメントが開発した代理接客装置。ガラス張りであろうが、小窓であろうが、既存の交換所に設置ができる。これからの景品交換所の新しいスタイルである。

縦型の40インチモニターにバーチャルスタッフが映し出され、交換業務の接客をこなす。

百聞は一見に如かず。まずはYouTubeで実際の景品交換の様子をみてもらうのが手っ取り早い。



中の人は、手元のテンキーを押すだけ。来店時には「来店」ボタンを押すと「いらっしゃいませ」。次に「買取」ボタンを押すと「少々お待ちください」。支払いの時は「支払」ボタンを押すと「お待たせしました」。退店の時は「退店」ボタンを押すと「ありがとうございました」と音声が流れる仕組みになっている。

さらに景品交換所が一番緊迫する強盗に対しては「SOS」ボタンを押すと緊急映像と共に、けたたましく警報音が鳴る。

これが交換業務の流れだが、このシステムのさらなる特徴は、ワンランク上のセキュリティー対策が施されていること。外には防犯カメラがついているのだが、このカメラで撮影したお客の顔が、40インチモニターの右下に映し出されること。つまり、カメラで撮られていることを認識するので犯罪の抑止につながることだ。なお、左下には中のスタッフの手元が映し出される。



交換所の犯罪は強盗だけではない。お客の中には負けた腹いせか、景品を投げつけたり、ドアを蹴ったりする不届き者もいる。そうした軽犯罪の抑止効果もある。

東京・中野ではモニターに映し出されるアバター店員と話せる立ち飲みバーが話題になっているように、この景品交換所の代理接客も明るい話題になりそうだ。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. いいとは思うけど、特殊景品と交換する事なんて本当に
    少なくなったから、出会う機会あるかな。
    ふふふ    »このコメントに返信
  2. 古物商は買取りのとき、ちゃんと品定めするのが大事じゃないの(笑)
    ザン    »このコメントに返信
  3. オタクが喜びそう。
    やじきた    »このコメントに返信
  4. 人間同士のコミュニケーションが少なくなっていく。
    悲しい時代です。
    ヤング    »このコメントに返信
  5. もっといいモデル使えよ!
    さんさん    »このコメントに返信
  6. 昔の東京のTUCの前の胡散臭い方がよかったな。
    交換所の手元見ると小指が無かったり手首までモンモン入ったのがよくいました。

    健さんや八尾の浅吉がすれ違いそうなあの路地裏感!

    そこに人間がいるんだったら人間がちゃんと応対しろよ、バーチャルは好かん。
    ミクテー    »このコメントに返信
  7. 殆どの交換所が投資できるほど金もってないのに
    この費用はどこから出てるんでしょうねぇw
       »このコメントに返信
  8. ≫お客の中には負けた腹いせか、景品を投げつけたり、ドアを蹴ったりする不届き者もいる

    ここで喚いてる養分がそうですね。
    勝ち組    »このコメントに返信
  9. たしかに最近勝てないので景品に縁が無い。
    ユンタ    »このコメントに返信
  10. チェンジ
    (´・ω・`)



    では本題です
    もっとエロくて巨乳のお姉さんキボンヌ
    巨乳は正義なんだよ
    本気で流行らせたいのなら真剣にやれや
    何にもわかっていないな




    Blondie – The Tide Is High(1981)
    宗ちゃんじれったいじれったいパチ&スロ歴41年\(^o^)/    »このコメントに返信
  11. 負けて景品交換所で八つ当たりは良くないですよね、あくまでも自分の意思で打ちにいって負けたのだから悔しいのは分かりますがそこはぐっと堪えないとね。
    あと差玉で出るお菓子を景品交換所に捨てて帰るのもどうかと思います、ゴミだらけで汚いのでやめてほしいです。
    パチンコがなくなれば幸せ    »このコメントに返信
  12. 江戸川区のある店の換金所の中の人は下品な刺青が入った腕で小指が極端に短かったのが香ばしく感じましたが、
    万枚出した時はチョロまかすんじゃないかとヒヤヒヤしましたね。
    あれなら小窓の方がましです。

    本題に移りますと記事のこんなもんいらないです。
    転職店長    »このコメントに返信
  13. 「ありがとう」という言葉が嬉しいのではない。
    ありがとうと言ってくれる気持ちが嬉しいのだ。
    最近の若者は特にだが、ここを理解していない。
    ボタンを押して機械がアリガトウといって何が嬉しいのが。

    当たり前のことまで説明をしないといけない。嘆かわしい。
    年々、幼児みたいな若者や中年が増えてきている。
    牛丼通行人    »このコメントに返信
  14. この、
    「不届き者や強盗と戦いながら頑張っています!」
    「交換所の従業員をこうしたシステムで守っています!」
    感がイラつく。マジでイライラする。
    何が一番緊迫する強盗だよ、俺からすれば交換時が一番緊迫するわ。
    動画でも探せばちょこちょこあるけどな、交換所従業員によるピンハネ。

    自身で言えば1度だけだが1万円合わなかった時があった。結構昔の話だが。
    友人伝いの話で聞いていたから交換所での手渡し時は必ず数えていたからわかったのだが、実際に直面した時はビビったわ。
    確かに万札が十数枚になると確認しない奴も多々いるだろう。
    気付いた瞬間「おい!」と大声で叫んだ瞬間ポロッと1枚の諭吉が速攻で出てきたわ。
    何か言われたら「ミス」という事にしたくて1枚用意して様子をうかがってたのは間違いない。
    もちろんこういう奴が圧倒的少数なのはわかっているが、交換所の人間を守る的な記事にはイライラしかない。
    こんなシステムじゃなく、完全無人の機械でやり取りできるシステムを開発しろと。
    有人でもいいが、金を取り扱わないことが条件。トラブル時だけ対応するとか。
    とにかく交換所の人間は正直信用ならん。
    個人的な意見ですまんが実話だし本音だ。
    通りすがり    »このコメントに返信
  15. たしかに、交換所の人間はチョロまかすのが多かったぞ。
    特にオバハンだ。
    違うとクレームいうと即座にミスと演じながら不足分が出てくる。
    全盛期は1日に10万以上懐に入れてるババァがいたはずだ 。
    今でも万単位で毎日やってるだろうね。
    バーチャルでもなんでもいいが、チョロまかすのが一番の問題で、これを解決しろよ。
    サンド    »このコメントに返信
  16. ちょろまかし対策に毎回その場で確認しるわ

    というか、大金なのに確認しないやつとかいるの??
    養分ユーザー    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す