パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコメーカーが電気自動車業界へ参入?


電池やモーター、インバーターといった汎用部品を組み合わせれば、比較的容易に製造できるのが電気自動車(EV)だ。EVはエンジンの開発費や工場設備はガソリン自動車の比ではない。骨組みに外部から調達する電池とモーターを組み込み、ボディーをかぶせればベンチャー企業の工場でも生産が可能だ。

自動車ビジネス参入の壁を低くしていることは間違いない。このチャンスをものにしようと、さまざまなベンチャー企業が名乗りを上げている。

京都のベンチャー企業のグリーンロードモータースがEVスポーツカー「トミーカイラZZ(ズィーズィー)」を発表したのが2013年4月のことだった。価格は800万円(税別)。



満充電状態からの走行可能距離は120km。充電時間は、急速充電で1時間。満充電状態から200km走行できるように電池容量を増やすこともできる。



「トミーカイラZZ EV」の特徴は、車台部分と、樹脂製のボディカウルとに分けてそれぞれ別々に量産する仕組みになっていることだ。

車台部分は、それだけで自動車として十分な剛性や強度、機能を持たせた構造になっており、バックミラーなど必要部品さえ搭載すれば、車台だけでも公道を走行できる。ボディカウルは樹脂など軽量な素材で造っても構わないため、通常の自動車のようにボディー製造に対して高額な設備を用意する必要はない。

情報とはひょんなところから漏れてくる。

週刊誌記者が関西にある大学の理工学部教授から「パチンコメーカーが電気自動車に参入の意欲を持っている」という話しを小耳に挟んだ。メーカー名までは明かさなかったが、ヒントはカジノには参入していないメーカーだという。

カジノに参入していないメーカーを除外すれば、大よその見当はついてくるというもの。

やはり、この先パチンコだけでは企業の発展も望めないことから、第二の柱を電気自動車に託すということか。

電気自動車の弱点は走行距離、電池寿命、充電インフラ整備といわれている。

走行距離をガソリン自動車並みにするためには、2030年までには次世代電池(エネルギー密度700WH/kg)の開発を産学一体となってオールジャパン体勢で臨んでいる。このエネルギー密度は現在のリチウムイオン電池の7倍だ。

日産リーフの車体価格のうち、約半分が240万円の電池価格だ。これを1/10に24万円まで下げる。電池のコストダウンが図れて、走行距離が伸びれば、電気自動車の普及にも弾みがつく。

その頃にはパチンコメーカーの電気自動車も発売されているのだろうか。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. ナビ女「目的地はこちらでよろしいですか?」
    ナビ男「ボタンを連打しろ!」

    ・・・・・・・・・・

    ナビ女「目的地が決定しました、おめでとうございます」


    そした目的地に到着するとフロントガラスに搭載された役物が全力で祝福してくれる車ですね わかります。

    30代    »このコメントに返信
  2. リーフの約240万は電池の価格ってことに驚き!
    電気の方がガソリンよりランニングコストが安そう
    なのでハイブリットよりも普及すべき

    納豆ご飯    »このコメントに返信
    • ランニングコストシミュレーターによると、800キロ走行でリーフは
      5092円。プリウスは3257円だそうです。
      純粋なランニングコストはリーフが上なんですが、ZESPスタンダート料金3240円
      という、基本料金がネックになります。普及させるには、これをどうにかしないとダメですね。

      一般ゆーざー    »このコメントに返信
  3. 多角経営はそう珍しいことではないので、メーカーの中にはそういう事業に
    手を出すところもあるでしょう。
    ただ、自動車とかは人の命が関わってくるものです。安易に手を出して
    いい分野ではない。やるからには、メーカとしての責任を果たす覚悟が要るでしょう。
    個人的には、そういう覚悟があるのなら、カジノみたいのものに参入するより
    よほどいいかと思いますが。

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  4. 他業種の参入は別に問題ないが
    たった1つでもバグが残っているのにパチンコやパチスロの納品を許可するようなメーカーばかりの業界に命を預ける業種の参入はちょっと安易すぎる。
    自動車産業ならリコール問題になっている。
    特にこの業界はそう。納品を最優先にして細かいバグ周りはなぜか放置や無視する傾向が多すぎる。他業種に参入してからはそういう事にはなりませんという保証は絶対にない。


    まずは今の業界の信用を取り戻す事を最優先にしてからじゃないとどんなに凄い車を出そうが買い手は出て来ない

    パチンコの恥部    »このコメントに返信
  5. よく言われる、「参入障壁が低くなる」というのは間違い。
    自動車の要、ボディの設計はそう簡単ではない。軽量化と衝突安全性の相反する要求を果たさなければならない。内外装のデザインやその製造、コストカットに生産管理、販売網の膨大なノウハウは今の自動車メーカーに大きい優先権を与えてる。
    さらに、これからの時代は、自動運転もセットで競争しなければならないだろう。
    もし、他業種で参入するなら資本がたっぷりあって、ベンチャー支援や企業を買収出来る会社でないと難しいと思う。
    でなければトミーカイラみたいなおもちゃのクルマを作っては市場から消えていくのみでしょうね。

    自称評論家    »このコメントに返信
  6. パチンコメーカーが作っているというのがわかった時点でどれだけの人間が拒否反応を起こすのでしょうか?

    そういった時にメーカーとしてどう対応していけるのか非常に興味があります。

    元ニート    »このコメントに返信
  7. 車種名に
    フィーバーとか
    ブラボーとか
    サンダッシュとか?
    西陣はターボでしたね。
    期待します。

    通りすがり    »このコメントに返信
  8. やるとすればOEMで販売するとかですかね。
    車に対するノウハウが全くないメーカーから命を預ける乗り物は買いたくないですし。

    >>通りすがりさんへ
    西陣だと「花満開」「春一番」「春夏秋冬」なんて感じで付けそうですが。

    元パチプロ。    »このコメントに返信
  9. 違う事業に手を出す場合、社内にある何かしらの技術を転用できることが最低限必要でしょう。太陽電池バブルであちこちのメーカーが手を出して、昨年大量倒産を出したことからも分かるように、ちょっとやそっとの技術では通用しないでしょう。余裕があるうちに投資して設備や技術者を集めておくくらいは良いかもしれませんけどね、ちょっと畑違いな気が。

       »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す