パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

カジノ以上に難しいパチンコの依存症対策


IR法案で反対派の一番の理由は依存症問題だ。すでに公営ギャンブルやパチンコがある日本では厚労省調べでは536万人がギャンブル依存症と推計されている。先進国ではずば抜けてギャンブル依存症患者が多いのに、カジノを解禁してさらにギャンブル依存症を増やすことはままならない、というのが反対理由だ。

これに対して自民党の推進派は、実施法において具体的な依存症対策を盛り込んでいくとしている。顔写真入りの身分証明書といえば、国民の誰もが持っているマイナンバーカードであるが、これを使って入場制限する案も出ているが、これは本来は社会保障と税のために制度化されたものである。さらには、ギャンブル依存症の家族や本人の自己申告で入場制限ができるようにしていくことだろう。

要は、ギャンブル依存症患者はカジノの中へ一歩たりとも入場させない措置を取ることになる。

「パチンコの依存症対策もできていないのに、何がカジノだ。トバク法案成立を急ぐ理由を聞かせて欲しい、と支援者から抗議が来ています」と声を潜めるのは自民党関係者。そして、こう続ける。

「パチンコ業界はのめり込み対策として、トイレなどにポスターを張って、依存症で悩んでいる人の相談窓口は設けていますが、それによって目に見えて成果が上がっているのかを聞いてみたいです。われわれからすると、ポスターを貼っただけで何もしていないように見えます。実施法で依存症対策はやりますが、その過程でパチンコの依存症問題がほじくり返されることは間違いありません」

厚労省が発表しているギャンブル依存症患者536万人の大半は、パチンコ依存症ともいわれている。パチンコ業界が本腰で依存症対策を講じようと思えば、カジノで実施される対策ぐらいのことをしなければ、ギャンブル依存症の解決の糸口は見えてこない。

1パチが主流になろうとも、射幸性を落とそうとも、ギャンブル依存症の人たちには関係ない。大当たりを見たくて、見たくて打っているようなケースもあるからだ。

ギャンブル依存症の人の家族らでつくる「ギャンブル依存症問題を考える会」の田中紀子代表は、政府に対して、IR法案ではカジノに対してのみ依存症対策をするように解釈できると指摘。回復支援や予防教育などが必要とし「公営競技やパチンコといった既存のギャンブルにまで踏み込んでほしい」と要請した。

この声に呼応するかのように政府は公営ギャンブルやパチンコを含め包括的にギャンブル依存症対策に取り組むことになってきた。

パチンコもカジノ並みの依存症対策を実施しなければならなくことは、想定しておいたほうがいい。パチンコは風営法の範囲内なら賭博罪には該当しないからと言って、ポスターを貼ったぐらいでは済まなくなってきそうだ。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


無人化の流れの中でパチンコ店も?


あけましておめでとうございます。
元店長です。

2017年が始まりましたが、
皆様は新年をどのようなお気持ちでお迎えになりましたか?

今年は、間違いなく景気が上向きになるでしょう。
戦争やテロや天災がない限り、昨年から始まったトランプ景気が今年も続きます。
トランプ景気やトランプさんのこの先は、不透明な点は多いですが、
これから、一、二年は、景気は悪くなりません。

アメリカの財政出動や、世界有数の石油産油国になったアメリカは、石油産出量を拡大傾向に舵をとり、アメリカ経済は豊かになるはずです。日本は、新規発行国債をバンバン日銀が買ってくれて、金利が低下、円は円安になり、株はアメリカ株に引っ張られるでしょう。

とは、書いてみたものの、経済アナリストの予想はそんなに当たりません。
が、トランプ一年目から数年は、アメリカの経済上昇するでしょうね。
日本も今年は大きな選挙がありますから、経済は上向きになるでしょう。

だから、2017年はパチンコ業界にとっては、安心してられるでしょうね。

昨年末、超大手シンクタンクのセミナーに参加しました。実はコネで参加出来たのですが、通常は一般人は参加出来ないセミナーで、ご厚意により参加出来たんです。そこで聴いた内容の極一部を書いてみます。

この先10年20年後にかけて変わり行く様々な業界の話が出ました。

コンビニ業界。
店舗形態が二極化するようです。

①現行型コンビニを進化させた店舗。
②無人型店舗。

②の無人型コンビニは、ミニコンビニといいますか、分かりやすく言うと、自販機主体コンビニと書いた方が分かりやすいでしょうか。

このシンクタンク調査員によると、この先の高齢化社会を踏まえ、高齢者は半径1km以上先には買い物へ行かない傾向がある為、無人型コンビニが増えると言うのです。

これは間違いなく起こる現象のようで、コンビニ企業幹部が明らかにしておるそうです。
①と②が混在して私たちの生活を助けてくれるわけです。

今あるコンビニの商品が、自販機から取り出せる時代になれば、無人型ミニコンビニを設置しやすくなりますし、人件費も掛からない訳です。無人型ミニコンビニを遠隔カメラで見張り、定期的に商品を自販機に打ち込むだけなので、経営は楽になります。

ここでイメージして下さい。
無人型ミニコンビニの自販機は、今の自販機のイメージとは違います。
もっと明るくて、未来的な自販機。
全面ガラス張りだったり、、、。
今は見慣れた、綺麗なコインランドリーですが、昔は暗いイメージのコインランドリーがほとんどでしたよね。

コインランドリーと無人型ミニコンビニが合体する可能性もあります。
他には、セルフサービスのガソリンスタンドと無人型ミニコンビニが合体する可能性は間違いありません。

そうなんです。
無人型、つまり従業員の無人化がこの先のキーワードです。

シンクタンク重役は、パチンコ業界関連企業の重役から、こんな話も聞いています。

それは、無人型パチンコ店舗です。
500台規模のパチンコ店舗ならば、従業員を二人で回せる為の未来型パチンコ店舗の出現は可能だと言うことです。
法令の改正などの壁はありますが、封入式パチンコや封入式スロットが認められたら、それがその第一歩となるでしょうか。

高齢化を睨み、無人型ミニコンビニのように、無人型ミニパチンコ店舗が出現するかも知れませんよ。

私の親戚がパリに20年以上住んでますが、日本よりパリが進んでいるのが、スーパーのレジだそうです。
パリの方が無人型レジが多い。

日本のスーパーのレジも10年しないうちにセルフレジが普通になるでしょうね。
イオンでセルフレジがありますが、イトーヨーカドーはまだまだセルフレジが無い。
レジ係りの採用に苦労しているスーパーには、外国人が相当入り込んでいるくらいです。

ガソリンスタンドが有人とセルフサービスが混在する様に、コンビニやパチンコ店でも混在する世の中になるのです。

ホール経営は、将来間違いなく少数のスタッフで運営出来る時代が来る!とパチンコ業界企業の幹部は話していたそうです。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


日本にカジノができたら行ってみたい人は約7割


パチンコ・スロットを打っているユーザー(業界人も含む)に日本にカジノが出来たら行ってみたいかをテーマにアンケートを取った。回答数は353。そこから見えてきたものとは。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

まず、行ってみたいかという設問では一度は行ってみたいが48%でトップ。2位は行くことはないが25%、絶対に行くは19%だったが、実に67%がカジノへ足を運んでみたい、とかなり関心が高いいう結果となった。

行きたいという理由と行かないという理由を2回に分けてお届けする。

1回目は行って見たいという意見から。

行きたいという意見の傾向を分析すると、海外で経験した人は日本にできるとどのようなカジノになるのか、という興味と、海外でもカジノには行ったことのない人は話のタネに一度は行ってみたいという理由。さらには、パチンコと比較してカジノの方が信頼性が高いという理由に大別できた。

海外のカジノを経験して、日本での興味

・本場ラスベガスで経験したことがあるから。 カジノだけではなく、街全体規模での総合的なリゾートは家族で楽しめ日本でも流行るし、プラス面の方が多い。

・海外のカジノには結構行ったが 日本ではどこが違うかを見てみたい サービス面での違いを体感したい。海外だから魅せられる部分が多いが 国内でやった場合日本人にはどうみえるのか言葉・風習などの差を見てみたい。

・ラスベガスとマカオで経験しているので、日本も感じてみたい。

・海外のカジノには足を運んだことがあるので どのような差別化を行っているのか視察したい。

・パチンコとは違うギャンブルとしての楽しみや雰囲気があるため。昔いったラスベガスの雰囲気はとてもよかったです。

・ソウルやラスベガスとどう違うのか調べる。で、自分の趣向に合えばリピートする。

・外国などの旅行の際に行く事が醍醐味であり、日常からカジノへ行くのは雰囲気、軍資金ともに敷居が高く感じますので国内でしたら1度行けばお腹一杯的な感じです。

・どんな雰囲気なのか? どんなお客様の層なのか? パチンコ店と層は重複するのか? など、視察がてらに行ってみたいです。

未経験から来る興味

・雰囲気とバニーガールを見たい。

・ギャンブルをしたいというよりは、1度のぞきに行ってみたいと思います。カジノ場以外の施設を含めて。

・カジノだけでなくエンターテインメントの一環としての演出などに興味あり。

・ギャンブル目的でなはなく、ラスベガスとの比較。

・カジノだけが目的ではなく、劇場や映画館のついでにだったら行くかもしれません。 映画などを観終わった後に5000円ぐらいカジノで遊んで酒飲んで帰る、というぐらいです。 カジノだけが目的では絶対行かないと思います。 遠いので。

・海外のカジノに1度も行ったことがないので、1度入ってみたい。ただ、入場料を払ってまで入る価値があるかどうかは実際できてから考えます。それよりも複合施設内にどのような施設が入るかが楽しみです(カジノだけだったら行きません)

・旅行に行った友人からパチンコ・パチスロとは違った面白さがあると聞いた為。

・リスクも大きいが、リターンも大きいから。 それに自分は田舎に住んでいるので、頻繁に行くことは出来ない。だからどんなものか見物がてらに1回程度は行ってみたいと単純に思うから。

・外国のカジノには物理的に(金銭的にも)行きにくいので 日本国内で雰囲気を味わいたい。パチンコ、スロットは過去(5年ほど前)までほぼ毎日通っておりまっしたが、現状ではギャンブルには全く興味がありません。ちなみに現状含めP業界で働き15年目です。

・日本にはじめてディズニーランドが出来たとき、ドーム球場が出来たとき、行ってみたいと思いませんでしたか。それと同じで「日本国内に初の施設」だから。

・外国のイメージがあるので、興味があるだけ。 ギャンブル自体にはそこまで魅力を感じない。

・一度見てみたいから。 観光地へ行くのと同じ感覚です。

・新しいテーマパークに行ってみたいというのと同じ感覚。

・単純に日本に新しくできるものなので見てみたい。

・非日常感を味わいたい。海外でないと行けないと思っていたが、行くためのハードルが低いなら行きたい。

・話のネタ! 2回目からはワザワザ行く必要がない。

・とりあえず一度くらいは中を見てみたいから。

・カジノに行ったことがないから、どういうところか1度は行ってみたい。

・派手な遊び、大人な遊びをしてみたい。

・好奇心と刺激欲しさに行きます。まずは見て感じたい。

・リスクも大きいが、リターンも大きいから。 それに自分は田舎に住んでいるので、頻繁に行くことは出来ない。だからどんなものか見物がてらに1回程度は行ってみたいと単純に思うから。

・外国のイメージがあるので、興味があるだけ。 ギャンブル自体にはそこまで魅力を感じない。

・①一攫千金を狙う為 ②雰囲気を堪能する為 ③話題作りの為 ④社会勉強の為

・パチンコファン&業界人なので、経験として。 カジノにどのくらいの射幸感があるのか感じてみたいと思う。

・いちファンとして単純に興味がある。 どういう客層がいるのか、客単価がどれくらいなのかなどにも興味がある。

・レートが高いと思うのでめったに行けないと思うが、どんな雰囲気か一度は行ってみたいため。

・変な人がいなそう。 管理体制が恐らく半端ない(その為に入場料必要なら払います)。 毎日行ける娯楽としては考えにくいので、旅行の途中で寄るような遊び感覚でギャンブルしてみたい。

カジノそのものが好きだから

・負け額も多いが勝ち額に期待してしまう。1日で100万以上儲かる場合もあるから。 以前、闇カジノで100万儲けたし…。

・パチンコとは違い、勝てる金額が多いので魅力的である。 24時間営業なので自分の時間に合わせて遊ぶ事ができる。

・以前は頻繁にマカオと韓国のカジノへ通っていました。 飛行機に乗る手間が無いので、行きます。

・控除率がハッキリしているから。 ただしディーラーの腕を見極めれないとダメだけど。

・ポーカーやルーレット等自分で選択できるゲームなので楽しそう スロットマシンでもジャックポットで一撃とか見てみたい。

・平等で短時間で遊べる 閉店時間も気にしない。

・勝ち負けがシンプルなので。

・本当のエンターテインメント感が期待できる ・抽選方式が平等 ・セキュリティが万全で安心感がある。

・雰囲気を感じてみたい ・高額BETをしてみたい。1回の大当たりが10万のスロット遊技してみたい。

・ビデオポーカーとブラックジャックがしたいから。

・テーブルゲーム面白そうだから。

・バカラが好きだから。

・短銃明快なゲーム性とワクワクがたまらないから。

・高いレートで勝負してみたい。

・パチンコ、パチスロとは関係なく、カジノに興味があるから。本格的なポーカーが日本でできたら嬉しい。

・ディーラーとの駆け引きが楽しい。 スロットマシン等の機械相手は基本やらない。

・海外カジノと裏カジノに行ったことがあり、バカラ大好きだから。

・調査分析して利益が出るなら行きます。 パチンコも同じ。毎月利益が出せる間は行きます。

・パチンコ、スロットは結局のところ遊戯には収まっておらず、 パチンコ、スロット客はおのずとギャンブルのメインとなるカジノへ一度は行きたくなると感じました。

パチンコと比較した意見

・博打は嫌いじゃ無いので行くと思う。 パチンコより安心かな。

・パチンコ屋よりよほど信用出来るから。

・パチンコ屋は信用出来ないから。遠隔やガセイベントなど。

・手っ取り早い勝負ができるから パチンコスロットみたいにダラダラと打ってられない

・パチンコもスロットもマンネリだから。

・パチンコはつまらないから。パチンコは夢がないから。

・今のパチンコ・パチスロは夢がないから。ぼったくりばかり。なのでカジノに夢を求めます。

・パチンコ店の出ない台に何万も使えませんね。あほくさくて

・パチンコのようなイカサマがなさそうだから。

・パチンコのぼったくりに飽きたから。

・今のパチンコが無理ゲーになったから。

・華やかで楽しそう、パチンコに飽きたから。

・パチンコより大きいギャンブルをしたい。 競馬は控除率が高過ぎてつまらない。

・15万握りしめてホールにGOD打ちに行ってましたが、それも後少しの間ですよね。 新基準だけになったらホールに行く回数が激減するので。

以上

一度は行ってみたい人は7割近くに及んだが、話のネタに一度行けばそれで十分という人も少なくない。日本でのIRカジノ第1号は大阪が濃厚だが、地方から交通費を払って入場料を払ってくるのは、ほぼ旅行感覚である。パチンコの様に毎日のように気軽に手軽に行けるものではない。そう考えると依存症対策はパチンコからだろう。

人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



ちょいパチを大々的にアピールできないジレンマ


ちょいパチは現在18機種が取り揃えられている。ところが、導入店舗数は、というとたった、21法人約600店舗にしか導入されていない。全くちょいパチの取り組みに力が入っていないことが改めて分かる。

ちょいパチのコンセプトは「当たりやすく、玉持ちが良く、十分に楽しめる、大人の遊び」ということになっている。ちょいパチはスリープユーザーや新規客の開拓のためなのだが、全国で導入店舗がこうも少ないと何の役にも立っていない。

メーカー開発陣からはこんな声が聞こえてくる。

「焼き直し以外では採算が取れないので、各メーカーとも焼き直しの機械ばかり。そのためか導入ホールはどこも稼働が取れていない。ちょいパチといっても当たらない時には3000~4000円がすぐに飲み込まれる。甘デジでも連チャンすれば5000発は出るので、夢があるが、ちょいパチは負けると元が取れないので夢がない。だから追っかけてこない。こんな機械を今いるユーザーが打つはずもない。上層部はもっと面白いものを開発しろと無理難題ばかりを押し付けてくる」

ちょいパチの専用サイトがあるだけで、スリープユーザーや本来囲みこみたい新規客は、ちょいパチの存在自体を知らない。このままメーカーがちょいパチを開発し続けても、もっとちょいパチの存在をアピールしないと徒労に終わってしまう。

ちょいパチは、日遊協主導の下に業界が、脱射幸性にも取り組んでいることを警察庁に対してアピールしているだけとしか思えない。

仮にスリープユーザーがちょいパチに興味を持ったところで、導入店舗がほとんどない。マルハンが一社気を吐いて120店舗あまりに導入されているので、近くのマルハンを探すしかない。

組合の自主規制で総台数の5%でもいいから、ちょいパチを設置するぐらいのことをしなければ、警察庁へのポーズで終わってしまう。

導入が進まないのは、稼働も取れない、売り上げも上がらない割に、リメイクながら機械代さほど安くないからだろう。

タマゴが先か鶏が先かではないが、ちょいパチが普及しない最大の原因は、業界の広告宣伝不足である。

本来なら、業界として遊びやすくなったちょいパチのテレビCMをガンガン流して新規ユーザーにアピールしたいところだが、今はそういうことができる状態ではない。

そんなことをやろうものなら「また依存症患者の予備軍を作るつもりか!」とバッシングの嵐だ。

それなら、ひっそりと地味に…

メーカーもホールも「もう1000円」つぎ込みたくなる機械を追求してきた結果が、依存症問題を生んでしまった。

遊技人口を増やすことを業界は諦めるのか?


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


改悪続きでボーダーがどんどん高くなる新機種開発にストップを


ハンドルネーム「イケロン」さんがメーカーに物申す。

以下本文

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。

『4円パチンコで遊技をしている客が1円パチンコで遊んでいる客の機械代金を負担する形になってしまっている。』

という私のコメントに耳を傾けていただいて誠にありがとうございます。


それともう1つ私が低貸しを止めて頂きたい理由を述べたいと思うのですが、

『4円の客の割合が減って低貸しコーナーの客の割合が増える程、パチンコ台の作り方が低貸しコーナーで運用しても利益が採れるように少しずつ改悪が行われるようになっている。』

と言う点です。

つまりどういう事かと説明すると、スタートチャッカーや電チューの賞球がだんだんと少なくされている上に、それ以外にもアタッカーや電チュー周辺の元ゲージ構成に《こぼしポイント》と呼ばれる手前で玉がこぼれる釘と釘の間隔がだんだんと広く作られるようになったり、

また、デジタルの回転時間でも、疑似連やスーパーリーチが頻繁に発生するようになったり、ノーマルリーチでもハズレが確定して次回転に進むまでの時間が長くなったり、ノーマルリーチすら掛からないのに疑似連が発生したりして、
4円パチンコしか無かった頃と比較すると、時間辺りに回せるデジタル回転数が減らされてしまったり、

大当り発生時にも数字が揃ってからアタッカーが開くまでの時間や大当りが終了してからデジタルが回転し始めるまでの時間が長くなったりして、

デジタルの回りが悪くても、いかにもデジタルが回っているかのように錯覚を起こさせる演出がアホみたいに増加してしまっているのと、
頻繁に止め打ちを行わないと、無駄玉を多く打ってしまう時間帯が増えてしまっているという事です。

今でも4円パチンコを打っている客層は、出玉関連については敏感な客層が多いので、このような改悪が加えられれば加えられる程4円パチンコを打っている人達はパチンコホールから足が遠退いて去っていってしまいますので、
パチンコメーカーの方々は、本年はこのような改悪が続けられたり、ボーダーラインがどんどん高くなったりする新機種の開発はどうか止めて頂くようにして、

短時間でも手軽に遊べるようなパチンコ新機種を開発していくように方向転換をしていただけます事を心から切望するしだいです。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。