パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコの依存症対策で確変がなくなる?


パチンコ日報ではこれまでにギャンブル依存症に関するエントリーを何本も書いてきたが、IR実施法ではカジノだけでなく、公営競技やパチンコも含めて包括的に行うギャンブル依存症対策基本法案を政府が通常国会に提出することになってきた。

いよいよパチンコもギャンブル依存症の投網が法的に掛けられるが、パチンコの場合はギャンブル性を抑制するために、出玉規制が有力視されている。

パチンコの場合、カジノの様に入場規制をかけることは実際問題として難しいために、一番実効性が高いのが射幸性を落とすために、大当たり確率を現行の1/320から1/200もしくは1/100ぐらいまでに引き上げることが考えられる。

「世間が納得するのは1/100の甘デジぐらいが主流になるぐらいまで、射幸性を落とさなければならないことになるのではないでしょうか。それも日工組の自主規制ではなく、警察の強制力を持ってやることになるのではないでしょうか」(業界事情通)

大当たり確率以上に重要視されているのが確変だ。日報でもいずれ確変が禁止される日がくることを予想しているが、ついにそこへ踏み込んで来る気配を感じる。

そもそも、業界が射幸性にアクセルを踏み込みだしたのは、CR機普及のために警察庁が、CR機に限って確変を認めた黒歴史が背景にある。風違法では著しく射幸心をそそってはいけないのに、警察庁自らが著しく射幸心をそそる確変機を認めてしまったわけだ。

確変が禁止されることを想定して、ここらでセブン機一辺倒の遊技機開発から脱却するいい機会でもある。

パチンコの依存症対策はさしずめ射幸性を落とすために、出玉規制に落ち着くことになるのだろうが、実は射幸性を落とすことがギャンブル依存症の根本的解決にはならない。

パチンコの依存症の決定打は換金をなくすことだ、という人も少なくないが、これも誤った認識で、依存症とは心の闇の問題であって、換金がなくても依存症に陥る人は陥る。

ハンドルネーム「ザッシュ」さんが、過去、依存症問題を次のように指摘している。

2005年、ラスベガスでペニースロット(1¢から賭ける事ができるスロットマシン)が大ブームになった際、米国のメディアが「安価ゆえに誰もが気軽に参加できるペニースロットは、通常のスロットマシンより依存問題に発展する可能性が高い」と警鐘を鳴らしていた。

射幸性を抑える事が依存症対策として効果的などという学説もない。

人が依存症の問題行動 = 「病的ギャンブリング」に陥る主な原因は金銭欲 、名誉欲 、現実逃避志向で、その人の心の中にあるものだ。「ギャンブル依存症」とは、そうした心の闇と向き合いコントロールする事ができない人間が陥り、やがては脳の構造が変化してしまうという精神疾患である。

賞品を一般賞品のみとしても問題は解決しない。心の闇と向き合えない人間は、別の依存対象物を求めるだけだ。

ギャンブル依存でも徹底的な取り上げ策を実践した結果、失敗した国が韓国だ。 法改正により換金可能な電子ゲーム = 「メダルチギ」を禁止し、国内17ヶ所のカジノは1軒を除き全て外国人専用としたにも関わらず、ギャンブル依存の有症率は、成人人口の実に9.5%という有様になった。

依存対象物を取り上げても、より悪質な対象物に嵌るだけである。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




A-gonの第三弾は電動でV入賞がアナログで可視化できるハネモノ


手打ち式パチンコメーカーのA-gonから第3弾となる「GO GOピラミッド」がリリースされた。今回は何と電動ハンドルで、しかもハネモノを引っ提げての登場となった。ホール導入は3月6日から。

1機種、2機種目までは手打ち式のオーソドックスな普通機だったが、正念場となる3機種目は、見たこともないようなゲージ構成のハネモノだった。手打ち式のA-gonという概念を崩すことにもなるが、一味も二味も違ったハネモノで度肝を抜かすことになる。

最大の特徴は大入賞口の中に三角(三本)釘を配列して、一番下に儲けられたV入賞口までの玉筋の振り分けがアナログで完全可視化させたことだ。その間、玉の動きに一喜一憂できる。大当たりまでのハラハラドキドキをハネモノで表現している。



三角釘によって1/2の確率で玉が左右に振り分けられながら玉は下へV入賞口をめがけて落ちて行く。大当たり確率は1/48となっている。

スタートは3カ所。どのスタートでも1回入賞すると小さなハネが4回開くことも特徴の一つと言える。

V入賞すると右打ちで、盤面右上部にあるアタッカーを狙う。

機種は1000発終了と2000発終了の2タイプを用意している。この違いは、1000発終了が1000円でスタートに約11回入賞するゲージに対して、2000発終了は約6回入賞するようになっている。

ゲーム性はハネモノなので単純明快。V入賞で確実に1000発、もしくは2000発で終了するので非常にスピーディーでもある。あまり時間がない場合でも、ちょっと運試しに打ってみることもできる。

最近のデジパチは釘の本数が極力少なくなっているのに対して、釘の総数は600本。これもパチンコの原点へ返って行っているということか。

パチンコ日報ではデジタル液晶では大当たり抽選がブラックボックスになっているところが、パチンコをつまらないものにして来た、ということから大当たり抽選の可視化を提案してきた。

「業界初のアナログで玉の動きを見て大当たりが分かりやすい業界初のハネモノです」と話すのは同社の金子亮太社長。

アナログな役物で玉の動きを追うパチンコが各メーカーからもっと出てくれば、パチンコユーザーも戻ってくる、というものだ。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


設置、レンタル料無料。設置するだけで販売手数料が入る話題のコーヒーマシン


パチンコホールでのコーヒーのワゴンサービスは、スタートして30年ほどの歴史がある。ワゴンレディーの世界にもレジェンドが存在した。500台クラスのホールで、1日1人で何と800杯ものコーヒーを売りさばいていた。

当時、自販機のコーヒーが120円でワゴンなら300円もする時代に、どうやれば、1人で1日に800杯も売れるようになったのか? 

「お客さまがコーヒーを買うにはきっかけがあるはず。そのきっかけづくりをすればいい」と彼女は閃いた。さらに、自販機より優れているのは、自分には接客ができることに気づいた。コーヒーを売るだけでなく、自分を売ることに努めた。

販売するときは、1人1人に顔を近づけて相手が振り向くまでじっと待った。そして、客が振り向くと最高の笑顔を返した。

注文のコーヒーを持っていった時に、ここからコミュニケーションが始まる。空になったカップを回収するときにまた笑顔を返す。彼女には3回の接遇のチャンスがある。

お客にすれば、コーヒー1杯で彼女の笑顔が3回見られる。

一番の努力は客の顔と名前、好みをすべて覚えることだった。これをインプットすると「〇〇さん、きょうはよく出ていますね。いつものでいいですか?」と言葉をかけた。これを習慣づけて1日800杯売るようになった。

こういうレジェンドがいる一方で、客の顔面に機械的にメニューを突き出す注文の取り方をして、客から不評を買っているワゴンレディーも少なくない。

本来、サービス向上のためのワゴンサービスがこれでは本末転倒である。人手不足からワゴンレディーの質の低下に加え、ホールの稼働低下から、赤字に陥るコーヒーワゴン会社もある。

人の問題に悩まされることなく、美味しいコーヒーが手軽に味わえるのが全自動ドリップ式のコーヒーマシンだ。これが1台あれば、1杯ずつ挽きたて、淹れたての本格派ドリップコーヒーが味わえる。

img_5827

ヨシムラコーヒーが提供するコーヒーマシンは、ホール側に設置費用やレンタル料、豆の購入費など一切負担がないことが特徴だ。それだけでなく、コーヒーマシンの保守メンテナンスの費用も一切かからない。コーヒー豆の補充は同社が行う。

売り上げの手数料がホールに還付される、ということは、店内に設置している飲料水の自販機と同じ感覚だ。

コーヒーマシンは水道工事を必要としないこともホールにはありがたい。コーヒーはレギュラーサイズで1杯200円。種類はレギュラーコーヒーのホット、アイスの他、アメリカン、ヨーロピアンが選べる。製氷機も付いているのでアイスコーヒーも提供できる。

ただし、条件がある。1日35杯以上コンスタントに売れるホールで、関西圏に立地すること。

各台計数機を導入しているホールでは、スタッフが注文を取ることで、売り上げを上げているケースもある。350台クラスの郊外店で平均3割稼働のホールで月間2200杯を売り上げている。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




ゲーム業界は飽きられないことに対策を練り、パチンコ業界は飽きられることが商売になる?


2012年にリリースして、昨年3月末で累計4100万ダウンロードを突破し、大ヒットを記録しているガンホーのスマートフォン用アプリ「パズドラ」。

パズドラ発売から3年目の2015年度の売り上げは、前年対比で下がったとはいえ、売上高1543億円、営業利益は724億円とパズドラ一つでこの収益を叩きだしている。

この売り上げと同等のクラスをパチンコメーカーで探してみると、SANKYOが該当する。同社の2015年度の売り上げは、1465億円なのだが、営業利益は132億円だ。スマホゲームメーカーとパチンコメーカーを比較すると、決してパチンコメーカーがぼろ儲けしているわけではないことが分かる。そりゃ、ハードを必要とせず、ソフトだけの方が利益率が高くなるのは当たり前だ。

単純なパズルゲームとRPGを融合させた「パズドラ」は、基本的に無課金でプレイできるが、魔法石というアイテムを購入することで、ゲームを有利に進めることが可能。しかし、ゲームを進めるなかで魔法石を入手できるチャンスはあり、無料でも充分プレイできるのが特徴だ。

ゲームシステムに対して「すごい」「奥深い」などといった意見はあまり見当たらず、むしろ「単純で簡単で手軽」といった意見が多かった。どうやら、誰でも気軽にプレイできる単純さこそが受けているようだ。

しかし、どんなに面白いゲームでも毎日やっていたら、さすがに人間は飽きてくる。ガンホーの森下社長はその対策を次のように話している。

「昔はサイレントマジョリティは何も言わないでその店から去っていきましたが、今のサイレントマジョリティーはSNSやブログを通じて不満の声をガンガン挙げています。これを1年365日、24時間見ながらパズドラのデザインやシステムを絶え間なく変えています。これがお客さんに飽きられないようにする対策です」

さすが、ネット社会を熟知した会社の対応といえる。

ユーザーの不満はSNSなどから拾い上げ、それを即座に解消している。パチンコ業界とは大きな違いだ。日報コメントにもユーザーの不満は毎日のように書き込まれている。メーカーやホールの上層部の人も日報は読んでいるはずだが、コメント欄までは読んでいないのかも知れない。コメント欄は改善策の宝庫といえるのに、改善される兆しがないことが業界の将来を暗示する。

業界がよくならない理由が理解できるのが、メーカーのこういう考え方だ。

メーカーは機械代を下げる考え方は毛頭ない。その理由についてある大手メーカーの関係者はこう話す。

「パチンコ離れが進んでいるが、今、質を落として機械代を下げれば、ショボい機械となって、ますますお客さんは打たなくなり、結果的には客離れにつながる。特にシリーズ作は前作よりもどんどん派手にしていかないと、売れないし、お客さんも打たない。それがエスカレートしたことは否めないがシンプルなものを作る考えはありません。騒音問題については台にボリュームをつけることで対策はしています」

殺人光線に対しては無回答だったが、価格を下げる=ショボい機械になるとの固定した考え方しかない。こういう硬直化した考え方しかないから今があるのだろう。

ま、パチンコ業界の機械メーカーは飽きられるから、次の新台が売れるぐらいにしか考えていない。メーカーにとってのお客さんは買ってくれるホールではなく、最終的には打ち手であるユーザーという意識改革から始めますか?


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



そして道頓堀からパチンコ店が完全に消えた!


久しぶりに道頓堀を歩いていたらベニスグループの「ツインドラゴン」がドラッグストアーのマツキヨなっていることに気づいた。そういえば、閉店したのは2016年7月10日のことだった。

img_6041

同店の対面にある「四海樓法善寺店」は同じくマツキヨにテナント貸ししている。

img_6043

ツインドラゴンの系列店だった道頓堀の「ドラゴンゲート」も同時期の7月24日に閉店し、免税店のラオックスに様変わりしている。

img_6057

契約更新でホールよりも家賃を高く払うドラッグストアーや免税店に明け渡してしまった形だ。

「四海樓道頓堀店」も随分前からジャンカラと大起水産にテナント貸ししているが、

img_6055

ドラゴン系列が撤退したことで、遂に道頓堀からホールが姿を消したことになる。

道頓堀界隈だけで、以前は通算で9店舗ほどのホールが営業していたが、1店舗減り、また1店舗減り道頓堀からホールが姿を消していた。

道頓堀でホールは繁盛しないとのジンクスがある。成功しない理由は、人通りは多い割には、ほとんどが観光客で、パチンコ客ではないこと。加えて道頓堀はアーケードがないために、雨の日は傘が必要になる。千日前はアーケード街になっているので、雨の日も傘がいらない。そんなことで、パチンコ客は道頓堀よりも千日前を選択してしまう傾向があった。

そんな道頓堀ジンクスに楔を打ったのが、2004年4月14日にグランドオープンした「ガイア道頓堀店」だ。アルゼ道頓堀ビルの地下1階から地上2階までの3フロアーで総台数1177台の大型店を出店した。

10年契約で入ったはずなのに、わずか1年余りで撤退している。その後、2006年5月、ベニスグループの「GOKU」が850台に規模を縮小して後釜に収まったが、2008年1月14日に閉店した。道頓堀でドラゴン系列の実績があるベニスグループをしても、道頓堀でパチンコは流行らない、というジンクスを覆すことはできなかった。

img_6054

「元々、観光客が多い道頓堀でしたが、道頓堀を歩く観光客が圧倒的に外国人になってから、ホールは売り上げが立たなくなりました。まず、外国人観光客はパチンコを打ってくれませんから」(道頓堀界隈事情通)

戎橋筋や千日前にあった小型店舗はことごとく業態転換している。改めて、ミナミ(心斎橋~ナンバ)にあったホールの今を写真で振り返ってみた。

img_6059

img_6062

img_6061

img_6058

img_6056

img_6049

img_6047

img_6045

img_6044

img_6053

img_6052

img_6051

インバウンド売り上げを期待するドラッグストアー業界の陣取り合戦の凄まじさが分かる。

人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。