パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

情報漏洩事件に寄せて…その③


先日こんな報道がありました。

「JAのコメ」に産地偽装の疑い、魚沼産に中国産混入(ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース

JAの米に中国産米が混入されていたとのこと。以前は、国産米使用とうたわれたイオンの弁当やオニギリにも中国産米が使われていた事件もありましたね。

また、全国で名前が知られている大手小売業では、こんなことがありました。

お惣菜の製造時間と消費時間が、本来よりも先送りした時間を表示してました。その期間は2年間。2年の間に店長には3回指摘をしたのですが、毎回店長は手違いだと言うだけ。その証拠映像を私は所持しておりますが、3回目の時は勘忍袋の緒が切れて、保健所に通報しました。

即日保健所が立入検査を実施。この小売店は、消防法違反も常態化しており、それも保健所通報と同時に消防署に通報したのです。
結果この店舗は、同日同時間に、保健所と消防署の抜き打ち査察を受けました。これは市民複数が証拠画像を地道に集めた結果です。

しかし、その大手小売業は、その市民を警察に訴えたのです。訴えた理由は、詳細にここで書けませんが、圧力をかけたわけです。証拠画像は、営業1号さんには見てもらってますから、嘘ではないのです。

つまり、不正はどこにでもあるんですね。パチンコ業界だけでなく、どんな業界でもあり、それは発覚されなかったり、報道されないだけなんですよ。

大手小売業の不正や違反も、大手マスコミに持ち込まれましたが、大手小売業が莫大な宣伝費を大手マスコミに落としているので扱うことはありませんでした。

姉歯マンション事件だって、たまたま出た不正ですよね。

不正はどこにもあるもので、常にその不正に目を向ける体制が必要なんですよ。

ホールの副主任が、常に不正に目を向けていたので発覚した事件がありました。私はその店に出入りしてましたから、その事をチョット書いて見ましょう。

全国的には上位20社に入るチェーン店の話。

スロットを大量導入したのですが、大手メーカーのスロットを扱う販社の人間が立場を利用して情報漏洩をしていたのです。毎日毎日出ている新台に同じグループの人間が座っていたのを、副主任が気付きました。

販社の人間は、稼働や割数を安定させる為に、店舗に張り付いていました。これは会社役員から承認されていたのです。

設定は店長と販社社員しか知らない。店長は販社社員の仕業だと断定。役員にその事を報告して、販社社員の張り付きを即日中止。すると翌日から、そのグループはパタリと来なくなりました。

世の中、不正や不条理だらけです。

その不正をどうやって防ぐか、それが問題なんですね。

つづく


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



業界再生にはアナログ抽選で20万円台の機械を増やすこと


19世紀後半パリ・オペラ座の地下には人知れず音楽の才能豊かな怪人が住み着いていた。醜く生まれついた怪人は、母親からも愛された事はなく、嫌われ迫害され続けた末に罪を犯し、オペラ座の地下に逃げ込んで、仮面をつけて孤独に暮らし続けて来たのであった。

怪人は若いコーラスガールのクリスティーヌ・ダーエに恋をしており、劇場側を脅迫してクリスティーヌに主役を歌わせた。怪人の思惑通りクリスティーヌは大成功を収めたが、舞台終了後に幼なじみのラウルと再会し、恋に落ちてしまった。

フランスの作家ガストン・ルルーによって1909年に発表された小説「オペラ座の怪人」は何度も映画化された他、劇団四季の演目の一つとなっている。

5~6年前「オペラ座の怪人」の版権をパチンコメーカーが買ったらしいが、お蔵入りとなっているのか、未だに発売されていない。

浮き沈みが激しいパチンコメーカーは、ヒット機種に恵まれるかどうかで、売上ランキングが目まぐるしく変わる。ヒット機種が出なければ上位メーカーでもたちどころに下位メーカーに転落する。

出す機械、出す機械が売れないと企画、製造の責任者までがすっかり自信を喪失する。そうなるとせっかくの版権も抱えたまま、なかなか世に出すことができなくなる。

キラーコンテンツだったヱヴァンゲリヲンもシリーズ作品を短いサイクルで出し過ぎて、すっかり飽きられてしまったように、キラーコンテンツ頼みもできなくなってきている。

日工組メーカーは東日本大震災以降、テレビCMを自粛し続けてきているが、「これが販売業績にボディーブローのように効いてきている」とメーカー関係者が指摘する。

「アニメ版権でしたが、自社内ではそんなにヒットするとは思っていなかったのですが、テレビCMをガンガン流したことで効果がありました。暫くパチンコを止めていた人や、新規ユーザーがCMを見たことでホールへ足を運びました。やはり新規ユーザーが増えない要因はテレビCMが打てないことにあります」

メーカーからはテレビCM復活の声が挙がっているが、タイミングを逸してしまった感はある。警察庁からはホールに対してのめり込み防止策の徹底が求められている現状で、メーカーがテレビCMを再開すれば、「依存症予備軍を増やす気か!」と警察庁の怒りを買うだけだろう。
では、今後、パチンコメーカーが目指す方向性とは何だろう?

「今のお客さんはデジタル抽選を信用していない。アナログ抽選方式の機械をもっと増やすこと。アナログ抽選機は小台数ながら完売しているように、ホールさんの関心も高い。後は20万円前後の機械を出すこと」(業界アドバイザー)

上場会社は20万円ぐらいの機械を開発することはないだろうが、下位メーカーなら十分可能である。むしろ、下位メーカーは低価格機でシェアを伸ばすチャンスがある。

さらに理想を挙げるとすれば、ホールの売上、粗利を無視した一般の人が楽しめる機械ということになる。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


釘調整不要のパチンコ台の開発は可能か?


ベース問題が厳しくなっている現状で他入賞口は素人目にも釘を曲げていることが分かる。大当たりした時の出玉削りもある。そんな店の客が所轄に何度か通報するも動かなかった。痺れを切らせた客は、ついに県警本部に通報したことから事件へと発展していく。

2月某日、関西圏のホールへ朝一で警察が立ち入り調査に入った。警察はすぐに店を閉めるように指示。通報されていた機種10台を外して証拠品として押収される。さらに監視カメラの映像を確認すると釘調整している姿が残っていた。まさに動かぬ証拠である。

ホール側も釘調整していたことを素直に認めるしかなかった。

「この県は元々釘問題は緩い県で、中古機を見ると驚くほど曲がっていることが良くありました。風車を曲げて逃がしていることがすぐに分かるように」(販社関係者)

釘問題ではそんなに指導が入る県ではなかったようだが、客からの通報で県警本部が動いたことになる。

釘の摘発で積極的なのが群馬県警だ。署内で釘の講習会を開き、2月には角度ゲージという新たな武器を購入して釘の検査に臨む姿勢を見せている。実際に中古機の新台入れ替えでも、諸元表通りではないと却下されているケースが何店舗か出ている、という。

各県警での動きが活発化していることは間違いないが、警察が本気になって釘で動いたら日本国中のホールはパニックになる。どんなに釘調整が違法と言われようともそれを直ちに止める代替え策もない状態では平行線をたどるだけだ。それ以上に所轄の仕事が増えてパチンコ以外の業務が麻痺することになる。

「日工組メーカーはエコパチよりも先に釘調整がいらないパチンコ台を開発すべき」(警察関係者)という声も挙がっている。

釘調整の代替え案もないままに、警察庁は「釘調整を違法」と指摘している以上、日工組メーカーは釘調整が不要なパチンコ台を開発することは急務と言える。利益コントロールのために、メーカー出荷時通りのゲージで営業するホールなど一軒もないことを知りながら、違法というのはあまりにも無策ともいえる。となると、優先順位はホールも望んでいないエコパチではない。釘調整が不要なパチンコ台ということになる。

理想は釘調整の不要な台だが、現実問題として釘調整不要の台でどうやって利益コントロールするのか、ということになる。
釘調整に変わる代替え案がないのなら、逆にどこまでなら釘調整を認めるかの協議に入るしかない。盤面に対して概ね垂直ではなく、3度以内なら認めるというように、数値化する必要がある。そこで角度ゲージも生きてくるというものだ。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




情報漏洩事件に寄せて…その②


ホール会社役員から信頼を得ていた店長や役職者の一部が、会社や役員を裏切っていたわけです。人事部長やその部下達が不正に手を簡単に染めていたのですから、社長や専務や常務もコロッと騙され続けた。

夜間に店舗内に簡単に出入り出来る役職者が、機械台に細工をするのですから、つまりその会社には簡単に細工できる環境があるわけです。

ある日、初代ダイナマイトの裏基盤を取り付けることになりました。しかし異常信号が基盤から出ているようで、ナンバーランプが異常発報して大変な事態に。当時の不正メンバーの話によると、その夜、ダイナマイトの裏基盤を作った連中が現場から逃げ出し、払った裏基盤代金を払い戻してくれる訳でもなく、大損害が発生したそうです。

一時期、閉店後のホールに、中国人が忍び込んだ事件が多発した時、自店舗に仕掛けられた不正基盤やぶら下がりと呼ばれる不正部品などは、みんな中国人を含む外国人の仕業と思い込んでいたのが命取りになったホールは結構あります。

まさか自分の会社内に犯人がいたとはねー。

当時の話はまだまだ出てきます。

ある日、店長の所にやってきた怪しい人物の話。

怪しい人物の下っ端が来て、話の地ならしをして帰りました。地ならしの最後は、次に打ち子の親玉がいつ店長の所に来るか日取りを決めました。

そして後日親玉が来店するのです。

ある日、店長から呼ばれた人物は、これから不正話を持ち込みにヤクザが来るから、ロッカー内で隠れて見て聞いて、証人になるよう言われました。

約束の時刻に現れた人物はひとりで来店していきなり、
「よう!店長よ、源さんに裏を入れさせてくれよ。20台全部に入れさせてくれたら、手付けに200万払うよ」と。

条件は、手付け200万円、儲けの25%バック。
裏基盤はセット打法基盤。1日あたり抜くのは、1台最高10万円まで。台数も5台まで。合計で20万円以上は抜かない。

そんな誘惑はストレート過ぎるが、ヤクザや打ち子の親玉から、ハニートラップを掛けられて不正に手を染める店長もいました。

兎にも角にもホール業界は、昔から悪魔の囁きがよく聞こえてくるものでした。

昔の業界の感覚は、今の時代と照らし合わせると、完全に麻痺していたということです。

不正基盤は、ホール自ら設置することが非常に多かった。

えっ?と、思わないで下さい。

現金機時代のぱちんこも、スロットだってついこの間まで、裏基盤がゴロゴロありました。そうです、連チャンさせる基盤ですよ。

お客様は連チャンする台を望みました。だからホール側は自らの売り上げアップの為とお客様の嗜好に合わせた激しい波のある裏モノを入れたのです。

私が店長をして間も無い頃にこんなことがありました。

徹夜で新台を設置した後に、パチンコ周辺機器を製造するメーカー社員がやってきました。理由を聞くと、常務からの依頼で来たと。直ぐ常務へ連絡すると、彼らに任せておけ、との指示。

彼らは、基盤をいじって帰りました。彼らの会社は、その台の基盤だけを作り、一流メーカーへ卸していたのですね。

その新台は見事に連チャンするようになりました。

スロットだって連チャン仕様が全国を席巻、連チャン性がないスロット機種は見向きもされない時代でした。

遊技機メーカーだって、連チャン仕様を多数出してました。

メーカーやホールは、連チャン仕様の機会を開発して設置する。

裏家業の連中は、セット打法が出来る裏基盤モノを設置する。こんな時代を過去に経験した業界ですから、今から思えば狂時代ですよね。

バレなければ、やりたくなる業界のDNAは、こんな時代の流れから出てくるのです。そのDNAが、今回のLINEによる情報漏洩事件につながったわけです。

続きはまだありますが、その前に、こんな疑問が生まれました。

今回のLINE情報漏洩事件が起きた会社は非上場企業でしたが、これが上場企業で起きた事件ならば大変なことになっていたはずです。経営者が記者会見をすることになるでしょう。

今頃、上場企業経営者は、自店舗の管理強化を指示しているはずです。
情報漏洩の隙だらけの業界が上場するには、よほどしっかりした体制がないと、いつ起きてもおかしくない事件がLINE情報漏洩事件。

つづく


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



意外にホワイト


コンビニ業界のブラックバイトぶりが次々に明るみになった。

まずは、女子高生が風邪で2日間欠勤したら、給料から欠勤日分の給料を法定で定められた以上に天引きされていた件だ。

東京・武蔵野市のセブンイレブンで16歳の女子高生が病欠で2日分(10時間)休んだところ、店は代わりにシフトに入ってくれる人を探さなかったペナルティとして、10時間分の9350円が給料から差っ引かれていた。

労働基準法では、ペナルティでの減給について、「賃金総額の10分の1を超えてはならない」としていて、今回の減額分(9350円)は、バイト代の総額(2万3375円)の10分の1を上回り、違反にあたるという。

そもそも代わりのシフトを探すことは店側の責任であり、それを弱者の女子高生に押し付けていることも問題がある。

続いては、節分の風物詩となってしまった恵方巻の販売を巡って、コンビニのバイトにノルマを課している、という問題だ。

節分の日にその年の恵方の方角を向いて巻き寿司を無言で丸かぶりする風習は、関西地方では一般的だったが、コンビニなどが恵方巻を商品化したことで全国に広まった。たった1日の風習のためにコンビニ、スーパーが熾烈な販売合戦を繰り広げている。

恵方巻は1本500円前後で販売されている。恵方巻は家族の人数分が必要になる。コンビニも節分商戦の目玉と考えるようになり、予約販売するようになった。

早期予約によって値引きしたり、恵方巻には特にポイントを付けたりと各社が販売競争にしのぎを削っている。

そこで、少しでも恵方巻を売るために、コンビニがバイトに販売ノルマを課していることが問題視されている。

ノルマは恵方巻だけでなく、クリスマスケーキもあるが、恵方巻は多いケースでは1人100本というのもある。

ノルマが達成されない場合は、自分で買い取る「自爆営業」の実態も明るみになっている。

自爆営業といえば郵便局の年賀状の自爆営業が有名で、非正規社員には4000枚のノルマを課しているケースもある。実績が低ければ「給料泥棒」と罵倒され、自爆営業した年賀状が大量に金券ショップへ持ち込まれる。

ブラックバイトの前置きが長くなったが、セブンイレブンでバイトしていた主婦が、1年前ホールへ転職した。

コンビニを辞めた理由は、前述のブラックバイトの実態であるノルマのきつさだ。

「パチンコ店はどうしてもイメージが悪かったので、敷居が高かったんですが、コンビニよりも時給が高いので選びましたが、実際に働いてみるとノルマもなく、コンビニよりもはるかにホワイトなことに驚いています」(主婦バイト)

コンビニとパチンコ店と比較するとイメージの点では断然コンビニの方が勝っているが、働いた人の実感ではパチンコ店の方が遥かに働きやすい。

意外にホワイト。

この自虐的コピーで求人をかけてみる?



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。