パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

衆院内閣委員会でも話題に上がったパチンコの役比モニター


パチンコの釘調整は長年警察から黙認されてきたが、違法と明言されたことで、風営法の中にパチンコとパチスロが同じ枠組みで存在する矛盾まで浮き彫りになって来た。

パチンコは構造(アナログ)の遊技機で、パチスロはコンピュータ抽選、と違いがあるように、遊技機としての基本性能がそもそも違うものである。

今のパチンコはすでにコンピュータ抽選機だ、という人もいるが、盤面には釘が存在するアナログな構造である。

パチスロはコンピュータ抽選機ですべてプログラムによって制御されているので、役比モニター問題も日電協は率先して取り組んだ。そもそも保通協の検査をパスしているので、役比を表示しても何ら問題はない。今年10月1日以降設置される5.9号機から役比モニターを搭載することを昨年6月に発表している。

ところが、パチンコは新台設置検査が終了すると、釘調整して営業するのがこれまでの慣わしであるため、役比モニターは店ごとに相当なバラツキも出てくる。ま、それはホール責任であるとしても、日工組側の腰が重たかったことは確かだ。

「パチンコの役比モニターは意味がないので、もう少し先になると思います」(パチンコメーカー関係者)というように、むしろ役比モニター搭載を回避できると思っていた節もある。

この件で、3月8日の衆議院内閣委員会で民進党の高井崇志議員が再び質問に立っている。同議員は昨年4月の同委員会でも役比モニターの設置を提案している。パチスロは自主的設置をすでに決定しているが、パチンコはその予定がないことに不満を募らせて、松本国務大臣に迫った。

松本国務大臣の回答を要約するとこうなる。

「パチンコの性能表示機能は射幸性を抑制するためにも、出玉性能が簡単に分かり、過度な射幸性を防止することができる遊技機の開発を日工組にも指導している。その実現への取り組みを警察としては見守って行く」としている。

遅ればせながら、パチンコにも役比モニターが搭載されることになるのだろう。

高井議員は検定機と性能が異なる可能性がある遊技機の撤去問題でも「1兆円規模で業界ぐるみの不正が行われていた」と問題視。大甘裁定に終わったことに対し、「警察庁とパチンコメーカーとの癒着ではないか」と指摘すると共に、そうなった原因を調べるように求めている。

パチンコメーカーが検定と出荷時ではゲージが違ったものの可能性がありながら、役比モニターの設置に躊躇することは、もはや許されない段階になった。

これが常時表に表示されたら、健全営業が一気に推進されることになるのだが…



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 完全に同じ台を同じ釘調整のままで複数人の遊技者が遊技をしても、
    普通にブッコミ狙いをする客と弱め打ちをする客と強め打ちをする客とでは役物比率は変化するし、
    保留ランプの数によってこまめに止め打ちする客と打ちっぱなしの客とでも役物比率は変化するし、
    スーパーリーチ中に打ちだしを止める客と止めない客とでも役物比率は変化するし、
    大当り中にひねり打ちをする客としない客とでも役物比率は変化するし、
    電ちゅーの開閉に合わせた止め打ちをする客としない客とでも役物比率は変化してしまう。

    ハッキリ言って役物比率モニターを付けても無意味なのでは?

    イケロン    »このコメントに返信
    • 打ち方で出玉(役比含む)が変化するのは当然です。
      これがまさしく風適法で要求されるパチンコの技術介入ですね。
      技術介入 = ストローク

      これに対してパチスロは
      技術介入イコール = 目押し

      この技術介入要素のあることがギャンブルではない風適法の遊技機の根幹でしょうし、そのような如何なる変則打ちに対しても、出玉や役比が規定範囲に収まっているのが検定機です。

      ここで言われてる役比とは、デジパチの場合、一般入賞割合が4割以上とされているのに関わらず、
      営業現場のそのほとんどが2割以下にパチンコ台を不正改造されていたことが警察が発見し、国会でも問題になった。

      だから、パチンコくぎやゲージ(釘が打ち込まれている位置)を不正改造し、
      役物比率を極端に高める違法行為を発見し易くするために、違反してるか否かが一目でわかるように
      役比モニター(車のスピードメーターのようなもの)の設置を義務付けするよう国会議員のセンセイが警察当局に要請したのでしょう。

      パチンコメーカーはスピード違反がやり難くなるので、いやがってたようですが、
      違反の当事者だから反対しにくいようだ。

      キング    »このコメントに返信
  2. 現在のパチンコは不健全なのだろうか?現在の環境に馴染んでいるので疑問に思った。変化するたびに遊戯者としては以前の方が良かったなと感じてしまう。

    あさ    »このコメントに返信
  3. アナログの機械をデジタルで監視するのがどうにもね・・
    液晶付いてないジャグラーのデータランプが液晶の店ありますね、あれに違和感を覚えてしまうのは私だけでしょうか

       »このコメントに返信
  4. イケロン さんが書いてくれている内容がもし
    できないパチンコが出来たら
    これは技術介入ができない可能性が高いので
    もはや技術介入ありきが前提のパチンコなのに
    遊技でもなく大衆娯楽でもなくなってしまう・・・。
    こうなったら本当に面白くないのは確かですよね。

    色々な事情はあるけれど誰得な内容で議論されても
    しわ寄せは結局ユーザーにくるんです。

    匿名ちゃん    »このコメントに返信
  5. パチンコ打った事の無い議員の質疑応答に何の意味があるの

    まずは今の現状を自分の目で確かめて勉強してから再度質問してほしいもの

    てってい    »このコメントに返信
    • その議員の質疑内容が、「パチンコ店を営み、遊技機も開発製造し、業界団体で超要職にあり、警察官僚ともパイプが太く、ライバル会社を淘汰し、自身のビジネス拡大のため!」とした戦略的な強い意思を持った人物が緻密に質疑内容を作ったとしたら?

      このようにポイントをおさえた質疑内容になるのでは。

      この質疑内容が単に「パチンコを打ったことのない議員の質疑」というレベルではないですよ。

      パチンコ業界全てを知り尽くし、経験も豊富ですごく頭の良い人が質疑内容を用意しているはずです。

      ネコ    »このコメントに返信
  6. そっちで来ましたか

    旧基準機の認定問題を追求
    こちらで昨年と同じ時系列で
    繰り返さないかの方が心配ですね

       »このコメントに返信
  7. 今回の問題点は、そもそも保通協の検定を受けた

    機械と現状が違う事が問題!論点を間違えてはいけません、

    そもそもの許可と違う機械を使用していた事が発覚して

    それならば、役比モニターを付けましょうか?

    という事です、許可を受けた物と違うもので営業していた

    という事です、ならば検定の意味が問われますよね、

    許可を受けるのは規則どうり、店に設置されるのは

    違うもの、・・許認可を馬鹿にしてませんか?

    オッパー    »このコメントに返信
  8. 結局釘問題って何だったんでしょうか。
    某S○ス上野で黄門ちゃま打ったら、ワープ周りが締められて玉が詰まる、ハカマも締められて葡萄ができる。

    これが出荷時の状態ですか?
    釘読めないで打つほうが悪いんですかね?

    izumo    »このコメントに返信
  9. 5.9号機では役比モニター装備が搭載必須の件ですが、
    「どうやって使うかは何も決まっていない」そうです。・・・・・・・・・・
    あ~・・・・ダメだ、呆れてコメントする気にならない。

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  10. まぁ、公然の癒着ですよね
    そもそも保通協で検定を通過した機械がそのまま市場に出回っていたなんて嘘を信じている人間がいるように見せかけている時点でおかしいでしょ?
    保通協自体、あくまでも遊技機の検査機関である以上それなりの検査を行っていると思いますが実質的な役職は政治家や警察OBの天下り先、本当に業務に従事されている方には申し訳ないですけどね
    みなさんが言われてるようにしっかりと現場を知っている人間が携わり、ホール・メーカーが襟を正して進んでいく将来を期待します

    元業界人    »このコメントに返信
  11. 役比モニターとは!?

    パチンコで払い出された総出玉の内、規則でデジパチの場合60%未満が大当り配当で、
    40%以上が一般入賞の配当となり、これを台内部にある基板上にそのパーセンテージを数字で表示しなさい。
    ということです。

    ですからお客が数字を見るものではありません。

    営業中、警察の立ち入り時にその数値をみれば、1本1本のくぎを見るまでもなく、
    一般入賞口のくぎを不正に閉めているか一目瞭然です。

    正規のパチンコ台とは、
    イメージで言うと出玉の約半分ぐらいは大当り以外の一般入賞で配当されるということ。

    現実は、配当玉の大半が大当りでしか出ていない。
    スタートのヘソ3発配当でちょろちょろとする程度だ。

    これを警察は検定を受けていない不正機だとしています。

    ガット    »このコメントに返信
  12. メーカーだろうがホールだろうが犯罪行為を行うからこういう規制がかかるわけ。すごく単純じゃないですか?
    問題行為さえなければこんなこと問題になりませんよ?

    あとこういうメーカーやホールの違法行為が元で、命を絶つユーザーや苦しんでる家族もいるという事を忘れてはいけません。

    素人ユーザー    »このコメントに返信
  13. 素人ユーザーさんの言うとおり。
    警察だろうが政治家だろうが放置してきた時代に合わない古い法律でグレーな取り締まりやグレーな天下りで好き放題してきたから、いま世論に押されて変な規制が掛かっているわけ。
    変な規制のせいでメーカーもホールも関連業者も倒産し、職を失い命を絶つ人がいる事をわすれてはいけません。

    あとホールやメーカーは行政の指示通りに許認可を受けている事も忘れてはいけません。

    愛煙家    »このコメントに返信
  14. 夜中に一般入賞口に球を入れて帳尻を合わせられないよう
    比率が急激な変化をしたらエラーが出るようにしないとですね。

    不安感謝デー    »このコメントに返信
  15. 今やっているのは、近年始まる国内カジノの魅力を引き立て成功させるためにパチンコやスロットの存在価値を落とす作業です。
    メーカーやホールを悪に仕立て上げているのも業界全体を不健全に染めてカジノを正義にするため。

    カジノ    »このコメントに返信
  16. このままパチンコをやりたい放題にしておくことの方が自殺者が多発しますよ。家庭崩壊もね。

    富士    »このコメントに返信
  17. 業界ぐるみで不正をしていた割には、ユーザーへ対して謝りの声明すらないですよね。ユーザーを裏切ったというのにね。
    あくまでも被害者ヅラですか?撤去費用をユーザーが払わされたと思ってますよ。
    普段、ユーザーの為に〜♪とかくだらん戯事を抜かしているのにおかしいですね。
    客が減っても致し方ないですね。

    今まで何十年も不正を働いてデカクなったんだから縮小しても何ら問題ないですよね。
    今まで業界ぐるみで不正をして儲けさせて貰えたんだから御の字だよ。

    健全化したら倒産するから常時表に出しません。    »このコメントに返信
  18. パチンコを悪とするのはいかがなものか。

    昔から呑む、打つ、買うという道楽で身上潰すといいます。
    酒、博打、女だ。

    度が過ると自殺、破産、家庭崩壊を招きます。

    いい大人ですから自己責任で程々に!

    パチンコが悪いわけではない。

    趣味、趣向の範囲内で楽しむものでしょう。

    悪いのは自分を見失いキャパオーバーする「人間」だ。

    ネコ    »このコメントに返信
    • その文面だとかなりわかりにくいんですが「悪いのは自分を見失いキャパオーバーする人間だ」という文の「人間」はもちろんユーザーだけじゃなくメーカー、ホールに携わる人間全員に言ってるんですよね?パチンコそのものは悪じゃない。だがそれを扱う人間すべてが悪だ、ということでOKですか?

      文面では「自分を見失うユーザー」だけ自己責任なんだから悪だと言ってように見えます。

      少なくとも自己責任のユーザーを指摘する前に、提供側(メーカー、ホール)の「犯罪行為」を問題視するのが筋です。業界の犯罪行為を正当化するような勘違いする文面は控えましょう。じゃないとメーカー、ホールの犯罪行為を擁護してることになりますよ?

      素人ユーザー    »このコメントに返信
  19. 「夜中に一般入賞口に球を入れて帳尻を合わせられないよう
    比率が急激な変化をしたらエラーが出るようにしないとですね。」

    ホント。やりかねないですね。この手で切り抜けようと思った人は「ドキッ!」としているかも。

    トパーズ    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す