パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

不正と人の問題③


Aさんに内部告発しようという結論に至った理由は、複雑なので割愛しますが、私がある方法でAさんに事実を伝えました。



それに対しての返答はこうでした。



「なんとかして証拠が残る形で掴み、現場の声として告発して欲しい」と依頼を受けると共に、「告発したことで、マイナスになる様には絶対にしない」と約束してくれました。



それから数日間、具体的な証拠集めに取りかかりました。



ここまでに、ある程度の時間を要したため、最初は分からなかったことが数点見えて来ていました。



最大のポイントはこうです。

[釘帳上では設定①になっている台が、明らかに⑥の動きで3人組が打っている]

これは店長なりのカモフラージュだったと思われます。



それに気づいた私は、毎日朝一番に出勤し、全台の設定を実際に確認し記録しました。



案の定、釘帳の設定と異なる台に設定⑥が入っており、その日のその台の挙動、お客の遊技状況を克明に記録していきました。

ある程度の証拠を纏め、報告書を作成し、Aさん宛てに届けました。



これで会社がなんとかしてくれると、直属の上司と安心し日々の業務に戻れると思いきやとんでもないことが後日起こるのです。



つづく



人気ブログランキングへ<




記事一覧

同じテーマの記事

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. Unknown

    店長より上の役職が誰かに教えている場合は 

    なかなかわかりにくいです 

    そのままサクラを理解して働く事になります 



    何回も言いますが 

    組むこちら側の人間の罪意識は軽いんです 

    軽いどころか全く0かもしれない

    Unknown    »このコメントに返信
  2. Unknown

    サクラはサクラ。罪の意識がないというのもなくならない原因の一つですね。

    営業1号    »このコメントに返信
  3. Unknown

    サクラとかデキレースはモラルに任すしかないんです 



    いくら入場方法を変えたりしても同じ 

    ある店はサクラをネットで曝されて入場方法を抽選に切り替えました 

    しかし… 

    サクラの6の台には店員のライターが置いてあり 

    結局同じ事でした 

    客と組む店長や上層部はハッキリとビジネスと割り切っております 

    自分がやらなくても誰か設定管理する奴がやる 

    そしてパチンコ屋ではこんな事は日常的に行われているが言い分です 



    Unknown    »このコメントに返信
  4. Unknown

    やはり大金が動くから、どうしても悪知恵が働く。

    ホール側としてはそういうことをやってもすぐ分かるようなシステムを導入することも一つ。

    確か設定漏洩が分かるシステムがありました。

    カメラと連動で設定6を打っている人物を記録するシステムでした。

    営業1号    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す