パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

1円等価を成功させる釘調整とは


等価営業となると当然のことですが、スタート回数は減少します。



等価営業であってはならないことが、幾度となく襲ってくるスランプです。



お客さまも最初の1~2回は辛抱してくれますが、3回目ともなると嫌になって台を離れてしまいます。



スランプ状態を極力少なくすることが、1円等価営業の最大の課題であり、これをクリアーできなければ、等価競争に打ち勝つことは不可能となります。



気になるスランプ状態を減少させる釘調整とは、こうです。



実戦的にはヘソ穴スタート釘まで、適度の数と体感的に心地いい玉の運びを誘導する釘調整、ということになります。



決して1日のスタート回数が平均しているからいいというものではありません。



お客さまが打ったときの感覚のよさ、心地よさを追求する釘調整のノウハウが私たちにはあります。



ナゼ、スランプはよくないのか遊技中、お客さまは再三スランプ状態が発生すると、体感的にもその台で打つのが嫌になってきます。



実はこの「体感」というキーワードが大変重要なポイントです。



例えば、以下の2つのケースを比較してみましょう。



●スタート回数6回で体感的に違和感のある釘



●スタート回数5.8回で体感的に違和感のない釘



この場合、われわれは5.8回で違和感のない調整を高く評価します。



この0.2回の差は1台ではたいした差にはなりませんが、これを全台で年間ベースで金額計算すると、それはそれは驚くほどの金額になります。



この計算式は業界関係者の皆さまならご存知だと思いますが、PKCグループはこのことを最重要課題だと認識しています。そのための研究努力に尽力は惜しみません。



人気ブログランキングへ



記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

コメントする

コメントを残す