パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

立ち直り日記vol.11


オーナーからのオーダーは、以前も寄稿した中に記述してあるが「集客力」と「従業員能力」を高めること。



要するに「優れた企業を創る」こと。しかもお金をかけずに。



「ディフェンス」の部分では、投資効率の向上や、単純だが経費の削減が主。



「オフェンス」の部分では、アプローチと営業力の強化やマンツーマンマーケティング力など。



時期的には若干前後するが、経費の見直しは最優先事項なのでいち早く着手した。



削減対象はまず「機械代」「人件費」「販促広告費」が真っ先に上がる。



先日の記事で「手書きハガキ」の策に対して、コスト意識のディベイトが

あったと記憶している。



本件でもDMは「手書き封書」。無駄な投資は避けるべきだが、その費用を捻出するのは容易。財務状況を把握すれば済む。



機械代や人件費、販促広告費を適正に運用出来ているホールはどのくらいあるのだろうか。



細部までの把握をせず、売上や粗利を判断材料にして「経費がない」と言っている店舗責任者もたくさん見てきたが、その様な方々の多くが「本部サイドや店長以上クラスの計画した経費予算に従う事」で四苦八苦しているのではないだろうか。



「自由度」のない法人は面白くない。



今回のケース、経費の見直しはいくつかポイントが。



とある大阪の法人の文言を借りれば「脱新台入替」。加えて、「人件費の圧縮」「広告費用の圧縮」。



「新台を入れないとお客様が減る」という営業部長の提言は無視。



「人件費は今が適正です」という元店舗責任者の陳情も無視。



「チラシの部数と回数は今でも少ないくらいだと思う」という社員達の訴えも無視。



全て改善しなければいけない。



今までの手法が「正しい」ならば、効果は出ているはずなので。



新台もイベントもチラシも、劇的な効果がなく、横ばいでしかないホールは思い切って見直すべき。



おおよそではあるが、機械代は80%、人件費は8%、販促費用は20%を削減。



これである程度資本を動かせる様になったはず。



興味本位で、利益低迷中のホールの方の経費の使い方に関してのお話も是非聞いてみたいものだ。



人気ブログランキング




記事一覧

同じテーマの記事

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. Unknown

    勝ひとは勝、負けるひとは負けぱなし、不思全と解る今は余裕が有る人の娯楽にしか見えない。

    Unknown    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す