パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコ産業革命その12


■行政との関わり



警察関係



ホール営業(風俗営業)の管轄が国家公安委員会というのは前述した。

1930年に名古屋で最初のパチンコ店がオープンして以降 第二次世界大戦を経て1946年にパチンコは復活した。



その後大きなポイントとしては

1948年『正村ゲージ』の登場。

1980年『三共のフィーバー』が登場。

1988年警察庁が『CR機構想』を発表。

1992年最初のCR機『CRフラワーショップ』が登場。



そしてその後『社会的不適合機』の自主撤去や最近では『みなし機』の撤去などなど業界にとっては紆余曲折が数多くあった。



中でも個人的に大きなターニングポイントだと思っているのが 警察庁主導の『CR機構想』。これは業界にとって大きな負の財産をもたらした。



偽造カード事件は前述したが、それらの被害金額が何処へ消えたのか? 自分はその後の『裏ロム』や『偽造ハーネス』などの業界を震撼とさせた裏社会へ流れたと思っている。



それらのキッカケを作った『CR機構想』というのは結局、業界にとって何一つ良い点はなく、ホールもそれに反する事無く今がある・・・



そして警察との関わりで一番多いのが『入替検査』。これが特に宜しくない・・・

まずホールが遊技機を入れ替える時は、事前に『変更承認申請書』を所轄に提出する。



その書類を元にホールの店休日などを利用して所轄の担当者が『入替検査』を実施する。まずもって問題なのは、地域によって検査にさえ来ない所があるという事。



これは論外だ。



そんな事だから不正機問題が絶えないのだ。



そして検査内容。申請した書類の『枠番号』『基盤番号』『セル番号』などを照らし合わせ、1分間に100発以内の発射かどうかを試打し、玉がかりがないかどうかなどをチェックする・・・はず。



問題はそれら諸々をキッチリ行なう担当者もいれば、適当にあしらう担当者もいる。更に嫌がらせのように繰り返し時間をかける担当者だっている。要は担当者レベルで検査状況がバラバラなのだ。これはほぼ全てのホール従業者が感じている。



検査マニュアルがあるのかないのか知らないが、全国で統一する事などなんら難しいことはない。何故やらないのか? 何故ホールは追及しないのか不思議でならない。



ホール内部では検査のキツイ人、ユルイ人で話が盛り上がる事がある。そしてキツイ人がある時期からユルクなる事がある。何故か・・・いわゆる袖の下というヤツ。



時効だろうけど、自分が店長当時、非常に検査に厳しい担当者の地域に赴任した事がある。その当時の上司の指示で1度ビール券を渡した事がある。なんとその後は検査がユルクなると同時に、検査ごとに暗に袖の下を要求するようになった。



タバコあり、腕時計あり、酷い時には『ファン感謝デー』の景品であるテレビを渡した事もあった。



そして、更にはプリペイドカードの落し物で遊技した事もあった。当然出した玉を換金しイン・マイ・ポケット・・・



今の時代、そんな担当者はいないだろうけど、健全化を目指すには程遠い時代だった。



■保通協



正式名称は財団法人保安電子通信技術協会。通称、保通協が1985年に遊技機の型式試験を開始して20年を越えた。



元々は違法機を世に出さない為に、厳格なチェックをして機械メーカーに対して販売を認可しようとしたのだと思う。



その初心は理解できるが、役員名簿を見ると警察官僚などの天下り先としか思えない状況だ。確かに国家公安委員会の指定期間なので分からなくもないが、明らかな人員配置はどうだろうか?



まぁそれらは百歩譲ってよしとしようか。しかしこの型式試験の試験料がべらぼうに高い。高いなんてもんじゃない。パチンコは1機種につき約150万円、スロットは1機種に付き約180万円もかかる。



しかも不適合でも一切返金はないと聞く。ここまでの金額を徴収する必要があるのかどうか? 尚且つ収支報告を見ると赤字の年度があるのに驚く。



年間20億円以上の試験料がありながら、何故収支が赤字に成り得るのだ? もちろん業務はその他の事もやっているが、それにしても運営能力に乏しいとしか考えられない。



最近、政治家に対する『政務調査費』なるものが散々マスコミなどで叩かれているが、そんなものこれらに比べたらチッポケなものだ。確かに庶民の税金とそうでない違いはあるが不透明この上ない。



試験料が安ければいいのかとか、そんな問題ではない。どんな試験を行なっていて、だからこれだけかかる、というものを公開しないから不透明だというのだ。



国家公安委員会の指定機関なら尚更詳細を明らかにしないといけない。出来ないのなら民間がやっても同じ事ではないか。いわば独占市場状態になっているのだ。



試験料が高額→機械メーカーの負担増→機械代の高騰→ホールの負担増→ホールの利益増→遊技客の負担増→遊技客の来店減、という図式でなんと単純な事か。



業界全体を苦悩させている1要因であると今も思っている。試験料だけの問題ではない。前述したトンデモナイ遊技機が試験を通過するという理不尽な状況に、ホール側の多くの人が思っているし考えている。



ただホール側も全国で一致団結するという結束力に乏しい為、強い追及が出来ないのだろうと思う。考えなくてはならないのは、一般ユーザーの多くはこれらの細かい部分まで知らないし、理解しなくてもいいのだ。



純粋に遊技を楽しみたいのに楽しめない原因というのは、様々な事案が絡み合って業界側がユーザーを遠ざけている事に、誰かから何処かから声が上がらないといけない。



そして本当に業界全体で健全化に取り組もうというのであれば、問題解決を一つずつクリアして行き、ガラス張りの業界を目指し、子供達が将来この仕事をしたいと思わせるぐらいにしなくてはならないと思うのだ。





人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える





※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。








記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 倍返しだ

    パチンコ屋さんのほとんどが

    警察にバレるとマズイ事があるので

    警察に逆らえないし関わりたくないのでは?と思う

    パチンコ屋でのトラブルのほとんどは事件にならずに示談になるし

    10年以上前は裏物で潤ったホールが沢山ある

    メーカーが関与した台もあるが

    ハウス物も沢山あった

    裏を取り扱った店のほとんどはおとがめなし

    心から真っ当な仕事をしていれば

    警察の不正も正せたはずだと思う

    警察を敵に回す勇気ある人は少ないが

    警察の過剰な職務質問を動画にアップして話題になった若者もいます

    ヘビーユーザー    »このコメントに返信
  2. ガラス張りの業界には賛成。

    CR機は経理上の透明化を目指したものだった。

    (建前かもしれませんが・・・。)



    脱税が横行している原因は経営者が法律をないがしろにしているからだと思う。



    釘を曲げることも不正改造も脱税も稀なことではない。



    法律などはルールだ。破ればそのぶん強い規制がかかる。封入機などもルールを守らないからやらざる得ないものだ。



    全台を徹底して検査すれば人件費がかかる。交通違反と同じ理屈で警察は動いている。(消防署や税務署も同じです)



    三店方式など誤魔化しにすぎない。しかし様々な利権がからんで「ただちに違法とはいえない」と放置されてきた。



    透明性を阻害しているのはホールだと思います。



    検定料が高いか安いかは難しいところですが検定料がかさむのはメーカーが問題の原因です。



    普通の企業なら社内で自主検査を繰り返して本番に挑みますがパチンコメーカーは違います。機械割りの限界を超える為に一か八かの検査に挑みます。ARTのように押し順を考慮しない検査手順の隙を突くようなことをする始末です。



    ルールに不備が有ればルールを定めた側が悪い。ルールを破ってもばれなきゃ問題ない。このような考えが透けて見える辺りがパチンコの不透明さの原因では?

    あさ    »このコメントに返信
  3. 怒り

    この投稿を拝読していると怒りだけです。国家公安委員会や役人は、腐ってます。保通協の試験料が高いと言ったて、メ-カ-からすればペイできますよね?まさか販売台数10台は、ありえないし、この国で定められた法令にしたがってやっていくしかないのでは?もともとは、勝手によその国に入って来て、勝手にやっている娯楽?ですよ?どこぞの国なら財産没収、国外追放ですよって警察官僚のおかげで、仕事しているんですからいいじゃないですか?とても子供達に遊戯や就職進めれないですよ!ちゃんちゃらおかしい。

    中級遊戯者    »このコメントに返信
  4. 同感ですが。

    記事の内容は、まさしく業界の根本的な問題だと思います。それを解決するのが、現行の風適法の改正ないし、パチンコ独自の法律をつくる事だと思います。

    換金問題、釘調整問題など色々ありますが、換金出来るからパチンコが楽しいのか、換金出来なくても、パチンコは楽しめるのかをジックリと考える事が、重要だと思います。そして、答えをしっかりと出して前に進む。恐らく、何十年と経たないと解決しない問題だと思いますが、これをほっといては、ジワジワと虫の息になるだけの業界だと思います。



    人間弱いですから、自分だけよければいいや、志があっても、甘い蜜を一度吸ってしまうと元には戻れないものです。自らの利権だけの為に、おかしい事を放置している人間が居なくなる事って、あるのでしょうか?



    消費税を上げてる場合じゃないよ。

    楽な方向に逃げると間違いなく、しっぺ返しが来る。

    学歴は立派が、何を学んできたのだろうと言いたくなる。本当に上に立つ人間ほど、自ら苦しい道を歩むべきだと思う。

    ユンケル    »このコメントに返信
  5. Unknown

    この記事古いねえ・・・

    保通協は正式名称「保安通信協会」だし試験料もぱちんこはあれだけど、パチスロは約160万円だね。



    どんな試験を行っているのかは、風適法施行規則や遊技規則に書かれているとおりです。

    元来ぱちんこ遊技機は、入賞口に遊技球が入賞し規定内の払い出しがある、と言う単純なものです。

    条件装置などによる大当りなどは、製造業者が作り出し、それを追認する形で規則に組み込まれているのが現状です。また、抽せんとは関係のないサブ基板に関しても製造業者の陳情によるものです。

    ならば上記の施行規則や遊技機規則に反していないかの試験をしているだけなので、それを事細かく開示して意味があるのか?

    製造業者に対しては、かなり以前は適合時のみの結果書が現在は不適合時にも開示しているので、少なくとも本文に書かれているようなような秘密主義ではない。

    型式試験内容を一般に開示するか否かは、逆に製造業者の不利益になる可能性があるのでそれを強要は出来ない。



    最近(最近に限ったことじゃないが)のスロの爆裂機に関しては、保通協の行う試験内容を熟知しているからこそ、その隙をつきゼロボなどを駆使することで実現している。

    試験内容がわからない≠でもなぜか爆裂機リリース



    思いっきり自己矛盾な内容だと認識して貰わないとね。





    少なくとも保通協の記事に関してはイメージだけの事実誤認の内容ばっかだな。

    ちょっとひどすぎるわ。

    反論あればどうぞ

    ( ゚д゚)ウム    »このコメントに返信
  6. Unknown

    もうひとつ



    >試験料が高額→機械メーカーの負担増→機械代の高騰→ホールの負担増→ホールの利益増→遊技客の負担増→遊技客の来店減、という図式でなんと単純な事か。





    単純と言うより短絡的に考えすぎなのは筆者だよw





    試験料が低額→出率ギリギリな機種をめちゃくちゃ持ち込む(どれか通れば残りを申請取り消せばいい)→持ち込み数を制限する→グループメーカーが増える→試験内容が厳格化する→カススペックしか市場に出ない



    ってことだって考えられる。客観的に観る事も出来ず、一方の視点で騒ぐのはチラシの裏だけにしてくれ。

    ( ゚д゚)ウム    »このコメントに返信
  7. Unknown

    この記事の意味が全くわからないですね。



    プリペイドカードの会社に天下り組が大量いたとして、それがお前らの商売に何か関係あんのか?って話。



    というか天下り云々はちゃんと税金を納めてからいいなさい。



    また検査料がタダになって150万浮いたとして、それを台に還元して1台1万円安くなる程度で、これも至極どうでもいい話。

    GA    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す