パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

200万円の借金完済からパチンコ依存症を克服


ハンドルネーム「元業界人」さんは、自らがパチンコ依存症だった。学生時代にパチンコに嵌り、大学中退後に、パチンコ関連会社に入社。現実逃避のためにパチンコに逃げ、借金は200万円に膨れ上がる…。そこから、依存症を克服した体験記である。

以下本文

過去にパチンコ依存症だった一人です。

パチンコを始めたのは友人と一緒に行ったのがきっかけ。三共のパワフルで2連。友人も勝ったのが始まりでした。それ以前にも羽根物とかはやってましたけど、はまるほどではなかったです。

そこから綱取、春夏秋冬のモーニング狙い、スロットのモーニング狙いで並んだり。最初は当りを得たいという気持ちから始まり、そのうちパチンコ屋が現実を忘れる手段になっていきました。

当時そこそこ名のある大学に進学していましたが、そこでの勉強に魅力が感じられず、また、学校生活もつまらなくなってきていたところでした。

授業をサボる時間が徐々に増え、その時間をパチンコで埋める毎日。さらにパチンコに行くことで現実を忘れ、さらに授業を欠席する負のスパイラル。サークルを止めたのがとどめ。ほとんど学校へ行かなくなり、パチンコの毎日。仕送りをパチンコで使い果たし、金を親にせびって、また使いきる。

さらには学生ローンにまで手を出す始末。

この頃にはもう学校には全く行ってなかったです。最終的には出席日数が足りず、単位不足で留年。再出発を誓うも、またパチンコにはまるの繰り返し。

結局2年留年し中退。

それだけには留まらず、中退後、就職した某パチンコ関連会社に在籍中、消費者金融で借金。給料はかなり良かったのに、それを毎月ほとんどパチンコ、パチスロで使いきってました。

それでも足りず借金ですから、かなり負けてましたね。これも時間とお金の使い方がわからないからかもしれません。

彼女もいましたし、仕事もそれなりにやってましたけど、一旦覚えた現実逃避の手段を心身ともに忘れることができなかったんでしょうね。

結局借金は200万を超えてました。

が、その後、どういうわけか借金を少しずつ返済し、完済してからはほとんどパチンコをやらなくなりました。

パチンコの時間が減り始めたきっかけは仕事。忙しくて、時間がなくなってきたんです。物理的に無理な環境に置かれて、かつ、借金が減り始めたことで、徐々にパチンコへの関心も減り始めたんです。

一度借金を完済すると、もう深みにはまることはなくりました。

さらに、パチンコ関連会社から全く別の業界へ転職。それによりパチンコからも足を洗えました。完全に依存症を克服できました。

もう8年近くパチンコをやっていません。やりたいと全く思わないです。あれだけはまっていたのに不思議です。学生時代にパチンコにはまった呪縛から、パチンコ業界を離れることで克服できました。パチンコを止めて、今は本当に幸せです。

私個人のパチンコ依存症とは、借金、嘘をつく、家族を含め他人に迷惑をかける、大事な用事をすっぽかす、ことですかね。

借金は親に尻拭いさせましたし、さんざん嘘をつきました。大学へも行かず中退。付き合っていた彼女にもかなり迷惑をかけました。

パチンコで人生が狂ったわけではないです。パチンコに依存してしまった自分が悪いだけです。

ただ、私のように借金してまで、自分の大切な時間を犠牲にしてまでパチンコに依存して、現実逃避するような人が増えないことを願います。

パチンコ絡みで親殺しなんて事件もありました。パチンコ屋の駐車場で、熱中症で亡くなるこどももいたりします。パチンコに行きたくてこどもを虐待する親なんてのもいます。

パチンコ依存症の方が少しでも減ることを願っています。

心の問題とパチンコ依存症は親和性があるのかなと思います。ギャンブル依存症とは違うような気がします。個人的なお話しでした。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。