パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

精神科医が語る依存症の対策その3 最終回 パチンコの依存症を減らすにはデータ開示を止め1玉40円


A医師はギャンブル依存症患者を診て来て、ある傾向があるという。

「負けを取り戻そう、取り戻そうとして依存症になって行きます。それと負けたことをすぐに忘れる人は依存症になりやすい。負けたことを考えない人たちに支えられているのがギャンブル産業です」

パチンコ依存症にも妙な傾向がある。

「あの台が今日出たらどうしよう。明日行かないであの台が出たらどうしよう、という強迫観念です。出たらと思うと後悔するので、ついつい行ってしまう。その原因を作っているのが大当たり回数を始めとするその台の細かな情報開示です。その情報を見ることであの台が出たらどうしよう、と思ってしまう。情報開示が依存症を増やしている側面もあります」

お客さんのためというよりも、自社製品を売らんがために、呼び出しランプメーカーは細かいデータ開示競争に走った。

「パチンコは設定がないので、3~4日出ていないと今日は出るかと思う年配客が朝一で行く。データがなければ、台を選ぶのに困る。実は、依存症を考えるとデータがない方が心の安らぎになる。データがあるから出るんではないかと気になり、行ってしまう」

では、依存症対策はどのよう行えばいいのか?

「ニコチン依存症で、1日40~50本吸っていた人が、タバコが高くなって買えなくなった。値段を高くすることも対策の一つです。パチンコは今1玉4円ですが、1玉40円にしたら依存症は減ります。逆に1円パチンコは依存症を増やしています。1円パチンコを遊びやすくなったと推奨している警察はバカじゃないの?」

サラ金の総量規制で無職の主婦が簡単におカネを借りられなくなって、パチンコの依存症患者は減って行っている、という。つまり、A医師からすればパチンコの依存症は騒ぎ過ぎに映る。

A医師はカジノができることは大反対の立場を取っている。

「例えば、原発は反対する自治体が多い中、原発を誘致した自治体は地域が潤うからというのが理由ですが、今は原発があることでテロの危機にも晒されている。カジノもしかり。税収と雇用ために必要だというが、韓国のようにカジノ依存症が増える。日本のカジノは依存症が増えませんと手本をパチンコ業界に示せ。依存症問題でまずパチンコの問題を取り上げるのは政府が逃げているとしか思えない」

リカバリーサポートネットワークの活動は依存症になってからの対策だが、依存症にならないようにする対策が、カジノなら日本人からは入場料を取ったり、自己申告プログラムで入場制限を加えることのようだ。ただ、依存症を増やさないということは業界が縮小するということを意味する。

それなら最初から日本に新たにギャンブル依存症を増やすカジノは不要ということだ。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。