パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

精神科医が語る依存症対策その2 依存症を増やさないようにすることは業界が縮小することを意味する


A医師が腹立たしく思っていることは、日本でカジノができることによってそれまで野放しだったギャンブル依存症問題が急に光が当たるようになったことだ。カジノ反対派から依存症問題を突っ込まれているので、依存症対策をIRカジノ法の実施法に依存症対策を不承不承盛り込むことになった。

「カジノができるからパチンコを厳しくすることがおかしい。そもそもカジノとパチンコは分けなければいけない。大王製紙の元会長のようにカジノで84億円も負ける様な人が必ず出てきますからね」

カジノが好きな人はわざわざ飛行機を使って海外にまで行く。行きにくくても行くのがカジノ依存症の特徴ともいえる。

「依存症にならないようにする議論はパチンコとカジノでは根本から違う。日本にはまだカジノができていないのだから、カジノ依存症をゼロとすれば、まず、カジノが手本を見せることが先。パチンコや競馬から始めることがおかしい」

そもそも論になるが、依存症を増やさないようにすることは、業界が縮小することを意味する。日本初の国策としてのIRカジノは是が非でも成功させなければならない使命がある。高い入場料を設定して日本人客をできるだけ排除するなど、本気でギャンブル依存症対策を国がやる気はあるのか、ということだ。

日本におけるカジノの第一人者である大阪商大・アミューズメント産業研究所の美原融所長は、日本にカジノを作る場合、外国人2割、日本人8割の構成比でなければ、カジノ経営は難しいと試算している。観光立国を目指すIRカジノなのに、日本人が中心客でなければならない矛盾が早くも露呈している。

さて、パチンコ依存症対策について語ってもらおう。

「諦めさせる方法はいくつかあります。財布を取り上げなどしてパチンコに使えるものを断ち切る。それでやろうとしなくなる人もいます。でも、麻薬と一緒でなかなか断ち切れません」

次の段階は自分がやっている行動が、何とバカなことをしているかを分からせる治療がある、という。

「今日1万円負けたら後悔することを第三者に言わせる。私が『あなたの将来はこれでいいんですか?』と毎朝電話することもあります。負けたと思って貯金させることもあります。1年、5年、10年でこれだけの差になることを後悔させる」

時には荒手の方法も時には使う。ギャンブルの借金は、自己破産は認められない。弁護士との連携の下に自己破産させる。借金がゼロになったことで二度とパチンコには手を出さないと強く決意させる。せっかく借金がきれいになったからと依存症から脱却できる人もいる。

何故なら、自己破産は1回こっきりで、2回目はないからだ。

つづく


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。