パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

精神科医が語る依存症の対策その1  依存症とは自分の意思で止めたくても止められない


依存症問題は精神科医が治療することになる。都内で精神科の開業医をおこなっているA医師は、政府のギャンブル依存症対策を腹立たしい気持ちで見ている。

「毎日、酒を飲んでいる人のことをアルコール依存症といいますか? それと同じで毎日パチンコへ行く人が依存症なのでしょうか? 確かに、競馬などは期間が限定されています。年中無休で営業しているパチンコ店は競馬などと比べると、誤解されやすい。依存症のチェックリストは、簡易的で合っている人もいますが、チェックリストにはあまり意味はありません。毎日やることでストレス解消になる人もいます。会社をリタイアして何もやることがない人たちのはけ口にもなっています。536万人のギャンブル依存症が疑われる数値そのものが正確なのか? 依存症対策の原点から間違っている」

A医師の年齢は60代。依存症問題ではアルコール依存から始まり、SEX依存症、ニコチン依存症、ギャンブル依存症と様々な依存症患者と対峙してきた。

「依存症とは止めようと思っているのに、自分の意思で止められないのが依存症です。依存症の定義もないままに依存症問題が進んでいること自体がおかしな方向へ行ってしまう」(A医師)

確かに日報でも全国紙の記者が依存症の定義について素人なりの持論をこう展開していた。

「薬物依存症では切れるとまたやりたくなるように、パチンコも行きたくて、行きたくてしかたない人が依存症ではないだろうか。つまり依存症のバロメーターは回数だと思う。毎日行く人は明らかに依存症だと思う」

全国紙記者は毎日行く人が依存症だと決めつけている。そうした素人見解についてA医師はこう指摘する。

「おカネが沢山あって毎日通う人は違う。おカネがない人が借金を重ねるので、止めなければ行けないと思う人との違いを理解していない」

話しは少しそれるがA医師がさじを投げた患者さんもいる。A医師の元を訪れた時はまだ女子高生だった。小3でオナニーを覚え、それ以来毎日弄っていないと気が済まないだけでなく、モノを入れたい願望から何でも入れるようになった。母親にも相談することもできず、一人でやってきた。彼女はSEX依存症だった。

そして、彼女が高校を卒業して選択した道がソープ嬢だった。条例で20歳以上でなければソープ嬢にはなれない中、岐阜県だけは18歳から雇ってくれるということで、岐阜で働くようになった。

「毎日大好きなSEXができるということで、彼女にとってソープ嬢は天職だったと思います」

現在は東京へ帰り、都内のソープで働いている、という。依存症とはこのように個人差があり、治療しなくてもいいケースもある。


つづく


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。