パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

客を増やすには出玉よりイメージ戦略by現役店長


ハンドルネーム「ST」さんは、文面から察するにホールの店長さんだ。一般客からすれば玉を出したらお客が増えると思い込んでいるが、それは現場経験者ではないものがいう戯言だと一蹴する。実際にそれ以外の方法でお客さんを増やしている、という。何よりも大事なことは出玉ではなくイメージ戦略だと指摘する。

 

以下本文

 

出玉を出したらお客が増えるというのは妄想ですよ。

P店の店長をしてみればわかる。そんなに自信があるなら自分でやってみたらいい。どんどん出してお客が増え、その実績を引っ提げてコンサルタントとして次々とお店を再建して行けば、パチンコ店のオーナーはあなたの今までの給料の何倍ものお金を払ってくれます。

株屋が「この株上がりますよ」と言うのと同じで、「だったら自分で買えば?」という事です。

出玉を出して大成功したという話がP業界で話題になり、他のお店も皆真似して業界全体が大繁盛!になるわけがない。

 

潰れそうなラーメン屋が一杯800円のマズいラーメンを600円にしたって繁盛しないのと全く同じ。テーブルも調味料もベタベタで、店主はろくに挨拶もしない。600円に値下げした事で奥さん(P店なら社長や役員)から「アンタなんで急に今月の利益が20万円になっちゃったのよ?」と怒られるに決まっている。

 

出しているという噂が広がるのは遅い。噂が広がる前に「今月の計画遂行はなんでこんなに低いんだ!」と言われるに決まっている。

 

440円のタバコを430円で売ればハッキリと安くなったと分かる。しかしパチンコが厄介なのはイメージが悪ければ出していても出ていないと言われてしまう所。出玉なんか出さなくてもサービスやイメージアップ戦略でお客様のイメージをアップさせた方が売上は上がる。上がった売上で少しずつ玉を今までより出してあげればもっとお店は良くなる。私はそうやってここ8年で2店舗の売上を上げ続けている。

 

新台や設備への投資は物理的な物だから物理的な結果しか出ない。中古価格2倍の機種なら凡そ2倍の利益がある。しかしイメージ戦略は投資の数倍になって返ってくる事が多い。

 

オール1で営業していても「この店は定期的に高設定を入れてくれるからまた来ちゃうんだよね」と、あるお客様が話し掛けてきた。そうなればお店の勝ち。

 

出玉だしたらお客が増えるなんて、店長をやってもいない人が口にするような事ではないと思いますよ。

 

 

人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える



※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。